2020年04月02日

春の新機種2020 au編 前編

春の新機種、今回からはauになります。


auも5G投入に合わせて新料金プランを投入することになったのですが、ソフトバンクと同じく5G用の新規料金プラン投入だけでなく4G用料金プランでも再編が行われています
まず5G用の料金プランですが、「ピタットプラン 5G」・「データMAX 5G」・「データMAX 5G Netflixパック」・「データMAX 5G ALL STARパック」の4種類になります。「データMAX 5G ALL STARパック」以外は既存のプラン(後述)に1000円足したものになり、「データMAX 5G ALL STARパック」は全くの新規プランになります。

「ピタットプラン 5G」はライトユーザー向けプランで、1GB/月までが4150円(税別)/月、4GB/月までが5650円/月、7GB/月までが7150円/月になっています。このプランは2年契約N・家族割プラス・auスマートバリューで割引可能になっており、新規加入ないしは機種変更から25ヶ月間はスタートキャンペーンで割高分(1000円(税別))が差っ引かれる格好になります。

「データMAX 5G」は、8650円(税別)/月となっており、データ通信の利用は無制限になっております(ただし、テザリング・データシェア・海外でのデータ定額利用時は対象外で、30GB/月の容量制限あり)。なお、2GB/月以下の場合、1480円引きになるので、7170円(税別)/月となります。このプランも2年契約N・家族割プラス・auスマートバリューで割引可能になっており、新規加入ないしは機種変更から25ヶ月間はスタートキャンペーンで割高分(1000円(税別))が差っ引かれる格好になります。
使い放題は魅力的ですが、使わない月でも「ピタットプラン 5G」のマックス利用時とほぼ同じなので、本当に使う人向けのプランになりそうです。7GBまでに収まっているのなら、無理にセレクトしなくてもよさそうです。

「データMAX 5G Netflixパック」は9650円(税別)/月となっており、データ通信の利用は無制限になっております(ただし、テザリング・データシェア・海外でのデータ定額利用時は対象外で、60GB/月の容量制限あり)。それに加え、無料でNetflixのベーシックプランとKDDIとテレビ朝日の合弁企業が提供する動画配信サービスTELASA(テラサ)を見ることができます。なお、2GB/月以下の場合、1480円引きになるので、8170円(税別)/月となります。このプランも2年契約N・家族割プラス・auスマートバリューで割引可能になっており、新規加入ないしは機種変更から25ヶ月間はスタートキャンペーンで割高分(1000円(税別))が差っ引かれる格好になります。
同じ使い放題なら、1000円アップになってもこちらの方が魅力的でしょう。NetflixとTELASAがバンドルされているので、どちらかに入っている人には確実におトクになることでしょう。

「データMAX 5G ALL STARパック」は11,510円(税別)/月となっており、データ通信の利用は無制限になっております(ただし、テザリング・データシェア・海外でのデータ定額利用時は対象外で、80GB/月の容量制限あり)。それに加え、無料でNetflixのベーシックプランとTELASAだけでなく、YouTube PremiumとApple Musicが利用可能になっています。なお、2GB/月以下の場合、1480円引きになるので、9670円(税別)/月となります。このプランも2年契約N・家族割プラス・auスマートバリューで割引可能になっており、新規加入ないしは機種変更から25ヶ月間はスタートキャンペーンで割高分(1000円(税別))が差っ引かれる格好になります。
こちらは、特にYouTubeをよく見る人とApple Musicを使っている人にオススメのプランになっており、後者はiPhone利用者を引き抜くためなんじゃないかと邪推してしまいます(苦笑)。まぁ、iPhoneが5G規格に対応し、販売するようになったら、そのメリットも失われてしまうのでしょうけど・・・。このプランのみ6月開始になるので注意が必要です。

通話に関しては20円(税別)/30秒になりますが、オプションで24時間国内通話掛け放題の「通話定額2」(1800円(税別)/月)ないしは1回5分以内の通話なら24時間掛け放題になる「通話定額ライト2」(800円(税別)/月)が適用可能です。どちらも「お留守番サービスEX」・「三者通話サービス」・「迷惑電話撃退サービス」・「待ちうた」・「割込通話サービス」が無料で付いてきます


そして、4Gの料金プランはどうなるのかというと、「データMAX 4G LTE」と「データMAX 4G LTE Netflixパック」に再編されます。

「データMAX 4G LTE」は現行の「auデータMAXプラン Pro」と同じ(7650円(税別)/月)となっており、2GB/月以下の場合、1480円引き(6170円(税別)/月)になります。

「データMAX 4G LTE Netflixパック」は8650円(税別)/月となっており、現行の「auデータMAXプラン Netflixパック」よりも600円高いプランに変わっています。ただし、無料でNetflixのベーシックプランに加えTELASAも視聴可能になり、かつテザリング・データシェア・海外でのデータ定額利用時は対象外で、40GB/月の容量制限に変更されているので、少しおトクになったとも言えます。なお、2GB/月以下の場合、1480円引き(7170円(税別)/月)になります。

つまり、現状5Gに不満のある方は、4Gの2プランでも十分だと思えるのです。もちろん、5Gに変えたい、中でも「データMAX 5G ALL STARパック」まで待つという方、「データMAX 5G ALL STARパック」にする人以外の話になりますが。

小さな変更点として、auのポイントプログラムがステージ制に移行されています。レギュラー・シルバー・ゴールド・プラチナの4階級になっており、「au PAY マーケット(旧au Wowma!)」でのポイント付与されるパーセンテージが変わってくるそうです。3ヶ月ごとにauサービス利用状況で獲得したスコア判定が図られます。そして半年でスコアの設定が見直されるようです。なお、5月からはPontaとのポイント統合も図られます


では新機種の紹介です。今回は韓国メーカーの新機種紹介から。


①Galaxy S20 5G SCG01
韓国のメーカーであるサムソン電子から発売される6.2インチQHD+ 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
6400万画素の望遠カメラと1200万画素CMOSの広角・超広角カメラを搭載し、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能も搭載している。

個人的感想
この機種に関しては、以前の機種に比べて滑らかな映像表示ができるようになっている。画面スクロール時に残像が減るとのことなので、ネット閲覧・ゲームプレイの際に重宝するだろう。


②Galaxy S20+ 5G SCG02
韓国のメーカーであるサムソン電子から発売される6.7インチQHD+ 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
6400万画素の望遠カメラと1200万画素CMOSの広角・超広角カメラを搭載し、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能も搭載している。

個人的感想
この機種も滑らか表示ができるのだが、最大の特徴は、ミリ波と呼ばれる6GHz以上の高周波数帯にも対応しており、繋がり具合に不安を持っている人にも安心して使えると思われる。カラーは灰色と青になり、Galaxy S20 5G SCG01と色合いもさることながら外観もほぼ同じになっている。


③Galaxy Z Flip SCV47
6.7インチフルHD+ 有機EL液晶を搭載した折り畳みタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
1200万画素CMOSの超広角カメラと広角カメラを搭載している。

個人的感想
この機種はGalaxy Fold SCV44とは異なり、かつての縦折り式の折り畳み式ケータイと同じような使い方が可能になっており、折り畳んでも自撮りのできるよう鏡にもなるサブディスプレイが備えられている。また途中で止められるので、ノートパソコンのような使い方も可能となり、ライブ配信や動画閲覧などもしやすいものになっている。惜しむらくは、4Gモデルなので、5Gを生かしたものは使えない点だろうか。折り畳み式でコンパクトなものを求めているのなら、この機種になるだろう。


次回もauの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:56│Comments(0) ケータイ系 

コメントする

名前
 
  絵文字