2019年11月12日

???「ゲームは1日90分!」

その昔、高橋名人こと高橋利幸さんが「ゲームは1日1時間」と述べていました。しかもゲームメーカーの社員がそんな発言をするもんですから、何事ぞと当時は言われたそうです。結果、日本におけるテレビゲームはサブカルチャーの一端を担い、いわゆる洋ゲーがメインになってきた今でも日本のゲームは一定の評価を得ています


さて、そんな中で中国では、政府が18歳未満の子供に対して、平日のオンラインゲームの利用制限を打ち出し、その制限時間を90分までと定めました。なお、休日の場合は3時間までと定められました
さらに22時~翌8時まではゲーム禁止(ログイン不可)・アカウント開設の際には実名登録必須・課金は400元(約6300円)/月まで(18歳未満に対する企業向けの対応という名のお達し)という規制も併せて設けられました
この手の規制は、カリスマのある人が言うから効果があるわけで、政府の人間が言ってしまっては、反発を招きかねないなと。ただ政府が本腰を入れてきたということは、それだけゲーム障害と言われるゲームのし過ぎによる日常生活の困難さが顕著になってきたとも取れるわけです。そんな人達が増えてしまったら、中国という国家が回らなくなってしまう。それを恐れての措置なんでしょうね。そう考えると仕方のない措置なんでしょうけど、きちんとやっていた人にとっては、何と窮屈な・・・と思われるでしょうね。
ゆえに、これらの措置は親の名義にしてしまえば一挙解決となるから、規制は困難だろうという見方が大半を占めています。昔の日本で起こったことが、オンラインゲームとはいえ中国でも起こるとは・・・。そういえば、韓国でもPC房(バン)に引きこもったプレイヤーが何十時間もプレーしていたため、最後には死んでしまうという事件が頻発していたなぁ。この時もIDカードの登録義務化で抑えたんだったっけか?


いずれにしても、国に規制を設けられるようでは、ゲームが文化として発展していくのは難しいでしょう。特に中国は社会主義国国によって都合が悪くなったら、規制で今は済んでいますが、禁止の方向に傾きかねません。1億7000万人いるとされる若年層のインターネット利用者の未来のために、表向きでもいいので、今回の規制は飲んだ方が身のためなんじゃないかなと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2019年11月05日

レコゲー2019 11月 据え置き機編⑤

レコゲー据え置き機編、今回もPC作品の紹介です。
今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



後半最初の作品は、白刃きらめく恋しらべ
主人公は政府機関所属の退魔師。呪物の調査と破壊を仲間達と共に行うのが目的です。
メインヒロインは3人とやや少なめ。しかし、主人公へのべったり具合は相当なものです。さらに公私共々一緒にいる相手になるので、主人公への好感度もマックスとも言えるでしょう。

2番目は、どっちのiが好きですか?
「リードする恋愛」・「リードされる恋愛」、どちらの要素も取り入れた恋愛アドベンチャー。
この作品には、4人のヒロインがいる中で完全分岐を採っている(性格はどちらを選んでも同じな)ので、1粒で2度オイシイ展開を楽しむことができます。さらに「ピロートークシステム」で、指定の場所をクリックすると、さらに甘いひと時を過ごすこともできます。

最後は、恋愛、借りちゃいました 椿&ちなつ&こなつ ミニアフターストーリー
今年7月に発売された「恋愛、借りちゃいました」のアフターストーリー集。今回は5人のヒロインのうち3人のヒロインのシナリオになります。レンタルから始まる恋の結末は・・・。


据え置き機編 結論
コンシューマーはポケモンがメイン。それ以外の作品も豊富には出ているものの、ポケモンの前では少々霞み気味。しかしながら、霞んでいる作品も年末商戦のメインになってくると思うので、長い目での戦略が必要か。

PC作品は、あまり出ていないものの、作品そのもののクオリティは高め。珍しくRPGが2本出ているので、そのあたりから注力してもいいのではないかと。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2019年11月04日

レコゲー2019 11月 据え置き機編④

レコゲー、ここからはPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



今回は珍しくRPGが複数出てきているので、そちらを紹介していきましょう。


最初は、カオスドミナス
悪魔に支配された島を舞台に5人の魔女とその元凶たる悪魔を討伐するRPGです。
物事の行動は全てホーム画面で終始するので、目的地に向かうためのフィールド移動は無いものの、オーソドックスなRPGになっております。バトルモードもコマンド・ターン制とこちらもオーソドックスですけれども、強力な技を繰り出せるバーストゲージがターンを進めるごとに溜まっていきます。なお、仲間は主人公も含め6人(つまりヒロインは5人)。このうち主人公を含めた5人で進めていきます

もう一本は、勇者と踊れ! ~ぼっちの俺が異世界召喚されて美少女たちと学園最強パーティを組みました~
ドラゴンの力を秘めた主人公が、様々な種族の仲間達と共に探索者育成の学園で勇者になるべく学び、異神を討伐するRPGです。
RPGとは言っているものの、アドベンチャーパートとデートパートというアドベンチャー要素が多分に含まれた構成になっております。RPG部分になるダンジョンパートはパズル要素の加わったものになっており、進路のパーツをスタートからゴールまで個数制限のある中で繋いでいくというものになっています。もちろん、一直線で目的地のゴールまで・・・という進み方も可能ですが、途中で宝箱を拾ったりして強化していかないと、先もおぼつかなくなるという事態に陥るかも。また寄り道をすることで敵との遭遇も増えるものの、レベルを上げることもできるので、侮れません。なお、5人編成のパーティーになっており、前列・後列やキャラクリエイト(ポイントの振り分け)の概念も存在します。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:22Comments(0)

