2019年01月05日

レコゲー2019 1月 据え置き機編⑤

レコゲー、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



去年末とは違い、さすがに新年は落ち着きましたね。コミケで全力投球した会社もあるでしょうから、少しは休んでほしいと思うものの、大手は新年明けから打って出てきてるわ・・・。


では、見ていきましょう。今回は大手と思しき会社の作品から。


最初は、その日の獣には、
演劇が盛んな学園を舞台に、舞台に憑りついた演劇関連なら何でも叶える幽霊を探すというもの。大手のminoriの最新作です。
ヒロインはホントにおっぱいがデカいわ(苦笑)。おっぱいマニアにはたまらない仕様になりそうですけど、性格は色々とアレな様子です(爆)。

2番目は、ラブクリア
退屈な日々を送っていた主人公が、ネコを追い掛けていたことによって、後輩達の新たな恋模様を展開する恋愛アドベンチャーです。こちらは、老舗メーカー戯画の最新作です。
ヒロインに本気で恋をするというのがメインテーマになっており、ヒロインの好感度が一定量になると、主人公への想いに気付き、彼女達の様々な一面を垣間見ることのできる「恋心モノローグ」というものが搭載されています。
ヒロインは先輩と同級生と後輩の計4人(同級生は、うち2人)ですが、サブヒロインの同級生もよさげなキャラみたい。ただ、攻略対象じゃないんだろうなぁ・・・。

3番目は、Sugar*Style
主人公以外は全て女子という寮で繰り広げられるドタバタラブコメです。こちらは、新興ながらもヒット作を連発しているSMEEの最新作です。
ほぼ初対面からの共同生活で、酸いも甘いもみんな知られてしまう仲になるので、相手の短所も受け入れられる包容力の高い主人公になって、彼女を迎え入れましょう(笑)。
なお、主人公特権で寮の中を探索できる点その道のプロに寮の中でなるという「役割セレクト」という機能があります。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:03Comments(0)

2019年01月04日

レコゲー2019 1月 据え置き機編④

レコゲー、ここからはNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、New スーパーマリオブラザーズ U デラックス(★)
2012年にWii Uで発売した「New スーパーマリオブラザーズ U」の移植版。
今回の移植に際して、2013年に発売された「New スーパールイージ U」も併せて収録されるだけでなく、ピーチ姫に変身できてホバリング飛行や落ちても1回だけ復活できるキノピコや敵キャラとして登場した敵にぶつかってもミスにならないトッテンが新キャラとして登場(トッテンは「New スーパールイージ U」でも登場しているので、事実上2度目ではある)。初心者向けキャラということで、ダッシュしてもブレーキが利くキャラになっています。
Joy-Conでおすそわけプレイもできるので、Wii U版に比べて手軽に複数人のプレイができるのもポイントになるでしょう。

もう一つは、Fate/EXTELLA LINK(★)
2018年6月にPS4とPS Vitaで発売した同作品の移植版。
Nintendo Switchに移植される際、追加衣装が手に入る他、最大8人までのローカル通信対戦も可能になり、より手軽に通信対戦ができるようになりました。またそれに合わせるように、テレビ画面のプレイ以外にNintendo Switchの画面でのプレイ(テーブルモード・携帯モード)でのプレイができるようにもなっています


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2019年01月03日

レコゲー2019 1月 据え置き機編③

レコゲー、今回も引き続きPS4の注目作の紹介です。今回は移植やリメイク作品が中心なので、ピックアップで紹介。


ソードアート・オンライン フェイタル・バレット COMPLETE EDITION(★)
2018年に発売した「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」の完全版。
本編に加え、発売日と同時に配信される大型拡張コンテンツに加え、過去配信されたダウンロードコンテンツも収録されたお買い得版でもあります。
現在テレビアニメが絶賛放送中なので、相乗効果を発揮できるのではないのでしょうか。

CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!(★)
2012年にPSPで発売した「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」の移植版。
移植に際し、テレビアニメで先行登場した育て屋でもある13人目の巫女(へびつかい座の巫女)が登場します。
こちらは、昨年の秋アニメで登場し、つい先日終わったばかりゲームの発売とほぼ同じ時期に映像メディアも登場するため、こちらも上手く相乗効果を発揮できるんじゃなかろうかと。

龍が如く4 伝説を継ぐもの(★)
2010年にPS3で発売した同作品の移植版。
高解像度になったリマスター版としての側面がある他、一部キャストの変更による再収録が施されています
この作品は、奇しくも同じ神室町を舞台にした「JUDGE EYES:死神の遺言」が出ているのと今年には5作目も投入されます。予習がてらに楽しむのもいいんじゃないかなと。

