2019年05月22日

新たに発表されたメガドライブミニの衝撃の事実

40タイトルが収録されて9/19に発売される「メガドライブミニ」。既に第3弾まで発表され、先日その3弾目が発表されました。
既に「コミックスゾーン」・「バンパイアキラー」・「レンタヒーロー」などプレミアが付いているソフトが収録されることが発表されており、それだけでもセガの本気がわかるハードではあるのですけど、今回の発表でも、「ロックマンメガワールド」・「パーティークイズMEGA Q」・「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」といった、ン万円という価格が付いたことのあるプレミアソフトが収録されて驚かれた方もいらっしゃることでしょう。そしてますますセガがかつてのゲームハードとしてのプライドを全面に出したハードになってきていると感じさせましたね。普通なら「メガドライブミニ第2弾」とかで収録・・・とお茶を濁すことだって可能なのに、やらなかったんだよね。

しかし、驚くところはそこじゃなかった。第3弾の収録ソフトを見てピーンと来た方もいらっしゃることでしょう。そう、今回の収録ソフトの一部には、パーティープレイ前提のソフトがあるからです。つまり、3人・4人でのプレイだと挿し込み口が2ヶ所しかないから遊べないじゃん・・・となるわけですよ。
そこで、セガは今回3人以上のプレイの場合は、メーカー推奨のUSBハブを挿せばOKとしたんですよ。これはウルトラCのビックリ技(ギャハ)。そしてコントローラーも別売り展開され、仲間で遊ぶこともできて一安心。


いやぁ、セガがここまでやろとは。任天堂もソニーもそこまで考えていなかったでしょうから、セガの一手に戦々恐々すると同時に現役ゲームハードの意地とプライドを掛けて何かやって来るんじゃないかと思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2019年05月07日

ファンだとしてもやっていかん、店も対策練らないかん

超大型連休だった4/29に、愛知県北名古屋市にあるスーパーマーケットのゲームコーナーで、「太鼓の達人」の太鼓部分(コンシューマー版の感覚で言えば、タタコン)が盗まれるという事件がありました。結構大胆な手口で、周りを警戒しながら、1人はプレイし、もう1人が取り外せるかの確認をしながら外す作業を行い、人気が無いことを確認すると、2人掛かりで持ち去るというものでした。さすがに防犯カメラにバッチリ映っていたし、全国ニュースにもなったので、近々犯人は捕まるだろうと思っていました。

そうしたら、3人の高校生が5/3から5/4に掛けて警察に出頭(自首)してきたそうで、近々書類送検されるそうです。あれ3人でやってたのか!さすがに驚きましたね・・・。
警察で取り調べを受けた際、「太鼓の達人」が好きで盗んだという主旨の供述をしていたそうです。ちなみに、太鼓部分(タタコン)は店側に返却され、壊れた箇所などは無かったとのことです。


しかし、こんなもの盗んでどうすんだと思ってたら、2つの理由があるのだそうな。

1つは、遊ぶため
いわゆるアーケードでの臨場感が家でも欲しいという理由で盗んで設置するのだそうな。そう簡単に設置できるとは思えないけど、簡単な知識があればできるんでしょうね。昔に比べたらアーケードゲームの接続は難しくないでしょうし。もっと知識があれば、コンシューマー用に改造する輩もいることでしょう。まぁ、アーケードの筐体なんてべらぼうな価格するから、よほどのブルジョワジーじゃないとできんわ。なお、今回の犯人は、こちら側のようで。
もう1つは、転売目的
先程のような輩が多いということでから、(ネットオークションなどで)売れば一儲けできるんじゃないかという人達によって盗まれる事件は後を絶たなかったようです。いくらで売れるのかはわかりませんが、結構高額なんでしょうね。あんな労力を掛けているんですから。


いずれにしても戻ってきてよかったです。店側が返却されたことで被害届を取り下げて、犯人の高校生3人に『恩赦』するのかはわかりませんが、犯人の高校生3人は、しでかしたことに対してきちんと反省してほしいですね。


同様の事件が起こっているということなので、今後「太鼓の達人」を設置している店では防犯対策を施さないといけないでしょう。プラグが外れると防犯ブザーが鳴る仕組みを組み込むとか、防犯カメラを増設するとかなど。お金が掛かることばかりですけど、背に腹は代えられないでしょう。機器1つ盗まれるだけで、下手したら何ヶ月分のインカム(お客がプレイした際の収益)を持って行かれますから・・・。死活問題ですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2019年05月04日