2019年11月03日

レコゲー2019 11月 据え置き機編③

レコゲー据え置き機編、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、ポケットモンスター ソードポケットモンスター シールド(共に★)
人気シリーズの最新作。今作は、様々な顔を持つ縦長の島を舞台に繰り広げられます。ポケモンが人間と仕事をするという他では見られないシーンもあるとのこと。また今作のポケモン図鑑はポケモンが入り込んでおり、他の電化製品などに入り込んで主人公のサポートをしてくれることも。新要素も豊富で、相手の特性を消したり追加で作用できなくする他、高い威力を持った技も搭載されました。変わったところだと、手持ちのポケモンと一緒にキャンプのできる施設があり、絆を深めることも。またカレー作りを楽しむこともできます。さらに通信機能を利用して相手のキャンプにお邪魔することもできます。
シリーズの最新作としては初めてになる作品(Nintendo Switchそのものの初めての作品は、「ポケットモンスター ピカチュウ」をベースにリバイバルされた「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ」と「ポケットモンスター Let's Go! イーブイ」)。新要素もたっぷり入って、プレイヤーの心をわしづかみにするんでしょうね。

もう一本は、マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック(★)
2020年の東京オリンピック公式ソフト。2020年にはアーケード版も稼働予定になります。
今作は、クッパとエッグマンがマリオとソニックを邪魔に思って閉じ込めようと思い作ったゲーム機を舞台に繰り広げられるストーリーモード・ワンマッチ・ミニゲーム集の「ゆうぎじょう」に分かれています。このうち、ワンマッチは2020年の競技・1964年の競技・ドリーム競技という各作品の世界観を生かした競技がプレーでき、1964年の競技ではマリオやソニックなどがドット絵で描かれています「ゆうぎじょう」でも東京の名所を舞台にCGグラフィックの絵ないしはドット絵で描かれています。
普通の競技では得られない爽快感と夢満載な内容になっており、子供だけでなく大人も楽しめるのではないのでしょうか。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:15Comments(0)

2019年11月02日

レコゲー2019 11月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、2回目はPS4の注目作の紹介です。


最初は、シェンムーⅢ(★)
かつてドリームキャストで発売された「シェンムー」・「シェンムーⅡ」の18年ぶりの続編。オープンワールドの先駆者として評価されている作品でもあります。
のどかな山村から物語が始まり、いよいよ悪の組織の概要が垣間見えるようになるのでしょう。なお、今作もQTEやセガの往年のゲーム機で遊べるようになっています
18年ぶりの続編ということで、当時子供だった人も大きくなったことでしょう。あの頃と違った雰囲気でプレーすることになるのかもしれませんね。

2番目は、A列車で行こうExp.+(★)
2017年に発売した「A列車で行こうExp.」に追加要素を加えた物。
その追加要素とは、転車台・機回しが設置可能になった点、列車の連結と解除(例えば、東北新幹線の列車と山形・秋田新幹線の列車を繋いで出発し、途中駅でそれぞれの目的地に向かうために切り離すという運行の仕方がある)が行える点、以上2点の動画解説を加えた点になります。もちろん新車両(蒸気機関車や江ノ電など)・新規建物・新駅舎・新シナリオなどが追加されています。

3番目と4番目は、アイベヤ(★)アママネ(★)
どちらもPC作品からの移植で、ヒロインが1人のみという作りになっているシンプルな恋愛シミュレーションになっています。作りはよく似ているものの、アプローチは違ってくる(「アイベヤ」は幼馴染みの同棲生活、「アママネ」はマネージャーである後輩との関係)ので、どちらも楽しめるのではないかと思います。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2019年11月01日

レコゲー2019 11月 据え置き機編①

11月になりました。年末商戦が下旬にスタートすることになると思うので、注目作が目白押し・・・と思ったら、そうでもないぞ(汗)。まぁ、大本命がぶつかってくるので、それを避けたとも言えるでしょう。その大本命とは・・・後日紹介(ギャハ)。


では、見ていきましょう。最初はマルチ展開の作品の紹介からです。


最初は、「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」(PS4Nintendo Switch)(★)
ガンダムシリーズの中ではメインになってくる宇宙世紀ではなく、4つの世界(アフターコロニー、コズミック・イラ、西暦、P.D.)で構成された物語になっています。
原作の追体験ができるのはさることながら、様々な条件をいかにクリアしていくかを突き詰める作品にもなっています。
ガンダムシリーズの好きな人なら、「スーパーロボット大戦」同様に楽しむことができるのではないのでしょうか。

2番目は、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニット・コンバーテ」(PS4Nintendo SwitchPS Vita)(★)
テレビアニメになった「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」・「同Ⅱ」などを題材にしたアクションRPG。
各キャラとの触れ合いをメインにしたアドベンチャーモードと探索とアクションメインのRPGモードで構成され、基本的にはギルドからの依頼をこなして進めていくものになっています。ダンジョンには2人のサポーターを連れて行くことができ、それぞれ特性を持っています。またストーリーモードをクリアした後なら、自由な編成ができるエクストラダンジョンもチャレンジできます。それをクリアすると、オイシイ特典が・・・。
原作が好きには人、さらにアプリゲームも楽しんだ人なら、是非とも遊んでもらいたいですね。

