2020年07月03日

レコゲー2020 7月③

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、ペーパーマリオ オリガミキング(★)
シリーズ6作目で、シリーズ20周年記念作品。オリガミの王国に作り替えようとする国王を止めるため、国王の妹やクッパと共にマリオとルイージが国王に占領されたピーチ城に向かうというアドベンチャーになっています。
今回のバトルは独特なもので、「360°バトル」と称されています。これは制限時間と回数内で敵をできる限り縦1列に揃え、その状態で攻撃すると与えられるダメージが大きくなるというものにもなっているのです。タイミングも重視されるので、アクション要素も強いものと思われます。
フィールド内では、魔方陣を見付けたら「カミの手」で切り開き、怪しいなと思うところをハンマーで叩くとピノキオに戻すことができ、戦闘の際には応援してくれます。また壁や床に穴が開いていたら、道中や戦闘で手に入れられるカミッペラで修復することができ、それで先に進むこともできるようになります。

2本目は、ニンジャラ
既にダウンロード版が販売されており、今回はパッケージ版として展開されます。
ガムという必殺技を駆使し、個性的な武器(カタナ・ハンマー・ヨーヨー)を振り回すチャンバラをベースにしたアクションゲーム。キャラは忍者の子孫となっています。特徴としては、最大8人のバトルロワイアルやチーム対戦がオンラインで可能になっています。

最後は、キャサリン・フルボディ(★)
2011年にPS3・XBOX 360で発売された「キャサリン」をベースに2019年にPS4・PS Vitaで発売された同作品のリメイク版を移植したものです。
難易度の幅が広がったこと(セーフティモード搭載)、サポートシステムの搭載(セーフティとイージーのみ)、第3のヒロイン登場などの他、追加コンテンツで搭載された理想の声が全て収録されています。まだ遊んでいない人、パズルアクションが苦手な人でも楽しめるように配慮されています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:56│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字