2019年06月03日

「あるくんです」がスマホに移植?<違います。

今日、スクウェア・エニックスは、ドラゴンクエストの新作「ドラゴンクエストウォーク」の製作を発表しました。開発は「コロニーな生活」・「白猫プロジェクト」で有名なコロプラです。
この作品は、いわゆる位置情報ゲームというもので、有名どころだと、「Ingress(イングレス)」やその技術を応用した「ポケモンGO」が挙げられます現実世界とリンクしたフィールド上でクエストをこなしながら、潜んでいるモンスターを倒してレベルアップしていくというものになっています。

クエストを設定する際に、目的地を設定できるようになっており、自分の行きたい場所を設定できるようです。遠い距離の設定の場合、過酷なものになるというふうなのかは不明ですが、基本的には苦しいものになってくるのかなと個人的には思っています
また、ランドマーク限定のクエストもあるということなので、観光客を誘致したい自治体とのコラボも行われるかもしれません(現状では、東京タワー・名古屋城・銀閣寺がランドマークとして紹介されている)。

戦闘に関しては、マニュアルによるものとオートでのバトルが用意されており、フィールド上に現れているモンスターをタップすると戦闘になるというシンボルエンカウント制が採用されているようです。ただ、クエストによっては強制戦闘になる場合もあるようなので、逃げ回って目的地に向かうよりかは、戦闘を重ねて実力を上げていく方がプレイはしやすくなるのかもしれません(当たり前って言えば、当たり前なんでしょうけど(苦笑))。
なお、パーティープレイも可能な模様ですが、詳細はまだはっきりしていません。画面写真を見た限りでは、最大4人までパーティーが組めそうな枠があるのですけど・・・。

フィールドには、「やくそう」などのアイテムが落ちていることもあります。
また好きな場所に自宅を設定することも可能になっており、帰る度に当日の歩数やフィールドスポットなどに応じた「おでかけボーナス」がもらえ、家のランクが上がるようになったり、様々な家具を置いてカスタマイズできるようです。また、相手の家を訪ねることも可能で、そこからアイテムを拾うことも可能・・・って勝手に人の家のタンスとか漁れるんかいな(ニヤニヤ)。
ちなみに、「ドラゴンクエストⅩ」の場合は、オンライン上の友人になったキャラに手紙を送る機能とかがあったと思うのですが、このあたりも応用されて展開されるかもしれませんね。
しかし、歩いた歩数が反映されるなんて、何て「あるくんです」なんだろうね(ニヤニヤ)。<だから、スライムは成長しないって。

この手の作品で懸念されるのは地域間格差ですが、スクウェア・エニックスによれば、できる限り解消していくとのこと。離島でも遊べる(逆に離島じゃないと楽しめない仕掛けも用意したい)・都会が有利になるという作りにはならないのではとも語っています。やはり「ポケモンGO」でレイドバトルの面で地域間格差が出てきていたとのことのなので、そのあたりを念頭に置いての発言じゃないのでしょうか。


配信はAndroid・iOSで、2019年内を予定しておりますが、6/11よりβ版が展開されます。対象は18歳以上で関東圏(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)在住となっており、正規版への引き継ぎは不可になっております。


「ポケモンGO」に似てなくもないけど、モンスターを倒しながら実力を付けていくという面では、斬新なRPGとも。プレイヤーが(肉体的に)苦労する点でもある意味斬新なのかな(笑)。ただ、くれぐれも歩きスマホには注意してほしいですし、スクウェア・エニックスサイドもそのあたりを対策してほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:46│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字