バイオハザード RE:2バイオハザード RE:2 Z Version(共に★)
1998年にPSで発売された「バイオハザード2」のリメイク版。Z版はCEROのレーティングでZになります。
4K映像に対応(ハードはPS4 Proが必須)・日本語音声も収録されているとのこと。
実は2002年にゲームキューブでリメイク予定があったものの、中止になったという憂き目に遭っています浮かんでは消えていった構想だったので、今回ようやく日の目を見たというふうなんですよ。ファンはありがたがって楽しみなさいと(ニヤニヤ)。

ひぐらしのなく頃に 奉(★)
2002年に同人作品として登場以来、PS2やPS3に移植されています。今回のバージョンは2018年7月にNintendo Switchで発売したものの移植になります。
PS4への移植に際し、既に公表されている19本のシナリオと4本のシナリオを追加されます。キャライラストが一部コミカライズ版になる点や新規オープニング主題歌&ムービーの収録、ミニゲームの収録もなされます。そして、これまで1周目でもルートが変わることがあったのを「鬼隠し編」で固定し、以降各話にルート分岐するようになりました。またルートに関してはナビゲート機能が搭載されるので、行きたいシナリオにほぼ自動的に進むことができるようになりました。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)

2019年01月02日

レコゲー2019 1月 据え置き機編②

レコゲー、ここからは各ハードの注目作の紹介です。まずはPS4から。


今回は、リメイクや移植モノが多いので、今回は唯一になる新作の紹介をば(とはいっても、シリーズなんですけどね(苦笑))。


その作品は、キングダム ハーツⅢ(★)
実に14年ぶりのシリーズ最新作で、一連のシリーズ最終作にもなります。
「塔の上のラプンツェル」・「ベイマックス」・「トイ・ストーリー」・「モンスターズ・インク」・「アナと雪の女王」・「パイレーツ・オブ・カリビアン」など12年の空白を埋めるかのように新作が登場します。ほぼ入れ替わりとまで言われるくらいだそうな(苦笑)。
バトルアクションもハードが変わったことでパワーアップし、演出力も高まってきましたネタバレ的な動きが来て大変なことになりそうでしたけど、それだけ皆が気にしている作品でもあります。また、これでシリーズは完結するわけですけど、ここから新たなシリーズができるかもしれないと思うと、この作品の売れ行きが重要になってくるのではと思っています。
次回もPS4の注目作、移植モノやリメイク作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2019年01月01日

レコゲー2019 1月 据え置き機編①

新しい年が始まりました。ゲーム業界にとっていい1年であってほしいものですけど、ダウンロードコンテンツが主流になりつつある今、原資をどうやって回収するか、いつまでも遊んでもらえるようなソフトを作っていくのかがポイントになっていくのでしょう。共に難しい課題ではありますけど、ダウンロードコンテンツで売れるようになった今だからこそ、やりやすいのではと思います。逆に言えば、ソフト1本の寿命は、昔に比べたら伸びたのかもしれない。それはそれでいいことなんだよね・・・。


では見ていきましょう。今回もマルチ展開の作品から。


最初は、「ネルケと伝説の錬金術士たち ~新たな大地のアトリエ~」(PS4Nintendo SwitchPS Vita)(★)
領主である父親に懇願して、担当管理官(領主代行)として赴任した貴族令嬢でもある主人公が、片田舎の村を発展させていくという経営シミュレーション的な側面を持ったアトリエシリーズの最新作。違うのは、錬金術で盛り上げていくという点でしょうか(ただし、主人公には錬金術の才能は無い)。基本的な流れは、平日は依頼人の仕事をこなす、休日は休み以外にも探索、人々の交流などに充てられます。
また、この作品は過去のシリーズのキャラが助っ人として総出演します。過去の作品に思い入れがある方にも楽しみなものになるでしょうね。
なお、この作品は、アトリエシリーズ20周年、ガスト設立25周年記念作品でもあります。

続いては、「テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER」(PS4Nintendo Switch)(★)
2008年にXBOX360で発売された「テイルズ オブ ヴェスペリア」の移植版。2009年にはPS3にも移植され、今回発売する商品は、PS3版に準拠しています。
PS3版に準拠しているとはいえ、リニューアルも図られており、解像度の向上が図られています。またPS4版のみにはなるものの、フレームレートが向上し、より滑らかな動きで楽しめるようにもなっています。さらに、当時のダウンロードコンテンツが収録されているだけでなく、無料で追加ダウンロードコンテンツも楽しめるようになっています(ただし、一度きり)。その他、リザルト画面に字幕が付く、音声言語選択(日本語・英語)が可能になり、字幕も日本語以外から選べるようになっています(PS4以外の機種)

