2019年05月28日

2019年4月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2019年4月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、31.5:68.5となりました。PCが少し盛り返しています。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1・Windows XPの比率)が約83%(それぞれ約53・23・8・1)となりました。Windowsは、10が過半数越え、Vistaが消えXPに変わった以外は大きな変化はないようです。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Chrome(73.0→51.0→52.0)が約40%、Internet Exploler(IE。11)が約28%、Edge(17.17134→18.17763→16.16299)が約26%、Firefox(66.0)が約2%、Sleipnir(4.4)が約2%となっています。再び多彩なOSが登場したことで分散し、再び過半数割れに。しかしその中で、減らしながらもChromeはトップを維持、Edgeはほぼ横ばいを得ています。IEは伸長し、Sleipnirが復活しています。
7は、IE(11→10)が約56%、Chrome(73.0→74.0)が約26%、Opera(9.80)が約4%となっています。IEがさらに伸長し、過半数を獲得。OSではOperaが復活しています。
8.1に関しては、IE(11)が約75%、Chrome(73.0)が約13%になっています。先月は独占状態だったIEは今月は3/4の状態に。それ以外をChromeがメインで抑えた形ですね。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約15%(それぞれ約8・7)、X11・Windows XPがそれぞれ約1%になりました。このうち、Mac OS XはChrome(73.0→51.0)が約43%、Firefox(66.0)が約29%に対し、iPadはSafari(12.0→11.0→12.1)が約64%、WebKitが約13%となっております。


対して、モバイルはAndroidが約79%、iPhoneが約20%、EZwebが約0.4%となっております。ケータイが再び登場しましたね。
AndroidはChrome(73.0→63.0→67.0→74.0→72.0→56.0→71.0)が約92%、Safari(4.0)が約5%、Opera(51.3)が約2%となっています。先月急上昇したSafariの比率は再び元に戻った中、こちらでもOperaが再登場。PCでもケータイでも見ている人がいるんですねぇ・・・。
iPhoneに関してはSafari(12.0→12.1→不明→10.0)が約84%となり、次に来たWebKitは約12%となっています。Safariが若干持ち直しています。


4月は、まだ夏前だというのに「流水麺」のライバルの話がトップ(笑)。3月のゲーム系記事強化月間の名残か、4月に発表されたカプコンのアーケードゲームが楽しめるコントローラーの話もよく読まれています。セブンのレアものファストフードや山賊焼き弁当リバイバルの話が入ってきている中、徳島での出来事が割り込んできましたコンビニが改装中で買えなかった記事が、ここまで注目されるのは、皆四国のサービスエリアやパーキングエリアの改装関係の話を知らなかったのかねぇ・・・。


5月は、大型連休が前半にあるので、東北の話題が中心になってくると思います。それ以外の記事もできる限り書いていきたいですが、どうなることやら・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:55│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字