2017年03月22日

惜敗ではなく自滅

ワールドベースボールクラシック(WBC)2017、日本時間の今日午前に準決勝のもう一試合であるアメリカ×日本が行われました。
しっかりと試合の内容を見ていないので、詳細はわかりませんが、2-1で負けたとのこと。しかも失点が4回表の菊池涼介選手のエラーと8回表の松田宣浩選手のゴロの取り損ねという点。はっきり言ってミスで負けたのに、健闘したという人は正直どこを見ているんだと言いたくはなります
明らかに野手のミスで失ってしまった点普段通りの仕事をしていれば失うはずの無い点です。投手が打ちこまれたとか打線が沈黙したとかなら、同じいかんでもまだ落としどころのあるものだと思います。どちらも水ものですから。
しかし、守備のミスだけは許されるべきではない失態。こんなことをしているなら、まぁ負けて当然と思います。
なぜ予選ラウンドのような生き生きとしたプレーができなかったんでしょう。日本じゃないから?あり得ないでしょう!雨中だから?日本でもそんな中試合やってるでしょう?
こんな負け方で日本に帰ってくるのは、正直情けない。全てを出し切ったとは思うけど、後味の悪い負け方。繰り返しになりますが、普段通りの仕事をしていれば勝てたはず。なぜこうなったのか猛省してほしいと思います。

日本のファンも、この試合でよくやったとほめるべきではないでしょう。私個人は叱責ものだと思っています。内容を聞いて憤慨しましたよ。本当に投げ抜いた投手がかわいそうだし、一生懸命やってる監督やコーチが浮かばれない


ああもったいない。勝ち試合になったかもしれないのに・・・。タイブレークで負けるよりダメだわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:49│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52477451

コメントする

名前
 
  絵文字