最後は、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」(PS4XBOX ONE)(★)
実に12年ぶりのシリーズ最新作で、今回ゲームエンジンにUnreal Engine4、サイマル・ソフトウェアのTrueSKYというテクノロジーを採用しており、複雑な天候を表現したことで、よりリアリティあふれるものになっています
さらにPS4版では、プレイステーションVRも採用しており、そのリアリティさをこの上なく体感できるようにもなっています。懸念される3D酔い対策も練られているとのことなので、この手のものが苦手な人も楽しめるのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)

2018年12月28日

桜井さんは年末年始お休み無しになりそう

現在Nintendo Switchで発売している「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」過去作のキャラが全て登場していることから、過去作を楽しんでいた人も今作はプレイしているかもしれません。
しかし、このキャラ数の多さが仇になったのか、バグが発見されたようです。


まずは12月半ばに発見された、しずえさんのバグYahoo!ニュースで取り上げられたのが、偶然にもしずえさんの誕生日とされる12/20だったというのは内緒だ(ニヤニヤ)。
最初に発見した人が、「Isabelle's Infinite」(Isabelleとは、しずえの英語名)と命名したため、通称「しずえインフィニティ」とも呼ばれます。
このバグは、しずえさんが左右挟んで2人登場した際、同時にアシストフィギュアに向かって必殺技の「つりざお」を行うと、タイミングの早かった方がアシストフィギュアを無限増殖させることができるというもの。
見てもらうとわかるのですが、画面狭しとアシストフィギュアが無限増殖を起こし、爽快感あふれるものならまだしも、画面全体を覆ってしまったがために、気持ちが悪くなったり、プレイし辛いというものまで。もちろん致命的ではないにしろ、バグの一種なので、止まってしまう可能性があります対人戦の場合、ハメ技の一種にもなるので、気心の知れた仲間でも取り扱いは慎重にオンライン対戦でやろうなんてもってのほかですよ!



まぁ、とりあえず見てもらおうか(笑)。あと炎系のシーンで、アパマンショップとか言わない(汗)。



もう一つは、クリスマスの頃に発見された、デデデ大王のバグ
相手がボム兵を投げ込んだ際、デデデ大王がそれを吸い込んでしまうと、顔が硬直(驚愕)したまま操作できるというもの。攻撃する時も、倒れた時も、必殺技を掛ける時も、デデデ大王が画面外に出るまでこのままの表情でプレイせざるを得ないのです。しかし、あまりのシュールさに、思わず笑ってしまう
こちらは、プレイ中に深刻な結果をもたらすことのない『顔芸』レベルではあるものの、何がどう作用するのかわからないので、プレイでやってみようと思ったら、自己責任になるのは、先程の「しずえインフィニティ」と同様です。


キャラが多すぎたがために起こったんだろうなと思ってはいますが、ポールトゥウィン仕事しろよ(ニヤニヤ)。そして、このバグを修正するがために、桜井政博さんは「私はいつ休めるんでしょうね」とボヤきながら、仕事をせざるを得ないと思うと、何とも泣けてくる・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:50Comments(0)

2018年12月16日

セガの名作サントラアルバムが復刻販売

セガの名作ゲームのサントラが、再販されることになりました。既に発売から10年近く経っているので、欲しいと思っても手に入らなかった人には朗報でしょう。


対象となったのは、セガ名作タイトルの専売品を含む15種類。「アウトラン」・「ファンタジーゾーン」・「ファンタシースター」・「NiGHTS」・「ゴールデンアックス」などの名作がずらっと並んでおります。
今回の再販に併せて、セガ社員で結成されたバンド「S.S.T.BAND」生誕30周年アルバムである♪S.S.T.BAND -30th Anniversary Box-も発売されました。今なら限定特典付のものが通常版と同金額で購入できるので、欲しい人はお早めに。1回の注文で7,000円(税込)以上購入なら送料無料にもなりますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:48Comments(0)

2018年12月14日

イドラ ファンタシースターサーガ

11/27よりスマホで「イドラ ファンタシースターサーガ」がサービスインとなりました。ファンタシースターシリーズ30周年記念作品という意味合いの強いものですが、あまりファンタ臭のしない作品というコメントもちらほら・・・。散発的に出てきている(ダークファルスをはじめ、「ファンタシースターオンライン」(PSO)でお馴染みのマグやPSO2のキャラであるクーナ、ヴァンドールの成り立ちなど)からなのかなというふうにも思うのですが、これいかに。
なお、この作品としてはⅡからⅢ(ないしはPSO)のもう一つの過程を描いたものになるかもしれません。つまりご先祖様はパルマ星の人達ということ。


