2016年12月24日

2016年10月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2016年10月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


さて、PC:ケータイの比率は、98:2となりました。PV数は減っているものの、UU数は増減はあるものの、ほぼ横ばいだったかと。ただ、比率面では相変わらず圧倒的にPC(スマホを含む)が多いというふうですね。
PCの詳細に関しては、単独ではAndroidが先月と同じくトップになりました。PCでは、Windowsシリーズ(Windows 7・10・8.1の比率)が約24%(それぞれ約12・9・3)となっていまして、Vista・WinXP・Windows 8を加えると約25%(それぞれ約1.2・約0.3・ごくわずか)になりました。Windows7とWindows10の差は先月と変わっていない感じですね。8.1はほぼ同じです。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7では、Internet Exploler(IE。11)が約50%、Chrome(53.0→54.0)が約31%、Firefox(49.0)が約5%となっています。IEは過半数をかろうじて維持したものの減少、Chromeは少し伸ばし、Firefoxは先月と同じになっています。Windows 10は、IE(11)が約37%、Edge(14.14393)が28%、Chrome(53.0→54.0)が約24%、Firefox(49.0)が約9%となっています。今月はIEが首位を奪取。Edgeはバージョンが上がったのが響いたのか少し減らしています。そしてChromeは先月と比べて微減、Firefoxは先月と比べて微増となりました。8.1に関しては、IE(11)が62%、Chrome(53.0)が約24%となりました。IEがChromeをかわして再度逆転し、Chromeは約半分減らしています。
上記以外では、Windows Vistaが約1.2%、Mac OS Xは約1.2%、X11が約0.6%、Windows XPが約0.3%、WiiとWindows 8がごくわずかとなっています。その中でWindows VistaがChrome(49.0)のみとなりました。


対して、スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約71%(Android45%、iPhone24%、iPad2.6%)となっております。Android・iPadが微増、iPhoneは微減しています。
AndroidはSafari(4.0)が約23%に対し、Chrome(53.0→56.0→41.0→40.0→30.0→27.0→38.0→33.0)が約63%となっています。Chrome連合の比率は先月と同じですが、Safariは若干減っています。
iPhoneに関してはSafari(10.0→9.0→不明→8.0→7.0)が約86%となりました。次に来たWebKitは約12%と、どちらも先月とほぼ同じ。
なおiPadは、Safari(10.0→9.0)となっています。


そしてケータイはというと、ドコモ(iモード):au(EZweb):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約43:43:14となりました。ドコモとauの比率が同率、ソフトバンクも2ケタの比率を獲得しています。
しかし比率の詳細はというと、auはKC4I(GRATINA2(KYY10))が約78%のみとなっています。ゆえに、ドコモ・ソフトバンクは詳細データなしになっています。


10月は、マクドナルドの40周年で復活したテキサスバーガーの話題や北海道物産展の話題、そして10月に営業を終了したココストアの話題がトピックになっておりました。


11月は冬突入前で、美味しいものを取り上げることが多くなるでしょう。そしてサッカーは昇降格などの結末を迎えます。そんな話題を取り上げていければと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:15│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52472027

コメントする

名前
 
  絵文字