2018年07月08日

レコゲー2018 7月 携帯ゲーム機編

レコゲー、今回は携帯ゲーム機編です。
とはいっても、今回は1本のみ。あの「クソゲー・オブ・ザ・イヤー」の携帯ゲーム機部門が、去年はまさかの該当作無しとなったのを思い出したわ。「クソゲーが無いことはいい」とは述べているものの、同時に携帯ゲーム機が衰退しているとも言えるわけです。それに代わるのがNintendo Switchでありスマホゲームでありなんでしょうけどね・・・。


さて、今回の唯一の作品を紹介しましょう。それは、PS Vitaの「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」(★)
2017年にPCで発売した同作品の移植版になります。
移植に際し、新規書き下ろし、PS Vitaに対応した壁紙を収録し、PS Vita TVにも対応しております。さらにタッチスクリーンや色合い調整も搭載されております。まぁ、プロトタイプの定番の新機能ですね。だいぶこのあたりの機能の取り入れはこなれてきたことでしょう。
なお、制作資金をクラウドファンディングで募り、目標金額の2倍得られたとのことなので、根強いファンに支えられた作品とも言えるでしょう。こんな作品は、もっと広めたいですね。


携帯ゲーム機編 結論
携帯ゲーム機の衰退が垣間見られた月。それでもなお、いい作品が出ているうちは、見捨てず応援できれば。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年07月07日

レコゲー2018 7月 据え置き機編⑦

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



後半戦最初は、宿星のガールフレンド」(★)
魔法少女だったあこがれのクラスメイトと、さる事情で同じ屋根の下で暮らすことになるという恋愛アドベンチャー。3部作で構成されるとのことで、今回が最初の作品になります。
先述の通り、3人ヒロインがいるものの、今回攻略できるのは1人のみ。そう考えるとオトク感は薄いものの、パッケージ版はグッズ類が特典で付いてくる、ダウンロード版は2,800円(税別)なので、そこを考えるとまんざらでもないかなと思いますね。

2番目は、素晴らしき日々~不連続存在~フルボイスHD版
2010年に発売した「素晴らしき日々~不連続存在~」のリメイク作品。
フルボイスになっただけでなく、HD画像に対応、新規立ち絵や追加シナリオの収録、Windows 7以降(10まで)に対応するなども併せて行われています。

最後は、もっとIxSHE Tell 彩楓・芳乃ミニアフターストーリー
2018年2月に発売した「IxSHE Tell」のアフターストーリー。作中に登場した中で、特に人気の高かった2人のアフターストーリーを収録しています。
内容自身も甘いものか濃厚なものかがセレクトできたり、衣装チェンジとかも可能というふうなので、ファンの方々は期待してもいいのではないかなと。


据え置き機編 結論
コンシューマーは夏休みを迎える人が多くなるこの時期にたくさんの作品を投入。リメイク・リバイバルものが多いものの、まだ遊んだことのないユーザーを引き込むには十分かも。さらに少年ジャンプ版のニンテンドークラシックも投入されるので、過熱することは間違いないだろう。

一方のPCは、少し大人し目先月にベクトルを向けすぎたからかもしれないが、逆に先月出して埋もれた作品を掘り起こすチャンスになるかもしれない。ちょっと訴求してみては?


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:46Comments(0)

2018年07月06日

レコゲー2018 7月 据え置き機編⑥

レコゲー、ここからはPC作品の紹介です。
今月は先月と違い、注目作は少なめ。夏休みに差し掛かるというのに、こんなふうだと困りものですが、先月に色々発売しているので、そこでしのげば何とかなるのか・・・。


では、見ていきましょう。まずは全年齢の作品があるので、そちらから。


その作品は、グリザイア ファントムトリガー vol.5
「グリザイアの果実」のスピンオフシリーズで、連続シリーズとなっています。今回はテロリストをせん滅した後の話で、新キャラも登場します。
物語は佳境に入っているのかなと思わせておりますが、まだまだ色々ありそうですね。


では、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



最初は、真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈」(★)
2007年から展開されている恋姫シリーズの最新作で、真・恋姫†夢想-革命-シリーズ(3部作)の2作目になります。
以前発売していた「真・恋姫†夢想」とはシナリオ構成を大幅に変え、新キャラ中心の全16章構成になっております。新しく作り直しているようなものなので、既存ユーザーも十分に楽しめるのは、前作と同じですね。なお、呉の先主・孫堅が主人公とのことで、名前だけ挙がっていた人物が満を持して登場というふうでもあるので、ファンの方々は、ものすごく期待してるんでしょうね。

2番目は、はるとゆき、
コスプレOKというちょっと変わった決まりのある温泉旅館で巻き起こる不思議な物語。
番頭の主人公が、温泉旅館の従業員と関係を持つ格好になるんですね、これは胸アツ(ニヤニヤ)。ということもあって、ヒロインの数は多いぞ(爆)。