さて、この作品は、正義と秩序を重んじるロウと自由を重んじるカオスの勢力争いに、ロウが治める帝国軍とカオスがリーダーとなって率いる反乱(解放)軍との争いがオーバーラップするふうになっています。ただプレイする際には、基本的にはロウのメンツでもカオスの中に入れることはできますし、その逆もアリというふうなので、編成で不自由することは無いと思います。ただ、運命分岐を行うと、どちらかになってしまうので、使い勝手やパーティーのメンツなどで決める必要はあるようです(「運命の巻物」があれば、いつでも変更可能)。実は、メンバー的にはロウでも、カオスの一員に引き込む(あるいはその逆を行う)ことも可能なので、ストーリーに関係なく編成はできるようです。なお、主人公はニュートラルという扱いなので、作中では取りまとめ役(当主の次に偉い立ち位置)になっています。


バトルシステムはコマンド方式。横画面での戦闘なので、様々なゲームに形容されていますが、オーソドックスといえばオーソドックス。ただ少々AIがおバカさんなので、できることなら、各キャラごとに敵指定ができればなぁと(もちろん、狙った敵が倒された後のフォローアップができるようになってほしい)。
ウリであるイドラバトル(8人の力を結集してイドラに変身して戦うものとイドラに対して8人が向かっていくもの)は、そこまでウリになるほどでもなかったのが残念。特にイドラに対して8人に向かっていくタイプが大変で、ある程度HPを削ることで勝利とはいえ、相手の圧倒的な火力で全滅も時折あり、少しバランスが悪いなと。


シナリオは可もなく不可も無くで、よくある話とも言えるし、面白いかなとも思える部分もある。ただ、薄い本がいっぱい出そうだね(ギャハ)。これ以上は何も言わまい(ニヤニヤ)。


総じて、まだ粗い部分が目立つけど、今後少しずつ良くなればなと思っています。シナリオ部分は、まだいろいろ仕掛けが出そうなので、楽しみではあります。あとはバランス調整だけは何とか・・・。


というわけで、最後にポイント。
キャラがなかなか育ちにくいので覚悟しましょう。ただし、行動力やイドラバトルは回復が(思った以上に)早いので、育ちにくさをフォローしてくれるための救済措置なんじゃないかと思うほど(苦笑)。手っ取り早く育てたい場合は、レベルの高いキャラをサポート役に呼びましょう。そして使えると思ったらフォローしておこうね(笑)。
キャラは全体攻撃ができるキャラは重宝します。その次に異常攻撃を施せるキャラ効きにくいですが、効いた時は、戦闘がかなり有利になる場合も。回復アイテムが無いため、回復役は少なく貴重ではあるものの、回復できる量が少ないので、気休め程度と思っておこう(同レベルの場合)
個人的に使えると思っているキャラですが、いの一番に挙げるなら、初回キャンペーンでもらえたクーナが大活躍(爆)。特に高レベルで全体攻撃(エレメンタルブラストの「永遠のencore」)を鍛えたカオスのクーナは、かなり使えます
またカオスのステラもなかなかいいですよ。エレメンタルブラストが中々作動しないのが欠点ですけど、単体攻撃ならトップクラスの攻撃力になるでしょう。
ローザリンデはカウンターが使えます。このカウンター、高レベルのキャラが低レベルの戦闘時に繰り出せば、かなりの時短を行えます。ターン数の目標が付いているクエストにオススメです。
フラミィは回復薬としてはスペシャリストですが、防御力が低めの模様。使えるキャラではあるので、そのあたりを鍛えれば・・・。


なお、オンラインプレイもできるようなので、PSOっぽいことをやりたい方は、是非旅団を追お試し下さい。え、何でそんだけかって?まだやってないから(ゲラゲラゲラ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2018年12月11日

ドラグーンの方のパンツァー

最近だと、アニメ「ガールズ&パンツァー」のセリフの一つ、「パンツァー・フォー!」の方が有名なんじゃないかと思う今日この頃、セガユーザーなら、そっちじゃないと思っていたでしょう。そんな方々に朗報です。


セガサターンから発売した「パンツァードラグーン」および「パンツァードラグーン ツヴァイ」がリメイクされることが決まりました。
「パンツァードラグーン」は、1995年にセガサターンから発売され、シューティングでありながら人類滅亡後の世界を3Dで描き、退廃的な姿を印象深く描いていましたシューティングとしても傑作との評価があり、後に今回併せて移植されることになった「パンツァードラグーン ツヴァイ」(1996年)、3部作の最終作になった「パンツァードラグーンRPG」(1998年)の他、ゲームギアで発売された「パンツァードラグーン ミニ」(1996年)、XBOXで発売された「パンツァードラグーン オルタ」(2002年)もあります。「パンツァードラグーン」に関しては、2006年にPS2でリメイクされています。


今回移植に関わるのは、ポーランドにある開発会社Forever Entertainment(フォーエバー・エンタテインメント)。日本ではあまり知られていない会社ですが、任天堂との取引があり、いくつかの作品をNintendo Switchでダウンロード販売の形で展開しています。中国にも開発ないし販売拠点があるのか、中国語での商品も展開しているようです。

