2019年09月02日

レコゲー2019 9月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4の作品から。


最初は、モンスターハンターワールド:アイスボーン(★)
2018年に発売した「モンスターハンターワールド」の超大型拡張コンテンツになるこの作品、様々な要素が追加されます。
今作では、下位・上位に加え、マスターが追加。さらに困難なコンテンツが用意されます。またスクリーンショットが撮りやすくなり、コミュニケーションの円滑化も図れるかもしれません。スクリーンショットでは、PS4のパッドボタンを押すと画面上の表示をオフにできるとのこと。さらに、サークルの機能も追加され、サークルの様々な情報を書き込めるサークルカードの配布、サブリーダーの任命、シンボルの再編集が可能になっています。
寒冷地の果てで調査隊の見たものは何なのか、気になりますね。

2番目は、イースⅨ -Monstrum NOX-(★)
シリーズ最新作で、ある事件の重要参考人として捕まってしまったアドル=クリスティンを救った怪人達と様々な謎を解いていくというもの。
本作では異能アクションという怪人達の持つ超常能力を使って難所を切り抜けるというものがあります。怪人達の協力を得ることで、多くの力を得ることもできるように。また怪人達と総力戦を戦い抜くことで、街中の探索エリアを広げることができるようにもなります。
これまでのイースとは違う異色作になりそうなほど、超常的な展開が多くなりそうです。

3番目は、eFootball ウイニングイレブン2020(★)
ヨーロッパ・南米・アジアの20リーグのライセンスを取得し、世界48クラブとのライセンスも交わしているので、よりリアルなサッカーを楽しめます。さらにヴィッセル神戸に所属するイニエスタ選手が監修して、キック・ディフェンス・ドリブルなどに新たなモーションを追加しています。また往年のサッカー選手だったジーコ・マラドーナなどが監督のアバターとして登場します。
eFootballと付いていることから、eスポーツを意識した作品にもなっています。今後国体の種目にもなっているので、腕を試してみたいと思ったら、購入してみてはいかがでしょうか。

最後は、トロピコ 6(★)
独裁者になって島を支配するシミュレーションゲーム。
今作では貿易が厳しくなっており、ライセンスが無いと輸出入できなくなっています。またスイス銀行の利用価値が上がっており、上手く活用すれば様々な利権を得ることができます。さらに複数の島を運営できるのも特徴になっています。
4つの時代を股に掛け、島を独立させることができるのか、それは独裁者となるあなたに掛かっています。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:28│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字