2017年04月28日

シシーニョはとんでもない選手だった

今シーズンからFC岐阜で活躍しているシシーニョ選手。元々スペインのU-17・U-21代表だったということですごい選手だったということは知っていたけれども、それ以上に(特に人柄で)すごい人だったことが、先日公開されたフットボールチャンネルの記事を見て思いましたね。


シシーニョ選手が昨年アビスパ福岡にツイッターを通じてオファーを出していたという話は有名ですけど、そのオファーを出すきっかけが、3年前にスペインリーグにいた時に日本人の友人が福岡のファンだったこと。それから彼は福岡の試合動向を追い掛け、日本行きを切望するようになったというそうな。
彼自身、U-17・U-21代表にまでなったものの、プロのキャリアはケガと病気との戦いで彩られていましたA型肝炎・腓骨の亀裂骨折・前十字靭帯断裂・・・。全治計600日以上という過酷な中、普通の人なら引退を決断してもおかしくないのに、彼はひたむきにサッカーを続け、スペインだけでなく、韓国・ポーランド・ギリシャのサッカーリーグに籍も置いています。そして念願の日本のサッカーリーグに入団できたものの、あこがれの福岡ではなく、岐阜だったのです。本人はあこがれの日本でサッカーができるということは言っていたものの、心中はいかほどだったんでしょう。だからこそ、彼には本当に岐阜に来てよかったと思ってくれるようになってもらいたいですね。

ちなみに、シシーニョ選手は福岡の城後寿選手が素晴らしいと絶賛。ミスターアビスパとも言えるベテラン選手じゃないの。素晴らしいフォワードですわ、確かに。そう言えば、田村ゆかりさんもお気に入りだったな(笑)。


そして、彼の素晴らしいのが順応性と適用能力の高さ、人脈構築の上手さです。
その人脈構築の面では、元チームメイトで現在V・ファーレン長崎に所属しているミゲル・パジャルド選手とは、来日する際に連絡を取り合い、東京ヴェルディの監督であるミゲル・アンヘル・ロティーナさんとも意気投合して電話番号を交換しているのだそうな。恐らく3/25の一戦の時に会ってるんだな。
順応性と適応能力の高さは、自身が日本語の勉強をしてひらがな・カタカナを覚えた点やファンミーティングの時に見せたけん玉への興味、既に多くの選手に慕われているところがそれを示しているでしょう。


シシーニョ選手は日本の選手は優れた人が多いと絶賛し、スタジアムが素晴らしく、人もよく、組織もしっかりしていると述べています。カネの面では他の海外リーグの方がいいとは述べているものの、個人的には気にしないし、上記の面で日本に来てほしいとも述べています。
日本でできるだけ長くプレーしたいとも述べているシシーニョ選手、これだけのポテンシャルを発揮し、チームの軸として動いてくれているのを見ると、今後の活躍も期待できますし、岐阜にずっといてほしい選手でもあります。是非とも、日本で長くプレーしてもらいたいです。これほど柔軟に対応できる選手は珍しいですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:10│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52479689

コメントする

名前
 
  絵文字