現状、リメイクをやりますと言っているだけで、どこのハードでやりますといった詳細は全く不明。ただ、先述の通り、任天堂との取引があるので、Nintendo Switchの可能性が高いでしょうね(もしかすると、ダウンロード販売のみになるかも)。作品の評価が高いので、それを損なわないリメイクであることを望みたいものです。まさか、セガエイジスで売るなんてことは無いわね(汗)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2018年12月09日

たすたすドロップス

今回紹介するのは、Yahoo!ゲーム(かんたんゲーム)の中にある「たすたすドロップス」NTTドコモのスゴ得コンテンツにもあります。
こちらは、「2048」(Yahoo!ゲーム内では「2048の挑戦」)をベースにしたパズルゲーム。5×5マスのスペースに数字のコマ(2・4・8・16・32・64の6種類)を落とします。コマは同じ数字を重ねることで大きくなっていきます。


②②⇒④
このように、横ないし縦2つに同じ数字が揃えば、倍の数になります。4が2つ揃えば、8になるというふうに。


②②②⇒⑧
こちらは、少しトリッキーな例。上のように、2が横に3つ同時あるいはL字ないしは逆L字に揃った場合、2の3乗となって8になります。上手く活用すれば、少ない労力で大きな数字を生み出すことができます。なお、V字(置かれる数字の左・上・右側)に同じ数字を揃えれば、4乗になります。



5×5マスが全て埋まる、またはコマが出てくるところが埋まってしまうとゲームオーバーになります。


このゲーム、連鎖を組むのが大変なんですけど、一度ハマると一気に大きな数字に早変わり。いわゆる「ぷよぷよ」や「パネルでポン」のような連鎖ができる人はプレイしやすいのかと。数字に強い人にもオススメ。チビチビと64の倍ないしは3乗の数字を組み、そこから大きな数字にしていくふうになるでしょう。64以上の数字を大きくするのは大変です(コマが無いので)。
ちなみに、大きくなる数字は無限で、大きくなればなるほど連鎖が難しくなります。なので、長い時間でいかに細やかな連鎖で稼ぐかがポイントになるでしょう。


やってみるとわかります。結構頭の体操になるんです。(私のような)数字が苦手な人でも楽しめるので、一度Yahoo!内にあるYahoo!ゲームにアクセスしてみて下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:42Comments(0)

2018年12月07日

レコゲー2018 12月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
年末商戦なのにもかかわらず、今月の携帯ゲーム機のラインナップはかなり乏しい。各ハードとも1本くらいしかないのよ・・・。
その中で、PS Vitaはマルチ展開作品なので、実質3DSのみになります。


その作品は、マリオ&ルイージRPG3 DX」(★)
2009年にニンテンドーDSで発売された「マリオ&ルイージRPG3!!!」のリメイク版。
新要素としてクッパJr.の冒険が収録されています。基本的にはオートバトルで進められる編成型のRPGになっており、最大9人まで冒険に出すことができます
約10年経ってリメイクが登場することになり、過去遊んだことのない人も楽しめるようになっているのではと思います。クッパ一味が、これまでの作品以上に大活躍するので、彼らが好きな人はオススメです。


携帯ゲーム機編 結論
ニンテンドー3DS・PS Vita共々壊滅的なラインナップ。来年以降生き残れるか心配。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)

2018年12月06日

レコゲー2018 12月 据え置き機編⑥

レコゲー、今回もPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



4番目は、ネムれる園の少女たち
ある理由でサキュバスを呼んだものの、呼んだサキュバスには力が無くなってるわ、同級生は呪いに掛かってるわで大変なトラブルに。何とかして、ひと月の間に、呪いの解除とサキュバスのお引き取りを済ませようというもの。
この作品にはE-moteが使われているので、プレイ中の女の子は非常に滑らかな動きをしています。ゆえに、リアルな感じが好きな人にはオススメしたいですね。

5番目は、僕の未来は、恋と課金と。
お金の無い主人公が、無課金でも遊びたいと遊んだソーシャルゲームの仲間が、同じ学園の生徒だったというもの。インターネットの発達した現在では、よくある話になった作品ですね。
ヒロインは同じソーシャルゲームの仲間なので、共通の話題には事欠かないものの、恋愛ではお互い手探りの中で展開されるので、どんなふうになっていくのか楽しみではあります。

最後は、捻くれモノの学園青春物語 ~俺と彼の裏表~
平たく言えば、青春群像劇ですが、かなりねじ曲がったものになっていて、しかも選択肢はバカゲーのノリ(苦笑)。おまけにバッドエンド的な選択肢が盛りだくさんで、クソゲーじゃないのかとツッコみたくなるほど(爆)。なお、時間制限もあるというオマケ付で、もたもたしているとバッドエンド直行便です(苦笑)。
それでも、ミッションクリア型のシナリオ・リア充をフルボッコするイベント・過激なエロシーンは、この作品の癒しになるのでしょうかねぇ(ニヤニヤ)。