レコゲー2019 5月 据え置き機編④

レコゲー、今回もPC作品の紹介です。
今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



4番目は、ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット-
無数の図書が収められた異界の大図書館を舞台に、図書館司書として収められた物語の管理人達とその登場人物達の悩みを聞いたり、一緒になって虫退治を行いながら絆を深めていくというものになっています。
9つの世界に21人のヒロインが登場するという、この手の作品では結構な大所帯なものになっており、やり込み要素という部分では深いですね。有名な物語を大胆にアレンジしているので、物語を深く知らない人でも十分楽しめると思います。

最後は、タマユラミライ
ヒトとヒトならざる者である妖異が交わる町を舞台に魔法使いの主人公が妖異との間に繰り広げられる物語です。
ヒロインは、当然ながらヒトと妖異になるのですが、淫魔なのにエッチなことがダメとか、ロリな姉とか結構個性が強うございます(ニヤニヤ)。もちろん、王道なヒロインもいるんですけどね、それが霞んでしまう(苦笑)。


据え置き機編 結論
5月の超大型連休もあって、新作が滞りがち・・・と思いきや、その影響を受けたのは、かねてから元気のないコンシューマー市場だけ
PC市場は延期作品もあったものの、まぁまぁ活発な動きを見せており、何だかんだ言ってまだまだ元気そうです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 12:19Comments(0)

2019年05月03日

レコゲー2019 5月 据え置き機編③

レコゲー、今回もPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



コンシューマーが青息吐息な中で、PCは堅調に作品を出してきています。元号が変わろうとPCは健在・・・と言いたいところですけど、こちらもダウンロード販売主体の波が来そうです。


では見ていきましょう。


最初は、Eスクールライフ
学内恋愛×学生の日常をテーマにした王道学園モノになっているとのこと。
学園モノということで、学園生活にディティールを持たせており、通学から放課後まで全ての時間帯にヒロインとの接触のチャンスが転がっています。例えば、登校時なら早く行くことも遅刻することもでき、そこでイベントが発生するというふう。放課後なら、ヒロインのアイコンを探して会いに行くということもできます。なお、学園生活は5月からの1年間。じっくりと攻めることも一気に仲を深めることも自由です。
またスタンドトークプラスという機能があり、立ち話から相手のコミュニケーションに繋がる情報を仕入れることができます。さらに、ヒロイン(4人)・サブヒロイン(3人)全てが攻略(恋愛)対象になっているのもポイントです。

続いては、恋嵐スピリッチュ
何とも言えない微妙な怪奇現象が起こる新校舎の除霊を任されたのは、ロリ巨乳な退魔師で・・・という恋愛アドベンチャー。少しコメディタッチになっていますね。
ヒロインは、先程の退魔師以外にも、エクソシストや妹や山猫までいるバラエティ豊かなものに。全てがおっぱいデカいよ(ニヤニヤ)。

3番目は、アイカノ
2人のヒロインとの恋模様を描いた恋愛アドベンチャー。主人公の幼馴染みと主人公と友人付き合いをきっかけに好きになった2人のヒロインがバレンタインデーに告白するまでの間に主人公は決断を迫られます。
ヒロインは2人のみですが、それだけ濃厚な恋愛を楽しむことができますね。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:24Comments(0)

2019年05月02日

レコゲー2019 5月 据え置き機編②

レコゲー、ここからはPC作品の紹介です。今回は全年齢作品の紹介から。


その作品とは、D.C.4 ~ダ・カーポ4~
こそばゆい恋愛アドベンチャーと称される恋愛アドベンチャーゲームの王道の一つです。現在は18禁作品を後にして、全年齢作品を先に出すという流れになっているようです。
今作の舞台は初音島ではない別の島が舞台なものの、大きな桜があるという共通点があります。その島にテーマパークができたということが、物語の大きなカギになっていきそうです。
全年齢作品だからなのか、ヒロインが多いですね。7人のヒロインの中から物語を進めていくというふうになるので、かなりやり込みが深くなるのではないかとも思っております。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:14Comments(0)

2019年05月01日

レコゲー2019 5月 据え置き機編①

5月、令和元年となって初日、新しい年のスタートとなりましたが、平成最後の日は涙雨になったのを引きずったのか、令和最初の日も平成最初の日と同じく雨で始まりました

さて、現在の上皇の退位と今上天皇の即位ということがあり、今年は最大10連休という例年にない大型連休になった影響で、新作の発売も大型連休明けになってから・・・なんですが、全くと言っていいほど無い(苦笑)。5月でこれだけ厳しい月を迎えるというのは、そうそうないんですけどねぇ・・・。携帯ゲーム機が事実上終了となった現在、据え置き機が引っ張っていかないといけないんですけどね。新世代プレイステーションが登場するまでまだ時間は掛かるし・・・。


