2020年03月06日

色々と大変だわ

父の通夜と葬式が週末に決まり、今日は父関係の書類を出すことと部屋の掃除、遺品整理と家に七七日(なななのか。四十九日を指す)まで祭壇を設けるため、を行うことになりました
とはいえ、私は書類を提出する母について行くレベルだし、掃除に至っては母が一手にやるということになり、私は姉が家に帰って色々準備をするということなので、葬儀場の待合室(待合室は宿泊も可能になっており、給湯室と風呂・トイレがあるのだ)に残る甥っ子姪っ子の面倒を見ることになりました。


まず、書類関係に関しては、行くなら昼食の時間は避けるべきですわ。
お役所なので、お昼の時間にはきちんと担当者がいなくなる。そのため、12時~13時の間は実質止まってしまう(ただ、お役所とはいえサービス業なので、受付はいる)そこからプラス書類作成で30分程は掛かってしまうので、早くても午後1時半以降になってしまうのだ。混んでいたら、更に待たされることになる。
ゆえに、行くなら開いてからすぐ、ないしは午後1時以降なのではないかなと。前者なら混み合っていないので、そこまで待たされることは無いでしょうし、午後1時以降なら1時間半も待たされるということは無いかもしれないでしょう。もちろん遅すぎれば翌日に・・・となりかねないので、早いに越したことは無いでしょうね。

で、長いこと待たされることになったのですが、役所には受付の場所以外にベンチが無く、下手したら外にあるベンチで待つという有様。そしてお昼ご飯を食べる場所も役所周辺になかなか無くて困った。結局1kmほど離れたところで飯を食ったのだわけで・・・。


そして、例の甥っ子姪っ子達。まぁ、言うことを聞かん坊達なので、どうしようかと思ったのですが、文明の利器は恐ろしいNetflixの中に入っているキッズコンテンツでピタリと聞かん坊が治まって食い入るように見ていたのだ。彼らの母親(つまり私の姉)が遅くなっても、ダレることなく正味3時間ほど見ていたのですが、静かなものでした。

やはり、子供向けの動画は素晴らしい。騒いでもうダメというふうなら見せるというのは、正直いい策ではないのかもしれないけど、即効性のあるものだとも。YouTubeの個人作成の動画が心配なら、Netflixなどの配信サイトに入っている子供向け番組をオススメします。私の場合は、私が見てもダレないという理由で、「ドラえもん」にしましたが、「それいけ!アンパンマン」や「クレヨンしんちゃん」とかもありますし、YouTubeでも公式サイトが運営している動画があるので、「ちびまる子ちゃん」とかはそれで見られます(ただし期間限定)NHKもEテレ(教育テレビ)のコンテンツをアプリなどでネット配信していますから、それを見せるというのも手でしょう。丁度新型コロナウイルスの影響で子供が家にいることが多いでしょうから、参考にされてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0) 真面目なモノ 

コメントする

名前
 
  絵文字