2018年01月23日

そりゃ顔を出せば合格なんだもの(苦笑)

昨年まで福岡ソフトバンクホークスに在籍し、今日中日ドラゴンズの入団テストを受けた松坂大輔選手が合格し、契約に至ったことを中日の西山和夫球団代表が明らかにしました契約金は1500万(推定)+出来高払いで、1年契約背番号は99になりました。この背番号は、9+9にすると松坂選手の代名詞だった18になり、何か意味があるんじゃないかと自身が述べています中日のエースナンバーである20も考えたそうですが、まだ付けるべきではないし、相応しい選手が付けるべきだとも述べ、最終的に固辞したそうです。


今回の入団テストは、全て非公開で行われ、捕手を立たせた状態で変化球を織り交ぜて34球投げたそうです。テストには球団代表や森繁和監督の立会いの下で行われています。
普通入団テストならば、実戦に耐えうるかどうかを見るために、最悪捕手は座らせて投げさせるとかするのかなと思ってたのですが、今回は立たせた状態だけでの投球キャンプ前とはいえ、少し甘い裁定だよねぇ・・・。まぁ、中日自身が松坂選手に何を求めているのかが透けて見えるんですよねぇ・・・。
恐らく、松坂選手を戦力という見立てより、興業面での期待を持って獲っているのではないかと思うのです。少なくとも沖縄で行われるキャンプでは、注目の的になり、マスコミやファンが大勢押し寄せるグッズも売れる可能性がある。登板日になれば、お客さんが数%増しになるかもしれない。打算ではあるのでしょうけど、1500万以上の価値になる契約だと踏んで合格にしたんじゃないのかなと思います。きっとパリーグにいる某選手のような扱いになるんじゃないかと思うんですよ。誰とは言いませんけど(ニヤニヤ)。
そうなると、扱いは川崎憲次郎さんのような感じになるのかもしれません
彼が在籍した当時は先日亡くなられた星野仙一さんと落合博満さんが監督を務めていましたけど、落合さんの時には彼のやりたいようにやらせて、最後は彼自身に引導を出させるような形で引退させています(戦力外通告という形にはなっている)。森監督も川崎さんを取り扱うような格好で1年過ごさせるのではないかと思います。ちなみに、川崎さんの場合、3年間投げられず、最後(落合元監督)になった年の開幕戦に投げて2回KO、その後も勝てずに終わっています(最終的に投げた試合は3試合のみ)。松坂選手もそんなふうになるんじゃないのかなぁ・・・。


中日に入ってお世話になると言うなら、キャンプから全力で挑み、結果を残さないといけないと思います。もう痛いかゆい言って監督やコーチ陣を困らせるようなら、即刻解雇されると思ってやらないといけないですわ。そうじゃなきゃ、入団テストが顔パスで合格だの投げれればOKとかずーっと言われるようになってしまうのですから(汗)。


夢を見ない男 松坂大輔 (新潮文庫)
夢を見ない男 松坂大輔(新潮文庫)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:29│Comments(0) スポーツ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字