2018年09月14日

Nintendo Switchで往年のコントローラーが復活

先日発表された任天堂商品やサービスの発表を行うNintendo Directの中でNintendo Switchのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」が9/19から開始されることが発表されました。
その中で、「Nintendo Switch Online」の加入者限定で往年のゲーム機ファミリーコンピュータのコントローラーの形をした「ファミリーコンピュータ コントローラー」が購入できるようになるそうです。
この「ファミリーコンピュータ コントローラー」、ファミリーコンピュータとほぼ同じデザインをしています。違うのは、Nintendo Switchに挿し込むためのレールやLRボタンの付いた出っ張り部分があるくらい。他はファミリーコンピュータのコントローラーに付いていたあの十字キー、あのABボタン、あのスタートとセレクト、あのマイク(Ⅱコンのみ)が付いてるんですよ。
しかし、それゆえに遊べるソフトが限られますNintendo Switchのソフトや一部のオンラインソフトは対応していません。つまり、ファミリーコンピュータのソフトが遊べる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」のみになってしまうのです。

それでも、昔のゲームを遊ぶには、これが一番なのは言うまでも無い。ノスタルジーに浸りながら、マリオやゼルダやバルーンファイトなどを楽しもう(ニヤニヤ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 20:36Comments(0)

2018年09月11日

リアルパワプロ、実現へ?

コナミの野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」。あの野球ゲームの画面をそのまま野球中継に当てはめてしまおうという試みが、いよいよ実現するようです。
動画配信サイトのAbemaTVが行うコラボ企画で、まるで実写ゲームのような画面になるようです。スコアからカウントボード、そこに書かれる文字や演出もゲームと同じ。しかも、この試合の実況は、同作品で実況されている方が担当とのこと。恐らくフリーアナウンサーのあの方だと思うのですが・・・。

なお中継終了後、AbemaTVゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」でお笑い芸人が当日の試合を再現する企画を行うそうです。


今回対象になる試合は、9/14・9/15に横浜スタジアムで行われる横浜DeNAベイスターズ×読売ジャイアンツAbemaTVゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」でお笑い芸人が当日の試合を再現する企画は9/14に行われます。


パワプロファンにはたまらない企画ですし、普段パワプロに触れていない人には、今回のコラボ企画で作品を知るきっかけになればいいですけどねぇ。そんなに酷く見にくいわけではないので、いいんじゃないかと思うんですけど。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2018年09月09日

レコゲー2018 9月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。


往時の勢いはとうに失われ、東京ゲームショウでも携帯ゲーム機の出展はほとんどないでしょう。あってもスマホゲームのみでしょうね。それゆえに、今回紹介するのも2つだけ。早速見ていきましょう。


その作品とは、金色のコルダ3 フルボイス Special」(★)金色のコルダ3 AnotherSky feat.神南/至誠館/天音学園」(★)
前者は、2010年にPS2・PSPで発売された「金色のコルダ3」をベースに作られた「金色のコルダ3 フルボイス Special」の移植版。「金色のコルダ3 フルボイス Special」は2013年にPSP、2015年にニンテンドー3DSに移植されたので、今回で3度目になるんですね。
後者は同作品のスピンオフ作品で、主人公が別の学園の生徒になって繰り広げられる恋愛シミュレーションになります。
大きな追加要素はない模様ですが、よりきれいになった・より高品質な音源によるプレーで楽しめるのはいいことですわね。


携帯ゲーム機編 結論
かつての勢いはなく、終焉の時を待ちながらという状況は今も変わらず。その中でもいい作品が出てきていることに感謝したい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年09月07日

レコゲー2018 9月 据え置き機編⑦

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



4番目は、姫と乙女のヤキモチLOVE
多額の借金を抱える学園を事実上切り盛りせざるを得なくなった主人公が、幼馴染みの姫様が暮らす王国に学園の所有権が移ったことで、姫様が主人公に猛烈アプローチもう1人の幼馴染みをはじめとするお嬢様達も居ても立っても居られなくなって・・・というふう。
基本的に主人公がヒロイン達とイチャラブすることがメインになります。ヒロインが5人と多く、エロいことも多くなるそうで・・・(ニヤニヤ)。

5番目は、私があなたを護るための5つの約束 -捨て勇者拾いました。-」(★)
主人公は魔王を倒すために生まれた魔法生物なのだが、平和になった今、騎士として生きるか不要とされながらも勇者の道を進むのかを選び、拾ってくれたヒロインと共に生活していくというもの。
主人公はいわゆるショタで、ヒロインはどちらかというと年上の女子。ゆえに、おねショタ系の作品になります。3人とも個性的なのですが、おねショタなのにドSとかどうかしてる(爆)。