3番目は、「ブレイブルー クロスタッグバトル スペシャルエディション」(PS4Nintendo Switch)(★)
2018年にPS4・Nintendo Switchで発売され、今年4月から稼働した「ブレイブルー クロスタッグバトル」のスペシャル版。
本編に加え、ダウンロードコンテンツとして展開された追加キャラとVer2.0のコンテンツ(9名の追加キャラと追加シナリオなど)が同梱されています。
アーケードから始めた人なら、このセットを買う方がオトクになるでしょう。


次回はPS4の注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2019年10月04日

レコゲー2019 10月 据え置き機編④

レコゲー、今回はPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



PC作品は、今月は大人し目。延期になった作品が、ここに流れ込んだようにも思えます。ここにも消費税増税の影響が出ているのでしょうか。一本一本の単価が高いですからね・・・。


では見て行きましょう。


最初は、みつあね
前作「ふたあね」から実に9年ぶりの新シリーズになります。3人の姉+未亡人との生活を描いたものになっています。
3人の姉は主人公が大好きなので、いつでも恋愛モードMAX状態。かつハーレム的な展開もアリとのことなので、やりたい放題ですね・・・。

2番目は、アイキス
2014年に発売した「キスアト」の世界観を受け継いだキスシリーズ最新作。幼い頃に出会った姉妹と学園の先輩2人の4人がヒロインになります。
今どきの女子校生を大胆に描いた作品になっていますが、大胆なのは彼女のアプローチだったり・・・とキスシリーズの中でもいろいろ変わってるかもしれません。

最後は、クロスコンチェルト
メーカーのあっぷりけの10周年記念作品。新たな生活を送るために転校してきた先で起こる暗い影とその真実を知るというものです。
基本的には純愛アドベンチャーということで、幼馴染み・妹・妹のメイド・学園の先輩との関係を築くことになります。そこで伝奇ものがからんでくるというふうですね。


据え置き機編 結論
コンシューマー・PC共々、消費税増税の影響が避けられなかった模様。それでも、コンシューマーは何とか注目作を形作って最低限の被害に抑えている様子。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)

2019年10月03日

レコゲー2019 10月 据え置き機編③

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、ディズニー ツムツム フェスティバル(★)
2014年にスマートフォンで展開されたパズルゲームで、後にアーケードにも展開されています。
今作は、パズルゲームの他にもパーティーゲームも10種類が収録されています。どちらもローカル対戦・オンライン対戦対応になっており、中でもパズルゲームの方は初めて対応となります。
なお、現状ではNintendo Switch LiteではJoy-Con必須となっていますが、パズルゲームのみ今後のアップデートで本体のみで遊べるようになるそうです。そのためか、今作は本体同梱版も展開され、ライト層への訴求もバッチリ。

2番目は、ルイージマンション3(★)
シリーズ最新作で、豪華ホテルを舞台に、さらわれたマリオ達を救うためにルイージが助けに向かいます。
今作では、オバキュームが家具を吹き飛ばしたり壊したりできるようにもなっています。また同時プレイの際には2Pキャラになるお供も登場し、要所要所で切り替えて挑むことで、先に進むことができるようになります対戦プレイや協力プレイも充実しており、本編以上に楽しめるのではないでしょうか。

3番目は、牧場物語 再会のミネラルタウン(★)
2003年にゲームボーイアドバンスで発売された「牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち」と「牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち for ガール」の移植になります。
Nintendo Switchに移植に際しての追加要素は無いものの、両方の作品を楽しめるオトクなものになっています。

最後は、スーパーロボット大戦V(★)
2017年にPS4とPS Vitaで発売した同作品の移植版。
「勇者特急マイトガイン」・「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」など7作品が新規参入し、オリジナル部分では、グルンガストとヒュッケバインが登場します。
移植に際し、これまでダウンロードコンテンツで展開されていた追加シナリオが収録されます。
次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2019年10月02日

レコゲー2019 10月 据え置き機編②

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4の注目作の紹介です。


最初は、 ペルソナ5 ザ・ロイヤル(★)
2016年にPS3で発売した「ペルソナ5」の移植版。
新要素として、キャラクター・ストーリー・スポットの追加、ダーツライブ(セガの関連会社で、ダーツマシン販売会社)のダーツマシン「DARTSLIVE3」とのコラボ、日常アシスト機能、グラフィックの強化(PS4 Proでの画質に対応)などが行われています。
「ペルソナ5」も今作も「日本ゲーム大賞 フューチャー部門」で受賞を果たしているだけに、多くのプレイヤーが来たいと評価を下している、安心して遊べる作品だと思います。

2番目は、Travis Strikes Again: No More Heroes Complete Edition(★)
2007年・2010年にWiiで発売した「NO MORE HEROES」のスピンオフ作品。後にPS3・XBOX360に過激化されて移植をしています。
今作では、主人公に襲い掛かり撃退した殺し屋の一人の親が復讐するためにやって来て、その死闘の末にゲーム機の世界に引きずり込まれるという設定になっています。
お馴染みのアクションモードに加え、アドベンチャーモードも追加。そのアドベンチャーモードは往年のPCゲームのようなグラフィックになっているので、おっさんもおじいちゃんも大喜び(爆)。

最後は、ゴーストリコン ブレイクポイント(★)
特殊部隊員の活躍を描いたシリーズ最新作。南太平洋の島を舞台に、嶋を占拠する敵との戦いを描いたものになります。
作中では、攻撃を全面に押し出した「アサルト」・ステルスプレイが得意な「パンサー」・狙撃で後方支援を行う「シャープシューター」・回復役の「フィールドメディック」の4クラスで構成されており、リアルな世界観の中でサバイバルを駆使して戦い抜きます。リアルな世界観に基づいていることから、疲労が蓄積したり、戦闘でケガをすれば、移動速度や戦闘能力に影響し、治療を施したくとも物資が無ければ、どうすることもできないというわけです。武器の管理や野営も行っていくことも大切になってきます。
これまで以上にリアルな作品なので、ミリタリーファンには満足な内容になっているばかりか、初心者のためのチュートリアルも充実しているので、難しい作品と思われがちな今作の敷居を下げてくれていると思います。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:35Comments(0)