据え置き機編 結論
コンシューマーは年末商戦ということもあって、充実したラインナップだったものの、Nintendo Switchは一点豪華主義だったのに対し、PS4は色々な作品が並んでいる

PC作品は、悪くないラインナップだったが、よく見かけた会社のラインナップが見当たらないのが少々寂しい


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2018年12月05日

レコゲー2018 12月 据え置き機編⑤

レコゲー、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



12月ということで、やはりいつもより販売本数も注目作も多い月になりました。コミケもある中で、きちんと揃えてきたことはすごいものの、有名どころが消えた今年のPCゲームは、どことなく寂しい


では、見ていきましょう。


最初は、宿星のガールフレンド2」(★)
魔法少女だったあこがれのクラスメイトと、さる事情で同じ屋根の下で暮らすことになるという恋愛アドベンチャー。3部作で構成されるとのことで、今回が2番目の作品になります。
先述の通り、3人ヒロインがいるものの、今回攻略できるのは1人のみ。そう考えるとオトク感は薄いものの、パッケージ版はグッズ類が特典で付いてくる、ダウンロード版は2,800円(税別)なので、そこを考えるとまんざらでもないかなと思いますね。個人的には面白い試みなので、他の作品も追随してくれると面白いかも。

2番目は、空に刻んだパラレログラム
人間の力を超える能力を持った人達が集う学園を舞台にした青春群像劇。テレプシコーラという飛行術が作品のキモになるようです。
いわゆるスポ根系作品のようでもあるためか、ヒロインは皆テレプシコーラ部員ですね。悩める彼女達に寄り添い、一緒に頑張っていく姿が共感できればオススメです。「蒼の彼方のフォーリズム」とかが好きな人とか。

3番目は、言の葉舞い散る夏の風鈴 (こえ)
声優部という声で演技する部活を舞台に繰り広げられるラブコメディ。同じ1年生でも現役と留年がいるというのが中々なポイント。
声優部なのにプロが混ざってたり、プロ顔負けだったり、大根だったり、あがり症な人だったりとクセのあるキャラばっかりやな(ニヤニヤ)。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2018年12月04日

レコゲー2018 12月 据え置き機編④

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(★)
シリーズ6作目で、今作は過去最高のキャラが登場(74体。ほとんどが、これまでのシリーズで登場)します。ステージも100以上あり、モードの豊富さも併せれば、やり応えも満点です。
今作も、これまで通りのアクションゲームになってはいるものの、以前の作品よりもテンポアップされるとのこと。
今までと同じではあるものの、キャラが過去最高になり、久方ぶりの登場になるキャラも。また、これをきっかけにNintendo Switchを買うという人もいらっしゃるかと思います。先月ですが、本体同梱版も販売されました。クリスマスプレゼントとして売れると思うので、希望される方は、お早めに。

2番目は、PEACH BALL 閃乱カグラ
現在テレビアニメ(「閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-」)放送中のシリーズ最新作は、ピンボールで作品のキャラと一緒にプレイするという異色作になっています。
内容は、ケモノ姿になったキャラ達を人間の姿に戻すために、遊園地にあるセクシーピンボールをプレイするというものですけど、まぁ着替えやスキンシップ、自由な撮影などもできるので、ピンボールはそれを満たすための条件というところでしょう。振動なんかもリアルに体感できるので、普通のピンボールよりも面白いかも(ニヤニヤ)。

3番目は、塊魂アンコール(★)
2004年にPS2で発売された「塊魂」のHDリマスター版。王様が指定した大きさの塊を作るというシンプルなもの。クリアすれば、それが星になって輝くというわけです。
今作ではNintendo Switchのオリジナルの操作だけでなく、PS2版・PSVita版の操作も選べるようになっているので、過去の作品で遊んでいる人も安心して遊べます。なお、Nintendo Switchのオリジナル操作では、Joy-Conでのプレイも可能で、おすそわけプレイもできるようになっています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0)

2018年12月03日

レコゲー2018 12月 据え置き機編③

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介です。最初はPS4から。


唯一となる作品は、JUDGE EYES:死神の遺言(★)
「龍が如く」の製作スタッフ陣が開発したアクションアドベンチャーで、神室町が舞台になっていますが、「龍が如く」のキャラは登場しないとのこと。
主人公は両親を弁護した事件の被害者に殺され、紆余曲折を経て弁護士になったものの、ある事件で弁護した被告人が起した事件によりインチキ弁護士のレッテルを貼られたため、今は探偵となって暮らすというふうで、木村拓哉さんがモデルになっております。それ以外のキャラも有名な俳優陣がモデルになっており、ドラマを見ているかのような作りになっています。
今作は、探偵となって聞き込み・尾行・チェイス(追跡)・変装・ピッキングなど様々な行動により状況証拠を積み上げ、犯人を追い詰めます。また、バトルになることもあり、基本的には「龍が如く」のようなバトルなどもできるようになっています。さらに、ミニゲームも充実しているので、息抜きだけでも十分に遊べます。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2018年12月02日