最後はままはは2 [DVD-ROM]
2016年に発売した「ままはは」の第2弾(続編ではない)。義理の母(継母)・義理の母の伯母(未亡人)・隣の人妻との恋愛を楽しむ作品です。
主人公が母親を生まれてすぐ亡くしたことから重度のマザコンになって、義理の母にイチャついたことで父親激怒→義理の母の伯母の家に転がり込んでさらに酷いマザコンを発するという悪循環(笑)。その流れを義理の母は戻せる(戻してもよくはならない(爆))かそのままになるか、はたまた第三者に転がり込むのか。ロープライスなのに、お腹いっぱいな内容だなぁ。ただし人妻だけしか出ないけど(苦笑)。


据え置き機編 結論
コンシューマーは半期の決算前と東京ゲームショウの前、そして秋という季節柄もあってかいい作品が揃っている。リメイクや移植も多いが、今まで遊んだことのないユーザーには手に取ってもらえるチャンスなのかもしれない。

PC作品は少し盛り返してきたかなというふう。個性的な作品が多いのは、この時期だからか?クセはあるものの、ハマれば何回も遊びたいと思うかも。


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2018年09月06日

レコゲー2018 9月 据え置き機編⑥

レコゲー、今回はPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



作品紹介の前に、残念なお知らせから。
ギャルゲーメーカーの老舗だったMink(ミンク)が今年中の廃業を決めました。最終作の発売をもって終了するとのことだそうで、サポート関係がどうなるのかの詳細は不明です。
元々エルフのスタッフが独立する形で設立された会社で、その『親』であるエルフも2016年に無くなりました(サポート関係は翌年まで展開)。そう思うと、エルフと共に約四半世紀ギャルゲーメーカーとして引っ張ってきた老舗が無くなるのは辛いですね。


では、注目作の紹介です。
最初は、ラズベリーキューブ
離婚した両親と一緒に住んでいた街を舞台に人に優しくなろうと決めた主人公と彼を取り巻くヒロインとのイチャラブ系の作品です。
4人の個性あふれるヒロイン達とイチャラブをするものなのですが、ストレスのたまる要素は一切無いとのこと。嫌なことを考えずに楽しんでプレイしたい人にはオススメですね。

2番目は、「催眠ぱらだいす!
学園の用務員を務める主人公が、ネットの広告で見た「人生を変える催眠術」をマスターしたことで、自身を美少女学生だと女子校の生徒達に思い込ませ、用務員との二役であれやこれや・・・というもの。
とにかく色々と女子校生が手籠めにされるので、ビッチ系の好きな人も、手籠めにされるのが好きな人にも楽しめる・・・というのも変か(苦笑)。

3番目は、きゃらぶれーしょん! ~乙女は恋してキャラぶれる~
病気がちの従姉妹の面倒を見るために執事を目指す主人公が、従姉妹の入学と共に面倒を見ようと思ったら、従姉妹が男子禁制の量に軟禁されたため、メイドになって潜入したら、従姉妹のもう一面を見ることに・・・というふう。
主人公も女装との二重生活をするのですが、ヒロインは二面性を持ったものになっており、そのギャップが面白いですね。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)

2018年09月05日

レコゲー2018 9月 据え置き機編⑤

レコゲー、ここからはNintendo Switchの注目作の紹介です。


まず最初は、すばらしきこのせかい -Final Remix-(★)
2007年にニンテンドーDSで発売された「すばらしきこのせかい」のリメイク版。
新キャラと新シナリオが投入された以外に、2画面だったDSと違い、1画面になっているNintendo Switchの特性を生かした作りに変えられていますタッチパネルでの操作はもちろんのこと、Joy-Con操作やJoy-Conでのおすそわけバトルも可能になっています。映像もハイデフに対応し、携帯画面の時よりもクオリティが上がっています。その他、戦闘中に使えるバッジが新たに追加されるそうです。
日本のみならず海外でも高い評価を受けたこの作品、BGMもさらに磨きがかかることでしょう。

続いては、戦場のヴァルキュリア4(★)
2008年から展開しているヴァルキュリアシリーズの最新作。シリーズ10周年記念作品でありながら前作(3)が発売してから約7年ぶりの新作になるものの、今作が任天堂系ハード初登場になります(1作目は発売日と同日に配信予定)
架空のヨーロッパにある連邦と帝国の戦争を描いたもので、今作も連邦の一部隊のメンツが主人公になります。
基本的なシステムや油絵のようなイラストは変わっていないものの、新要素として、擲弾(てきだん)兵という曲射による榴弾攻撃ができるユニットが登場します。戦略の幅が広がりそうなユニットなので、過去遊んでいた人も十分に楽しめるのではないのでしょうか。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)