次回もPCの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)

2018年07月05日

レコゲー2018 7月 据え置き機編⑤

レコゲー、今回もNintendo Switchの注目作の紹介ですが、移植作ばかりなのでピックアップして紹介。


シャイニング・レゾナンス リフレイン(★)
2014年にPS3で発売した「シャイニング・レゾナンス」の移植版。
加要素はPS4版と同じなものの、Nintendo Switchなので、テーブルモードでも携帯モードでも対応していることから、どこでも遊べるのがポイントでしょうね。

大図書館の羊飼い -Library Party-(★)
2013年にPCで発売した「大図書館の羊飼い」の移植版で、ベースは2014年に発売したPS Vita版になっています。
そのため、Nintendo Switchオリジナルの要素としては、3つのモードでプレイ可能な点とフルHD画像になった点のみ。しかしながら、オリジナル・ファンディスク・スピンオフの3本がひとまとめになっているのは、とてもお買い得な作品になっているのではと。

ひぐらしのなく頃に 奉(★)
2002年に同人作品として登場以来、PS2やニンテンドーDSへ移植された作品が、いよいよNintendo Switchにも移植されます。
Nintendo Switchへの移植に際し、既に公表されている19本のシナリオと4本のシナリオを追加されます。キャライラストが一部コミカライズ版になる点や新規オープニング主題歌&ムービーの収録、テレビモードプレイ時にはフルHD映像でプレイ可能、ミニゲームの収録もなされます。そして、これまで1周目でもルートが変わることがあったのを「鬼隠し編」で固定し、以降各話にルート分岐するようになりました。またルートに関してはナビゲート機能が搭載されるので、行きたいシナリオにほぼ自動的に進むことができるようになりました。

ウルフェンシュタインⅡ:ザ ニューコロッサス
2017年にPS4などで発売した同作品の移植版。「ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダー」の続編になります。
Joy-Conを使ってより直感的な操作ができるのが大きな特徴になります。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2018年07月04日

レコゲー2018 7月 据え置き機編④

レコゲー、ここからはNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、OCTOPATH TRAVELER(オクトパス・トラベラー)(★)
8人のキャラが繰り広げる冒険譚となっています。ベースはオーソドックスなコマンド型RPGで2Dドット絵で彩られた作品なんですが、8人のキャラには様々な特性を持っており、その特性を利用して旅を進めていくというふうになっています。戦闘シーンでは、好きな順番でアビリティという能力を覚えることができ、かつバトルで使用するジョブをもう一つ覚えさせることもでき、それも自由にチョイス可能です。
ともすれば、同じスクエニから発売しているロマンシング・サガシリーズのような自由度の高い作品になっているようにも感じられますね。

続いては、太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!(★)
2001年からアーケードで登場し、翌年からコンシューマーでも展開されるようになったシリーズ最新作。
Nintendo Switchで展開されたことで、3種類のプレイスタイルで遊ぶことが可能になっており、Joy-Conをバチに見立ててのプレイやおすそわけプレイも可能に。また演奏をサポートしてくれるキャラと一緒にプレイ可能で、中には任天堂の作品ではお馴染みのキャラもサポートに回ってくれます
70曲以上収録された演奏モード以外にも20種類のミニゲームが収録されたパーティーゲームも用意されているので、リズムアクションが苦手な人でも十分に楽しめます。
なお、シリーズお馴染みの太鼓とバチの専用コントローラーも登場します。


次回もNintendo Switchの注目作から。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)

2018年07月03日

レコゲー2018 7月 据え置き機編③

レコゲー据え置き機編、ここからは各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4から・・・といっても、今回は1本のみでした(苦笑)。


その作品は、まいてつ -pure station-(★)
2016年にPCで発売した「まいてつ」の移植作になります。
追加要素は無いものの、PS VRに対応した「VRビューワー」(VRを介してキャラとの会話を楽しめる作品)が収録されています。
PC版は結構な人気を持っていただけに、コンシューマーでどれだけ人気を博せるか気になるところです。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)

2018年07月02日

レコゲー2018 7月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回もマルチ展開の作品紹介です。
今回は基本リバイバル系の作品になるので、ピックアップして紹介していきます。


①ソニックマニア・プラス(PS4Nintendo Switch
2017年にダウンロード販売された同作品のパッケージ版。メガドライブ・メガCDで発売された5本のソニックシリーズのステージを原作にし、作中でアレンジをしています。
ソニック・ナックルズ・テイルズといったおなじみのキャラ操作できますが、ソニックだけは新機能「ドロップダッシュ」というジャンプ中に溜めた回転エネルギーを地上に降りた瞬間ダッシュに利用できるものを身に付けました
協力や対戦はもちろんのこと、オリジナルステージもあるので、アレンジ作品としてだけでなく、ソニックシリーズの新作としても楽しめるようになっています。
なお、パッケージ版はメガドライブのソフトのようなパッケージにできるリバーシブル仕様になっているだけでなく、2枚組54曲収録されたサントラや36Pのアートブックが収録されています。