では見ていきましょう。コンシューマーは今回2本のみになります。


マルチ展開の作品では、「アサシン クリードⅢ リマスター」(PS4Nintendo Switch)(★)をば。
2012年にPS3・XBOX360・Wii U・PCで発売した「アサシン クリードⅢ」のリマスター版。今作に加え、PS Vitaで2012年発売・PS3で2014年発売した「アサシン クリードⅢ レディリバティ」をはじめ、「ベネディクト・アーノルドミッション」・「隠された秘密」・「ワシントン王の圧政」など追加DLCを全て収録しております。
また4K映像に更新されたことで、モデリングなどを一新システム面でもユーザー要望から一部変更がなされております。
またNintendo Switch版では、HD振動に対応し、タッチスクリーンにも対応しております。もちろんTVモード・携帯モード・テーブルモードの3モード全てに対応しております。

各ハードの注目作では、PS4からイース セルセタの樹海:改(★)
2012年にプレイステーション・ヴィータで発売した「イース セルセタの樹海」の移植版。
フレームレート60fpsに対応しただけでなく、フルHD・ゲーム内BGMの高音質化も図られています。また元の作品がPS Vitaということもあり、PS4の操作性に最適化も図られております


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:00Comments(0)

2019年04月17日

カプコンの手掛けたアーケードの傑作が再び日の目を見ることに

カプコンのイギリス法人はアーケードスティック一体型のゲーム機「Capcom Home Arcade」の制作を発表しました。
収録されるのは16作品で、中でも日本でもレアものとして紹介されることの多い「エイリアンvs.プレデター」や「ロックマン・ザ・パワーバトル」、名作である「ストリートファイターⅡ’(ダッシュ)」、「ファイナルファイト」などが収録されています(当時のアーケードROMが採用されているものの、エミュレータで起動する仕組みらしい)

製品そのものは、Micro USB電源になっており、HDMIケーブルからテレビに出力するパターンとなっております。またWi-Fiに対応しており、世界中のプレイヤーとハイスコアランキングを楽しむ機能も搭載されています。
コントローラーはアーケードスティックになっており、アーケードの雰囲気を味わうためか並列に2つ付いておりますレバーとボタンは三和電子製で、制作はドイツのゲームメーカーであるコチ・メディアが担当します。
価格は229.99ユーロ(約28,978円。1ユーロ=126円で計算)で10/25にヨーロッパ圏で発売されます。丁度EU離脱で大揉めになっててもおかしくない時期の発売だなぁ・・・。もしかすると下手に関税とか掛かってさらに値上がりしそう(苦笑)。

特徴的なのは、『CAPCOM』のロゴのフォルムになっている点でしょうか(爆)。まるでメガドライブに輝く『16BIT』を彷彿とさせるようですが、やり辛くないか(ニヤニヤ)。しかもその『CAPCOM』ロゴを見やすくするためか、レバーの玉以外(つまりボタン部分)は透明になっているんですよね。これ直感で押せってか(苦笑)。熟練したプレイヤーならそんなの関係ねぇって感じなんでしょうけど、やはりボタン部分はカラーになってないとやり辛いだろうなぁ・・・(汗)。

なお、日本での発売は未定です。ただラインナップ的にはマニア垂涎とも言え、外国語仕様であろうが高かろうが並行輸入(カプコンの日本法人を通さず)で購入するんじゃないかいなと。アマゾンでサーチしている姿が目に浮かぶ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2019年04月06日

レコゲー2019 4月 据え置き機編⑥

レコゲー、今回もPC作品の紹介です。
ここから先は18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



5番目は、Missing-X-Link ~天のゆりかご、伽の花~
バラバラな世界、そんな世界に翻弄されたエディテッドと呼ばれる遺伝子操作された子供とオートマタと呼ばれるアンドロイド、国の細分化に伴ってのさばった民間軍事会社、人工知能の暴走と無能化が進んだ中で、愛を無くした少年が再び愛を取り戻すまでの物語です。
主人公はオートマタにしか心を開いていない状態なので、他のヒロインへ舵を切るには、相当な苦労を強いられるのではなかろうかと。

6番目は、家の恋人」(★)
女の子と一緒に住むことをコンセプトにしたうちカノシリーズの最終作になります。
今回はある夢を目指して、主人公にとっては馴染みの喫茶店でアルバイトをしている女の子2人がヒロインになります。
シリーズの集大成になるので、どんな展開になるか楽しみですね。

