2019年10月02日

真っ赤に燃えた悪魔のおにぎり

SHV39_5690様々なバージョンが登場している「悪魔のおにぎり」。先月新作が登場していました。
それが、「悪魔のおにぎり 明太バター醤油味」とび魚の卵とマヨネーズの入った明太バター醤油で混ぜたご飯で握ったものです。
・・・って、とび魚の卵って。明太子ってスケトウダラの卵じゃなかったっけか?とび魚を辛子明太子漬けするなんて初めて聞いたわい。



そんなスケトウダラから作った明太子がメインじゃなくとも、味がよければそれでいい(ニヤニヤ)。
バターのコク深さとマヨネーズのコク深さが、同じコク深さでもそれぞれ違うんでよね。バターがクリーミーさと脂の風味をまとわせていて、マヨネーズは明太子の味を引き立てる役割を担っています。それゆえに、明太子の辛味も、そんなに辛くないのに辛さを引き立たせ、ご飯とも合うんですねぇ。


しかし、『悪魔のおにぎり』と銘打ちながら、『悪魔』の要素がまるでない(汗)。だって、天かすも青のりも入ってないんだよ。
これ、名前だけで売ろうとしているんじゃないの(苦笑)?紹介の通り、ポ・・・じゃなかった、あのあくまでタヌキくん、『太い(ふてぶてしい)』人生を送ってやがる(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:08│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字