2016年12月07日

レコゲー2016 12月 携帯ゲーム機編③

レコゲー、最後はPS Vitaの注目作の紹介です。


最初は、サガ スカーレット グレイス
サガシリーズの最新作。PS Vitaでは初めてになるのではないかと。
4人の主人公による様々なシナリオが展開され、それがやがて1つの物語となるというオムニバス式のRPGになっています。
今作もフリーシナリオと戦略性のあるバトルがメインなのですけれども、ダンジョンマップではなくワールドマップ上でイベントが発生します。また街に特産品を生み出す産業開発ができるようになっており、わらしべ長者のような高度なものに仕上げることができるとのこと。
進行の仕方も様々なイベントも自由にこなすことができるので、何回でもプレイするのが好きな人にはオススメ。特に携帯ゲーム機なので、いつでも遊べる・手短に遊べるのもポイントが高いですね。

2番目は、遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド」(★)
2015年に発売された「遙かなる時空の中で6」の後日談(続編)。再び訪れた帝都の危機に、主人公達が立ち向かうというものです。
今作では、物語前半では4つの拠点から行動が選択できるようになっています。特定のヒーローとのイベントが楽しめるので、お気に入りのキャラがいるなら、そこを拠点にしましょう。また、今作では戦闘中に奥義というものが使えるようになり、敵との戦闘に有利に働くようになるかもしれません。

最後は、果つることなき未来ヨリ」(★)
2015年に発売した同作品の移植版。移植に際し、PS Vitaに合わせた高精細な画像にし、X-RATED版でも使われていたイラストアレンジも含めて新規書き下ろしイラストを収録色合調整も可能になっています。さらにタッチスクリーンにもPS Vita TVにも対応していますので、直感的な操作や大画面で楽しむこともできます。


携帯ゲーム機編 結論


3DSとPS Vitaで出るソフトの差が離されたように感じる。


3DSは、いい作品が揃えてあるため、メインの子供だけではなく、幅広い年齢層にも浸透しそう。パーティーゲームもあるので、年末年始の接待用にも使えるところも大きい。

対してPS Vitaはハイティーン向けの作品が目立ち、皆で遊べる作品も無いように思える。いわゆる廉価版も目立つので、あまり広がらない雰囲気が漂っていたようにも感じられる。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:19│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52470978

コメントする

名前
 
  絵文字