2018年07月11日

【復刻版】大盛いか焼そば【現行版】

SHV39_3459先日、エースコックから「スーパーカップ 大盛いか焼そば」の復刻版(写真左)が発売されました。
発売当初は、「スーパーカップ」の一つではなく、「大盛いか焼そば」という単独商品で販売していたようですねぇ。
確か、この商品はよく食べていた記憶が。丁度発売当初は小学校から中学校に上がる頃で、「日清焼そばU.F.O.」以外のカップ焼きそばがまだまだ珍しい頃だと思うんですわ。たぶん何回も食べてると思います。

なお、今回は現行版の「スーパーカップ 大盛りいか焼そば」(写真右)と食べ比べ



まず最初は、復刻版。
ソースの味わいはそこそこで、一緒に入っていたふりかけのおかげでパンチが利いているのかなという印象ですね。悪く言えば寝ぼけた味です。ただ、昔はこの位の濃さが丁度よかったのかも。「U.F.O.」がどちらかというと濃い目の味付けだったと思うので。

じゃあ、今度は現行版をば。
食べて一目瞭然。復刻版と比べてソースの味わいが濃い。特にコク深い味わいが増しているように感じます。具材の味わいも生きているのは、こっちの方かな。

で、両方食べて感じたこと。
麺に関しては、進化を遂げているのでしょうけど、そこまで大きく変化した印象は無いですね。当時の商品の再現というのがどこまで行っているのかということもあるのでしょうけど、ほとんど違いは無いと言ってもいいかも。唯一の違いと言ってもいいのは、復刻版の麺は少しボソボソしているかなというふう。
後は、ソースの絡みが悪い一生懸命混ぜても、どこか混ざり切らないところが発生するというふうで、このあたりは何とかならんのかねぇと思いました。
味に関しても、現行版の方が濃いかつコクがあるとは書いているものの、ペヤングの焼きそばに味を慣らされてしまった私にとって、ペヤングのようなインパクトが無いと感じてしまったなぁ・・・。かといって、「U.F.O.」は少し濃いんだよねぇ。最近はさらに濃いソースで販路拡大と思ってるんでしょうけど、そこまで濃くなくてもいいかなと思えてしまう。もう一度ペヤングを食べてしまって慣れてしまうと、それがいいと思えるんだよね。まさに中毒とも言え、ペヤングに飼い慣らされてしまったよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:46│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字