2018年09月04日

レコゲー2018 9月 据え置き機編④

レコゲー据え置き機編、今回もPS4の注目作の紹介です。


4番目は、ヒットマン ディフィニティブ・エディション(★)
2017年に発売された「ヒットマン ザ・コンプリート ファーストシーズン」に追加要素を加えたもの。
その追加要素とは、過去に発売されたダウンロードコンテンツの収録と新作コスチュームの追加になります。
続編がもうすぐ発売ということで、これから遊んでみたいという人にはオトクな作品になるでしょうね。

5番目は、シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(★)
ララ・クロフトを主人公とするトゥームレイダーシリーズの最新作。今作は、ララ・クロフトがトゥームレイダーとなる出来事を描いています。
なお、この作品はXBOX ONEでも展開されますが、本体同梱版(Xbox One S 1 TBXbox One X)とダウンロード販売のみになります。


次回は、Nintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:12Comments(0)

2018年09月03日

レコゲー2018 9月 据え置き機編③

レコゲー、ここからは各ハードの注目作の紹介です。最初はPS4から。


最初は、うたわれるもの斬(★)
こちら、シリーズ初のアクションゲームになっています。基本は任務突破型になっており、主目的を果たすとゲームクリア、副目的を一緒に果たすと経験値を追加で得られるなどの特典を得られるという流れになっています。出撃できる仲間も最大で4人まで増やすことができ、メイン以外はオートで動かすことになるものの、途中でメインを変更することも可能です。
各ユニットには特性があるため、その特性で敵を倒す時に生かします。また陣・技・連撃・特殊技・必殺奥義など様々なテクニックで素早く敵をせん滅させましょう。
なおフリーモードがあるので、出撃させていない仲間も育てられるでしょう。
この作品には、オンラインでの協力プレイも用意されているので、一緒に任務を楽しむこともできます。またプレイ中はスタンプ型のチャットでコミュニケーションを取ることも可能です。
これまでシミュレーションで展開されていた作品が、初めてアクション作品になったということで、かなり変わったところもあるでしょうが、基本的にはシリーズを楽しんだ人には問題なく楽しめるのではないかと思います。

2番目は、英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-(★)
軌跡シリーズの3作目(英雄伝説シリーズとすればⅧにあたる)で閃の軌跡としては4作目になり、今作で軌跡シリーズの最終作というふうになっています。
作品に没頭できるように、戦闘シーンはオートモードにできるようになっており、作動中は高速で展開されるようになっています。
その他、クエストやミニゲームなどが盛りだくさんになっており、シリーズ最終作にふさわしいものになっています。

3番目は、ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS(★)
2003年にPS2で発売された同作品のリメイク。2012年にもPS3でHD EDITIONとして発売されています。
特徴としては、何といっても映像の進化4K映像での展開になります。またPS VRにも対応しており、主人公の乗るロボットのコクピットに乗って戦うこともできます。
オリジナル発売から15年。奇しくもPS2のサポートが先月終了しました。その機に合わせたかのような発売になり、往年のファンは、よりクオリティの高くなった作品で楽しめるようになったのではないかと思います。


次回もPS4の注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2018年09月02日

レコゲー2018 9月 据え置き機編②

レコゲー、今回もマルチ展開の紹介ですが、今回はピックアップして紹介をば。


①「ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ DX」(PS4Nintendo Switch)(★)
②「トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ DX」(PS4Nintendo Switch)(★)
③「メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ DX」(PS4Nintendo Switch)(★)

3作品ともアーランドシリーズの一つで、アトリエシリーズの一つでもあります。
きな追加要素は無く、ダウンロードコンテンツが本編に収録されている点が違うところでしょうか。
こちらは3作品をセットにしたプレミアムボックス(PS4Nintendo Switch(★))も発売されます。

④「タユタマ2 -you're the only one-」(PS4PS Vita)(★)
2016年にPCで発売された同作品の移植版。
移植に際し、新規エピソードの挿入・新主題歌の収録が行われています。なお、シナリオはPC版スタッフがそのまま監修するとのこと。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)

2018年09月01日

レコゲー2018 9月 据え置き機編①

9月になりました。暑かった夏ももうすぐ終わって、実りの秋に向かっていく時期でもあります。
何でもそうですが、ゲーム業界も実りの秋になる時期。いい作品、揃ってます(ニヤニヤ)。久しぶりに紹介がはかどると・・・いいかな(苦笑)。


