2019年05月22日

春の新機種2019 au編 後編

春の新機種au編、後編は特殊機能を積んだスマホとガラケー(フィーチャーフォン)の紹介です。


⑦TORQUE G04
5.0インチフルHD液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid9.0。
IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、MIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃機能に加え、製造会社独自の基準をもクリアしている。また2400万画素のCMOSカメラを備え、かつワイヤレス充電Qiやグローブタッチにも対応している。

個人的感想
久しぶりに登場したタフネスケータイ。様々なシーンで使えるようになっているのは相変わらず素晴らしい。また電池パックの交換も可能なのだが、パーツを一部外すこともでき、ハードな現場から帰ってきた際にメンテナンスもしやすくなっている。またカメラ機能は後からぼかしを加えたり、その逆もできるというのだから、カメラ撮影があまり得意でない人でも編集で上手く撮れるとも言えよう。アウトドアをする人はもちろん、スマホを壊しやすい人にも薦めたい。


⑧AQUOS sense2 かんたん SHV43
5.5インチフルHD+ IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid9.0で、AQUOS sense2 SHV43をベースにしたかんたんスマホになっている。
大きなアイコンの付いたホーム画面、画面の明るさやコントラストを調整することで文字・写真をはっきり表示できる「はっきりビュー」、使い方を学びながら覚える「auかんたんガイド」を搭載した他、文字の大きさや文字入力のキーボードを見やすくできるようになっている

個人的感想
こちら、機種としてはAQUOS sense2 SHV43と少し前のものではあるが、ミドルレンジないしはロースペックの機種をかんたんケータイにアレンジして再販するという『リサイクル』的な販売は、今後の機種の売り方として注目したい。
なお今回の機種は、IPX5/8相当の防水機能とIP6Xの防塵機能に加え、1200万画素のCMOSカメラを備えているので、普通のスマホと遜色ないだろう。


⑨GRATINA KYF39
3.4インチフルワイドVGA TFT液晶を搭載した折り畳みタイプのケータイ。後述の機能があるため、Androidを使用している可能性がある。
LTE・VoLTE、通話直後の音声を録音できる「あとから録音」、機種変更時に本体内部に録音しておいた音声をmicroSD経由で移し替えられる「音声エクスポート」、+メッセージ・LINE・PCメールにも対応している。

個人的感想
この機種の地味ながらも最大の変更点は、充電端子がUSB Type-Cになっており、表裏関係無く挿せ、スマホの充電ケーブルでも対応できるようになった。また+メッセージ・LINE・PCメールにも対応しているので、他社のケータイやスマホとのやり取りにも苦労しないで済みそうだ。なお、和風な5色はとてもシックである。


次回はドコモの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:26│Comments(0) ケータイ系 

コメントする

名前
 
  絵文字