②魔界戦記ディスガイア Refine(PS4Nintendo Switch)(★)
2003年にPS2で発売した「魔界戦記ディスガイア」のリメイク作品。シリーズ15周年記念作品でもあります。
最新ハードに合わせた高精細化が施されており、エフェクトがきめ細やかになったように思えるほどになっています。もちろん、シリーズの要であるやり込み要素などはそのままなので、過去にシリーズに触れた人も十分に楽しめるのではないのでしょうか。

③ロックマンX アニバーサリー コレクション(PS4Nintendo Switch)(★)
④ロックマンX アニバーサリー コレクション2(PS4Nintendo Switch)(★)

ロックマンXシリーズは、スーパーファミコンで楽しむロックマンをコンセプトに作られたもので、第1作は1993年に発売しています。以降ロックマンシリーズよりシリアスかつハードボイルドなシナリオとアクション性の高いゲーム性が高く評価されています
今作は、過去発売された8作品(コレクションはXの1~4まで、コレクション2は5~8まで)を収録しています。
シリーズを通して高精細化されているだけでなく、Xの1~6までは3種類のドット絵(滑らか・ブラウン管仕様・フィルターオフ)が収録されています。またアニメや映像・主題歌・イラストなどが収録されているミュージアムモードが搭載されてきます。さらにボスとの連戦が楽しめる「Xチャレンジ」(難易度設定やオンラインランキングにも対応)や海外版も収録されているので、シリーズ愛好家には末永く遊べる・楽しめるようになっていると思われます。

⑤ドラゴンクエストⅩ オールインワンパッケージ version1-version4(PS4Nintendo SwitchWii UPC)(★)
2012年から稼働しているオンラインゲームで、過去4作(基本パッケージ「目覚めし五つの種族」と追加パッケージ「眠れる勇者と導きの盟友」・「いにしえの竜の伝承」・「5000年の旅路 遥かなる故郷へ」)が収録されています。
もう稼働から6年経っているものの、今からでも始めたい人には、この作品がオススメです。なお、この作品がWii U最後のソフトになるのではないかなと思われます。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:08Comments(0)

2018年07月01日

レコゲー2018 7月 据え置き機編①

7月になりました。暑い夏の到来を感じさせる日差しが既に降り注いでいる地域が多いことでしょう。沖縄・奄美と関東・甲信では既に梅雨明け。早いうちに東海も梅雨明けになることでしょう。


さて、ゲーム業界も学生の夏休みに照準を合わせ、アツい戦いをする時期に差し掛かりました。今月はリバイバルモノが多いものの、多くの商品がラインナップされました。


では、見ていきましょう。最初は、いつものようにマルチ展開の商品の紹介です。


最初は、「ザンキゼロ」(PS4PS Vita)(★)
13日の寿命を持つ7人のクローン人間と成長も寿命も発生しない1人のクローン人間が繰り広げるサバイバルRPGです。
基本的には施設の拡張をしていきながら、サバイバル生活を生き延び、謎を解いていくというものなのですが、クリーチャーなどからパーツを集め、施設を早く拡張しスタミナ・ストレスを伸ばし、便意を克服していかないわけです。そうしないと、あっという間に死んでしまうというもろい生き物なので、短い一生をいかに効率的に生きるのかが大事になるのでしょう。

2番目は、「進め!キノピオ隊長」(Nintendo Switch3DS)(★)
2014年にWii Uで発売した同作品の移植版です。箱庭のアドベンチャーゲームで、仕掛けを解きながら敵をやっつけゴールを目指すというものです。
新要素として、Nintendo Switch版では、Joy-Conを利用したおすそ分けプレイが可能に。協力プレイで難所を一緒にクリアできるようになりますね。
対して3DS版では、3D映像で楽しめるようになる程度で、立体視機能の無い2DSではWii Uの移植程度と思ってもらった方がいいでしょうね。せっかくだから、こちらでも協力プレイができるようになれば・・・。


次回もマルチ展開の商品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:53Comments(0)

2018年06月13日

ダライアス好きが高じて

「ダライアス」、この作品はタイトーから1987年より展開されていたアーケードゲームです。
大型モニターを3つ繋いだ広大な映像が最大の特徴で、音楽共々臨場感あふれるものになっています。またルート分岐というステージ展開も当時としては画期的で、繰り返し遊んで謎を解くというナムコ(現バンダイナムコエンターテイメント)の「ゼビウス」のプレイスタイルをさらに研鑽したものになっていました。
コンシューマーにも移植されてはいるものの、当時としては高スペックなものだったために、中々アーケード通りのものというふうにはいかなかったようです。随分後の移植で、やっと当時のものに近いものが出来上がったようです。


