2018年11月05日

レコゲー2018 11月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。今月はニンテンドー3DSのみになりそうです。


その最初は、ルイージマンション」(★)
2001年にゲームキューブで発売された同作品の移植。2013年に発売された「ルイージマンション2」の前の作品になります。
今作では、ゲームキューブ版をベースに「ルイージマンション2」の機能を搭載し、オバキュームに付いているライトをストロボ機能に変更可能になっています。そして2人でのプレイが可能になっており、ボス戦やトレーニングが一緒にでき、メインモードもソフトを持ち寄る形でのみ対応しています。またゲームボーイ・ホラーの機能のほとんどが下画面で対応しており、即座にわかるようになっております。さらに3D映像にも対応し、より臨場感が増します。ちなみに、この機能はゲームキューブでも盛り込もうとしてお蔵入りになったものだそうで、実に17年ぶりに搭載されたことになります。

もう一つは、ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス」(★)
2014年に発売した「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」の続編。「ペルソナ3」(および「ペルソナ3 ポータブル」)・「ペルソナ4」(および「ペルソナ4・ザ・ゴールデン」)・「ペルソナ5」の登場人物が一堂に会するRPGになります。
弱点のスキルを持つことでできるBOOSTでコスト0で先制攻撃ができ、敵が全てダウンすれば通常攻撃より強力な総攻撃を食らわせることができます。またキャラの絆を深めれば、協力技ができるようにもなり、BOOSTを受け渡すバトンタッチや追撃といった過去作で好評なシステムもそのまま採用されています。


携帯ゲーム機編 結論
いつものように寂しいラインナップながらも、作品をよく知っている人なら楽しめそうなものばかり知らない人でもシリーズが評価の高い作品なので、薦めたい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2018年11月04日

レコゲー2018 11月 据え置き機編④

ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



年末商戦が来る時期ではあるものの、今月は控え目。ただ、ミンクもさることながらspriteも活動休止になるというのは、エロゲー業界も大きな転換点を迎える年になったのかなぁ・・・。


では、見ていきましょう。


最初は、乙女が結ぶ月夜の煌めき
お嬢様のお世話役兼お目付け役の主人公が、男子禁制の女子校にお嬢様と一緒に女装して編入するというもの。編入後に起こった事件に巻き込まれていくそうです。
主人公は、女装だけでなく変装もこなさないといけないというハードミッションをやらされる羽目に。ヒロインはそのお嬢様がメインなんですけど、他にも3~5人のヒロインがいて、最大6人のヒロインですか。お嬢様のクラスと一般の途中編入のクラスの問題も絡んでヒロインもこじれそうです。

2番目は、アメイジング・グレイス -What color is your attribute?-
記憶を無くした主人公が、崩壊する町を救うために、ヒロインの掛けた時の魔法で時間をさかのぼるというもの。繰り返していく中で、真実を突き止めるという最近流行りの作風でですね。
学園モノの青春群像劇ですけれども、崩壊する世界を救うという重いテーマもある、見た目とは裏腹にハードそうですなぁ。

3番目は、ギルドマスター
ギルドマスターとなってギルドを運営し、仲間を集ってクエストをこなすという経営シミュレーションとRPGが組み合わさった、18禁作品では珍しい構成のもの。
作品としては結構本格的で、18禁要素を抜いて全年齢での移植も可能なんじゃないかと思えるくらい。どこに18禁要素を放り込んだのかと言いたくなる作品ですけど、ヒロインは思った以上にいるかもしれない(苦笑)。

最後は、封緘のグラセスタ」(★)
力が全ての世界で、主人公が自由の身になるために戦うシミュレーションRPG。
地形効果などを利用して、有利な展開に持って行くという本格的な作品になっています。この作品もヒロインが結構多めです。ただ、この手の作品は一緒になるというより一緒に戦うことがメインなので、ヒロインじゃないのかな・・・。


据え置き機編 結論
コンシューマーは年末商戦に向け準備万端といったところ。Nintendo Switchはポケモンの最新作と来月発売予定のスマブラの最新作でPS4を追撃するつもりなのでしょう。PS4も充実しており、年末が楽しみです。