レコゲー2018 12月 据え置き機編②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品紹介です。かいつまんで紹介していきましょう。


①「カプコン ベルトアクション コレクション」(PS4Nintendo Switch)(★)
カプコンのベルトスクロールアクションゲームを収録したオムニバス作品。「ファイナルファイト」・「天地を喰らうⅡ 赤壁の戦い」など7本が収録されています。今作では、オンラインプレイが可能になっており、協力プレイができるようになっています。またNintendo Switch版ではローカル通信も対応しており、1本のソフトで最大4人までプレイ可能です。

②「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」(PS4Nintendo Switch)(★)
くにおくんシリーズを収録したオムニバス作品。今作では国内の作品11本に加え、海外で発売された4本、そしてダブルドラゴンシリーズが海外版として3本の合計18本が収録されます。
今作では、1人プレイで遊ぶ場合は、様々なミッションが設けられており、それをクリアすると特典がもらえるようになっています。オンラインも可能で、Nintendo Switch版ではローカル通信にも対応しており、1本のソフトで最大4人までプレイ可能です。なお、バグなどが修正されたクオリティアップ版も収録されています。

③「鬼武者」(PS4Nintendo Switch)(★)
2001年にPS2で発売した同作品のHDリマスター版。PS2のロンチ作品として登場し、バッサリ感を新ハードで体現させました。後に発売された4本ともPS2で発売され、PS2の進化を垣間見せた作品でもあります。
先述のハイデフだけでなくワイド画面化も図られただけでなく、アナログ操作に対応かつアナログスティックに倒した方向に進行する仕様にも対応し、易しいモードの初期収録や日本語ボイスも新規収録されています。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)

2018年12月01日

レコゲー2018 12月 据え置き機編①

12月になりました。今年も残すところ1ヶ月を切らんとしています。ゲーム業界も年末商戦に突入し、毎年のごとくたくさんのソフトをラインナップさせてきました。大物ソフトをぶつけてくるのも、この時期ならでは。大物といえば、あの作品も今月発売。そのあたりは、また後日。


では、見てきましょう。今回もマルチ展開の作品紹介です。


最初は、「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」( PS4Nintendo Switch)(★)
2016年に発売した「ドラゴンクエストビルダーズ」の続編。今作はサブタイトルにあるように、「ドラゴンクエストⅡ」のその後の世界を描いたもので、何もない島を舞台にしております。
今作では、何もない島以外にも色々な島があり、そこでの事件を解決すると、何もない島に移住して、開拓を手伝ってくれます。また高いところから落ちても、かぜのマントがあれば滑空できたり、水中での移動やダッシュ移動も併せてできるようになりました。斜めにブロックを削ってよりクリエイティブなものを作ったりできますし、主人公目線で楽しむこともできて、エンタメ性も高まりました。その他、食事も豪華にできるようになったし、マグネットブロックのようなトリッキーなものも作れる、何でもできるようになったといっても過言じゃないでしょう。
さらに、オンラインプレイも可能になっており、オンラインではマルチプレイができるようになっています。さらにNintendo Switch版では、ローカル通信に対応しているので、手軽に遊べるようにもなっています。また、さつえいモードをけいじばんに送って、皆からの評価を得られるようになりましたし、作ってみたいものを見付けたら、ビルダーペンシルというペンで囲えば、素材を集めて同じものを作ることができるようになっています。
ストーリーモードの面白さだけでなく、それ以外でさらに遊べるように進化していて、飽きの来ない作りになっている点で年末年始の長い休みを潰せそうです。

2番目は、「√Letter ルートレター Last Answer」(PS4人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:43Comments(0)

2018年11月05日

レコゲー2018 11月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。今月はニンテンドー3DSのみになりそうです。


その最初は、ルイージマンション」(★)
2001年にゲームキューブで発売された同作品の移植。2013年に発売された「ルイージマンション2」の前の作品になります。
今作では、ゲームキューブ版をベースに「ルイージマンション2」の機能を搭載し、オバキュームに付いているライトをストロボ機能に変更可能になっています。そして2人でのプレイが可能になっており、ボス戦やトレーニングが一緒にでき、メインモードもソフトを持ち寄る形でのみ対応しています。またゲームボーイ・ホラーの機能のほとんどが下画面で対応しており、即座にわかるようになっております。さらに3D映像にも対応し、より臨場感が増します。ちなみに、この機能はゲームキューブでも盛り込もうとしてお蔵入りになったものだそうで、実に17年ぶりに搭載されたことになります。

