2020年04月04日

レコゲー2020 4月④

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、ことばのパズル もじぴったんアンコール(★)
2008年にWiiで発売された「ことばのパズル もじぴったんWii デラックス」をベースにして再構築した作品。Wii版以降の新単語が収録され、中には公募で採用された単語もあります。新規ステージも収録され、こちらも公募で採用された作品があります。
Joy-Conでのおすそわけプレイ、タッチパネルでのプレイも可能な他、オンライン対戦も可能です。また「あーけーどモード」が久しぶりに収録されています。

2番目は、スーパーリアル麻雀 LOVE♥2~7(らぶに~な)
アーケードおよびセガサターンで発売された「スーパーリアル麻雀グラフィティ」(PⅡ・PⅢ・PⅣ)・「スーパーリアル麻雀PⅤ」・「スーパーリアル麻雀PⅥ」・「スーパーリアル麻雀P7」を収録したオムニバスソフト。P7以外はX指定作品だったため修正が施されている以外は、原作に準拠しています。なお、「スーパーリアル麻雀PⅤ」のアニメ画質はリマスタリングが施されているとのこと。
既に「スーパーリアル麻雀グラフィティ」以外はダウンロードながら販売されているものの、コレクターズアイテムとしての価値は十分にあると思います。手間なく遊べる点でもオススメです。

最後は、リトルバスターズ! Converted Edition(★)
2007年にPCで発売されたもので、ベースとなっているのは、2008年にPCで発売され、以降数々のコンシューマーハードに移植されてきた「リトルバスターズ! エクスタシー」の全年齢版。
過去移植された新要素(主人公が一部パートのみ以外はフルボイス・新規立ち絵・HD画質・一部イベントの描写変更)を全て収録しただけでなく、日本語と英語のテキスト切り替え(音声は日本語のみ)・用語解説(こちらも日本語と英語での収録)・タッチパネルでのプレイやJoy-Con(右)のみでの片手プレイが可能といった新要素も加えられています


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:11│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字