一方PCは大人しいどころか控え目とも言えるラインナップ。エロゲー冬の時代がやって来るのか・・・。


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年11月03日

レコゲー2018 11月 据え置き機編③

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。
とはいっても、今回は「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ」(Let's Go! ピカチュウLet's Go! イーブイ)(共に★)だけですけどね(苦笑)。
1998年にゲームボーイで発売した「ポケットモンスター ピカチュウ」をベースにしたもので、ピカチュウないしはイーブイを相棒にして冒険するというものになっています。
戦闘はシンボルエンカウント方式になり、モンスターボールをぶつけるというものになっています。操作も据え置き機バージョンの場合は、Joy-Conを片手で操作できるように配慮され、モンスターボール型の専用コントローラーとほぼ同じように操作できます。また2人協力プレイも可能で、戦闘のサポートをしたり、協力してモンスターを捕まえるなどができます。シリーズでお馴染みの通信対戦や通信を介してのポケモン交換もできるようになっています。
さらに、スマホアプリの「ポケモンGO」とも連携が可能で、「ポケモンGO」で捕まえたポケモンを今作に送り込むことも可能です。さらに幻のポケモンも今作にポケモンを送り込んだ際に手に入ります
「ポケモンGO」が爆発的に普及したので、今作も相当の販売本数が見込めるでしょう。「ポケモンGO」をプレイしたことない低学年の子でも、これまでのシリーズを楽しんでいたなら、楽しくプレイできそうです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年11月02日

レコゲー2018 11月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4から。


最初は、シェンムーⅠ&Ⅱ(★)
1999年にドリームキャストで発売した「シェンムー 一章 横須賀」と2001年に同ハードで発売した「シェンムーⅡ」を1枚に収録し、リファインしたものになっています。クラウドファンディングで「シェンムーⅢ」の発売が決まったことで動いた作品とも言えます。
ユーザーインターフェイスの改良やハイデフ仕様の映像に進化しただけでなく、トロフィー機能やどこでもセーブが(ごく一部を除き)対応するなど改良されています。操作性も左スティックにも対応しているとのことなので、遊びやすくもなっています。
いよいよ、未完の物語が終焉となるのでしょうか。今作は11章あるとされる物語の1章から6章の途中までにあたる部分(ただし、2章のようにカットされた部分もある)になります。色々と早すぎた作品とも言われていたので、龍が如くシリーズがヒットしている今、この作品も再評価されるのではと思っています。

2番目は、ヒットマン2(★)
現在リブートシリーズとして展開されている同作品の2作目。どうやら過去に発売している「ヒットマン: サイレントアサシン」(2作目で登場したもの)とは違う内容になるそうです(今作の舞台がマイアミになっているため)。
今作では、ストーリーモード以外にもシリーズ初のオンラインアサシンモードを搭載。そのオンラインモードは協力してアサシンを行うものとターゲット5人を誰が先に殺すかという対戦モードの2種類が搭載されています。
ステルスアクションとしては完成度の高い作品なので、玄人向けの作品ではありますが、闇社会の話が好きな人ならオススメですよ。

3番目は、ケツイ Deathtiny ~絆地獄たち~(★)
2003年にアーケードで展開された「ケツイ ~絆地獄たち~」の移植版。過去にもニンテンドーDS・XBOX360・PS3に移植されています。
アーケード版でも掲載されることのなかったより細やかなデータやプレイヤー自身のウィークポイントなどを画面上に掲載。プレイヤーのフォローアップだけでなく、トリビアな情報を提供してくれます。また誰もが楽しめる難易度設定が可能で、アーケードそのままのプレイもできれば、初心者向けに簡単になっているモードも。さらに自由な難易度調整もできるだけでなく、製作会社のエムツーが作ったオリジナルのモードも収録されています。音楽もアーケードそのままで楽しめるだけでなく、アレンジもあり、ファンにはたまらない仕様になっていることでしょう。

4番目は、ゲーム天国 CruisinMix Special(★)
1995年にアーケードで展開された「ゲーム天国」のアレンジ版。セガサターンで発売されたものを移植して、さらに今作発売に合わせてさらなる追加を加えたものになっています。
その追加仕様とは、ジャレコ(「ゲーム天国」の製作会社)の作品である「シティコネクション」のキャラが登場します(他2体追加もあるものの、ダウンロードコンテンツや特典で追加となる)。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年11月01日

レコゲー2018 11月 据え置き機編①

11月になりました。今年も残すところあと2ヶ月ほど。今月末、日本では3連休あたりから年末商戦がスタートすることになるでしょう。今月は年末商戦を図る上での物差しになりそうですね。


