2017年02月21日

ファイナルファンタジー、ギネスに載る

スクウェア・エニックスから発売されているファイナルファンタジーシリーズ。1987年の発売から今年で30年になるわけです。


そんなファイナルファンタジーシリーズがギネス記録として認定されました。その記録というのは、シリーズ数の多さというもの。
ギネスからは「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」として、第1作目から最新作までのナンバリングシリーズ(15作品)とその派生作品や一部アレンジ作品の計87作品が対象となりました(移植・廉価版は除く。複数ハードで発売の作品は、1作品としてカウント)ドラゴンクエストシリーズの方が多いと思っていたんですけど、ファイナルファンタジーシリーズの方が多いのね。まぁ、ナンバリングシリーズはファイナルファンタジーシリーズの方が多いのはわかっていたんですけど(笑)。

そして、「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」では2つのギネス記録が認定されました。
一つは「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」(注:ビデオゲームとは欧米ではテレビゲームのことを指す)。いわゆるスタッフロールが出るアレですけど、その時間が1時間38分あれってスキップできないはずだよね(汗)。仮にスキップできないのなら、見ている方は大変だ。ましてや明日仕事なのに、エンディングを迎えてしまった日には・・・(汗)。
もう一つは、「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」2016年11月1日時点で384曲になっているとのこと。こちらは、MMO(オンラインゲーム)なので、今後アップデートでエリアが広がったり新要素が加わるなどで新曲が増えていくことでしょう。にしたって、早々抜けるようなものではないね。というより、「ファイナルファンタジーXI」はそこまで曲数が無かったんだ(爆)。


日本のゲームがギネスに載ることはそんなにないので、今後もこの記録に続くすごい記録を作ってほしいものです。



Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52475624

コメントする

名前
 
  絵文字