2016年11月03日

レコゲー2016 11月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
今月の携帯ゲーム機は、やはりあの作品が話題に上ってくることでしょう。早速始めますか。


その話題作は3DSから登場。それは、ポケットモンスター サン」・「ポケットモンスター ムーン」(共に★)
シリーズ最新作で、通算7作目。今年夏配信された「ポケモンGO」を見る限り、その勢いは衰えていないとも言えます。
今作では、「ポケモンバンク」の機能が2017年1月にアップデートされる際、過去のシリーズ作(「X・Y」「オメガルビー・アルファサファイア」、バーチャルコンソール(3DS)版「赤・緑・青・ピカチュウ」でゲットしたポケモンを本作に転送することが可能になるとのこと。まだしばらく先にはなるのですが、そこで一生懸命育てたポケモンを移せるのはうれしいし、プレイヤーによっては大きいのではないのかなと思います。
もちろん今作の舞台に合った新ポケモンも登場しますし、出てくるポケモンも違います。そして、4人のトレーナー達と入り乱れる「バトルロイヤルモード」(4人のトレーナーの中で、召喚した3匹全てが倒された時点で終了となるルール)が搭載されます。さらに「サン」と「ムーン」には12時間の時差が存在しているため、同じ時間でも進み方が異なるかもしれないですね。

3DSもう一つは、RPGツクール フェス」(★)
RPGゲームを作ることのできるコンストラクションソフトで、PC時代から長年続くシリーズです。携帯ゲーム機としては6作目で、3DSでは初になります。
今作では、キャラ・モンスター・アイテムなどにディティールを持たせることができるのはもちろんのこと、誰でも簡単に作れるマップコンストラクション(例えば、マップ上の当たり判定の有無も一発で設定可能)やイベント演出も可能に。さらにmicroSDカードに最大16作保存もできるようになったので、様々な設定のRPGが作れます。もちろん、全世界に配信可能になっているのですが、今作ではソフトを持っていない人でも、無料配信される「RPGツクール フェス プレイヤー」で遊ぶことができるとのことなので、より多くの人が触れられるようにもなります。


そしてPS Vitaも2作あります。

最初は、id[イド] -Rebirth Session-」(★)
2010年にPCで発売された同作品の移植版。新キャラの登場だけでなく、新規イラスト・主題歌も用意されます。サスペンスあふれる作品なので、アドベンチャー好きにオススメかも。

もう一つは、乙女理論とその周辺 -Bon Voyage-」(★)
2013年にPCで発売した「乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-」の移植版。今作では新シナリオなどの追加部分をPC版を手掛けたNavelの協力の下に制作されます。その他、専用ボイスクロック・タッチスクリーン対応、そして前作のデータがあれば、前作のアフターストーリーも楽しめるというふうになっています(ちなみに、今作は前作のバッドエンドから始まる物語でもある)。


携帯ゲーム機編 結論
やはりポケモンありきの状況。それでもいい作品は揃っているので、ポケモンが大好きという人以外でも、それなりに楽しめる月になりそう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:13│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52468828

コメントする

名前
URL
 
  絵文字