では、見ていきましょう。今月も最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「RPGツクールMV Trinity」(PS4Nintendo Switch)(★)
2015年にWindows・Mac用(以下PC版)で発売した「RPGツクールMV」の移植版。
今作では、コンシューマ向けということで、家庭用ゲーム機でも作りやすいようにチューンナップされたものになっています。ただし、移植に際してPC版より素材数が2倍かつキャラボイス・歌付きBGM機能・細やかな機能設定などが搭載されているので、既にPC版を持っている人でも新たに製作したくなるようなふうになっています。
なお、作った作品はオンラインを介して遊べますこの作品を持っていなくとも専用のツールである「RPGツクールMVプレイヤー」をダウンロード(ダウンロードコンテンツで配信)すれば、遊ぶことができます(ただし、「RPGツクールMV Trinity」で作成された作品のみ対応)。

もう一つは、「ROBOTICS;NOTES DaSH」(PS4・Nintendo Switch)(★)
2012年にPS3・XBOX360で発売した「ROBOTICS;NOTES」の後日談を描いた続編。2014年にはPS Vitaに追加版となる「ROBOTICS;NOTES ELITE」が移植されています。テレビアニメにもなって人気を博しましたね。
今作は主人公達が高校を卒業した後の話。闇に葬ったはずの黒幕がデジタルデータ化で復活し、蠢(うごめ)き出すというもの。今作では、「STEINS;GATE」のダルこと橋田至がゲスト出演します。


次回は、各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)

2018年10月30日

PSクラシックの中身が決定

初代プレイステーションをコンパクト化して販売されることが決まっている「プレイステーション クラシック」。こちら、20本収録されることが明らかになってはいたものの、「ワイルドアームズ」・「JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻」・「鉄拳3」・「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」・「R4 RIDGE RACER TYPE 4」の5本しか公表されていませんでした


そして昨日、残りの15本が公表されたのです。
主だったところだと、「アーク・ザ・ラッド」(ⅠとⅡ)、「I.Q Intelligent Qube」、「XI [sai]」、「ミスタードリラー」、「バイオハザード ディレクターズエディション」、「サガ フロンティア」、「METAL GEAR SOLID」、「ARMORED CORE」などなどDUAL SHOCK対応作品と思しきものもちらほら入っているのですけど、アナログスティックじゃなくても大丈夫なのかね?


さすがに過去の資産は膨大なので、あれが入ってないこれが入ってないと言われるのは仕方ないPS2(初期型のPS3含む)で遊べる人がまだ大勢いるのだから、ゲームアーカイブス(PS・PS2とPCエンジン・NEOGEO・セガハードが遊べるもの)をPS4でプレーできるようにというふうな意見が出てきてもいます。それを言い出すと本末転倒なんですけど、それだけプレーしたい作品が割れるということなのね。
拡張機能が無いので、恐らく今回出して終わりというふうになるでしょう。今回の販売台数によっては、PS4でPSアーカイブスという道も開けるかもしれません(ただ、技術的な問題が付きまとったのは、2代目以降のPS3であったかと)。正直、もっとオンラインアーカイブスの敷居を低くできればと思うんですよね。もちろん今でも十分低いんでしょうけど。


今は昔のゲームで遊べることに意義を見出しましょう。そこから過去のゲームの再評価が高まれば、本体を買ってアーカイブを楽しむという文化も醸成されるのかもしれません。ゲーム産業もファミコンを紀元と考えれば、既に四半世紀を越えています。それより前を含めれば、40年近くにもなっているのです。当時のハードが無いと遊べないという事態になる前に、誰もが気軽に遊べる文化を創り出す時が来たのかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年10月25日

ドラクロワもビックリ

10/21にテレビ東京系(一部独立局でもネット)で放送された「池上彰の現代史を歩く」の中で、ドラクロワが描いた「民衆を導く自由の女神」が取り上げられていたそうです。この絵はフランス革命を紹介する時に使われることが多いのですけど、実際は1830年にフランスで起こった「7月革命」(王政復古に向かっていたフランスを再度共和制に戻そうとする革命)を描いたものだったそうで。世界史をよくは習っていましたけど、この事実は知らなかった。どうしてもその時期の絵という刷り込みがあるのよね・・・。

で、そのドラクロアの絵が問題に。オリジナルの絵をきちんと出せばよかったものの、スタッフのいたずら心かわざとなのか、「アサシンクリード ユニティ」の中で使われた画像が使われていたのです。その画像は、オリジナルにアサシンの姿が右隅に描かれていたものなのに、結構大きく描かれてるんだよね(苦笑)。嫌でも気付くだろう・・・。


もしかすると、池上さんの見ている映像は、テレビ上に挙がっているものとは違う可能性も無くはないですけど、それでもスタッフおよび関係者のミスは許されるべきではないよねぇ・・・。きちんと検証を行う番組だったと思っていたのに、これだもの。ともすればわかりにくい世界史を馴染みやすいふうにしてくれると思っていただけに残念です。