というわけで、今回もマルチ展開の作品から紹介していきます。


最初は、「FIFA 19」(PS4PS3Ninendo SwitchXBOX ONE)(★)
FIFAワールドカップ公式ソフトでもあり、e-Sportsの種目としても採用されているシリーズの最新作。Jリーグでもスポンサーになっており、J1の選手が登場します。
今作からUEFAチャンピオンズリーグ(ヨーロッパのクラブが争うタイトルマッチ)も収録されています。またより細やかな操作が可能になっているとのことなので、まるで自身がプレイヤーになったかのような操作ができることでしょう。戦術面などでもリアルなサッカーにより近づいているそうなので、目の肥えたユーザーでも納得できることでしょう。

2番目は、「シュタインズ・ゲート エリート」(PS4Nintendo SwitchPS Vita)(★)
2009年にXBOX 360で発売した「シュタインズ・ゲート」からの移植になります。ただ、今作はテレビアニメをベースにしており、ムービーシーンが多用されているのがポイントでしょうか。アニメで遊べという形容は、確かに正しい(笑)。なお、アニメでは描かれなかったシーンも、アニメ制作に携わったWHITE FOXが描いているので、こちらもアニメで遊んでいる感覚で遊べるでしょう。
アニメから入った人は、是非とも薦めたい作品です。もちろんゲームから入った人も、作品の進化を体感できるのではないのでしょうか。

3番目は、「SNKヒロインズ Tag Team Frenzy」(PS4Nintendo Switch)(★)
ボタン一つの簡単操作でできる2on2の格闘アクション。ただ、普通の格闘ゲームと大きく違うのは、ライフが0になっても終わりではなく、超必殺技を決めないと試合が終わらないようになっている点でしょうか。
登場するのは、SNKの女性キャラで、昔懐かしい作品のキャラから最新作まで・・・って、テリー・ボガードがおるやんけ(爆)!
見た目はギャルゲーっぽいけど、本格的な格闘ゲームを作っている会社ですから、面白い作品に仕上がっていることでしょう。

4番目は、「無双OROCHI3」(PS4Nintendo Switch)(★)
実に7年ぶりになるシリーズ最新作。今作は無双OROCHIシリーズのキャラだけでなく、真・三國無双シリーズや戦国無双シリーズのキャラも登場します。また神器と呼ばれるものを身に付けると、神技という不思議な技を使えるようになります。またストーリーモードの場合、キーキャラは神格化というモードに突入できるようになり、能力が上がります
この作品は、成長によって物語が大きく変わるので、アクションが苦手な人でも十分に楽しめるでしょう。歴史好きな人は是非とも。


次回もマルチ展開の作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年08月28日

買いそびれた人向け?

発売当初ゲーム売り場を席巻した、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」と「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」。発売後4日間で、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が26万台、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が36万台売り上げているのだそうな。恐らく今はもっと販売台数を伸ばしているに違いない(個人的な感覚でいくと、この台数ならハーフミリオン(50万台)は突破してそう)
現在は、当初のような品薄・欠品ということもなく普通に買えるようですが、最近アマゾンで「ニンテンドークラシックミニ ダブルパック」なるたる商品のページが作成されたということで話題になっているようです。しかも、任天堂ではなく任天堂販売という謎めいた会社から。

そんな名前聞いたことない、パチモンじゃないの・・・と思ってたら、任天堂が「ねとらぼ」の取材で答えてくれました。実は、任天堂販売は任天堂の子会社だそうで。そんな会社があったとは。
調べてみると、北海道に起源を持つ会社で、いくつかの合併を経て、去年(2017年)から任天堂の子会社になったらしい。ゆえに、主な事業は任天堂商品やその関連商品の卸しおよびサポート・同社販促物の配送およびサポートなどを手掛けています
私、昔ゲーム屋で働いていたことがあるので、似たようなことやってる会社を知ってるんです。名古屋だとアジオカという会社が、任天堂販売に近いことをやってますね。違うのは、任天堂以外の商品も扱っていた点だったかな。


というわけで、「ニンテンドークラシックミニ ダブルパック」は9/15に発売予定です。まだアマゾン以外の販路が決まっていないようですけど、恐らく家電量販店などでも販売されることでしょう。特典として、ACアダプタが同梱されることになっています。
ただ、収録ソフトは変わらないようなので、あくまで買っていない人向けなんでしょう。少しでもお値打ちに・・・と考えている人は、この商品の発売まで待ってもいいでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2018年08月05日

レコゲー2018 8月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。


夏休みに入った8月、この時期が稼ぎどころである携帯ゲーム機ですけれども、スマホなどに押され廃れていってるのがわかる月になってしまいましたね。それでもいい作品が登場しているので、まだまだ捨てがたい。


では、見ていきましょう。最初は3DSから。


その作品は、世界樹の迷宮X(クロス)」(★)
シリーズ最新作で、3DSでは最後になると明言しています。
シリーズで登場した全19種の職業が登場する他、これまでのシリーズでよかったところを総揃えして搭載しています。迷宮もかつてないほどのボリュームとのことなので、難易度調整と併せて大きくやり込めることでしょう。


