2017年12月07日

レコゲー2017 12月 携帯ゲーム機編 後編

レコゲー携帯ゲーム機編、後編はPS Vitaの注目作の紹介です。


最初は、ネオ アンジェリーク 天使の涙」(★)
2006年からシリーズ化しているネオロマンスシリーズの一つ、「ネオ アンジェリーク」シリーズの最新作で、異世界を舞台にした乙女ゲームです。今回はオトメイトブランドとしてアイディアファクトリーから発売しています(アンジェリークシリーズそのものは、コーエーテクモゲームスから発売されている)。
基本的にオーソドックスな恋愛アドベンチャーなんですが、意中の相手や遠く離れた相手とも親交を深めることのできるサルーンパートが大きな特徴になっています。そこでは手紙のやり取りや手料理を振る舞うなど女性が主人公らしい部分が垣間見られます。

2番目は、金色のコルダ2 ff(フォルテッシモ)」(★)
2007年にPS2で発売された「金色のコルダ2」および2009年にPSPで発売された「金色のコルダ2 f(フォルテ)」を一まとめにしたもの。PS Vitaへの移植に際し、映像の最適化・イラストの描き直しやフルボイス化だけでなく、新キャラの登場および新キャラのルート・エピソードが追加されます。
既に遊んだ人でも十分に楽しめる内容になっています。

最後は、グリザイア ファントムトリガー 01&02」(★)
今年の4月にPCで発売した同作品の1巻と2巻をダブル収録したもの。過去の移植と同じように、色合い調整機能・タッチパネルでの操作・PS Vita TVに対応しているものと思います。
携帯機で遊べるようになったので、手軽かつどこでもプレイできるようになったかなと思います。


携帯ゲーム機編 結論
3DSはあまりラインナップを出さなかったものの、過去の資産を上手く生かせば、年末商戦をうまく乗り切っていけそう
PS Vitaは今月は少しだけ厚みを増している。ただ、過去の資産を積み上げていないとも言えるふうなので、いい作品を見出し押し出さないと厳しいかな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:07│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字