そんな作品を、なんとメガドライブへ移植したという猛者が現れました。その方は46歳の時から3年間、独学で移植を行ったそうです。しかもすごいのが、オリジナル作品を『目コピ』・『耳コピ』で作り上げたというのです。
製作者は、C言語を「ダライアス」製作を通じて学び直したとのこと。なぜ「ダライアス」だったのかというと、当時高校生だった製作者が、受験で思い切り遊べなかった(もっと遊びたいと思った頃には他の作品に入れ替わっていたらしい)ことがきっかけになったとのこと。
その完成度は、(本人いわく、様々な調整が施されていないため、β版扱いとは言うものの)素人が作ったとは思えないほど高く、二重スクロールの出来、多関節で動くボスの動き、デモ画面、連射機能やサウンドオプションとそつなくできており、かつ裏技として収録されているボスとの26連戦も収録されるなどコンシューマーとして発売してもほとんど遜色ないようです。

なお製作者は、メガドライブは「ダライアス」との親和性が高いと評しています32MBでありながら、スーパーファミコンより色数が少ないとも、多くの画像を軽い処理で操作でき、かつ内蔵されているFM音源はアーケードと遜色ない音を再現できるので、スーパーファミコンのPCM音源(ADPCM)にも劣らないのだそうです。


YouTubeでテストプレイ動画が挙げられているそうですが、ここまで出来上がっているのなら、遊んでみたいと思うわけですよ。しかし、製作者いわく一般公開や展示の予定はないとのこと。あくまで自己満足というのか、個人の趣味に留めるのだそうです。ただ、応援してくれた人やオリジナル版のスタッフへの謝意は忘れていませんでした。


今のハードなら十分再現できるでしょうし、基板からデータを抽出して作り上げられるのですから、ここまでこだわって製作したのは、本当に立派です。ご苦労様でした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2018年06月07日

レコゲー2018 6月 据え置き機編⑦

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



最後は、アフターストーリー集から。


最後は、見上げてごらん、夜空の星を Interstellar Focus
2015年に発売した「見上げてごらん、夜空の星を」のオムニバス作品。
3人の関係のもしもを描いたアフターストーリーや天文クイズ、ドラマCDやサントラが収録されています。
これで2本目のオムニバス作品。人気の長さが窺えますね。

2番目は、Making*Lovers 激イチャアフターストーリー Vol.02
2017年に発売した「Making*Lovers」のアフターストーリー集。2つ(3人ずつ)に分けて発売されることになります。
お気に入りのヒロインとのイチャラブだけでなく、髪型を変えられるなど変化も付けているので、新鮮な感じでプレイできるのではないのでしょうか。


据え置き機編 結論
コンシューマーが寂しいと思えるラインナップだったと思いきや、PC作品は充実したものになっている。ここまで充実していると夏が怖いが、逆に夏の厳しい時期に充実したラインナップを生かせるかもしれない。


実は、今月は携帯ゲーム機は無いので、今回はここまでになります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)

2018年06月06日

レコゲー2018 6月 据え置き機編⑥

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



8番目は、家の彼女」(★)。
かわいい女の子との同棲生活を描いたウチカノシリーズの第1弾。
社会人1年目の主人公が、1人暮らしに苦戦する中、両親が海外に出張になって1人になってしまった幼馴染みとの同棲をすることになって・・・というふう。
ヒロインは1人ながらも、日常を丁寧に描いた作品になっております。なおサブヒロインの3人は、別作品のメインヒロインとして登場するので、シリーズ購入をしやすくもなっています。

9番目は、姉×姉!どっちが好き?どっちも!!」
2人の姉に両親代わりに育てられた主人公が、家族以上に姉のことが好きになってしまっているというもの。
E-moteによる立ち絵モーションを搭載しており、リアリティあふれる動きを見せています。
ヒロインは姉2人ながらも、インパクトはあるな(ニヤニヤ)。

10番目は、なつこい!
ひと夏の思い出を軸に描いた恋愛アドベンチャー。
秘密を共有しているクラスメイトと幼馴染みを名乗る転校生との間での駆け引きになるのですが、どちらも曲者だな・・・。

11番目は、まおてん
天使・魔族・人間が入り乱れるドタバタラブコメ。
ヒロインは天使・魔族・人間各1名で、どの勢力の人もなかなかの破壊力を持ってらっしゃる(笑)。サブキャラもクセがある人達なので、駆け引きが面白いかもしれないですね。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年06月05日

