2019年05月27日

春の新機種2019 ワイモバイル編

春の新機種、最後はワイモバイルです。
ワイモバイルは、以前にも書きましたPHSサービスの終了が現実味を帯びてきているようです。既に2020年に音声通話が終了とはなっていますけど、それ以外のサービスも2023年に終了という案内が出ました。これにより、PHSサービスは開始からおよそ30年で終了となるようです。今後どのような巻き取りをするのか、気になるところです。
では見ていきましょう。


①HUAWEI P30 lite
中国のメーカーであるHuawei(華為技術)から発売される6.15インチフルHD+ TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid9.0。
2400万画素CMOS(広角)・800万画素CMOS(超広角)・200万画素CMOS(被写界深度測定)のトリプルカメラを搭載している。

個人的感想
こちら、機種そのものは安価モデルという触れ込みなので、カメラ機能が欲しい場合は、同じP30でもドコモで販売予定のP30 Proがベターだし、ストレージが大きいのがいいなら、auから販売予定のP30 lite Premiumがベターとも。少々中途半端になってしまっていて残念。


②AQUOS ケータイ3 806SH
3.4インチQHD TFT液晶を搭載した折り畳みタイプのケータイ。0.9インチのサブディスプレイ(モノクロ有機EL液晶)も搭載されている。
800万画素のCMOSカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能、MIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃性能を搭載している。

個人的感想
この機種は、聞きやすい部分を改善しており、「でかレシーバー」は前機種より15%ほど大きくなり、話を聞きやすくする「スムーズトーク」も採用されている。画面も見やすくなり、よく使うところを3つ設定できる「クイック起動キー」もあるものの、ワンプッシュオープンができなくなったのは残念なところ


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:55│Comments(0) ケータイ系 

コメントする

名前
 
  絵文字