もう一つは、ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」(★)
2014年に発売した「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」の続編。「ペルソナ3」(および「ペルソナ3 ポータブル」)・「ペルソナ4」(および「ペルソナ4・ザ・ゴールデン」)・「ペルソナ5」の登場人物が一堂に会するRPGになります。
弱点のスキルを持つことでできるBOOSTでコスト0で先制攻撃ができ、敵が全てダウンすれば通常攻撃より強力な総攻撃を食らわせることができます。またキャラの絆を深めれば、協力技ができるようにもなり、BOOSTを受け渡すバトンタッチや追撃といった過去作で好評なシステムもそのまま採用されています。


携帯ゲーム機編 結論
いつものように寂しいラインナップながらも、作品をよく知っている人なら楽しめそうなものばかり知らない人でもシリーズが評価の高い作品なので、薦めたい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2018年11月04日

レコゲー2018 11月 据え置き機編④

レコゲー、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



年末商戦が来る時期ではあるものの、今月は控え目。ただ、ミンクもさることながらspriteも活動休止になるというのは、エロゲー業界も大きな転換点を迎える年になったのかなぁ・・・。


では、見ていきましょう。


最初は、乙女が結ぶ月夜の煌めき
お嬢様のお世話役兼お目付け役の主人公が、男子禁制の女子校にお嬢様と一緒に女装して編入するというもの。編入後に起こった事件に巻き込まれていくそうです。
主人公は、女装だけでなく変装もこなさないといけないというハードミッションをやらされる羽目に。ヒロインはそのお嬢様がメインなんですけど、他にも3~5人のヒロインがいて、最大6人のヒロインですか。お嬢様のクラスと一般の途中編入のクラスの問題も絡んでヒロインもこじれそうです。

2番目は、アメイジング・グレイス -What color is your attribute?-
記憶を無くした主人公が、崩壊する町を救うために、ヒロインの掛けた時の魔法で時間をさかのぼるというもの。繰り返していく中で、真実を突き止めるという最近流行りの作風でですね。
学園モノの青春群像劇ですけれども、崩壊する世界を救うという重いテーマもある、見た目とは裏腹にハードそうですなぁ。

3番目は、ギルドマスター
ギルドマスターとなってギルドを運営し、仲間を集ってクエストをこなすという経営シミュレーションとRPGが組み合わさった、18禁作品では珍しい構成のもの。
作品としては結構本格的で、18禁要素を抜いて全年齢での移植も可能なんじゃないかと思えるくらい。どこに18禁要素を放り込んだのかと言いたくなる作品ですけど、ヒロインは思った以上にいるかもしれない(苦笑)。

最後は、封緘のグラセスタ」(★)
力が全ての世界で、主人公が自由の身になるために戦うシミュレーションRPG。
地形効果などを利用して、有利な展開に持って行くという本格的な作品になっています。この作品もヒロインが結構多めです。ただ、この手の作品は一緒になるというより一緒に戦うことがメインなので、ヒロインじゃないのかな・・・。


据え置き機編 結論
コンシューマーは年末商戦に向け準備万端といったところ。Nintendo Switchはポケモンの最新作と来月発売予定のスマブラの最新作でPS4を追撃するつもりなのでしょう。PS4も充実しており、年末が楽しみです。

一方PCは大人しいどころか控え目とも言えるラインナップ。エロゲー冬の時代がやって来るのか・・・。


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年11月03日

レコゲー2018 11月 据え置き機編③

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。
とはいっても、今回は「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ」(Let's Go! ピカチュウLet's Go! イーブイ)(共に★)だけですけどね(苦笑)。
1998年にゲームボーイで発売した「ポケットモンスター ピカチュウ」をベースにしたもので、ピカチュウないしはイーブイを相棒にして冒険するというものになっています。
戦闘はシンボルエンカウント方式になり、モンスターボールをぶつけるというものになっています。操作も据え置き機バージョンの場合は、Joy-Conを片手で操作できるように配慮され、モンスターボール型の専用コントローラーとほぼ同じように操作できます。また2人協力プレイも可能で、戦闘のサポートをしたり、協力してモンスターを捕まえるなどができます。シリーズでお馴染みの通信対戦や通信を介してのポケモン交換もできるようになっています。
さらに、スマホアプリの「ポケモンGO」とも連携が可能で、「ポケモンGO」で捕まえたポケモンを今作に送り込むことも可能です。さらに幻のポケモンも今作にポケモンを送り込んだ際に手に入ります
「ポケモンGO」が爆発的に普及したので、今作も相当の販売本数が見込めるでしょう。「ポケモンGO」をプレイしたことない低学年の子でも、これまでのシリーズを楽しんでいたなら、楽しくプレイできそうです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)