2016年10月24日

秋の新機種2016 ドコモ編③

秋の新機種ドコモ編、今回は海外メーカーのスマホ機種の紹介です。ちなみに、韓国のサムソン電子から発売される予定だったGalaxy Note 7も当初はラインナップされていたものの、バッテリーなどが原因による不具合の影響で販売中止になりました。


⑥V20 PRO L-01J
韓国のメーカーであるLGエレクトロニクスから発売される5.2インチWQHD IPS液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.0。
メインディスプレイの右上に小さいながらもセカンドスクリーンを備えている。また1600万画素と800万画素(共にCMOS)のダブルインカメラを搭載し、サウンド面はデンマークの音響メーカーであるバング&オルフセンによってチューニングされている。その他、IPX5/7相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能・指紋センサー(背面電源キー)を搭載している。

個人的感想
この機種は海外モデルをベースにしているものの、海外モデルよりも少し小さめの設計になっている。日本人に合わせて作られているものと思われる。それ以外にも防水・防塵・ワンセグ/フルセグ・おサイフケータイも備えられ、日本向けにブラッシュアップされた機種になっているので、安価で充実した内容のスマホが欲しいと思う人には、この機種は薦めやすいのかもしれないが、カラーがチタン一色なのは残念なところ


⑦MONO MO-01J
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)から発売される4.7インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。なおMONOには、「もの」・「一つの」・「ドコモの」といった意味がある
側面にマナーモードを切り替えられるスイッチが搭載されている。またIPX7相当の防水機能とIP5X相当の防塵機能が備えられている。

個人的感想
この機種は、端末購入サポートを駆使した場合、一括払いで650円ほどと格安モデルとして販売される。ただし、12ヶ月以内で機種変更するないしは解約する場合、15,876円の契約解除料(違約金)が発生するので、購入する際には慎重を期したい。ただ、機能面ではシンプルかつ簡素なものなので、安く済ませたい人向けではある。なお、ZTEが手掛けているものの、メーカー名の略称ではなく、ブランド名であるMONOの略称になっている


次回はドコモのらくらくフォン・キッズケータイ・モバイルWi-Fiルータの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:14│Comments(0)TrackBack(0)ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52468192

コメントする

名前
URL
 
  絵文字