ユービーアイ・ザ・ベスト アサシン クリード ユニティ 【CEROレーティング「Z」】 - PS4
ユービーアイ・ザ・ベスト アサシン クリード ユニティ



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)

2018年10月05日

レコゲー2018 10月 据え置き機編⑤

レコゲー、今回もPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



最初は、ろけらぶ - Location Love - 同棲×後輩
かつては縁結びだったお守りが、いつしか破局のご利益が出るお守りと化してしまったものの、あくまで恋愛成就を信じた女の子達が願い叶えようとする恋物語になっています。シリーズ化されるようで、今回は後輩との恋愛関係を描いたものになっています。
1人ずつ出すという形になっているので、ヒロインは1人のみでサブキャラもいない、最近流行りの廉価スタイルになっております。その代わり濃厚な恋愛模様を描けると思っているので、安いのも相まってオススメしたいなと。

2番目は、白恋サクラ*グラム
2017年に発売した「春音アリス*グラム」の続編にあたる作品。主人公達が所属する黄昏部が解体される窮地に立たされているところから始まります。
今作は、ヒロインが1人(主人公の妹)増えて、ますます騒がしい展開になるのではないかと思います。

3番目は、Deep One
TYPEMOON代表の武内崇さんが推薦するバトルエンターテインメント。見せることをメインに据えているノベル作品です。
一冊の魔導書を巡る兄と妹の物語になっています。
重厚かつシリアスな作品でありながら、アダルト要素もきちんと入れているものに仕上がっています。ビジュアルノベルが好きな人にオススメでしょうね。

最後は、出会って5分は俺のもの!時間停止と不可避な運命
謎の女性から5分間時間を停止できる時計を手に入れた主人公が巻き起こすドタバタコメディです。
意外にもヒロインが多め。このヒロイン達が主人公にあれやこれやとやられてしまう・・・。基本的にポジティブシンキングなキャラばかりですな。


据え置き機編 結論
コンシューマーは年末商戦に向けてパーティーゲームなど多人数で遊べるもの、時間を掛けてじっくりプレイするものが出揃い始めている感が。ギャルゲーも多いので、少し高めの年齢の男性層の訴求を高めるのもいいかも。

PC作品は小粒気味。続編モノやTYPEMOONの作品が好きといった固定客に訴えられれば。


携帯ゲーム機は、既にマルチ展開で紹介したので、今回はこれで終了です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2018年10月04日

レコゲー2018 10月 据え置き機編④

レコゲー据え置き機編、今回からPC作品の紹介です。
いつもなら、18禁作品だけなのですけど、今月は全年齢の作品があるので、今回はそちらから。


その作品は、はるかどらいぶ!
病弱で入院している主人公の幼馴染みが、本の執筆が終わるまで待ってほしいと言われてから1週間後、謎あふれるファンタジーな世界に飛ばされてしまった主人公に、幼馴染みに似たヒロインと様々な女性達との出会いが訪れる・・・というふう。
愛と勇気と希望の冒険アドベンチャーとなっており、ヒロインとの恋愛もありそうですが、もしかすると、そのヒロインとの展開によって、幼馴染みの結末も変わるんじゃないかと思われ。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:34Comments(0)

2018年10月03日

レコゲー2018 10月 据え置き機編③

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、スーパー マリオパーティ(★)
マリオパーティシリーズの最新作。据え置き機で展開されるのは3年ぶりになります。
Joy-Conを利用した全身を使ったプレイがメインになっており、Wii Uの時とはまた違ったものになりそうです。また本体2台とソフト2本を用意すれば、2台の画面を繋ぐというギミックを使ったゲームで遊ぶこともできます。さらにオンライン対戦もできるので、普段1人でしか遊ばない人でも手軽に気軽にパーティプレイができます(オンラインは有料)。なお、ミニゲームは80種類収録されています。

2番目は、ワールドネバーランド エルネア王国の日々
既に3月にダウンロード版、それ以前からスマートフォン(iOS・Google Play)で展開されていますが、パッケージ版でも発売することになりました。
旅人の主人公は、王国の国民としての生活を送ることになるのでけど、まずは国民になるためにお金を稼いで国籍を得ることが最大の目的その後は自由で楽しい王国の生活を送ることができるそうです。なお、既にスマホで遊んでいる人もNintendo Switchへのインポートができるようになっていますので、同じプレイヤーで楽しむことも可能です。