お次はPS Vita。


こちらは、グリザイア ファントムトリガー 03&04」(★)をば。
PCで展開されている人気シリーズの移植。今回は同作品のVol.3とVol.4が収録されています。
移植に際して、恒例のシステムである壁紙集の収録・タッチスクリーンやPS Vita TVへの対応・色合い調整機能の搭載の他に、ボイスコレクション機能にプレイリストが搭載されました。いつでもお気に入りのセリフが聞けるのはいいことですね。


携帯ゲーム機編 結論
衰退していく中でも、名作と言われた作品が奮闘している。この先どのくらい携帯ゲームが残れるかわからないので、遊んでおいてもいいかも。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:04Comments(0)

2018年08月03日

レコゲー2018 8月 据え置き機編③

レコゲー、今回はPC作品の紹介です。
コミケを挟むということで、毎年たいていラインナップが落ち込む時期でもあります。ただ、そのコミケで有力メーカーは、出展している場合は荒稼ぎというふうになるので、ゲームを売るよりも・・・と皮算用しているのではないかと(ニヤニヤ)。


では、見ていきましょう。今回もまずは全年齢から。


その作品は、A列車で行こう9 Version5.0 ファイナルエディション
人気シリーズの最新作「A列車で行こう9」の最新バージョン。名前の通り、今回のアペンドディスクで最後になります。
回のアペンドディスクは、2017年にPS4で発売された「A列車で行こうExp.」で追加された鉄道車両・建物・シナリオマップ・ジオラマモードなどを収録しただけでなく、今回オリジナルの機能(転車台・列車の機回しや連結など)・新車両(蒸気機関車など)や車両アイテムの追加、新マップ(乗りものニュースとのコラボ)の追加などが施され、まさに集大成にふさわしい内容になっています。
なお、この作品はアペンドディスク飲みの販売になるので、「A列車で行こう9」が必須となります。まだ持っていない方は、コンプリートパックも販売される予定なので、そちらをどうぞ。


さて、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



最初は、未来ラジオと人工鳩
近未来の日本を舞台に、人工鳩によって電波網が寸断され、通信と空を飛ぶことを許されなくなった社会でラジオを復活させた主人公は、未来のニュースを受信して、自身の死を知るのだが・・・というふう。
シリアスと下ネタ・ギャグ路線をどちらも振り切れるくらいに詰め込むとのことなので、イラストがシリアスっぽくても大丈夫なふうらしい(たぶん(苦笑))。

2番目は、委員界の異端者(アンチヒーロー) ~IINCHO-Re.co~
謎の爆破事件に巻き込まれた主人公が6人の委員会(ヒロイン)と共にその謎を解明していくというもの。その過程で仲良くなっていくというふうなんでしょうね。
6人にヒロイン全てが、どちらかというと強気のタイプなので、少し一辺倒なのかなと思いつつも、他の部分で個性を付けているので、同じ強気でもちょっとずつ違うふうになるのかもしれません。

最後は、夏汁100%」(★)
ひょんなことで呪いに罹った主人公が、南国のリゾートでバカンスをしながらその呪いを美女達と共に解こうと奮闘する・・・んだろうね(ニヤニヤ)。
まぁ、夏らしいバカなノリの作品ということで(爆)。ヒロインは色々デカいね(ギャハ)。


据え置き機編 結論
コンシューマーは新作が揃っており、夏休み需要に合わせた格好。やり込み度の高いゲームもあれば、サッカーゲームなど今のトレンドに合わせた作品も揃っており、1人でも接待プレーも取り込めるようになっている。
PCはコミケ開催でラインナップは減っているものの、夏らしいタイトルや面白そうな作品が埋もれている感じ。掘り起こしてやってみたいならいい時期かも。


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 22:53Comments(0)

2018年08月02日

レコゲー2018 8月 据え置き機編②

レコゲー、ここからは各ハードの注目作・・・というより、PS4の注目作の紹介です(苦笑)。


最初は、ウイニングイレブン2019(★)
日本におけるサッカーゲームの金字塔で、シリーズ最新作。eスポーツのお題目にもセレクトされるほどの作品になりました。
マラドーナ・ベッカム・オリバーカーンといった往年の名選手が登場することも決まっていますし、欧米の主要リーグやチームとはライセンス契約を結んでおり、実名で登場することに。アジアではACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場チームはライセンス契約を結んでおります。またマスターリーグもより細やかな設定ができるようになり、監督や経営者の采配気分を味わえるようになりました。
折しもワールドカップも盛り上がり、Jリーグも真っ盛りな中での発売。予約段階から盛り上がってはいますけど、もうひと押し、地元にサッカーチーム(Jリーグチーム)があれば、そこをフィーチャーするのもいいかもしれないですね。