最後は、ALL×CATION
hibiki works10周年記念作品。過去に発売された7本(LOVELY×CATIONおよび2、PRETTY×CATIONおよび2、PURELY×CATION、新妻LOVELY×CATION、なちゅらるばけーしょん)に加え、オフィシャルサイトで公開されていたアペンドパッチを全て収録した豪華仕様になっています。さらに今回の発売に合わせて新規アペンドも収録されていますし、最新OSに対応していますので、過去に遊んでいたけど今遊べなくなったという人にもオススメです。なお、完全受注生産なので、お早めに。


据え置き機編 結論
コンシューマーは少し落ち着いている感じながらも、Nintendo Switchが少し気を張っている状況。この先しばらく枯渇しそうなので、過去作品や中古でしのぐしかないでしょう。

一方で、PCは久しぶりに好調。コンシューマーの穴埋めをせんとばかりに頑張っております。少しミステリアスというのか明るい中にも陰のある作品がメインになっているような気がする。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 19:44Comments(0)

2019年04月05日

レコゲー2019 4月 据え置き機編⑤

レコゲー、今回もPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



コンシューマーはあまりよろしくない状態でしたが、PCゲームは絶好調。前回全年齢作品を紹介しましたけど、18禁も揃っています。それでは見ていきましょう。


最初は、9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ
シリーズ3作目にあたり、ヒロインの一人をフィーチャーしたものになっています。人気のシリーズで、売り上げもよかったそうです。
物語が核心に触れる中でフィーチャーされたヒロインが、どんなふうに立ちまわるのか気になるところです。

2本目は、缶詰少女ノ終末世界
終末に向かう(と思っている)世界に立ち向かおうとする少年少女達(プレッパーズ)の青春群像劇・・・だけど、なんか変だな(ニヤニヤ)。なぜか缶詰を食べることが終末のトレンディとでも言いたげだな(苦笑)。
まぁ、ドタバタコメディに周りは見えるけど、本人達はいたって真剣なんだということが伝われば、それでいいのかも(汗)。

3本目は、乙女騎士 いますぐ私を抱きしめて
病弱の姉に代わって日本に留学に来たものの、そこは女子校だったので女装して通わなければならなくなった主人公の奮闘を描いたものです。
ヒロインは、先輩・同期・後輩とオーソドックスな構成に。3人しかいないけど、女子校の全寮制ときたら、アータ、何が起こるかわかるよね(ニヤニヤ)。

4本目は、和香様の座する世界
古き神に食われそうになった主人公だったが、現代の日本を気に入った古き神と共に、魑魅魍魎退治を行うというもの。基本的には、古き神のお世話をすることがメインになります。
ヒロインは、古き神の姉妹2人のみ。ただ、それ以外にもサブヒロインとのルートもあるようです。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:18Comments(0)

2019年04月04日

レコゲー2019 4月 据え置き機編④

レコゲー、今回からはPC作品の紹介です。今回は全年齢の作品の紹介から。


最初は、グリザイア ファントムトリガー vol.6&5.5
「グリザイアの果実」のスピンオフシリーズで、連続シリーズになっています。
いよいよ主人公が登場主人公と師匠との間の出来事を描いたものになっています。
また、スピンオフのスピンオフも収録され、一粒で二度美味しいと言えるでしょう。

もう一つは、クダンノフォークロア
ほのかに想った年上の彼女を守るために奔走する百合系のアドベンチャーゲームです。災いの予言を撒くというクダンというフォークロア(都市伝説)がキーワードになります。ややダーク系な作風ですけど、ドロドロというふうではなさそうですね。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:37Comments(0)

2019年04月03日

レコゲー2019 4月 据え置き機編③

レコゲー、今回も各ハードの注目作の紹介です。今回はNintendo Switchの注目作の残りを紹介していくのですが、過去の作品の移植作メインなので、ピックアップして紹介。


ファイナルファンタジーⅩ/Ⅹ-2 HDリマスター(★)
2013年にPS3・PS Vita、2015年にPS4で展開された同バージョンの移植版。任天堂ハードでは初の移植になります。まぁ、このあたりは多くを語りませんが、スクウェア時代に任天堂とやらかした経緯があるので・・・(汗)。
インターナショナル版をベースにしてボイスを日本語へと変更して収録したばかりでなく、2Dグラフィックを1080pのHDグラフィックに変更し、オリジナルドラマも収録されます。
基本的にはソニー系で発売したもののままですから、過去に遊んだ人はそこまで気に掛ける必要はないものの、過去に遊びたくとも遊べなかった人には、待ってましたとなることでしょう。

ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ(★)
2017年にPS4で発売した同作品の移植版。こちらも任天堂ハードでは初の移植になります。
「ファイナルファンタジーXII」をハイデフ化したもので、表現力・サウンドの向上、システム改良などが施されています
こちらも過去遊んだ人ならスルー可能。でも、任天堂ハードでは初の移植になるので、待っていた人は是非に。

