2018年08月27日

FC岐阜観戦記2018 アウェイ編 その15 野津田に響く、岐阜サポのエレジー

まずは現実を見よう。29節終了時点のボトムズ順位表(括弧書きは勝ち点)。


16位 千 葉(35)
17位 愛 媛(33)
18位 岐 阜(32)
19位 新 潟(29)
20位 熊 本(26)
--- 降格ライン ---
21位 京 都(25)
22位 讃 岐(24)


降格ライン周辺にいるロアッソ熊本・京都サンガF.C.・カマタマーレ讃岐が揉み合いになっているため、連敗中のアルビレックス新潟、そして同じ状況のFC岐阜が救われている格好とも言えます。ただ、今後の試合展開次第では、ヤバいのは明白早いこと1つでも勝って、ボトムズ圏内を脱したいところです。脱しないことには何事も始まらないですから・・・。


SHV39_3640というわけで、昨日はFC町田ゼルビアとの一戦になりました。会場は町田市立陸上競技場。通称野津田競技場です。
となると、やっぱりここに行き着くわけで。野津田車庫からのルート、通称『野津田登山』です。
ここから行けば、過去2回負けたことはない。連敗脱出を願いながら、暑い1日でしたけど登って参りました。舗装されているとはいえ、息が上がることもあるくらい、その道のりは厳しいのです。今の岐阜の苦しさに比べたら、登山なんかどうってことはない・・・。



SHV39_3642町田といったらYASSカレー
諸事情でお腹いっぱいだったので今年は頂けなかったのですが、写真はバッチリ収めてきた。今(色んな意味で)何かと話題な「カメラを止めるな」からですか。町田は前節終了時2位で、この試合勝てば首位に躍り出るんだよね。



SHV39_3641今日の試合は、TUBEのギタリストでもある春畑道哉さんが来場されるとのこと。町田市出身なんだってね。
ギッフィーやミナモは来ないのに、ゼルビーと一緒に踊っております(笑)。TUBEの曲でも聞いて踊ってるんですかねぇ?



SHV39_3643そしたら、本物のゼルビー登場
そういえば、3回野津田に来たけど、1回も撮ってなかったので、パチリ。
そしたら、いつもお世話になっている人が撮っていた(笑)。「あ、どうも。いつもお世話になってまーす」という挨拶をすることになる(ニヤニヤ)。



SHV39_3645今回最大の目的というと大げさだけど、春畑さんが手掛けている♪J'S THEMEを買ってきた
あの暑い中、すごい列だった。列がとぐろを巻くなんて、どこのコミケの大手サークルなんだよ!<列の長さをコミケで測るんじゃない!
まぁ、大手サークルなら上手いこと捌くんだろうけど、町田の運営は早く販売を開始するとか手を打つべきだったよね。倒れる人がいなくてホントよかったよ。スタジアムDJの方が平謝りしてましたけど、町田の運営も同じことを思ってほしい。
で、買ったら当たったー(汗)!いいのか、オレで!?



SHV39_3649イベント(トークショウ)の後行われたサイン会でバッチリ頂いてきました。日付とかを入れないのは、転売対策なんだろうね。わかる人にはバッチリわかるんだろうけど・・・。

ちなみに、私にとってのTUBEは、学生時代のバイト先で車に乗って移動する際、TUBE好きの方がいらっしゃいまして、カセットテープで車中流しっぱなしなんですよ。ラジオが流れていても、つまんねーと言ってTUBEの楽曲が入ったカセットテープを入れて、それがエンドレス(苦笑)。しまいにはそのカセットテープがヘロヘロになってるにもかかわらず、ノリノリで聞いている(私を含めた他の人達は聞かされている)というふうに(爆)。今でも♪あー夏休みとかを聞くと思い出す(苦笑)。



SHV39_3644ただ、町田にとって最大のトピックは、この電光掲示板
去年まではドットマトリクスのモノクロ掲示板だったので、総天然色(爆)のこの掲示板には感動すら覚えるのでは。
その総天然色っぷりを利用して、動画がガンガン流れる。ハイライトなんか流しちゃって、町田さん攻めてるねぇ・・・。
ただ、首位争いしているのに4000人強の観客動員数、アドボードも3列あったのが2列に減っていて、運営面で少し心配なのよね。都内のチームなのに町田市も巻き込めないのは先行き不安ですわ。これからJ1ライセンスを取るために市民総出で行かないといかんのにね・・・。



SHV39_3648試合はしょっぱい展開でした。


唯一のゴールシーンは前半17分、町田に現れました。
宮本航汰選手のパスミスから始まったゴールシーン、相手の動きを止められず、最後は竹田忠嗣選手が防ぎきれずにボールの軌道が変わるというアンラッキーな失点です。この日のユニフォームは『呪いの取り合わせ』、つまり上が白で下が緑のアレ。嫌な予感はしていたが、こんな形で出て、この1点が重くのしかかってくるとは・・・。まぁ、今の岐阜は1点獲ることも難しいチームなので、町田から言わせれば、この1点で勝利を確信したのではと思うのよ。
その後、岐阜は攻撃を組み足ることができず、後ろ向きなプレーが目立ち試合終了・・・と書くのは簡単なんだけど、いいところはあった。守備の面は立て直しができていると思いました。え、失点しているじゃんと思ったでしょうけど、あのミス以外はちゃーんと守れているのよ(PK阻止はよくやった)。町田の(前のめり過ぎて)拙攻にも助けられている面もあるけど、調子のいい時期(例えるなら5月~6月の頃)ならいなして同点まで持ち込めたかなと。だからこそ、後ろ向きで攻撃に転じれない時間帯がもったいない守備も気の緩む時間帯を減らせば引き分けには持って来られるでしょう。そう思うと、少し光が差してきたかなと思いたいです。そう思わんとやっていけんわ(爆)!

なお、攻撃の戦犯は、毎度おなじみ(?)の山岸祐也選手。オマエ何度目だよ・・・。もう右ウィング(いやフォワードというポジションで出ること)は失格。早く田中パウロ淳一選手が戻って来ないかねぇ。そろそろケガ明けなんだけど・・・。



7連敗と2016年の泥沼期のような展開になってきた岐阜。大木武監督は現状そのままでいくようなので、心中ですか、わかりました。
ならば、9月最初の大宮アルディージャ戦、ホームになるこの試合で策は練られるのか希望の見えた守備で引いて戦う形にシフトするのか、見ものではあります。


なお、お忘れ物が多くなっていますというアナウンスがあったにもかかわらず、レプユニ忘れたと家で気付く有様(泣)。いや実のところ、リュックサックの3つある収納部分のいつも入れているところとは違う別のところにいれていただけだったので、事なきを得ましたが(汗)。


J2残り試合あと12。降格圏チーム(21位)との勝ち点差は6。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:30│Comments(0) スポーツ 

コメントする

名前
 
  絵文字