2019年10月01日

レコゲー2019 10月 据え置き機編①

10月になりました。前々から言われていた消費税が遂に10%に上がりました飲食物など一部には軽減税率というものが適用され、これまでと同じ8%になりますけれども、ゲーム機・ソフトなどに関しては対象外となるので、10%上乗せでの販売になります。そのため、駆け込み的に本体を買ったとか欲しかったソフトを買ったとかいう人もいるのではないのでしょうか。かくいう私も、駆け込み的ではなく偶然にも、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」をプレーしたいがために本体(Nintendo Switch)を買いました(笑)。これからダウンロード販売の作品も手に入るようになると思いますから、色々な作品に手を出しそうです(苦笑)。


では、見て行きましょう。今回もマルチ展開の作品の紹介です。


一つは、「魔界戦記ディスガイア4 Return」(PS4 Nintendo Switch)(★)
2014年にPS Vitaでは発売した同作品の移植版。元々は2011年にPS3で発売された「魔界戦記ディスガイア4」およびダウンロードコンテンツかつアペンドディスクとして同じ年に発売された「魔界戦記ディスガイア4 フーカ&デスコ編はじめました。」をベースにしています。
基本的な部分はPS Vita版と同じになりますが、発売後からダウンロードコンテンツの充実を図っていくとのことなので、既にプレイしている人にもやり込みのできる作品になるのではないのでしょうか。

もう一つは、「たべごろ!スーパーモンキーボール」(PS4Nintendo Switch)(★)
元々はアーケード作品だったものを2001年からコンシューマーとして展開させたもの。実に7年ぶり(2012年にPS Vitaで発売以来)の新作になります。
傾きセンサーが付いているハードからの発売になることから、よりセンシティブな操作ができるようになっているので、程よい難易度になっているのではないかと。本編以外にもミニゲームが多数収録されており、オンラインランキングにも対応なのに2990円(税別)の太っ腹価格なので、1人でじっくりというやり込みゲームとしても皆でワイワイという接待ゲームとしても有益ではないのでしょうか。ちなみに、メインテーマがバナナフリッターズ(関俊彦さん・日高のり子さん・山寺宏一さんのユニットで1990年代前半に活動していた。2017年に復活)なのにもビックリ、曲調がジャズというのかスカっぽいというのか、今までのバナナフリッターズに無かったものだったので、なおのことビックリ(笑)。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)

2019年09月29日

クロス×ロゴスをプレイしてみた

先日配信された「クロス×ロゴス」というスマホゲーム、言葉を対戦の道具にしたRPGのような作品です。言葉で対戦と聞いて、ピンと来た方は鋭い。そうです、「ことばのパズル もじぴったん」(以下「もじぴったん」)の対戦プレイをスタイリッシュかつファンタジーっぽくした作品でもあるのです。
それもそのはず、この作品は「もじぴったん」の制作者がスタッフにいるのです。ナムコ(バンダイナムコ)から独立したんだね・・・。なお、配信元はアニプレックスで、面白法人カヤックが絡んでいます

というわけで、「もじぴったん」を知っていれば、この作品はやりやすいと思います。しかし属性があるので、そのあたりの使い分けが必要ですし、「もじぴったん」に自信があるからといって、いきなり難しいランクにチャレンジしても、手痛くやられるだけ・・・というふうになってしまいます。なので、RPGっぽいんですね。
これらの点から、キャラを育てることが重要で、最初は地道に簡単なレベルからイベントをこなしていき、徐々に慣らしていってから上のランクを狙っていくのがいいかもしれません。ハードくらいが少し厳しいと思うので、そこまではノーマルでレベル上げをする、ないしはクエストをこなしてレベルを積むというふうにしてもいいでしょう。基本的にノーマルまではAP(アクションポイント)を多く消費しないので、余裕を持ってプレイできるでしょう。


とりあえず、語彙数が多いので、あれが無い・これが無いというのは、ほとんど無いでしょうね。しかし、何で『ニーソックス』の略語の『ニーソ』が無いんだ・・・(汗)。

不満点は、スライドじゃないと文字が置けない点でしょうか。置き辛い時があるんですよね・・・。ただ、これはタッチでも置けるようアップデートを掛けるとのことなので、そこまで不満じゃないですけど、敢えて。


結論として、簡単なレベルから始める・属性を考えてデッキ構成を行う(同じ属性で揃えると攻撃力がアップやすい)・できる限り均等にレベル上げを行う(差が広がると敵との戦いに不利になる)・クエストはある程度こなしていく・イベントはクエストで詰まってきたら積極的に行う・ガチャは基本無料でも十分・合成できるところまで進めておかないと先々苦しくなる、といったところでしょうか。


「もじぴったん」が好きな人、楽しめた人ならオススメ(ただし、萌え属性が苦手な人除く)。難易度は低め~普通だと思うので、地道にやって行けるならプレイしてほしいです。基本的にログインしてちょっと進めるでも十分に楽しめそうですし。せかせかしてないわ(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2019年09月20日

