2016年11月27日

横綱・大関を破っても・・・

負け越したら意味がない。


大相撲九州場所は今日千秋楽を迎え、幕内は既に昨日鶴竜関が優勝を決めています。しかし、もったいないなと思ったのが遠藤関
今場所調子がよく、1横綱2大関を破って殊勲賞候補にまでなっていたものの、後半に失速。そして千秋楽に玉鷲関に敗れ、敢闘賞を逃すだけでなく負け越しにまでなってしまいました

遠藤関は、ここぞという時に負け越すことが多く、それで昇進を逃しているように感じているのです。ケガもあって十両に落ちてから奮起して、やっと幕内に戻ってきたのに、その後は前頭で上位と下位を行ったり来たり今場所も前頭3枚目まで付け、いよいよ初の三役・・・というところまで来ていたのに、また負け越し。恐らく前頭10枚目あたりにまで落ちるんじゃないのかなと感じています


そろそろもう一皮むけてくれないと、下位にかっさらわれるぞ・・・。確かにまだ若手ではあるものの、実力はあるんだから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:02│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52470401

コメントする

名前
 
  絵文字