レコゲー2018 6月 据え置き機編⑤

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



4番目は、ラプソディック・ホリデイ
記憶喪失の主人公は、怪盗の跋扈(ばっこ)する街で、あることがきっかけで怪盗団の仲間入りをすることに。記憶を取り戻すため、感情のエネルギーから生まれた物体を悪用されないようにするために、仲間達と奮闘するというもの。
4話構成のコメディタッチなアドベンチャーになっており、4人の個性的なヒロインが、主人公とドタバタしながら恋愛を育むというものになっています。

5番目は、支配の教壇
無実の罪で停学処分になった主人公が、劣情を抱いていた女子教諭を屈服させたいと調教しようとするというもの。
基本的にマップ上にいるヒロインを追い掛け、自分のものにしていくというふう。個人エンドもあれば、ハーレムエンドもあるそうなので、好きなように進めることができるようです。また、通常の衣装以外に、たくし上げや下着姿、さらには全裸といった特殊な姿での立ち絵(全7種)も用意されています。

6番目は、魔法戦士イクシードナイツ
優秀な成績で魔法科に転科した主人公。ある時、謎の少女が手渡した宝石をきっかけに、世界を支配する野心を持ち始め、実行に移そうとするというもの。
どうもこの作品の主人公は、主人公でありながら、悪役のような部分も垣間見えるようで。悪との戦いだけでなく、魔法戦士同士の争いという結構複雑な展開の可能性もあるようです。

7番目は、ハタラカナイはにーらいふ
引きこもりになった4人のヒロインを普通の生活ができるようにするのが目的の恋愛アドベンチャー。
強制労働を避けるため、主人公の家で居候しながらバイトすることになったヒロイン、中にはストレスで逃げ出すことも。家の中で逃げ回るヒロインを捕まえるミニゲームもある他、バイト中でもヒロインのやる気を出させることで、大きく仲が進展することもあるそうです。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2018年06月04日

レコゲー2018 6月 据え置き機編④

レコゲー、ここからはPC作品の紹介です。


コンシューマーが苦戦の中、PCはまれに見る豊作になりました。コイツは驚いた・・・と言わんがばかりのラインナップになり、こっちも選ぶのが大変でした(苦笑)。


では、見ていきましょう。最初は全年齢の作品から。


その作品は、Summer Pockets
夏休みに亡くなった祖母のいた島を訪れた主人公が、その島で様々な出会いを迎える青春群像劇です。
何かと謎を抱え込んでいるヒロイン達がメインになっていて、影の一言では済まないものなんだろうなと思ってしまうほど。最後あっと驚く展開になるのがKeyの作品の特徴なので、驚かせてもらいましょう(ニヤニヤ)。


では、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



最初は、恋はそっと咲く花のように
親子で料理店を営んでいる主人公が、一人の女子学生の出会いをきっかけに、様々な出会いが起こり、やがてその彼女達の中から結婚まで考えるようになるという作品。
6人もいるヒロインが、どれも大人しい人ばかり(笑)。いわゆる『お嬢様』的な人達ばかりなのが気になるものの、才女とかの系統が好きな人には薦めやすいのかなと。最近はツンデレとかヤンデレとかがメイン張ってたりしてたからね(ニヤニヤ)。

2番目は、きゃんきゃんバニープルミエール3
平成が始まるとほぼ同時に始まったきゃんきゃんバニーシリーズの最新作で、実に18年ぶりの新作になります。
上京したての大学生が、父親に無理矢理管理を任された古ぼけた神社。そこを掃除したことで現れたスワティとの出会いから物語は始まります。
プルミエールシリーズお馴染みのスワティだけでなく、リミテッドのナビゲーターだったサワティも成長して登場します。
ヒロイン3人もクセのある子達で、今時のSNS命の子からおっとりな子に時代錯誤感満載な子までなかなかいい具合に揃ってるな(ニヤニヤ)。
過去の作品を知らなくても面白いでしょうし、過去作を知っている人なら、またスワティやサワティがドジってるな・・・的な懐かしさを感じながらのプレイになるでしょうね。

3番目は、キュリオディーラー
古物商ながら、ある事情で塔に入らない「塔嫌い」と言われる主人公が、ある少女との出会いをきっかけに少女の無理難題を叶えようと奔走するようになるというもの。
個性的なヒロインもさることながら、塔に昇っていく過程はRPGのようなふうになっていくのでしょうか。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2018年06月03日

レコゲー2018 6月 据え置き機編③

レコゲー、今回もPS4の注目作の紹介です。


3番目は、ISLAND(★)
2016年にPCで発売された作品で、2017年にPS Vitaに移植されています。今回は7月にテレビアニメ化が決まったことによる移植ということだそうです。
フルHD化やボイスクオリティがアップされた以外に、PS Vita版で初収録された追加ビジュアルノベル(PC版では予約特典のボイスドラマだった)が、PS4版でも追加されます。
テレビアニメを見る際の予習としてもいいでしょうね。