ドラゴンクエストウォークをプレイしてみた

先週から配信開始された「ドラゴンクエストウォーク」。ドラゴンクエストの世界観を現実世界の中に落とし込んでプレイするというものですが、ちゃんと世界として成り立っているんですよね。自分の住む町に、お馴染みのモンスターが闊歩する姿を見て、何とも言えないうれしさというのか驚きというのか、色々なものを感じますね。シリーズが始まって30年経ち、ここまでになったのかと。


内容としては、クエストを現実世界でこなすのですが、位置情報ゲームなので、目的地を設定して、そこまで歩くというもの。ゆえに、歩かないと成立しない(苦笑)。それゆえに、普段から引きこもりの人間には何にもできません(ニヤニヤ)。
目的地の場所は短くても数百mが必要になってきます。ただ距離が長ければ長いほど、冒険に必要な石「導きのかけら」が集められるので、遠めに設定するのがいいのですけど、貯めておく量が制限されているので、頻繁にストーリークエストを解かないといけなくなります

フィールドには、「かいふくスポット」(つぼ)と他のプレイヤーが設定した家があり、前者は触れることでHP・MPの40%が回復&アイテムがもらえ、後者は入ることでアイテムかゴールドをもらえますフレンド申請や「いいね」(評価)などもこの時行えます。まれに「DQウォークマイレージ」というアイテム交換などに必要なものが落ちていることがあります。この「DQウォークマイレージ」のミッション(マイレージから確認可能)はボーナスは無いものの、1回「かいふくスポット」に触れる・戦闘を行う、1000歩歩くごとに6ポイントがもらえるので、やっておいて損は無いでしょう。

あと、作品の特性上、歩きながら戦闘などをこなす必要があるため、時に危険な事態になりかねません。それを防ぐために「WALKモード」というオートモードがあります。これにしておけば、戦闘と「かいふくスポット」を自動にこなしてくれます。ただし、敵が強いとその効果があまり発揮できなくなり、他のプレイヤーが設定した家や目的地には入れなくなります。あくまで簡単な作業をこなすための一助という位置付けだと思って下さい。

あとは、クエストをこなすなど、作品が設定した様々なミッションがあり、特にデイリークエストは簡単なものが多いので、出掛けられる機会があるのならば、やっておいて損はありませんね。


やってみて思ったのは、雨が降ったらそのエフェクトもちゃんと反映されるリアリティのよさに驚かされました
苦言を呈す部分では、目的地が思ったように出てこない部分や自分で目的地の設定をしたいと思っても原則1回だけ(「導きのつばさ」使用で1回増やすことは可能)なのも地味に辛い目的地が思った以上に出てこないのと合わさると苦痛になってしまうので、その点は改善してほしいです。またクエストを全てこなすか他のクエストに切り替えないと、城・町・村や洞窟・塔などが消えてくれないのも困りもの自宅周辺も目的地設定ができないので、近所に設定して・・・というのは難しいようです。あとはGPSの精度をもう少し上げて下さい(泣)。
レベル上げも少々苦労するかもしれませんが、これだけは引きこもりの状態でも何とかなりそうなので、家にいる時は地道にレベル上げをするというふうでもいいかもしれません。


正直やることがいっぱいあって大変(苦笑)。でもやりがいはあります。課金をしないといけない面は現状少ないので、誰でも参加できる作品になっています。しばらくは楽しめそうですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2019年09月19日

(自称)令和初のハード、メガドライブミニを買ってきたぞ

SHV39_5749今日、「メガドライブミニ」を買ってきました。セガが18年ぶりに新ハードを供給したのです(とはいえ、N in 1ハードだけど(笑))。
5月に予約を入れていたと思うので、4ヶ月待ちでやっと手に入ったことになります。とはいえ、今日が発売日なので、何を言わんやと(ニヤニヤ)。

「メガドライブミニ」は、ミニサイズのメガドライブの中に42本のソフトが収録されており、(RPGのバッテリーバックアップ以外でも)途中でセーブができたり、ゲームセレクト画面に古代祐三さんの書き下ろしBGMが収録されているなどの特徴があります。



SHV39_5750で、せっかくなので一緒に買ってきたのが、黒鏡餅セット(爆)。またの名をメガドラ兄さんセット(ギャハ)。
・・・正式名称は「メガドラミニタワー」これをメガドライブミニにぶっ挿すことで、バベルの塔も真っ青な高い塔になるのだ!<この大ウソつき!
・・・しかし、本体よりパッケージがデカいって、どういうことだよ!



SHV39_5751言ってもわからぬなら、見て頂こう。
「メガドライブミニ」と「メガドラタワーミニ」のパッケージを重ねてみた。
本体の方が、「メガドラタワーミニ」のおおよそ半分くらいの大きさなんだよね(泣)。どうしてこうなった!



・・・あ、実際にプレイするのは、明日以降の予定です(ニヤニヤ)。だって忙しいんだもん。気が向いたらプレイの感想を述べたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2019年09月10日

そんなメガドライブミニ、誰が

買う・・・と書こうと思ってたんですけど、心当たりの人がいたわ(爆)。今アメリカに在住で、諸般の事情でそろそろ帰らないといけないらしい某サイトの管理人という人が(ギャハ)。次はインドで決まったんでしょ(ニヤニヤ)?
そんな某サイトの管理人は、アメリカで買うと言ってたのが、日本でも販売されることになりました「メガドライブミニ」のアメリカ版「Sega Genesis Mini」です。


