2018年09月05日

ペヤング激辛もうおしまい(爆)

SHV39_3672そう言いたげなネーミングで我々に挑戦状を叩き付けてきた。それが、「ペヤングやきそば 激辛MAX END」(中央)。真っ黒なパッケージにおどろおどろしい文字で激辛以降の文字を書いてやがる。
そうなると、辛さが今までのものとどう違うのか知りたくなるのが、世の常(ニヤニヤ)。
偶然ヴィレッジバンガードで買っていた「ペヤングやきそば 激辛」(左)と紹介しようと思って放ったらかしになっていた「ペヤングやきそば からしソースやきそば MAX」(右)も併せて頂くことにした。
ちなみに、今回一緒に頂くことになった「ペヤングやきそば からしソースやきそば MAX」は、当初ファミリーマート限定で販売され、後にドン・キホーテに販路を広げています要はユニーグループでのみ販売となったのですが、肝心のアピタ・ピアゴでは販売されていないのよ。おいおい、ユニーグループの中核だろう。そこだけ何でスルーするんだよ・・・と地元民である私は憤慨しているものの、普段アピタ・ピアゴに行かないんだよね・・・



というわけで、頂いてみました。
最初は今まで出ている激辛のものと今回の商品との比較で。このくらいなら何とか食べられるだろうと踏んでのこと。さすがに1日1食で3杯はキツいわ。それに辛いヤツならなおのこと。

今回の商品も今までている激辛のものも、中身は一緒。ソースとかやくの野菜のみです。ただ、ソースが少し違い、今まで出ている激辛のものは、ソースに少し粘度があるのに対し、今回の商品は粘度があまり無く、少しさらりとしているのよね。ただ、舐めれば辛いのは火を見るより明らか。この時、少し違うなと思ったのでした。

で、麺にソースを絡ませ頂くと・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ギャー!



うん、今まで出ている激辛のものも辛いんだけど、今回の商品もそれに輪を掛けるような辛さ恐らく1.5~3倍違うんじゃないかと思います。舌のしびれ方が違うし、辛さから出てくる汗もすごかった。そして、どちらもほのかに甘さを感じさせるところが怖い(汗)。


これは食べきるだけで精一杯。結局、当初の予想通り、後日「ペヤングやきそば からしソースやきそば MAX」を頂くことになりました。
こちらのソースは、かなり液体なソース。でも、徐々に辛子の香りが・・・。
こちらも麺と絡めて・・・思った以上に絡むぞ、こりゃ。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


フンガー!



こちら、辛いんだけど、唐辛子の辛さではなく辛子の辛さなので、鼻に抜けるのよ。辛子蓮根が好きな方ならわかると思うのですが、まさにあの辛さ。ツーンと来て、鼻に抜ける時の刺激で涙が出てくる・・・。唐辛子辛い時にはそうないのにね。汗はあまり出ないからいいんだけど。


結論として、今回の商品の辛さはヤバイ。そして、別のベクトルでからしソースはヤバかった。あれは混ぜたら危険だろう(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:54│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字