2019年10月03日

レコゲー2019 10月 据え置き機編③

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、ディズニー ツムツム フェスティバル(★)
2014年にスマートフォンで展開されたパズルゲームで、後にアーケードにも展開されています。
今作は、パズルゲームの他にもパーティーゲームも10種類が収録されています。どちらもローカル対戦・オンライン対戦対応になっており、中でもパズルゲームの方は初めて対応となります。
なお、現状ではNintendo Switch LiteではJoy-Con必須となっていますが、パズルゲームのみ今後のアップデートで本体のみで遊べるようになるそうです。そのためか、今作は本体同梱版も展開され、ライト層への訴求もバッチリ。

2番目は、ルイージマンション3(★)
シリーズ最新作で、豪華ホテルを舞台に、さらわれたマリオ達を救うためにルイージが助けに向かいます。
今作では、オバキュームが家具を吹き飛ばしたり壊したりできるようにもなっています。また同時プレイの際には2Pキャラになるお供も登場し、要所要所で切り替えて挑むことで、先に進むことができるようになります対戦プレイや協力プレイも充実しており、本編以上に楽しめるのではないでしょうか。

3番目は、牧場物語 再会のミネラルタウン(★)
2003年にゲームボーイアドバンスで発売された「牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち」と「牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち for ガール」の移植になります。
Nintendo Switchに移植に際しての追加要素は無いものの、両方の作品を楽しめるオトクなものになっています。

最後は、スーパーロボット大戦V(★)
2017年にPS4とPS Vitaで発売した同作品の移植版。
「勇者特急マイトガイン」・「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」など7作品が新規参入し、オリジナル部分では、グルンガストとヒュッケバインが登場します。
移植に際し、これまでダウンロードコンテンツで展開されていた追加シナリオが収録されます。
次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:21│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字