海腹川背Fresh!(★)
カルト的な人気のあるワイヤーアクションの最新作。今作ではクエスト制による展開になっています。
ステージ制ではないので、何回もプレイできるようです。また絵はポップなものに変わっています

ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション- DELUXE EDITION(★)
2016年にPS4・PS Vitaで発売した「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」の移植版。
追加コンテンツである「深淵の巫女」三部作などを同梱しています。またローカル通信での4人までの対戦が可能です。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2019年04月02日

レコゲー2019 4月 据え置き機編②

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。


最初はPS4から。
今回PS4は唯一この作品のみ。EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN(★)です。
「地球防衛軍」のスタッフが製作したものの、ナンバリングシリーズとは違う内容のものになっています。
外宇宙の生命体に辛くも勝ったものの、あらゆるものを失った人類が、増殖する外宇宙生命体に散発的な戦いを挑むことしかできない状況の中に置かれているところからスタートする作品です。
外宇宙の生命体以外にも、優先防衛エリアから外された民間人を守る組織との戦いもあり、オンライン対戦では、主人公達の所属する部隊と優先防衛エリアから外された民間人を守る組織とのバトルになっています。


続いては、Nintendo Switch。こちらは、いかにもNintendo Switchらしい作品が出てきました。
最初は、THE 体感!スポーツパック
こちらは、Nintendo e-shopで大人気の4作品(テニス・ボウリング(あつまれ!ボウリング)・ゴルフ(THE ゴルフ)・ビリヤード(BILLIARD(ビリヤード)))が収録されたオムニバス作品。Joy-Conを使ったお手軽なものになっています。
なおボウリングに関しては、スタンダードな10ピンに加えキャンドルピン・ダックピンといった世界的に有名なものも遊べる他、ガーターの有無も選択できるようになっています。またバラエティ豊かなボウリングも楽しめるとのこと。
ビリヤードは、ナインボール・エイトボール・ローテーション・ベーシックゲームの4ゲームが収録されています。
4本ダウンロードすると4000円程するものを40%程オフした金額で購入できるのは、オイシイと思いますよ。

もう一本は、THE バラエティゲーム大集合
こちらも、Nintendo e-shopで大人気の4作品(金魚すくい(あつまれ!金魚すくい)・カード(THE カード ~ポーカー、テキサスホールデム、ブラックジャック、ページワン~)・数字パズル(THE 数字パズル)・二角取り(二角取り: 鏡花水月))が収録されたオムニバス作品。Joy-Conを使ったお手軽なものになっています。
シンプルながら誰もが楽しめる作品がオムニバスで収録されているので、接待用にいいでしょうね。


次回も各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2019年04月01日

レコゲー2019 4月 据え置き機編①

4月になりました。新しい元号が令和となり、いよいよ平成もラストスパートとなりました。
同時に新しい年度の始まりとなり、様々な変化が起こることでしょう。特に新社会人の方々は、学生生活の頃とは打って変わって忙しい生活を送ることになるでしょう。故郷を離れ1人で過ごす人もいることでしょう。辛いこともあるでしょうけど、いつも辛いことばかりではないと思います。簡単にあきらめずに、やれるだけのことをやって下さい。そこから本当にあきらめるかべきかどうかを決めてほしいです。
そんな中で、ゲーム業界は3月の新作ラッシュの反動で、しばらくは少なめの模様少ない時は過去の遺産を生かす。これ大事(ニヤニヤ)。


では見ていきましょう。今回もマルチ展開の紹介です。


最初は、「ラングリッサーⅠ&Ⅱ」(PS4Nintendo Switch)(★)
1991年にⅠ、1994年にⅡとそれぞれ発売された同作のリメイクになります。ラングリッサーシリーズそのものは、ナンバリングシリーズは主にセガハード(Ⅰ・Ⅱはメガドライブ、Ⅲ~Ⅴはセガサターン)で発売され、後に任天堂系ハードやPCエンジンなどに移植されます。携帯ゲーム機に展開されたこともありました。
当時としてはユニットに属性を持たせるという画期的なかつ難易度の高いシミュレーションとして名を馳せており、うるし原智志さんのイラスト(Ⅰ~Ⅴ)も大きな人気を博しました
今作は、イラストはうるし原さんではないものの、初回特典のダウンロードコンテンツとして展開されるそうです。
イラストが違う以外はほぼ当時のままなようなので、過去苦労して解いたという人は、長い休みをこれで費やして思い出に浸るのいいのかなと。