2番目は、FIRE PRO WRESTLING WORLD(★)
実に12年ぶりになるシリーズ最新作で、オンライン対応のプロレスゲームになります。
エディットモードが搭載されており、作ったキャラやリングはオンラインを介して世界に配信することも可能になっています。またチョップやエルボーの打撃合戦、相手の技を繰り出せる掟破りなどといった新アクションや振り向きショートレンジラリアットなどのような新技も繰り出せるようになりました。
ゲームモードも普通のプロレスからケージマッチ・有刺鉄線マッチをはじめ、総合格闘技のルールに則ったプレイもできるなど様々。大仁田厚さんで有名になった有刺鉄線デスマッチも恐らく再現できるのでしょう。
製作者も変わり、根っこの部分はなるべく同じにしながらも一から作り直されたファイプロ。往年のプレイヤーだけでなくプロレスファンの新参プレイヤーにもウケることでしょう。

3番目は、ボクと彼女の研修日誌(★)
今年3月に発売した同作品の移植版。
18禁要素を除いた以外は大きく変わったところはないものの、安価でヒロインとの恋愛を楽しむことができます。彼女以外にヒロインも登場しないので、一人の女性に没頭して遊びたい人にオススメです。

4番目は、龍が如く3(★)
2009年にPS3で発売した同作品の移植版。
PS4になったことで、高精細なフレームで展開されるとのこと。基本的にはPS3版と同じだそうですが、若干の変更はあるとのこと。また4・5も移植が決定しているので、これを機会に楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後は、クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!ボーナスエディション(★)
2017年に発売した「クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!」に追加2ステージが収録されたおトク版。
新しく1作目でボツになった「滝のレベル」からインスパイアされた「きんみらいステージ」と現在配信されている高難易度ステージの「あらしのこじょう」が収録されています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2018年08月01日

レコゲー2018 8月 据え置き機編①

8月になりました。7月の暑さから見れば、8月は大丈夫かなと思っていたら、また暑くなりそうで・・・。屋内にいても熱中症の可能性があるので、涼しい環境を整えて過ごして下さい。そして、外にいる場合は暑いと思う前から水分・塩分の補給を怠らないようにして下さい外でゲームなどで遊んでいる時は、熱中し過ぎて特に怠りがちです。日なたに長時間いることは、できる限り避けて下さい。もし、仕事でいなければならない場合は、対策をバッチリを採って下さい


さて、お盆休みが間に挟む関係で、新作も多いゲーム業界休み明けで9月に差し掛かる月末に集中する模様です。いい作品も揃っているのかなと思いたいところですね。


では、見ていきましょう。今回はマルチ展開作品の紹介です。


最初は、「サガ スカーレット グレイス 緋色の野望」(PS4Nintendo Switch)(★)
2016年にPS Vitaで発売した「サガ スカーレット グレイス」の移植版。
移植に際し、高精細化、ロード時間の短縮、高速移動可能、全バトルキャラのボイスの追加、イベントの追加、バトルのシーン追加なと細やかな部分も含めた追加が多数なされるとのことです。
別のゲームになったとも言えるこの作品、フリーシナリオ・フリーワールドといった自由度の高い作品なので、やり込みでハマるのではないかと。長い休みのある学生さんには丁度いいヒマ潰しになるかもしれませんね。

2番目は、「リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-」(PS4Nintendo Switch)(★)
母親を救うために、謎の老人から与えられたドラゴンと共に冒険に出る物語です。
母親が切り盛りしていたカフェに来る様々なお客の要望する料理を提供することが目的になるのですが、そのための食材を手に入れるために、ドラゴンと共に冒険に出るのです。ドラゴンは食材を与えることで成長し、身体の色も変わります。20種類ある身体の色は様々な特徴を表してもいます。またドラゴンからもらえる肥料で、貴重な食材を得られるようになるそうです。
なお、カフェ運営も重要で、食材を切らさずに人気のある店として名声を挙げれば、新たな悩みを抱えたお客が評判を聞き付けてやって来るとのこと。
元々「牧場物語」のスタッフが手掛けている作品なので、収集の要素は結構強め。しかしながらドラゴンを使って襲い掛かってくるモンスターを倒すという要素やカフェ運営の要素もあるので、アトリエシリーズのように結構忙しい感じの作品になりそうです。ただ、色々やってみたいという人にはオススメでしょうね。

