2020年06月18日

お米の生地で作ったカレーパン

SHV47_0122先日、地下鉄栄駅の上にあるミツコシマエ ヒロバス(旧栄バスターミナル)に行ってきました。
ミツコシマエ ヒロバスは小さなトラックを備えた広場になっており、レストランとコンビニが併設されています。広場ではイベントが毎週末行われておりますが、新型コロナウイルスの影響で、つい最近まで中止に追い込まれていたようです。

そんな中でも一部のイベントは再開され、その中の一つが「TOKOTOKO栄Umbrellaマルシェ」というイベントでした。ソーシャルディスタンスを保つため、傘をさしてでも参加できるイベントという触れ込みでした。
そこで売られていたのが、「マジカレーパン」神田のカレー専門店であるマジカレーとのコラボ商品なのですが、生地はパンではなく米粉で作られたものになっており、中の肉は松阪牛とのこと。こちらは伊勢神宮で販売しているとのことだそうで。あったかいなぁ(苦笑)?



ターメリックの赤さが際立っているこのカレーパン、味はコクはあるけど辛くないカレーになっております。ただ、米粉ゆえか少し硬めの生地になっています。いいふうに言えばカリカリの食べ応えのある生地になっております。カレーとの相性も米(粉)なので悪くはないです。肉も思った以上に入っているので、食べて満足でもありました。
もう少し安ければ・・・とも思いました(1個300円)けど、米粉とか松阪牛を使っていることを考えると、妥当かなとも。伊勢神宮に行く機会があったら、覚えておこう。たぶんおかげ横丁だろう(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:58│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字