2018年12月26日

2018年アニメアウォーズ!

今年もやってきました「2018年アニメアウォーズ!」。
毎度おなじみの企画になっておりますこちら、2018年に放送されたアニメ作品から以下の賞を選ぶというもの。
  • 最優秀作品

  • 特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)

  • キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)

  • OP部門 (映像込みの評価でお願いします)
  •  
  • ED部門 (同上)


あくまで投票企画ではなく、『まず選考を楽しみ、その後お互い選考結果や理由を見て楽しもう』というのが主催者の基本的な趣旨となっています。
過去は以下のようになっています。

それでは、「2017年アニメアウォーズ!」を始めて参りましょう。


今年は、例年ならどこかで息切れしても・・・という時期が無かったですね。どの時期のアニメも非常によく、豊作だったといっても過言ではないでしょう。今期(秋)がやや落ちたかなとは思いましたけど、例年ならいい作品が揃ったと評価するほど。それだけ今年は、いい作品のオンパレードだったと思います。
ゆえに、悩んだ(苦笑)。今年はいい作品でもノミネートできないかもしれない。今年は割れるぞ(爆)。


では、各賞の紹介です(合致しない部分があるかと思いますが、お許しをば)。「続きを読む」からご覧下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
最優秀作品
ヲタクに恋は難しい
非常に豊作だった2018年アニメ、悩みに悩んだ末に、この作品かなぁ。
ホントに悩んだ。これという決め手で悩んだんです。じゃあ、何でこの作品なのかというと、他の作品にないオリジナリティがあった点春の新アニメのベストでも書きましたが、シットコムをやってのけたところに尽きるんです。
他の作品は、どこかやったことの焼き直しだったり、アプローチは違えど、やってることは恋愛ものか青春群像劇だったりするのですけど、この作品は恋愛アニメではあるものの、コメディドラマを落とし込んだかのような展開で、アニメっぽくないアニメに仕上がっている(「ノイタミナ」の主旨がそのあたりだったりするのは置いておいて)と個人的には思いましたね。私が好きで見た数少ないドラマの中に、「フレンズ」というのがあるのですけど、まさにあれを見ている感じと思って毎回見ておりました。
内容は、2組のカップルが恋愛を軸に巻き起こすオタクあるあると悲喜こもごもだったのですけど、オタクなのにものすごく人間くさく、ダメな人のようには思えない。マニアになるならああなるべきだというふうにも思いましたね。


特別賞
ゾンビランドサガ
この部門も悩んだ。あの作品にしようか、この作品にしようかと思ったところに、ぶっ込んできたのが、この作品だった。あまりのインパクトで、この作品を襲う・・・じゃなかった、推そうと思います(笑)。
キャラが強烈、1話完結ながらちゃんとストーリーを追っていた、そして毎回出てくる佐賀の名所・名物。30分の中に詰め込んだ情報があまりにも膨大なのに、ちゃんと消化したという点で評価したいと思います。
それでもまだまだ消化不良っぽいところがあったのは残念ではありますが、こんなの巽幸太郎さんから「そんなのナンボのもんじゃーい!」としっ責されそうな細かいことなんでしょうね(ニヤニヤ)。できることなら2期希望と言いたいです。


キャラ部門
男性は、「グランクレスト戦記」のアレクシス・ドゥーセ一択でした。もうアレクシスさんイケメン
最初はなよなよとして頼りない感じだったんですけど、ヴィラール・コンスタンスの死後、段々と国を治める人物として箔が付き始め、マリーネ・クライシェを貞操を失っても妻として迎え入れると言い切りましたからね。色々な人のサポートがあったからゆえなんでしょうけど、人柄が素晴らしい一番大きく成長した人物だと思います。

女性は、「邪神ちゃんドロップキック」の邪神ちゃんかな。
イケメンのアレクシスさんが陽なら、邪神ちゃんは陰。もうドン引きするほどのクズ(爆)。
お世話になっているのに常にゆりねを殺そうと画策する、友達を金づるとしか思ってない、かつお世話になっているゆりねのお金さえパチンコで使いこんで溶かすバカ(ギャハ)。弱っている者には容赦ないなど・・・悪いところを挙げたらきりがないけど、ちゃんとそれなりの罰は受けてる(ちょっとかわいそうとか思うほど(苦笑))ので、よしとしよう(ニヤニヤ)。邪神ちゃんの輪切り肉は美味いのだろうか・・・。


