2017年12月28日

笑ってはいけないシリーズ、宮崎でも同時ネットへ

大みそかの恒例番組となった笑ってはいけないシリーズ。日本テレビで放送されている番組で、NHKの「紅白歌合戦」に対抗できる数少ない番組だと思っています。
その笑ってはいけないシリーズ、今年は宮崎県でも同時放送になることが明らかになりました宮崎の人達からは歓喜の声が挙がったものの、それ以外の地域の人々は、何でそんなことでといぶかしがる人も多かったことでしょう。しかし宮崎の人達にとって、同じ時間に見られることは『悲願』でもあったのです。


というのも、こうなったのは日本テレビの系列の問題と宮崎県のテレビ事情が絡んでくるからです。

まず、日本テレビ系でさえも日本全国をネット化できていないのです。つまり、NHK以外民放ネット局はどこかに穴があると考えてもいいでしょう。

有名なのはテレビ東京系(TXN)で、TXNは公式には関東圏・北海道・愛知・大阪・岡山・香川・福岡の1都1道1府10県にしかネットしていません。というのも、TXNは6局しかない(テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビせとうち(尾岡山・香川)・TVQ九州放送(福岡))からですね。ネットの多い少ないはあるものの、岐阜・三重・大阪以外の関西圏の独立局を加えても1府6県だけですから、まぁお察しなわけです(苦笑)。

それ以外の民放ネット局は、こんな感じ。

TBSテレビ系・・・秋田・福井・徳島・佐賀は未ネット
フジテレビ系・・・青森・山梨・山口・徳島は未ネット
テレビ朝日系・・・山梨・富山・鳥取・島根・徳島・高知・佐賀は未ネット


見て頂けるとわかりますが、徳島と佐賀は県に1局しかないんですよね。ゆえに近隣地域がフォローしている(フォロー可能な特例措置を出している)わけです。


そして、日本テレビ系は沖縄以外は全てネットしているのです。
・・・あれ、じゃあ何で宮崎県は今までできなかったのという話になってきます。実は、ここに秘密があるのです。

地方局の一部には、いまだに1つのテレビ局が2つ以上のネットを持っているケースがあります。これをクロスネットと言います。ラジオ(特にAM)では当たり前のように残っているんですけど、テレビではもう異例の産物になっているんですね。原因は色々あるそうです。ただ、地域の関係者のバランスとか出資者の都合、はたまた局関係者の好みというケースもあるようです。ネット局の権利を持つことで新規開局を抑えたということもあったとかなかったとか・・・。
で、そのクロスネットのテレビ局は、福井(日本テレビ系・テレビ朝日系)・大分(日本テレビ系・フジテレビ系)の2つ。・・・おいおい、宮崎県は違うのかよと思った方、鋭い(ニヤニヤ)。
実は、宮崎県は民放テレビ局が2つしかなく、一方はTBSテレビ系の宮崎放送、もう一方はテレビ宮崎になります。そのテレビ宮崎は、日本唯一のトリプルネット局なのです。ネットしているのは、フジテレビ系・日本テレビ系・テレビ朝日系もう何が何だかわからない編成です(苦笑)。まだ1局に絞って他を番組販売で買った方がよかったんじゃないのかと言いたくなりますわ。
そのため、ゴールデンタイムは各ネット局が入り乱れた形で編成されており、大みそかの番組編成もそれに影響を受けることが多かったのです。ゆえに、クロスネットの大分(テレビ大分)でも当日に流れず、後日編成放送になるケースがあります。でも、それは宮崎のそれと比べたら・・・と思ったことでしょう。ちなみに、福井(福井放送)は、テレビ朝日系のネットがあっても、当日は日本テレビ系優先で放送されるそうです。


後日編成を見ざるを得ないのに、最近ではネットでネタバレが横行している。そんなこともあって、歯ぎしりしていた宮崎のファンがいかにこの事態をうれしく思うか、想像に難くありません。違法配信に頼ってまで見たい人もいるくらい。そんな悲劇を無くすためにも、同日放送はありがたいんでしょうね・・・。


でも、沖縄はそうはいかない。先述の通り、沖縄県には日本テレビ系が無いのです。日本テレビ系とのクロスネットも無い(「24時間テレビ」や「全国高校サッカー」などの特別番組は沖縄テレビが恐らく厚意で流しているのだと思う)。過去(バブル期)に日本テレビ系の開局機運があったものの、結局立ち消えになったそうです。なので、今年は沖縄テレビがの人だけ、後日放送するのを見る、しかも前後半に分かれて見ているそうです。


地デジの放送が始まったことで、再び開局機運が高まるのではないかと言われたものの、最終的にはそのままの状態。ネットで見られるからいいとか条件が変わってきているのが原因なんでしょうけど、テレビ局はもっと配慮をしないと時代に人に取り残されるでしょうね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:27│Comments(0)etc 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字