2019年06月26日

2019年5月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2019年5月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、27:73となりました。モバイルの比率が久しぶりに7割を超えてきました。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1・Windows XPの比率)が約85%(それぞれ約42・31・11・1)となりました。Windows 7と8.1が上昇したのに対し、10の比率は少し減少となっています。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Internet Exploler(IE。11)が約40%、Chrome(74.0→73.0)が約37%、Edge(17.17134→18.17763)が約22%、Firefox(66.0)が約3%となっています。今月も過半数を取ったOSは無いものの、IEがトップを奪還。一方でSleipnirが再度姿を消しました。
7は、IE(11→9)が約47%、Chrome(73.0→74.0)が約43%、Firefox(66.0→48.0)が約8%となっています。こちらも過半数を切り、かつIEとChromeが拮抗しています。
8.1に関しては、IE(11)が約50%、Firefox(66.0)が約20%、Opera(60.0)とChrome(47.0)がそれぞれ約10%になっています。IEは過半数ギリギリにまで落ち込み、OSの中にOperaが復活しています。
上記以外では、アップルシリーズ(iPad・Mac OS X)は約14%(それぞれ約12・2)、Windows XP・X11がそれぞれ約1%になりました。このうち、Mac OS XはChrome(74.0)のみに対し、iPadはSafari(不明→12.1→10.0→11.0)が約99%となっております。


対して、モバイルはAndroidが約76%、iPhoneが約23%、EZwebが約0.4%となっておりますAndroidとiPhoneの小競り合いという格好ですね。
AndroidはChrome(74.0→63.0→67.0→73.0→71.0→34.0→49.0)が約85%、Safari(4.0)が約10%、Opera(51.3)が約1%となっています。Safariの比率が1割を超えてきました。2ケタのパーセンテージになったのは、随分と久しいと思います。
iPhoneに関してはSafari(12.1→12.0→不明→11.0→10.0→9.0)が約88%となり、次に来たWebKitは約13%となっています(四捨五入の関係で100%を超えている)。


5月は、「ペヤングやきそば 中華風そのまま皿うどん」の話題が圧倒的でした。お湯を使わないで食べられるという点で、気になった方もいらっしゃることでしょう。


6月は、プロ野球の交流戦が始まるので、そこで活躍するチームや選手の話ができればいいかなと。もちろんそれ以外の話題もやっていければいいのかなと思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:24│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字