この「Sega Genesis Mini」(以下GENESIS)、「メガドライブミニ」(以下メガドライブ)とはいくつか違うところがありまして。
まず見た目。『16BIT』の金文字がピカピカと輝いているメガドライブとは違い、GENESISはGENESISのロゴがメインになっています。
また同梱されるコントローラーも違い、メガドライブでは6Bパッドと呼ばれる後期モデルであるメガドライブ2で同梱されていたコントローラーが付いてきますが、GENESISではデカくてゴツい3ボタンのコントロールパッドになっています。ただし、GENESISではあらかじめ2個同梱になっている親切仕様・・・とはいえ、6ボタンのゲームどうやって遊ぶんだよ(汗)。
なお、日本でも「メガドライブミニ 3ボタンコントロールパッド」として販売が決まっています。もちろん大きさは日本仕様(笑)。
収録されている作品も、メガドライブに収録されている作品と違うものがあり、代表的な作品(日本語名)を挙げると、「獣王記」・「ストライダー飛竜」・「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」・「エコー・ザ・ドルフィン」・「バーチャファイター2」など計17本が違います


「Sega Genesis Mini」はアマゾン限定で、「メガドライブミニ 3ボタンコントロールパッド」はセガストア限定で9/27に発売予定だそうです。アメリカ版にしか欲しいのが入ってないとかの理由じゃなければ、無難に「メガドライブミニ」でいいんじゃなかろうかとも思うのですが、某サイトの(以下略)。

ちなみに、ヨーロッパ版とアジア版という別バージョンも販売されるのですよ。こちらは現状日本での購入はできないので、並行輸入で仕入れた店で買うか、通販で買うかのいずれかになりそうです。


Sega Genesis Mini (セガ ジェネシス ミニ)
Sega Genesis Mini



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2019年09月06日

22年の時を超えて

1997年にプレイステーションで発売された「moon」。こちら、アスキーから発売(開発はラブデリック)され、RPGでありながら、戦闘が無い、勇者が主人公ではない、むしろ勇者は悪者として描かれているというRPGの不文律を破りに破った作品として名を馳せていました。当時としては結構難しい部類に入る作品で、骨を折られた人が多かったのではないのでしょうか。
プレイステーションで発売しているにもかかわらず、他のハードに移植されないまま、22年が過ぎました。できなかった最大の理由は、権利関係と言われています。22年の間に開発のラブデリックが解散してしまった点とアスキーという会社もいろいろな変遷を経てKADOKAWAに変わっていたことで、権利関係がうやむやになったとも。ここ数年では、テレビ東京系の番組である「勇者ああああ」でも言われていますが、プレミアの付いている作品とも。

そんな作品が、9/5に配信されたNintendo Directで移植決定と発表されました。廉価版が1998年に登場して以降、全く移植などもされなかった作品が、遂に日の目を見るのです。しかもソニー系ハードではなく、任天堂系ハードであるNintendo Switchというハードを越えた移植というのもまた驚かされましたね。この驚かされ方は、飯野賢治さんが「エネミー・ゼロ」をプレイステーションからセガサターンにハード提供先を変えた話以来だわ(苦笑)。

難易度の高い作品ですが、一度はプレイしてほしい作品ですね。苦労に苦労を重ねた結果見た真実は、昨今のRPGとは何だったのかという思いに駆られます。まぁ、プレイ中にもそう思うことが多いでしょうけど・・・。


「moon」は10/10にダウンロードソフトとして配信(価格は1,980円(税込))されます。22年前に遊んで衝撃を受けた人、今のRPGを遊んでいながらこの作品を知らない人、どちらの方にも遊んでほしい、そんな作品です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2019年09月05日

もじぴったん、ご存命だった

「ことばのパズル もじぴったん」こともじぴったんシリーズの最新作が発売されることになったと今日配信されたNintendo Directで発表されました。もじぴったんシリーズとしては、ニンテンドーDS(DSiウェアという配信ソフト)での発売以来、実に10年ぶりになります。ただし、発売は2020年予定になるので、数えで言えば11年ぶりになりそうですが。

Nintendo Switchで発売される新作の名前は、「ことばのパズル もじぴったんアンコール」。この発表に合わせて、公式サイトの更新も行われていたため、既に死んでいたと思われた公式サイトが実は生きていたという事実も判明一部のネットユーザーは、生きていたのかと驚愕する声も挙がっていました。
作品そのものの内容は、2008年にWiiで発売された「ことばのパズル もじぴったんWii デラックス」をベースにし、Wii版の分と新作を併せて800ステージ以上を搭載予定という超豪勢なものに。
さらに『みんなで作る』をキーワードにし、「みんなでつくろう もじぴったん」という応募企画を実施辞書に載せたい新語や新ステージを公募するとのこと。特に新語は、ここ数年の流行語は確実に入ってくるだろうなぁ・・・。なので、同じ言葉に集まった場合は、先着10名がクレジット(登録した名前で)掲載されるとのこと。
なお、新語は平仮名で9文字以内という決まりになっているので、『ゆーちゅーばー』のような長音符(伸ばす音の文字)の入る言葉は作れないので注意しよう。恐らく人名や商品名も厳しいんじゃないかな。あくまで一般名詞か話題になった言葉レベルまででしょう。それでも結構あるだろうし、1人しか書かない言葉は採用されにくいだろうから、採用はかなり難しいだろうなぁ・・・。正直『そんたく』(忖度)とか『ばくがい』(爆買い)とか考えたけど、皆が思いつきそうな言葉だもんなぁ。
ともあれ、思いついたらレッツ投稿の意気込みで書いていけば、意外と採用されるかもしれないですよ。

「みんなでつくろう もじぴったん」の締め切りは10/31になっています。期間があるようで無いぞ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2019年09月04日

レコゲー2019 9月 据え置き機編④

レコゲー、今回はPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



コミケも終わり、PC業界も少し活気が戻ってきた感じでしょうか。注目作がちょこちょこ出てきております。


そんな中での最初の作品は、同じクラスのアイドルさん。Around me is full by a celebrity.