最後は、CLANNAD(★)
2004年にPCで発売され、2006年のPS2への移植をきっかけに様々なコンシューマー向けハードに移植されました。
フルHD化された以外に、5.1chサラウンドにも対応しているので、臨場感という点ではかなりアップしています。また、日本語だけでなく英語字幕に対応しており、英語字幕の場合は日本文化を理解するための解説(「Dangopedia」)が収録されます(ただし、音声は日本語のみ)。
発売から既に10年以上、往年の名作がPS4でも楽しめるようになりました。今でも傑作として語られることの多いこの作品、是非ともプレイしてもらいたいものです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:43Comments(0)

2018年06月02日

レコゲー2018 6月 据え置き機編②

レコゲー、今回はPS4の注目作の紹介です。


最初は、グランド・セフト・オートV:プレミアム・オンライン・エディション
2013年に発売された人気アクションアドベンチャーゲーム。クライムアクションでは全米で大ヒット作とも言われる作品のシリーズ5作目のプレミアム版です。
今作では、違法ビジネスの世界に飛び込める犯罪事業スターターパックが収録されており、割のいい違法ビジネス(銃器の密造と偽札の製造)が早速始められます。さらに高性能な車10台がいきなりもらえるようにもなっており、強力な武器も持っていますオシャレもすぐいいものが付けれるようになっており、多額の現金を掴んだ状態でスタートもできます。
実質難易度を下げてプレイできると思って頂ければいいでしょう。アクション作品が苦手だけど、アウトローな世界は好きという人にはオススメでしょう。

2番目は、グランクレスト戦記(★)
現在テレビアニメ放送中の作品が原作のシミュレーション。どちらかというと、リアルタイムストラテジー系の作品になっています。
この作品は、原作(テレビアニメ)を追体験できるようになっているだけでなく、状況によってはifルートが楽しめ、その後の歴史が大きく変わる事態にも。お気に入りのキャラを生存させたいということを原作で感じていたら、是非ともこの作品で叶えてあげましょう(笑)。


次回もPS4の注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年06月01日

レコゲー2018 6月 据え置き機編①

6月になりました。これからは梅雨の時期に差し掛かることになるでしょうね。そして土・日以外に休みの無い時期なので、消費の部分でも動きにくいのかなと思います。かくいうゲーム業界も中休みになるでしょう。いかに売り上げを作るかがポイントになるでしょう。7月以降の新作を推すのもいいですね。中古に注力するのも悪くはないでしょう。


では、見ていきましょう。最初はマルチ展開の作品から。


その作品は、「Fate/EXTELLA LINK」(PS4PS Vita)(★)
2016年にPS4とPS Vita、2017年にNintendo Switchで発売された「Fate/EXTELLA」の続編。
10騎のサーヴァントが追加された他、よりスピーディーなアクションスタイルに変化しています。さらにオンラインではマルチプレイも追加されているので、協力しながら戦うこともできます。もちろん新ストーリーも追加されるので、前作を遊び尽した人も楽しめます。


ここからはNintendo Switchの新作も紹介していきましょう。
最初は、マリオテニス エース(★)
シリーズ7作目になるテニスゲーム。開発はもちろんキャメロットになります。
エナジーというラリーを続けることで貯められる特別な力を発揮する際の技が、今回のポイント。ピンポイントでボールを落とす場所を決めることができたり、ラケットを破壊(3回行うとKO扱い)したり、逆に急加速して不可能なはずの球を打ち返したり、必殺技のブロックもできるようになります。もちろんそれらはON・OFF対応できるようにもなっているので、純粋なテニスを楽しみたい人にも配慮されています。
それ以外には、ストーリーモードやローカル通信ないしはオンラインでの対戦も可能になっています。
なお、Joy-Conをラケット代わりに振って遊ぶということも可能なので、テニスをやっている感覚も味わえますよ。

2番目は、Minecraft
既に多数のハードで展開されている「Minecraft」が、遂にNinendo Switchでも遊べるようになりました(既にニンテンドーeショップで「Minecraft: Nintendo Switch Edition」がダウンロード販売中だが、ソフトとしての展開は初めてになる)。
Wii U版の「Minecraft」に比べて12倍となり、より広大なマップでたくさんのものを作ったりできます。
なお、Wii UからNintendo Switchへの移行も可能ですし、「Minecraft: Nintendo Switch Edition」からも無料でアップグレードできます。

最後は、THE 麻雀(★)
プレイステーション時代から脈々とベストセラーに輝いてきた「THE 麻雀」が、いよいよNintendo Switchにも登場します。
操作方法によるものの、タッチパネルでの操作やコントローラーでの操作に対応できます。また、ローカル通信での対戦やオンライン対戦両方で対応可能になっています。モードもフリー対局・リーグ戦・チャレンジモードと豊富で、初心者向けのサポートも付いているので、値段の割にオトクかなと。
なお、通信対戦やフリー対局ができるLite版もあり、そちらは機能が制限されているとはいえ、かなりオトクになっています。


次回はPS4の注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2018年05月14日

少年ジャンプ版のファミコンが出るぞ!