もう一つは、「EVE rebirth terror」(PS4PS Vita)(★)
前作にあたる「EVE burst error」から1年後を描いた作品で、新たな事件に巻き込まれるあの2人を描いたものになっています。
今作もキモになるサイドチェンジが搭載されていますけれども、よりわかりやすく案内してくれる他、移動に関しても前作のように移動先を点滅させるだけでなく、移動するタイミングも教えてくれるようになりました。
なお、PS4版には2016年PS Vita、2018年にNintendo Switchで発売された「EVE burst error R」が、PS Vita版にはミニエピソードビジュアルノベルが遊べます。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)

2019年03月31日

三崎港での小ネタ

SHV39_4587先日横浜・横須賀・三浦(三崎口)に行った時の小ネタ。
三崎港にあるうらりという産直センターに行った時見付けた、ゲームコーナーの筐体。セガから発売された「オーシャンハンター」という作品らしい。1998年に発売とのことで、実に10年以上稼働しているというのだから、物持ちがいい

いや、それだけで置かれたわけではない。実は、ゲーム内容が、7つの海に巣食う海洋生物を倒して懸賞金を手に入れるというガンシューティング。まさに三崎港にふさわしい作品だわ(笑)。



すぐに帰ろうと思っていたので、遊ばなかったものの、三崎港の象徴になると思われるこの作品が、いつまでも残っていてほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:26Comments(0)

2019年03月30日

メガドライブミニ、9/19新発売!

表題の通り、メガドライブの作品を楽しめる「メガドライブミニ」が9/19に発売されることが、今日行われたセガフェスで発表されました。今回は本体の仕様と収録ソフト40本中10本が発表されました。


まず本体ですが、2種類の発売となり、コントロールパッドが1個の通常版と同じものが2個になる「メガドライブミニ W」となります。価格は通常版が6,980円(税別)、「メガドライブミニ W」が8,980円(税別)となります。ということは、2,000円の違いでコントロールパッドが2個になる。単品がいくらで売られるかわからないものの、2,980円だとしたら、少しおトクになるのかな。テレビへの接続はHDMI接続に対応し、USBケーブルで電源を引く形になります。本体には中断セーブができる機能を搭載しています。なお、各地域向けに本体モデルが違うようで、かつリージョン(リージョンコード)ごとに収録ソフトも異なるそうです(恐らく、日本(メガドライブ)・アメリカ(GENESIS)・ヨーロッパ(MEGA DRIVE)・南米(MEGA DRIVE)という区分けなのではと推測)。

その収録ソフト、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」・「ぷよぷよ通」・「シャイニング・フォース~神々の遺産~」・「バンパイアキラー」・「レッスルボール」・「ガンスターヒーローズ」・「コミックスゾーン」・「レンタヒーロー」・「スペースハリアーⅡ」・「魔導物語Ⅰ」というラインナップに。よく売れたソフトだけでなく、カルト的な人気を誇るセガらしい作品も収録されていますね。中でもレアモノになっている「コミックスゾーン」や「レンタヒーロー」などは今でも評価が高いからねぇ。ハリウッドザコシショウさんがベタ誉めしてたもんね、「コミックスゾーン」(笑)。


発売日も決まって、もう少ししたら予約も始まることでしょう。過去のハードの経緯もあるので、セガも万全を期して挑んでほしいです。
・・・早く予約しよう(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)

2019年03月29日

会社にゲーセン作っちゃいました

スマホゲーム「Fate/Grand Order」などを開発しているディライトワークス。先日、自社内に11種の筐体を置く小さなゲームセンターを開設しました。実は、ディライトワークスはボードゲームカフェを社内に設置しており、その時のノウハウを生かしたものとも言えます。

新たに設置したゲームセンターは、東京(高田馬場・池袋)にあるミカドとのコラボレーション。自社のゲームである「Fate/Grand Order Arcade」をはじめ、稼働自体がレアモノとされる「スペースハリアー(DX筐体)」やストリートファイターⅡ、餓狼伝説スペシャル、ファイナルファイト、雷電Ⅱなど1970年代から2000年代までの渋いながらもよくわかってらっしゃるラインナップがずらり。しかも、「Fate/Grand Order Arcade」以外はフリープレイ可能というのだから、もうわけがわからないよ(苦笑)。


しかし、何でそこまで・・・。そこまでしたのは、「Fate/Grand Order Arcade」を開発していたから。
スマホゲームの展開はあったものの、アーケードゲームの展開は無かったディライトワークス。自社作品を社内に置くことで、いかに100円で長く遊んでもらうことを学んでもらうため、かつお客さんと同じ環境の下で遊んでみて、お客さんと同じ気持ちで遊ぶことで、ゲームをよりよくしていければとも考えたわけです。また、先述のボードゲームカフェ設置も追い風になりました。ボードゲームカフェは社内外の交流の場となり、好影響を与えていたことから、自社作品をかねてから置きたかったディライトワークスは、だったらゲームセンターにしてしまおうという発想になったわけです。ゆえに、コラボの相手になったミカドも、わけがわからないよ状態だったとか(笑)。