父の転勤のために学園の理事長である祖父の下に暮らすのだが、そこで出会ったのはアイドルになった幼馴染み。そして祖父からは立ち上げたばかりの芸能科への転校を強いられることになるというふう。
ヒロインは同じ芸能科の生徒である幼馴染み2人と売り出し中の歌手、そして普通科の生徒でありながら実は声優でもある女子の計4人。1人を除いて気心の知れた仲というふうなので、アプローチは掛けやすいのか?と思ってしまいますね(ニヤニヤ)。
2番目は、はるかどらいぶ! Plus Edition
2018年に全年齢で発売した「はるかどらいぶ!」の18禁版。全年齢版はクラウドファンディングで作られた作品でもあります。
病弱で入院している主人公の幼馴染みが、本の執筆が終わるまで待ってほしいと言われてから1週間後、謎あふれるファンタジーな世界に飛ばされてしまった主人公に、幼馴染みに似たヒロインと様々な女性達との出会いが訪れる・・・というふう。
全年齢の内容に18禁要素がプラスされただけとも言えるので、全年齢を遊んでない人や作品の名前は知っていた人向けの作品でしょうね。

3番目は、きまぐれテンプテーション
マンションで住民4人が殺害された事件の謎を解くために、さじを投げた警察に代わって派遣された陰陽師とイギリスからやって来て、日本にいた主人公と共に来た悪魔とのアドベンチャーです。主人公は事件の謎を追い掛けたいものの、ヒロインの悪魔はあくまで主人公を魅了することしか興味が無いようです。
舞台が舞台なので、ヒロインは悪魔の1人だけ。そのため、じっくり事件を解くことも悪魔の彼女とみっちりと過ごすこともできるんですね(ニヤニヤ)。

最後は、千の刃濤、桃花染の皇姫 -花あかり-
2016年に発売した「千の刃濤、桃花染の皇姫」のファンディスク。動乱の終わった世界を舞台にヒロイン達とのアフターストーリーが楽しめます。
なお、まだ遊んだことのない人には、本編とのセット版である千桃二段重パックも用意されています。


据え置き機編 結論
コンシューマーは、マルチ展開の作品に加え、PS4には「モンスターハンターワールド アイスボーン」、Nintendo Switchには「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」・「ゼルダの伝説 夢をみる島」がそれぞれ控えており、本体の拡販に努められるのではないのかなと。特にNintendo Switchは新仕様の本体とNintendo Switch Liteが展開される重要な月でもあるので、頑張らないといかんねぇ。

PCはまぁまぁ揃っているものの、コミケ後にしてはまだまだ。しばらくは過去作の切り売りでしのぐしかないのかなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:18Comments(0)

2019年09月03日

レコゲー2019 9月 据え置き機編③

レコゲー据え置き機編、ここからはNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(★)
ドラクエシリーズ最新作で、2017年に発売した「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の移植になります。NXというコードネーム時代から開発は明らかになっていたものの、やっとここに来て発売ということになりました。
基本的な部分はPS4版に近いものになります。Unreal Engine 4で製作され、グラフィックのベースもPS4版になります。
新規要素としては、音声収録がなされている点。もちろんオン・オフ対応可能になっています。流れる音楽もシンセサイザーとオーケストラのどちらかを選ぶことができます。後者はすぎやまこういちさんの生演奏でプレイできる感覚と思うと、臨場感やリアリティの面で増すのかなと。また各キャラのサブストーリーが展開されます。細かい点では、漢字表記のルビあり・なしを選択できるようになります(3Dモードのみ)
今回は、本編とは別のボイスドラマと英語版ボイス等の特典がダウンロードコンテンツで付属されているゴージャス版とロト仕様のNintendo Switch本体とゴージャス版がセットになったロトエディションも同時販売されます。
既にPS4やニンテンドー3DSで遊んだ方も大勢いらっしゃることでしょう。それでも余りある特典が受けられると思うので、もう一度プレイしたいと思って、かつNintendo Switchがあるのなら、今作を購入してもいいのかと思います。

2番目は、ゼルダの伝説 夢をみる島(★)
元々は1993年にゲームボーイで販売された作品で、その後ゲームボーイカラー(1998年)に移植されています。据え置き機への移植は初めてとなり、移植そのものも(ゲームボーイカラーから数えて)実に21年ぶりになります。
新要素として、ゲーム中にクリアしたダンジョンの部屋をパネルとして手に入れられ、それを組み合わせて新しいダンジョンにして攻略できるようになる「パネルダンジョン」が搭載されました。お題に合わせて挑むものになっているので、やり込みによって部屋を増やせば、さらにやり込み要素を味わえるというものになっていますね。そして、amiiboとの連携もできるようになっています。
子供の頃やり込んだという方なら懐かしい気持ちでプレイできるかもしれません。Nintendo Switchは携帯ゲーム機の機能もありますし、同じ日に発売される携帯ゲーム機機能のみに絞られたNintendo Switch Liteもあるので、仕事場での行き帰りにプレイ・・・なんてことも可能ですね。

3番目は、絶体絶命都市4 Plus -Summer Memories- for Nintendo Switch(★)
2018年に発売した「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」の移植版。
新要素は特にないものの、これまでソニーハードでしか遊べなかった作品が、いよいよ任天堂ハードで遊べるようになるばかりか、携帯モードならいつでも遊べるので、遊びながら防災を学べるというこのゲームの主旨を体感できるのではないかなと思っています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2019年09月02日