3番目は、「探偵 神宮寺三郎 プリズム・オブ・アイズ」(PS4Nintendo Switch)(★)
新宿に探偵事務所を構える神宮寺三郎が主人公の人気アドベンチャーシリーズ最新作。
今作は主人公の神宮寺、助手の御苑(みその)洋子、刑事の熊野参造が主人公のメイン3部作に、携帯アプリで配信された10作品(No.4・6・7・8・11・12・14・16・18・19)が同時収録されています。なお、携帯アプリ版のNo.4はファミコンで発売された「時の過ぎゆくままに・・・」という名作です。
もちろん、コミカルタッチの人気シリーズ「謎の事件簿」も収録しています。シリアス路線に疲れた時にどうぞ。

最後は「バレットガールズ ファンタジア」(PS4PS Vita)(★)
2014年から発売されているシリーズ最新作で、PS4では初めての展開になります。


今作では、ファンタジー世界が舞台になり、モンスターとの戦闘がメインになります。もちろん、シリーズでお馴染みのセクシー要素や「尋問訓練」もパワーアップしていますし、モデリングもPS4が絡んだことで新しく作り直したとのこと。
戦車などにも乗れるそうなので、ミリタリー好きにも訴求できるのかなぁ。もちろんアクションゲーム好きにもオススメです。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年07月08日

レコゲー2018 7月 携帯ゲーム機編

レコゲー、今回は携帯ゲーム機編です。
とはいっても、今回は1本のみ。あの「クソゲー・オブ・ザ・イヤー」の携帯ゲーム機部門が、去年はまさかの該当作無しとなったのを思い出したわ。「クソゲーが無いことはいい」とは述べているものの、同時に携帯ゲーム機が衰退しているとも言えるわけです。それに代わるのがNintendo Switchでありスマホゲームでありなんでしょうけどね・・・。


さて、今回の唯一の作品を紹介しましょう。それは、PS Vitaの「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」(★)
2017年にPCで発売した同作品の移植版になります。
移植に際し、新規書き下ろし、PS Vitaに対応した壁紙を収録し、PS Vita TVにも対応しております。さらにタッチスクリーンや色合い調整も搭載されております。まぁ、プロトタイプの定番の新機能ですね。だいぶこのあたりの機能の取り入れはこなれてきたことでしょう。
なお、制作資金をクラウドファンディングで募り、目標金額の2倍得られたとのことなので、根強いファンに支えられた作品とも言えるでしょう。こんな作品は、もっと広めたいですね。


携帯ゲーム機編 結論
携帯ゲーム機の衰退が垣間見られた月。それでもなお、いい作品が出ているうちは、見捨てず応援できれば。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年07月07日

レコゲー2018 7月 据え置き機編⑦

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



後半戦最初は、宿星のガールフレンド」(★)
魔法少女だったあこがれのクラスメイトと、さる事情で同じ屋根の下で暮らすことになるという恋愛アドベンチャー。3部作で構成されるとのことで、今回が最初の作品になります。
先述の通り、3人ヒロインがいるものの、今回攻略できるのは1人のみ。そう考えるとオトク感は薄いものの、パッケージ版はグッズ類が特典で付いてくる、ダウンロード版は2,800円(税別)なので、そこを考えるとまんざらでもないかなと思いますね。

2番目は、素晴らしき日々~不連続存在~フルボイスHD版
2010年に発売した「素晴らしき日々~不連続存在~」のリメイク作品。
フルボイスになっただけでなく、HD画像に対応、新規立ち絵や追加シナリオの収録、Windows 7以降(10まで)に対応するなども併せて行われています。

最後は、もっとIxSHE Tell 彩楓・芳乃ミニアフターストーリー
2018年2月に発売した「IxSHE Tell」のアフターストーリー。作中に登場した中で、特に人気の高かった2人のアフターストーリーを収録しています。
内容自身も甘いものか濃厚なものかがセレクトできたり、衣装チェンジとかも可能というふうなので、ファンの方々は期待してもいいのではないかなと。


据え置き機編 結論
コンシューマーは夏休みを迎える人が多くなるこの時期にたくさんの作品を投入。リメイク・リバイバルものが多いものの、まだ遊んだことのないユーザーを引き込むには十分かも。さらに少年ジャンプ版のニンテンドークラシックも投入されるので、過熱することは間違いないだろう。

一方のPCは、少し大人し目先月にベクトルを向けすぎたからかもしれないが、逆に先月出して埋もれた作品を掘り起こすチャンスになるかもしれない。ちょっと訴求してみては?