OP部門
♪FEELING AROUND(ラーメン大好き小泉さん)
やはりオープニングは、これを超えるものが無かったなぁ。あれだけ豊作だったのに・・・。
画面内にラーメンについてのトリビアがものすごく詰まっていたのと、小泉さんの食いっぷりが(ニヤニヤ)。見ていてラーメンが食べたくなる曲ですわ。


ED部門
♪LOVE MEN HOLIC(ラーメン大好き小泉さん)
♪Le temps de la rentrée~恋の家路(新学期)~(ひそねとまそたん)

さすがに「ラーメン大好き小泉さん」だけなのは申し訳ないので、それ以外で個人的に気に入った曲も推します(苦笑)。
前者は、ラーメンのCMを作中のキャラでアレンジしてるのが面白かったし、テレビがモノクロからカラー液晶、スマホにまで進化していく過程も面白い
後者は、今年亡くなったフレンチギャルの名曲で、フレンチポップの代名詞とも言える曲だったようで。曲の内容よりもエンディングで踊っているDパイのメンツを愛でる動画とも言えるわけで。
フレンチポップは、♪アイドルを探せとか♪恋はみずいろとかしか知らなかったので、こんないいフレンチポップを知ることができたのは、いい機会になったと思う。
Posted by alexey_calvanov at 23:33│Comments(4) とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック
この記事へのコメント
おちゃつさん>今回もトラックバックができない関係で、コメントにアドレスを貼る形になりましたことをご了承下さい。

冬はヴァイオレット・エヴァーガーデン、ハクメイとミコチ、ラーメン大好き小泉さん。
春はソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン、こみっくがーるず、ヒナまつり、魔法少女サイト。
夏は邪神ちゃんドロップキック、すのはら荘の管理人さん、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術、ハイスコアガール、はるかなレシーブ。
秋はゾンビランドサガ、ソードアート・オンライン アリシゼーション、うちのメイドがウザすぎる!、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。、色づく世界の明日から、逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~(第2期)
最優秀作品・特別賞の候補挙げるだけでこれですから(ニヤニヤ)。

ヲタ恋は、見るのが大変なら「ねとらぼ」で特集記事(各話のハイライト)で紹介していますから、そちらを読んでもらってもいいかなと。端的にまとめられててオススメです。
ゾンビランドサガは今後のコラボを仕掛けてくれないかなと。サガン鳥栖、待ってるぞ(ニヤニヤ)。
Posted by アレックス at 2018年12月28日 00:10
月詠さん>初めまして。
当サイトにお越し頂きまして、ありがとうございます。

小泉さんは、ラーメンの奥深さを感じさせてくれましたし、日本人ラーメン好きなんだなって思わされました。関東圏の店が多かったので、なかなか行けないと思っていたのですけど、最後にスガキヤが出てきて、わかってらっしゃると(笑)。あの店(というか、マックスバリュなんですが)は、名古屋駅から歩いて10分弱のところにあって、実際放送前から行ったことがあるところで(店は入ったことがない)、妙に親近感がわきましたよ。
Posted by アレックス at 2018年12月28日 00:00
アレックスさんこんばんは!
今回も参加いただきどうもありがとうございます。

>今年はいい作品でもノミネートできない
そうかもですね、今回はほんと有力候補がたくさんで悩むと思います。

>ヲタクに恋は難しい
僕も見てたと思うんですが...内容忘れてるので見返してみますねw

>ゾンビランドサガ
確かに、終わっちゃうんかい、もっと見たいんじゃいと言いたい。勢いのある作品で、一気に駆け抜けましたね。
Posted by おちゃつ at 2018年12月27日 23:00
初めまして。『刹那的虹色世界』というアニメなどの感想を書くBlogを運営している月詠という者です。

この度、おちゃつさんのアニメアウォーズに参加させていただいた際に、こちらの記事に辿り着きました。

私も『ラーメン大好き小泉さん』にハマった一人なので、OP・EDの両方で小泉さんの名前が出たことにニヤリとしたのでコメント残させていただきました。

いや、ホントあのアニメは深夜に観れない。ラーメンが食べたくなりますw 実際、『小泉さん』放映中は外食の大半がラーメンに変わりました(爆
Posted by 月詠 at 2018年12月27日 21:14

コメントする

名前
 
  絵文字