レコゲー2019 9月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4の作品から。


最初は、モンスターハンターワールド:アイスボーン(★)
2018年に発売した「モンスターハンターワールド」の超大型拡張コンテンツになるこの作品、様々な要素が追加されます。
今作では、下位・上位に加え、マスターが追加。さらに困難なコンテンツが用意されます。またスクリーンショットが撮りやすくなり、コミュニケーションの円滑化も図れるかもしれません。スクリーンショットでは、PS4のパッドボタンを押すと画面上の表示をオフにできるとのこと。さらに、サークルの機能も追加され、サークルの様々な情報を書き込めるサークルカードの配布、サブリーダーの任命、シンボルの再編集が可能になっています。
寒冷地の果てで調査隊の見たものは何なのか、気になりますね。

2番目は、イースⅨ -Monstrum NOX-(★)
シリーズ最新作で、ある事件の重要参考人として捕まってしまったアドル=クリスティンを救った怪人達と様々な謎を解いていくというもの。
本作では異能アクションという怪人達の持つ超常能力を使って難所を切り抜けるというものがあります。怪人達の協力を得ることで、多くの力を得ることもできるように。また怪人達と総力戦を戦い抜くことで、街中の探索エリアを広げることができるようにもなります。
これまでのイースとは違う異色作になりそうなほど、超常的な展開が多くなりそうです。

3番目は、eFootball ウイニングイレブン2020(★)
ヨーロッパ・南米・アジアの20リーグのライセンスを取得し、世界48クラブとのライセンスも交わしているので、よりリアルなサッカーを楽しめます。さらにヴィッセル神戸に所属するイニエスタ選手が監修して、キック・ディフェンス・ドリブルなどに新たなモーションを追加しています。また往年のサッカー選手だったジーコ・マラドーナなどが監督のアバターとして登場します。
eFootballと付いていることから、eスポーツを意識した作品にもなっています。今後国体の種目にもなっているので、腕を試してみたいと思ったら、購入してみてはいかがでしょうか。

最後は、トロピコ 6(★)
独裁者になって島を支配するシミュレーションゲーム。
今作では貿易が厳しくなっており、ライセンスが無いと輸出入できなくなっています。またスイス銀行の利用価値が上がっており、上手く活用すれば様々な利権を得ることができます。さらに複数の島を運営できるのも特徴になっています。
4つの時代を股に掛け、島を独立させることができるのか、それは独裁者となるあなたに掛かっています。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2019年09月01日

レコゲー2019 9月 据え置き機編①

9月になり、翌日からはほとんどの学生が新学期に入ります昨今学校の通いづらさが指摘されています。子供達にとって、学校は楽しいところであってほしいと思います。でも、嫌なら無理して通うことは無いです。ただ、学ぶことだけは辞めないでほしい学校へ行かないから学ばなくていいというふうではなくて、学ぶことで学校の大切さも同時に噛み締めてほしいのです。そのために何ができるか、子供・親・教師・その他周囲の方々が一緒に考えて欲しいですね。

さて、9月は東京ゲームショウの時期にもなります。恐らく目玉になるのは、来年発売になる「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」ではないかなと。大規模なプレイアブル出展がなされるのは確実でしょう。もちろん今年の年末商戦~年始を占う上で重要な見本市でもあるので、注目作は他にもたくさん出てくるでしょうね。


では、見て行きましょう。今回も最初はマルチ展開の作品紹介です。


最初は、「ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」(PS4Nintendo Switch)(★)
アトリエシリーズの最新作で、今作は新規シリーズの1本目という位置付けになります。
湖に浮かぶ島を舞台に、禁忌とされている島の対岸に向かった主人公が錬金術に出会い、修行するという話になっており、同時に島に迫る驚異との対峙にも迫られるようです。
今作では、調合・採取・戦闘のシステムが一新されます。
このうち調合では、リンケージ調合という作りたいアイテムが持つ設計図に合わせて作成するというわかりやすいものになっています。それでも不安なら自動で調合も行えるので、そこでコツを掴むのもいいかもしれません。加えて、調合したものをさらに調合するリビルドという機能もあり、強い性能を引き出すことができるようにも。さらに調合によって採取地を生み出すこともできるという大掛かりなものも。戦闘では、リアルタイムタクティクスバトルというアクションゲージによって行動順の決まるものになっており、連携技も。ただ、難易度調整もできるのでアクションの苦手な人も安心です。

2番目は、「CONTRA ROUGE CORPS」(PS4Nintendo Switch)(★)
1987年にアーケードで展開されて以来、断続的に登場しているアクションゲーム。パッケージ版としては2008年にニンテンドーDSで発売した「魂斗羅デュアルスピリッツ」以来、実に11年ぶりになります。
エイリアン戦争終結から2年後を舞台に、決戦となった場所にできた街には謎のクリーチャーがうごめく事態に。そこに現れた5人のならず者達が様々な目的のために乗り込むというふう。
今作では最大4人の協力プレイ、同じく8人までの対戦プレイ、武器のカスタマイズなどができるベースキャンプ、やり込み要素も豊富で、かつ過去の作品を楽しんでいる人にはニヤリとできるキャラも登場するとのこと。

3番目は、「メルキス」(PS4PS Vita)(★)
2018年にPCから発売した同作品の移植作。イチャラブストーリーがメインの恋愛アドベンチャーです。
追加要素などは無いものの、コンシューマー化に伴って最適な映像比率になっていたりするのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)