社内の福利厚生として考えても結構大規模。しかし、福利厚生の枠を超え、コミュニケーションツールとしての役割やゲームセンターの現状やいかに長く楽しんでもらえるかを考えるという点では、いい勉強の場にもなることでしょう。これが、お金で買えない価値ってものなのでしょうな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:03Comments(0)

2019年03月28日

オンラインゲームにおける協力プレイの不安

昨今は、オンラインでプレーするゲームが増えてきました。中でもパーティーを組んでプレーする協力プレイは、作品のウリとして展開されており、RPGを中心に、最近はアクションゲームやFPS・TPSといったシューティングゲームなどでも展開されるようになりました。昨今流行りのeスポーツの中にもオンラインゲームの中でパーティーを組んで戦うRTS(リアルタイムストラテジー)なんてのもありますし。

そんな中で、オンラインゲームでパーティーを組んでいて、自分のプレーが相手に迷惑を掛けていないかなどと過剰に心配する人も増えてきているそうです。知らない人とのマッチングが多用され、ゲームを進めていく過程で生じているのでしょう。この手の症状は、いわゆるコミュ障(コミュニケーション障害)のある人だけだと思われたのですが、どうも普通の人にも過剰に人の動きを気にする人が出てきているのです。
この一連の他人への過剰な気遣い・不安をとあるツイッターユーザーが、「マルチプレイ恐怖症」と名付けているのですけど、このツイートが挙がった途端、納得や共感のリツイートが相次いでいるのです。皆コミュニケーション疲れを患っているようです。


私もそれなりにゲームをプレーしていますし、オンラインゲームもドツボとまではいかないものの、それなりにプレーしたこともあります。ただ、一つ言えるのは、「そこまで深く気にするな」ということでしょう。
相手が不快な行為を受けたと思えば、それに対して注意や忠告をするでしょうし、それが止まなければ相手はあなたから離れる、最悪ブロックをして二度とあなたとプレーできないような行動を取ると思います。そこまで取らないということは、基本的には不満は無いと思うんです。それでもものすごく気遣いをしてしまうのが人間ですから、しないよりした方がいいのは当然の成り行き。でも、そこで過剰に心配するのではなく、相手が何も言わないのであれば、今のところ自分のプレーに問題は無いんだな・・・とポジティブに捉えていけばいいのではないのでしょうか。
どうしても気になるのなら、それとなく聞くのがいいのでしょうけど、これがまた難しい(苦笑)。何十回プレーを共にした仲でも何だか知らない『壁』というのはありますからね。

まぁ、ランダムマッチングで一期一会の相手と当たった場合は、一期一会と割り切って自分の中でベストを尽くせばいいですし、「そこまで深く気にするな」の精神でプレーすればいいわけです。作品の中で深い仲になっていった場合は、難しいけども、それとなく聞けるようにするのがいいのかもしれません。ただ、相手もリラックスしてプレーしたい(要は遊びとして楽しんでいる)でしょうから、「そこまで深く気にするな」の精神で、敢えて不問にするというふうでもいいのかなと。


自分を追い込んで気遣って疲れてまでプレーするゲームって楽しいですか?それだったら、あくまでオンラインゲームは遊びの一種なんだとリラックスして楽しめばいいのではないのでしょうか。そこで粗暴になってもいいわけではなく、少なくとも一般常識の範囲内で楽しむということも重要なのは、言わずもがな。
ルールを守って遊んでいれば、相手に過剰に気を遣うことも無くなるのではないかなと。それにeスポーツではないのですから、勝ち負けはあれども、あくまでゲームなのだと割り切りってプレーすればいいんじゃないのかねぇ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2019年03月27日

アップルもゲーム市場に殴り込みだってよ

つい最近、グーグルがゲーム市場に参入することを発表しましたけれども、舌の根の乾かぬうちに今度はアップルがゲーム市場に参入すると言い出した
元々PC(パソコン)から始まったアップル(当時はアップルコンピュータ)は、音楽機器の製造と音楽配信、そこから携帯電話(スマホ)の製造に至り、さらにタブレット端末のような情報機器の製造にも携わってきました。それと共に、これから動画配信サービス・オンライン決済・クレジットカード事業なども行うことになり、その一環でゲーム市場への参入を決めたのでしょう。


その新しいゲーム事業は、「Apple Arcade(アップルアーケード)」という名称になり、2019年秋から150ヶ国で100タイトルの配信が決まったとのこと。iOSに対応している端末(iPhone・iPad・iPodなど)だけでなくMacやApple TVにも対応するということで、このことからもグーグルから展開される「スタディア」を意識したものになっています。