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:46Comments(0)

2018年07月06日

レコゲー2018 7月 据え置き機編⑥

レコゲー、ここからはPC作品の紹介です。
今月は先月と違い、注目作は少なめ。夏休みに差し掛かるというのに、こんなふうだと困りものですが、先月に色々発売しているので、そこでしのげば何とかなるのか・・・。


では、見ていきましょう。まずは全年齢の作品があるので、そちらから。


その作品は、グリザイア ファントムトリガー vol.5
「グリザイアの果実」のスピンオフシリーズで、連続シリーズとなっています。今回はテロリストをせん滅した後の話で、新キャラも登場します。
物語は佳境に入っているのかなと思わせておりますが、まだまだ色々ありそうですね。


では、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



最初は、真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈」(★)
2007年から展開されている恋姫シリーズの最新作で、真・恋姫†夢想-革命-シリーズ(3部作)の2作目になります。
以前発売していた「真・恋姫†夢想」とはシナリオ構成を大幅に変え、新キャラ中心の全16章構成になっております。新しく作り直しているようなものなので、既存ユーザーも十分に楽しめるのは、前作と同じですね。なお、呉の先主・孫堅が主人公とのことで、名前だけ挙がっていた人物が満を持して登場というふうでもあるので、ファンの方々は、ものすごく期待してるんでしょうね。

2番目は、はるとゆき、
コスプレOKというちょっと変わった決まりのある温泉旅館で巻き起こる不思議な物語。
番頭の主人公が、温泉旅館の従業員と関係を持つ格好になるんですね、これは胸アツ(ニヤニヤ)。ということもあって、ヒロインの数は多いぞ(爆)。


次回もPCの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)

2018年07月05日

レコゲー2018 7月 据え置き機編⑤

レコゲー、今回もNintendo Switchの注目作の紹介ですが、移植作ばかりなのでピックアップして紹介。


シャイニング・レゾナンス リフレイン(★)
2014年にPS3で発売した「シャイニング・レゾナンス」の移植版。
加要素はPS4版と同じなものの、Nintendo Switchなので、テーブルモードでも携帯モードでも対応していることから、どこでも遊べるのがポイントでしょうね。

大図書館の羊飼い -Library Party-(★)
2013年にPCで発売した「大図書館の羊飼い」の移植版で、ベースは2014年に発売したPS Vita版になっています。
そのため、Nintendo Switchオリジナルの要素としては、3つのモードでプレイ可能な点とフルHD画像になった点のみ。しかしながら、オリジナル・ファンディスク・スピンオフの3本がひとまとめになっているのは、とてもお買い得な作品になっているのではと。

ひぐらしのなく頃に 奉(★)
2002年に同人作品として登場以来、PS2やニンテンドーDSへ移植された作品が、いよいよNintendo Switchにも移植されます。
Nintendo Switchへの移植に際し、既に公表されている19本のシナリオと4本のシナリオを追加されます。キャライラストが一部コミカライズ版になる点や新規オープニング主題歌&ムービーの収録、テレビモードプレイ時にはフルHD映像でプレイ可能、ミニゲームの収録もなされます。そして、これまで1周目でもルートが変わることがあったのを「鬼隠し編」で固定し、以降各話にルート分岐するようになりました。またルートに関してはナビゲート機能が搭載されるので、行きたいシナリオにほぼ自動的に進むことができるようになりました。

ウルフェンシュタインⅡ:ザ ニューコロッサス
2017年にPS4などで発売した同作品の移植版。「ウルフェンシュタイン ザ ニューオーダー」の続編になります。
Joy-Conを使ってより直感的な操作ができるのが大きな特徴になります。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2018年07月04日

レコゲー2018 7月 据え置き機編④

レコゲー、ここからはNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、OCTOPATH TRAVELER(オクトパス・トラベラー)(★)
8人のキャラが繰り広げる冒険譚となっています。ベースはオーソドックスなコマンド型RPGで2Dドット絵で彩られた作品なんですが、8人のキャラには様々な特性を持っており、その特性を利用して旅を進めていくというふうになっています。戦闘シーンでは、好きな順番でアビリティという能力を覚えることができ、かつバトルで使用するジョブをもう一つ覚えさせることもでき、それも自由にチョイス可能です。
ともすれば、同じスクエニから発売しているロマンシング・サガシリーズのような自由度の高い作品になっているようにも感じられますね。

続いては、太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!(★)
2001年からアーケードで登場し、翌年からコンシューマーでも展開されるようになったシリーズ最新作。
Nintendo Switchで展開されたことで、3種類のプレイスタイルで遊ぶことが可能になっており、Joy-Conをバチに見立ててのプレイやおすそわけプレイも可能に。また演奏をサポートしてくれるキャラと一緒にプレイ可能で、中には任天堂の作品ではお馴染みのキャラもサポートに回ってくれます
70曲以上収録された演奏モード以外にも20種類のミニゲームが収録されたパーティーゲームも用意されているので、リズムアクションが苦手な人でも十分に楽しめます。
なお、シリーズお馴染みの太鼓とバチの専用コントローラーも登場します。


次回もNintendo Switchの注目作から。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)