昨年発売して一世風靡(ふうび)した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。発売早々から売り切れ続出となりました。後にスーパーファミコン版のニンテンドークラシックミニである「ニンテンドークラッシックミニ スーパーファミコン」も発売され、こちらも人気を博しております。

そして、今年50周年を迎えた週刊少年ジャンプが「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」とコラボすることになったのです。


任天堂は、集英社から刊行されている週刊少年雑誌の週刊少年ジャンプとのコラボ商品「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」を発売すると発表しました。
50年ということもあってか、本体カラーは金色。本体の仕様は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と変わらないものの、週刊少年ジャンプに関わる作品20本が収録されることになりました。
主なところとして、週刊少年ジャンプ創刊20周年記念作品だった「ファミコンジャンプ 英雄列伝」とその続編になる「ファミコンジャンプⅡ 最強の7人」をはじめ、「キャプテン翼」・「キン肉マン マッスルタッグマッチ」・「天地を喰らう」・「ドラゴンボール 神龍の謎」・「ドラゴンボール3 悟空伝」・「聖闘士星矢 黄金伝説」・「聖闘士星矢 黄金伝説 完結編」・「北斗の拳」などそうそうたる作品がラインナップされます。
しかし、このラインナップの中でひときわ注目したいのは、「ドラゴンクエスト」「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」でも収録されなかったこの作品が、満を持して収録されることになったのです。
ちなみに、何で「ドラゴンクエスト」が今回のラインナップに入ったのといぶかしがる人(特に20代くらいまでの若者)がいるかもしれませんが、「ドラゴンクエスト」は当時週刊少年ジャンプとの共同企画(ほぼ独占的な展開だったとも)のような形で紹介された経緯があり、スタッフの中には、「ドラゴンボール」を描いた鳥山明さんやジャンプの投稿コーナーだった「ジャンプ放送局」のメンバーでもあるゆうていこと堀井雄二さんが関わっているからなんですね。今でもVジャンプなどでドラクエシリーズの話題が他の媒体より最優先で取り上げられることがあるのは、この経緯があるからです。


発売は、7/7。丁度七夕の日に発売となるので、笹に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが買えますように」とか付いているテレビCMとか流すんじゃないかとベタな推測をかましてみる(笑)。

ちなみに、2017年4月に生産終了とされたものの、再販を予定しているとしていた「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」も「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」発売を機に6/28より再販が決定しました。欲しいと思っていた人は、早めに予約しておきましょう。既に予約していた人は、この日に出ることを忘れずに(念のため、予約していたところに問い合わせてみては、いかがでしょうか)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年05月10日

遂にNEOGEOまで

100メガショックの勢いそのままに、ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブに続いて、今度はNEOGEOが殴り込みだ!
SNKはブランド40周年を記念して、「NEOGEO mini」を発売することを明らかにしました。この40周年というのは、SNKというブランド名が誕生してからということなんでしょうね。
SNKというのは、新日本企画の略で、新日本企画の略称としての会社としては、1978年~2001年までとなり、その後は知的財産権を得たプレイモアが継承し、2003年に設立されたSNKプレイモアを経て、2016年に現在のSNK(株式会社SNK。通称2代目SNK)という名称に変更しています。


そんな「NEOGEO mini」、MVS筐体の上半分をそっくりそのまま小さくしたような形になっており、当時のゲーマーは感涙ものなのではないのでしょうか。モニターの大きさは、3.5インチで、レバー+4ボタンという構造になっています。
大きな特徴として、HDMI端子を搭載しており、HDMIコードを繋げばテレビ画面でのプレイも可能な模様。
日本で買えるのは、日本版(日本とアジア)という通称が付いているカラフルなMVS筐体を模したもののみ。シックなデザインの「NEOGEO mini」は海外版(欧米などの地域)として販売されるようです。

収録タイトルは40種類の予定。40周年ですからね(ニヤニヤ)。
既に「ザ・キング・オブ・ファイターズ’97」が紹介画面で登場しているので、ほぼ確定でしょう。その他、SNKといえば、格闘ゲームということで、自社の格闘ゲームである「餓狼伝説」や「サムライスピリッツ」もシリーズのいずれかが入ることになるでしょう。
あと考えられるのは、人気アクションゲームだった「メタルスラッグ」、ADKから販売されている「ワールドヒーローズ」や「ティンクルスタースプライツ」、SNKがデータイーストから権利を買い取った「マジカルドロップ」、ネオジオでは異色のクイズゲームだった「クイズ大捜査線」あたりも候補になるのかもしれませんね。


