2020年06月04日

小さくてもちゃんとプレイできるね

セガが設立60周年を記念していろいろな企画や商品を出してきていますけれども、何かすごいの来たよ。
何と、1990年にセガが発売した携帯ゲーム機のゲームギアをミニサイズで復刻させることにしたのです。いや、ミニを通り越してミクロだとよ(爆)!決死圏かよ!<何人、元ネタが「ミクロの決死圏」って知ってるんだよ!
今回発表されたゲームギアミクロ、大きさは、横約80mm×縦約43mm×厚さ約20mmと元のサイズの約40%ほどになっております。そのため、カートリッジ式ではなく、オムニバス式になっているのですが、入っているソフトは4本のみ。いくらなんでも少ないだろうと思ってたら、4種類、色違いで収録ソフトを変えてきた(汗)!本体のカラーリングでソフト内容は同じというのはあったけど、まさかのカラーリングでソフトの内容が違うという斬新さ(爆)!
なお、1人プレイ専用で対戦不可になっているので、対戦プレイをお望みの方は、本物を探しましょう(爆)。


以下、カラーと収録ソフトになります。
ブラック:「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」・「ぷよぷよ通」・「アウトラン」・「ロイアルストーン~開かれし時の扉~」
このあたりは名作とか定番ソフトを並べてきましたけど、最後の作品だけは、かなり異例の収録なんだろうなと。コアなユーザーでも知らない人が多いと思うの。それもそのはず、「ロイアルストーン~開かれし時の扉~」はゲームギア末期の作品で、レアものとしても知られているのです。かなり評価の高い作品なんだって。知らんかったわい。

ブルー:「ソニック&テイルス」・「ガンスターヒーローズ」・「シルヴァンテイル」・「ばくばくアニマル世界飼育係選手権」
この中だと、「シルヴァンテイル」は初耳の作品だなぁ。こちらもゲームギア末期の1995年に発売されたアクションRPGで、評価が高かったらしい。しかし、メガドライブで見掛けたような作品もゲームギアに移植ないしは続編展開されているんだね。

イエロー:「シャイニング・フォース外伝 ~遠征・邪神の国へ~」・「シャイニング・フォース外伝Ⅱ ~邪神の覚醒~」・「シャイニング・フォース外伝 ファイナルコンフリクト」・「なぞぷよ アルルのルー」
まさかのシャイニング・フォース固め・・・かと思ったら、なぞぷよが一つ浮いてしまった感(苦笑)。しかし、ぷよぷよシリーズはカラーで分散される羽目になるとは(泣)。

レッド:「女神転生外伝 ラストバイブル」・「女神転生外伝 ラストバイブルスペシャル」・「The GG 忍」・「コラムス」
こちらは、人気作だった女神転生の2作品を収録・・・したかと思ったら、忍やらコラムスやら節操がないなぁ(苦笑)。


とまぁ、文句を言えばキリがないのですけど、過去の作品が遊べるのはいいことなんですよ。ただ、小さ過ぎて見えないと某ルーペのCMに出演した方のような出来事続出を避けるための特典として、「ビッグウィンドーミクロ」なるたるものを4色セットで購入した場合のみ付いてくるのだそうで。これは4色セットで買えという踏み絵ですか(ギャハ)!


ゲームギアミクロ4色コンプリートセット + ビッグウィンドウミクロ特典付
ゲームギアミクロ4色コンプリートセット + ビッグウィンドウミクロ特典付



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:26│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字