2017年02月20日

大胆な早業だった

2/14に暗殺(毒殺)された北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の腹違いの兄で金正日(キム・ジョンイル)総書記の息子である金正男(キム・ジョンナム)氏。その後、実行犯とされるベトナム国籍と称する女性・インドネシア国籍の女性とその交際相手でマレーシア人の男性(この事件に直接関与していないものと思われる)、そして、マレーシアの製薬会社ないしは健康食品を販売する会社に勤める北朝鮮出身の男性が相次いで捕まったものの、工作員と見られる北朝鮮国籍の4人(いずれも男性)は未だに逃亡中で、インドネシア・ドバイ(アラブ首長国連邦)・ウラジオストク(ロシア)を経由して北朝鮮に帰国したとされています。捜査のかく乱とも中国を経由すると中国当局に取り調べを受ける可能性があるため中国を敢えて避けたともされています。


その金正男氏が暗殺をされる瞬間がクアラルンプール国際空港の監視カメラに映っていたことがわかり、公開されました。
その映像によれば、金正男氏がエアアジアの自動チェックイン機を操作しようとしている時に、背後からベトナム国籍と称する女性が背後から迫って、金正男氏の顔を覆い、手に付いている何か(恐らく毒物)を塗りたくり、正面にはインドネシア国籍の女性が立ちはだかるように立っている姿が映っていました。なお、ベトナム国籍と称する女性はインドネシア国籍の女性が走って逃げるのとは対照的に、落ち着いた感じでその場を去り、その後ガッツポーズとも取れる姿をしているのが映っており、手には手袋のようなものを付けているのが確認できるとのこと。まぁ、毒物を持っていたのなら、手袋くらい付けておかないと、その人自身も死んでしまうからね・・・。


何より驚いたのが、衆人環視の中で堂々とかつ大胆に行われたということ。しかも2秒で決めたのですから、そりゃ工作員の仕業と言われるわけですよ。でも、実行犯は素人の可能性も高いです。というのも、彼女達は(日本の)いたずら番組に出演するという触れ込みで工作員達にスカウトされ、何日も『リハーサル』を行っているからです。入念に行っていれば、素人でも簡単に殺害できるでしょうし、普通に何事もなく行っていれば、周りも気付かないものなのだなと思えるのです。


これで北朝鮮が犯行に関わっていることがほぼ確実になってきたわけですが、当の北朝鮮は、キム・チョルとされる遺体をすぐに引き渡せの一辺倒な回答ばかり。しびれを切らして、マレーシアと合同で調査しようと持ち掛けるなど、あの手この手で金正男氏の遺体を持ち返ろうと躍起です。
死因も特定できない(特定できたとしても発表できない)中、家族にではなく北朝鮮に渡せば、闇に消されることは明らか。意地でも渡さない姿勢を貫いた方がいいと思います。外交問題になろうとも国交断絶になろうとも北朝鮮との関わりが無くなっても、大きなマイナスになることは現状考えられないですから。
むしろ国際社会がもっとこの問題で動くべきです。静観している中国がどう出るか、トランプ政権の中で起こったこの事件で、アメリカはどう対応するのかで、今後の展開が大きく変わることでしょう。北朝鮮の犯行の可能性がほぼ確実になってきた恐らく国連も動きます。この一件を一刻も早く国際問題にして、北朝鮮に一泡吹かせるくらいしないとまずいでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52475574

コメントする

名前
 
  絵文字