2016年09月28日

【日本ハム】北海道からメークドラマ、再び【優勝!!】

北海道日本ハムファイターズが今日の埼玉西武ライオンズ戦に勝ち、4年ぶり7回目の優勝を決めました。
今日の先発、西武は菊池雄星選手、日本ハムは大谷翔平選手。奇しくも花巻東高校の先輩・後輩対決になりました。
「大谷が投げれば勝てる」とよく言われますが、西武戦との相性は悪く0勝2敗。今シーズンに限って言えば、1勝もしていないのです。しかも相手の菊池選手は10連勝中。すごく調子がいいのです。


そんな好投手同士の相手ということで投手戦の様相を呈し、大谷選手は盤石のピッチング、菊池選手はランナーを出しながらも要所を抑えるピッチングを見せていました。
試合が動いたのは4回表、菊池選手の失投をレアード選手が逃さずフルスイング。これがホームランとなり入った虎の子の1点を守る形で日本ハムが勝ちました

打線の擁護がなくとも、大谷選手は一人ギアを上げて西武打線をキリキリ舞いに。9回を1安打1四死球15三振と本当に西武戦で勝てなかったのかと聞きたくなるような気合の入ったピッチングをしておりました。それだけに、打線は頑張ってあげなさいと言いたかったですね。


それでも、最大11.5ゲーム差をひっくり返し、総合力で上回っている優勝本命だった福岡ソフトバンクホークスを破っての優勝。これほど価値のある優勝はありません。選手・コーチ・スタッフの皆様が本当によく頑張ってくれました。


札幌市丸山球場の巨人×広島で、巨人が見せた大逆転劇&大快進撃。後にメークドラマと言われたそのエピソードを、今度は北海道に移籍してきた日本ハムの選手達が、あの時の奇跡をなぞらえてくれました北海道でメークドラマを再び成し遂げたのです。


改めて日本ハムの皆様、優勝おめでとうございます。
しかしながら、まだクライマックスシリーズがあります。明後日の千葉ロッテマリーンズ戦が最終戦になりますけれども、クライマックスシリーズに向けて大切な戦いになります。最後まで気を抜かないで全力でぶつかってほしいと思います。


日本ハム シャウエッセン ポークあらびき ウインナー ソーセージ 980g 冷蔵
日本ハム シャウエッセン ポークあらびき ウインナー ソーセージ 980g



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:09│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52466392

コメントする

名前
 
  絵文字