2018年01月28日

くら出汁シリーズを頂く 後編

先日、くら出汁シリーズのうな丼を頂いたのですが、くら出汁シリーズの丼はまだ2つあった(苦笑)。そこで、残り2つの丼も頂こうと思ったわけです。でも、1日で2種類の丼を・・・というのは大変なので、それぞれ別の日に頂いてきました。寿司食わなきゃ1000円以内で収まるから、リーズナブルと言えば、リーズナブル(爆)。


SHV32_1731最初は、「くら出汁 天丼」「くら出汁 うな丼」と同じく、「すしやの天丼」に出汁が付いただけのものですね。ちなみに、出汁だけの場合、100円(税別)になります。



味に関しては、出汁に天丼は合うけど、サクサク感を求めている私のような人間には、しんなりしてしまう天ぷらはいただけないなと思ってしまう(苦笑)。出汁を吸って美味しくはなるんだけど、やっぱり天ぷらはサクサクがいい。あとは、出汁を掛ける関係上、天つゆは掛かっていません。もし、別々で頼んだ場合、出汁と天つゆがケンカするんだろうなと推測。そして、出汁を掛けると、濃いめの味わいが薄まる不思議これは、うな丼の時にも感じたんだよねぇ・・・。


SHV32_1743もう一つ、こちらが「くら出汁 牛丼」他2種類と同じく、「牛丼」をベースにだしを掛けるだけというものになっています。



こちら、「牛丼」だけの場合には乗っていないしょうがが乗っているんですけど、実はだしを掛けて食べた時、出汁汁を飲んでもしょうがの味わいが結構強いんですよね。出汁の味が一気に消し飛んでいます(汗)。牛丼の風味そのものは、甘めの味付けで、ご飯と一緒に食べると美味しい。でも少し脂っこいかなと思った時には、さらさらと入っていきそうですね。これはこれでオススメです。


総じて、「くら出汁シリーズ」の丼は、元がいいのもあって、クオリティが高いね。100円で頂けるわけではないけど、払ってでも食べたいと思わせるし、平日の昼間に寿司は食いたくないけど・・・という時にも行きやすくなりましたわ。


SHV32_1742おまけ
「くら出汁シリーズ」は丼以外にも。それが「くら出汁 たこ焼き」
出汁汁の中にたこ焼きが数個浮かんでいるというふうで、価格は150円(税別)明石焼のような感覚というとわかりやすい(もちろん明石焼とは違うのだが)。



出汁の味をストレートに感じられる、一番いい食べ方ですね。たこ焼きそのものは、まぁ普通です。もうちょっとたこが大きければなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:50│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字