2017年08月10日

14年ぶりのファイナリストに入った彼は、あの選手を破る記録を作った

現在ロンドンで開催中の世界陸上。男子200mの準決勝は雨の中で開催されたのですが、その中でもサニブラウン・アブデル・ハキーム選手が20秒43の好タイムを叩き出し、決勝進出を果たしました100mでは同じ準決勝で失敗したと述べていたので、きちんと修正して挑んだ結果だと思います。見事な修正力ですわ。本人はまだまだやれるようなことを言っていたのですが。

この決勝進出によって、8位入賞は確実となり、末續(すえつぐ)慎吾さん以来14年ぶりのファイナリスト(決勝進出者)になりました。しかし、もっと偉大なのは、サニブラウン選手が200mで史上最年少のファイナリスト(18歳157日)になったことです。これまで最年少記録を持っていたのは、あのウサイン・ボルト選手(18歳355日)だったのです。この一点だけでも素晴らしい記録だと誇っていいでしょう。


サニブラウン選手は天性の能力を持っていても慢心することなく、きちんと研ぎ澄まし、努力してここまで来たのだと思いますから、他の選手も頑張ればできるんだというふうに思ってほしいですね。たとえ転生の能力が無くとも、一生懸命やっていれば、きっといい方向に進むものと思います。それが、今回は準決勝で敗退になりましたけど、同じ200mに出場した飯塚翔太選手の走りにあると思います。予選ではタイムで落とされていたかもしれないのに、周りの失格で運を掴み、準決勝まで上がってきました一生懸命走ったこととあきらめない気持ちが、彼を準決勝にまで上げてくれたのだと思います。


その男子200mの決勝は8/11の早朝(日本時間)に行われます。悪天候の中での走りになるのは間違いないと思いますが、これまで得たものを最大限に発揮し、その思いをトラックにぶつけてほしいと思います。そして、ボルト選手が200mで足掛かりをつかんで一流選手になったように、サニブラウン選手も、これを機会に一流選手の仲間入りを果たしてほしいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:19│Comments(0)スポーツ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字