「スタディア」との大きな違いは、常に通信をする必要がないこと。
「スタディア」はインストールやアプリのダウンロードが不要な代わりに、常に通信をしていないといけないのではという状況に陥るようです。対して、「Apple Arcade」はApp Storeのタブ内からアクセスでき、好きなタイトルを選んでプレイするというふうになっています。そのため、オフラインでもプレイできます。恐らくセーブをする時に端末内にデータを残すという流れになるのではと推測していますが、それをインストールやダウンロードと呼ぶというふうではなさそうです。
また、デバイスを切り替えてのプレイ(PS3・PS4からPS Vitaにあるクロスプレイのようなもの)・広告なしでのプレイ・追加料金の不要・ファミリーシェアリングにも対応しているとのこと。
なお、参入会社も同時に発表され、コナミ・セガ・レゴ・カートゥーンネットワーク、そしてミストウォーカー(ファイナルファンタジーシリーズ制作に関わった坂口博信さんが設立した会社)が参加するとのこと。だいたい、あのゲームやこのゲームが移植される・・・なんて皮算用ができるわけですよ(ニヤニヤ)。


さて、どんな作品が登場するのか期待して見ていきましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)

2019年03月26日

【それで】2年目に突入!【ええんか】

サイゲームスから配信予定の「ウマ娘 プリティーダービー」。昨年の3/25から事前登録が開始となり、その年の4月からはテレビアニメも始まって、そろそろ配信開始だよねぇ・・・と登録した人やファンの方々は思ったに違いありません。
ところが、テレビアニメが終わっても配信は開始されないその年の年末には、クオリティアップのために延期しますというお知らせまで出てしまう始末。おいおいそれはないだろう・・・と登録した人やファンの方々は(以下略)。
そして昨日(3/25)に事前登録開始から1年が経過いよいよ2年目に突入してしまったわけです。このような事態になるアプリゲームは前代未聞になるでしょう。ねえねえいつ配信されるの・・・と(以下略)。


色々原因はあるのでしょうけど、一番は馬の名前を使って擬人化した点ではないかと思います。実は、この作品を始める段階で、いくつかの馬の名前を使えなくなったという騒動があったことを覚えています。擬人化することを快く思わなかった馬主の方々が拒否反応を示したということだそうですけど、もしかすると、この『権利関係』がいまだに尾を引いているのではないかと邪推してしまいます。ただ、アニメ化は無事に果たし、馬の名前のキャラも今後使えるようにしているのですから、なぜゲーム化だけが遅れているのか、全くもってわかりません育成シミュレーションというジャンルをサイゲームスが不得意だったという話も聞かないし、このままフェードアウトという雰囲気もありません。だって、ウェブラジオは、いまだ健在で、かつ公開録音も決まっているんだもの。


このまま開発を進めていくのか、フェードアウトするのか、はたまた別の道へ進むのか。全ては今度の公開録音で明らかに・・・なるわけないか(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2019年03月25日

新型Nintendo Switch、夏発売?

まだあくまで噂の段階、でも可能性としては無きにしも非ずと。


現在発売中のNintendo Switch。発売から2年が経ち、ソフトもそれなりにですが充実しています。本体のアップデートも行われ、後は周辺機器(Joy-Con)などの作りの改良くらいかなというところまで来ました。
ただ、言い換えれば、そろそろこれまでのデメリットを改良のために用いたい時期に差し掛かってきたとも言えます。プレイステーションのように細やかな改良を積み重ねていく場合もあれば、メガドライブのように本体を小型化していくという改良を施していく場合もあります。


そして、Nintendo Switchが今年の夏をメドに新型を投入するのではないかという話が挙がってきました。

新型は2種類で、1つはコアゲーマー向けの仕様。詳細はわかっていませんが、PS4やXBOX ONEのような高性能ではないとのこと。まだ確証の持てないレベルではありますが、4K/8Kに対応しているとも。
もう1つは、安価モデルといえるもので、ニンテンドー3DSの後継機という位置付けになっています。しかし、Nintendo Switchのコンセプトは、Wii Uやニンテンドー3DSの後継機ではないという位置付けなので、仮に3DSの後継機という位置付けなら、方針を大きく転換することにもなります。そこまでするのかねぇ・・・。

ただ、2年も経てば新型を投入するのは既定路線マイナーチェンジでの新型になるのか、小型化などの大幅な入れ替えをするのか全ての答えは、6月に開催されるE3(Electronic Entertainment Expo)で明らかになります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:46Comments(0)