2019年12月31日

来年はオリンピックイヤー

今年も残すところ3時間弱となりました。


世界は相変わらず混沌としている中で、中国とアメリカの貿易戦争、ロシアとアメリカの新冷戦は勢いを増し、北朝鮮とアメリカは駆け引きの末に約束不履行となりそうな予感。まぁ、北朝鮮もアメリカもお互いが・・・と言って不履行に持って行きたいんでしょうね(苦笑)。行き着く先がピョンヤン侵攻とならなければいいのですが、そこまで思い切ったことはできないとも何十・何百万の屍を越えていくことになるのやら・・・となるでしょうから。

日本はどうかというと、韓国との不仲が絶頂期に入って、来年もおかしくなりそうです。このままおかしい事態が続けば、韓国の暴走を止められなくなるとも感じていますけど、アメリカの重しがある限り、そこまで暴走することは無いと思います。ただ、トランプ大統領が再選できなければ、いよいよ歯止めが利かなくなるでしょうね。すり寄る相手が北朝鮮なのか中国なのか、いずれにしても韓国がその国に操られ『属国』になる懸念はあります。アメリカ軍がいるとはいえね・・・。


国内は安倍晋三政権の長期化が招いた軋みが現れていますね。長く政権を持つと、それだけ驕りが生まれて、政治に悪影響を与えるとも言われています。長期政権は長い目で見れば安定になるんですけど、それだけ忖度や『お友達』といった縁故人事がはびこりかねないのよね。いかに冷徹になれるかがカギでしょう。実績重視・功績重視をメインに過去の発言などの『身体検査』をしっかりと行って下さい。
対して、野党は烏合の衆になるのではなく、明確な意識を持った行動を行ってほしいです。政権打倒だけではなく、その後のビジョンを描けなければ、旧民主党時代の二の舞になります。どうやら立憲民主党と国民民主党が合流するとのことですけど、このままだと旧民主党と変わらない気がしないでも・・・。ホントに明確な目的、自民党が踏んできた轍を踏まないように・・・。


プロ野球は、福岡ソフトバンクホークスが日本一になりましたけど、ホントに読売ジャイアンツが広島東洋カープの連覇を阻むとは思わんかったわい(苦笑)。来年は、セリーグは混沌、パリーグは盤石なのかもしれない。ソフトバンクを破れない限り、来年もソフトバンクの世の中になりかねんぞ・・・。

サッカーはFC岐阜が遂にJ3に落ちました。これにより、来年J3から1年で抜け出せるのかというのが最大の関心事に個人的にはなりそうです。J3は怖いチームが多いぞ。下手打ったら当分抜けられなくなるぞ・・・(汗)。

そして何より来年はオリンピックがやって来る。色々言う人がいますけど、私は非常に楽しみです。タイムラグなく楽しみたいですけど、いかんせん平日は仕事なのが残念。ハイライトなどの放送で楽しみたいと思います。
来年は、オリンピックイヤーで色々大変でしょうけど、それが過ぎれば落ち着けるのではないのでしょうか。景気まで落ち着かれたらたまったもんじゃないけど(苦笑)。


皆様良い年をお過ごし下さい。新年早々に参拝や初日の出を拝みに行く人などは、ものすごく寒い寒波がやって来ているので、風邪をひかないように温かい格好で向かって下さい。ホント、夕方出掛けた時、すごく強い風吹いてて吹き飛ばされるんじゃないかと思ったもの・・・(泣)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 21:07│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字