2020年01月02日

レコゲー2020 1月②

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介に移ります。今回はPS4です。


最初は、龍が如く7 光と闇の行方(★)
人気作品の最新作ですけれども、今作は、これまでのアクションアドベンチャーだったのが、コマンド式のRPGに変更となっています。それに伴って主人公も変わり、シリーズの続編の位置付けも6の続編というより、PCやスマホで展開していた「龍が如く ONLINE」の続編(ただしパラレルワールドの位置付け)になっています。
戦闘システムも先述の通りコマンド式のRPGになったのですが、アクティブタイムバトルやディレクションバトルシステム(「英雄伝説Ⅲ」のバトルシステム)のような街中にある様々なものを利用して戦う仕組みになっています。例えば、看板やゴミ箱で相手を殴る、道路際の走ってくる車に向かって敵を追い込んではねてもらうなどなど。またハローワークでジョブチェンジというシステムもあり、用心棒・ホスト・ダンサーなどの『職業』の特色を生かした戦闘(用心棒なら刀を振るい、ホストならシャンパンファイトよろしくワインを吹っ掛け、ダンサーならブレイクダンスで敵をなぎ払うなど)を仕掛けます
基本的にはカネがモノを言う世界(助っ人を呼ぶのにもカネが必要(苦笑))なので、カネ集めが必須になりますけれども、金策は缶拾いから会社経営まで幅が広いので飽きの来ないシステムになっております。
横浜を舞台に繰り広げられる、成り上がりと復讐劇。新しいシステムにどう融合していくのか楽しみでもあります。

2番目は、神田川JET GIRLS(★)
昨年の秋アニメで登場した作品のゲーム化、というよりこの作品がアニメより先に展開されていたんですね。
作品としては、レースアクションがメインで、アドベンチャーはパートナーやライバルとの友情を深める添え物的扱いですね。レースアクションは、ストーリー以外でもフリーで行うこともでき、タイムアタックやオンライン対戦も可能です。なおレース会場は、アニメで出てきた神田川も含め8ヶ所あります。
レースは、シューターによる妨害も可能で、ダメージが蓄積されると機能を一時停止(スピードダウン)させることもできます。またE.P.Dゲージと呼ばれるゲージを貯めていく(試合進行やリングを通ったりトリックプレイを決めるなどをする)とブーストでスピードアップすることや必殺技を使用可能。ただし1回限りなので、使いどころが大事です。
アニメを見てプレイしたいと思ったら買いでしょう。「閃乱カグラ」とのコラボもあるそうなので、その作品が好きな人もオススメでしょう。

3番目は、Minecraft Starter Collection
人気の箱庭ゲームのスターターキット。既(昨年12月)にダウンロード版が展開されています。
今作では、「Minecraft」の他に、「リトルビッグプラネットマッシュアップパック」・「ギリシャ神話マッシュアップ」・「都会 テクスチャ パック」・「スキン パック 1」といったダウンロードコンテンツが併せて収録されているオトク版になっています。初めてこの作品に触れる人には、断然このソフトがオススメです。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:02│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字