どうしてもコア向けのハードだったので、どのくらい売れるのかもわかりませんけど、コレクションアイテムとか資料的価値の意味でも欲しいという人もいるでしょうね。もちろん、格闘ゲーム好き・SNK好きは言わずもがな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年05月02日

レコゲー2018 5月 据え置き機編③

レコゲー、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



今月は、PCもラインナップが弱い。3月・4月と揃っていただけに、そろそろ息切れするだろうなと思ったら、この時期かと。


では、見ていきましょう。


最初は、恋するココロと魔法のコトバ
クラスメイトの忘れ物を届けに庭園部の部室に入った途端、魔法陣が作動してしまい、精霊を呼び出してしまう。実は庭園部は魔女の集う秘密の部活で、主人公もその秘密を知ってしまったがために、強制的に入部させられることになるというふう。
ヒロインに上級生がいないという珍しい作品。クラスメイトと下級生、そして主人公が呼び出した精霊の4人になっています。特に精霊がメインヒロインのようですけど、ラブコメ的な展開になりそうなので、他のヒロインも明るく元気な感じのようです。

2番目は、約束の夏、まほろばの夢
主人公と3人のお馴染みの下に町の神社で踊る怪しい少女と出会う。その少女は3人の幼馴染みにしか通じないはずの能力が通じてしまう。しかし、一緒に過ごすことで、いつの間にか謎の彼女に振り回されるというふう。
4人のヒロインは全ておっぱい大きいね(ニヤニヤ)。謎の少女もさることながら、他の3人、主人公の幼馴染みも結構クセのある人物の模様。ゆえに面白そうなキャラでもあるわけで。

3番目は、君と目覚める幾つかの方法
オートマタと呼ばれるアンドロイドが普及した時代、不可解な事件に巻き込まれた主人公は、仲間も犠牲になろうとしていた・・・というもの。
ヒロインは肢体を失った少女と主人公の幼馴染み2人がヒロインとなるのでしょうけど、Navelにしては珍しくあっさり目の作品になりそうですね。

4番目は、Love×Holic~魅惑の乙女と白濁カンケイ~
人と亜人が共存する世界に育った主人公が、偶然亜人の血を飲んでしまったことで、亜人を覚醒させる特異体質を持ってしまい、それを起こすには、亜人と交わるしかないというトラブルに巻き込まれてしまうというもの。
ヒロインは全て亜人と言われる人間ではない人なので、その手のキャラが好きな人はオススメ。あとエロシーンが多いのもポイントになっています。

最後は、彼女と俺の恋染同棲
主人公の家に、久しく疎遠になっていた幼馴染みが主人公の通う学園に編入するためにやって来たものの、住むところが無く、主人公の家に居候することに。親もいないので断ろうと思ったものの、成り行きで一緒に暮らすことになるというふう。
タイトルにある通り、同棲をテーマにしたもので、一つ屋根の下でイチャラブ生活を楽しむものになっています。なお、キャラは1人のみなのですが、様々なシチュエーションで楽しめるのではないかと思われます。


据え置き機編 結論
コンシューマーもPCもラインナップが乏しい。時期的なものもあるんだろうけど、決算期からの息切れがここに来たのかなとも言えそうで。夏に向けて充電していくというならいいのだが・・・。


今回は携帯ゲーム機が無いので、ここまでです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

レコゲー2018 5月 据え置き機編②

レコゲー、ここからは各ハードの注目作・・・とはいっても、今回はNintendo Switchだけなんですよね(苦笑)。


最初は、ドンキーコング トロピカルフリーズ(★)
2014年にWiiで発売した同作品のリメイクになっています。
今作では、新キャラが登場することになったのですが、いわゆるイージーモード的なものになっています。ライフが多いだけでなく、多少の障害物や水の中でも平気な仕様になっています。
また、ドンキーのライフも2から3になり、ディディーやディクシーを背負えばさらに多くのライフが持てるようにもなります。アイテムも安くなり、便利になっているので、さらに使いやすくなるのではないのでしょうか。

もう一つは、ロックマン クラシックス コレクション 1+2
2016年と2017年に発売した「ロックマン クラシックス コレクション」と「同2」の両方を収録したもの。ただし、カートリッジではなくダウンロードカードを同梱したものになっています。
Nintendo Switchへの移植に際し、巻き戻し機能(「ロックマン クラシックス コレクション」に収録されている「ロックマン」~「ロックマン6」まで)が搭載された他、ロックマンのamiiboと連携させることでチャレンジステージが遊べるようになります。
いつでもどこでも遊べるだけでなく、最新作の発売もあるということでの展開にもなっているので、久しぶりに遊ぶ人には、最新作が出るまでウォーミングアップになるのではないのでしょうか。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)