2018年04月20日

清宮、覚醒へ

北海道日本ハムファイターズに所属している期待の新人、清宮幸太郎選手。そのあまりに過度な期待が仇になったのか、開幕1軍を逃し、腹膜炎の治療も兼ねて2軍暮らしを強いられていました

そんな中行われた千葉ロッテマリーンズとの一戦この日の清宮選手は、第1打席から鋭い当たりを放ち、何かをやってくれると思わせるものを持っていました。
すると、第2打席には2軍戦ながらプロ初となるホームランを放ちました。しかも最初に放ったホームランはルーキーの放つそれじゃない落ちる球を見事にすくい上げる技ありの一発。あんなのをルーキーにやられたら、たまったもんじゃないな・・・。
それに対して、第4打席に放った2本目のホームランは、引っ張っただけのスイングで運んだ力技の一発。これは技術はそういらないので、誰でも打てるとはいえ、最初の一発で気が楽になって、本来のスイングができるようになってきたのかなと。


実は日本ハムは貧打に悩んでいるところがあり、得点数は昨日の試合までリーグ最下位になっているのだそうな。今日のホームラン2発は、1軍昇格に猛アピールとも取れるわけで、状況が許せば、清宮選手の1軍での姿も早々と見られるでしょう。
しかし、清宮選手そのものは、ちゃんとやっていきたいようなことを言っていたので、2本放っても浮かれていないようで何より。すぐに上がるのもいいけど、2軍で実績十分と判断されてからでも遅くないかなと思います。私の見解ですが、交流戦あたりで昇格ができればいいかな。それまでに実力と体力を付けて、1軍に上がっても他の選手に遜色ない姿を見せてほしいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:21│Comments(0) スポーツ 

コメントする

名前
 
  絵文字