3番目は、クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! ボーナスエディション(★)
こちら、プレイステーションで1996年に発売された「クラッシュ・バンディクー」、同じく1997年に発売された「クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!」、そして同じく1998年に発売された「クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周」を1本に収めたリメイク作品。というのも、当時のプログラムコードが利用できないため、一から構築し直した(それに併せて難易度調整も行っている)からだそうで。
ただ、ソニー・インタラクティブエンタテインメントからではなく、セガから発売されます。元々SIEが開発した作品ではなく、アクティビジョンが開発した作品なので、このような離れ業的なことができるわけで(苦笑)。

最後は、メモリーズオフ -Innocent Fille-(★)。
人気シリーズの最新作で、実に約7年半ぶりの新作になります(それまで開発会社で販売会社だったKIDの倒産、それを引き継いだサイバーフロントの時代を経ても毎年新作を出し続けていたので、異例ではあった)。しかしながら、これまで発売していなかった任天堂系ハードで初になるという、ある意味暴挙とも言える展開に驚いたわ(汗)。
交換留学生制度で湘南にやって来た主人公が、迎える新生活の中で様々な出会いを経ていくというものになっています。
実は、この作品をもって、シリーズ終了とのことだそうなので、歴代のヒロインも登場するシリーズ集大成となるようです。また作中でも過去作のヒロインの妹がヒロイン候補で登場するので、色々な思いで見る人もいることでしょう。時代の流れを感じながら、想いを馳せる作品となりそうです。
なお、PS4・PS Vita・PC版ではダウンロードコンテンツだったシナリオが追加で収録されています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:23Comments(0)

2018年10月02日

レコゲー2018 10月 据え置き機編②

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。まずはPS4から。


最初は、アサシン クリード オデッセイ(★)
シリーズの最新作で、古代ギリシャを舞台にしております。今作では主人公を男女で選択できるようになり、マルチエンディング的な要素も含まれているとのこと。システム的には前作になる「アサシン クリード オリジンズ」をブラッシュアップさせたものになっています。

2番目は、レッド・デッド・リデンプションⅡ(★)
西部劇の世界を描いたシリーズ最新作で1899年のアメリカ西海岸が舞台になります。
基本的には、主人公の理念に従うか、主人公が所属しているギャングに忠誠を誓うかのどちらかになるのですが、オープンワールドの作品なので、狩りをするもよし、馬を乗りこなすもよし、街に繰り出すもよし、色々できるのも特徴的ですね。

3番目は、絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-
シリーズ最新作ながらも様々な経緯を経て遂に発売に至った作品。当初は2011年となっていたものの、今冬になってすぐに東日本大震災が起こり、一時は発売中止に追い込まれます。その後アイレムから退社したスタッフで設立されたグランゼーラによって開発が再開され、今に至るというふうです。開発再開後も石橋を叩いて渡る格好で進められており、ずさんな開発による遅れだけでなく、震災の影響も色濃く残していると言っていいでしょう。
就職活動でやって来た、土地勘のない街からの脱出を図るというのが大きな目標となります。地震発生から1週間という中で、人との関わりを描いたものになるとのことだそうです。またPS VRにも対応しているので、リアルな脱出ゲームとしてプレイすることもできるようになっています。

4番目は、人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2018年10月01日

レコゲー2018 10月 据え置き機編①

10月になりました。今年も3/4が過ぎ、いよいよ第4コーナーを曲がってラストスパート・・・いったところでしょうか。まだまだ色々なことが起こるでしょうけど、悪いことばかりじゃなければいいのですけどね。
ゲーム業界としてはPS4 Proが10/12より値下げされるとのこと。税別ながら4万円を切る値段になり、4K・8Kテレビ放送が開始され、クリスマス商戦にもなる年末に向けて弾みを付けたいんでしょうね。ハイスペックな本体が安くなるのは、普及させるのにはいいことです。


では、注目作の紹介です。今回も最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「ロックマン11 運命の歯車!!」(PS4Nintendo Switch)(★)
シリーズ11作目ですが、メディア媒体で登場するのは8以来約20年ぶり(9・10はダウンロード販売のみ)。またドット絵という作りで9・10は作られていましたが、今作では最新ハードのスペックでモデリングされています。さらに、チャージショットとスライディングが復活し、新たなシステムとして今作のキモであるダブルギアシステムが投入されます。このシステムは、強力な能力を発揮できるものの、オーバーヒートを起こし、その間は使用不可になります。使いどころが肝心なんでしょうね。
難易度設定もあるので、今までシリーズに馴染みのない人も、過去プレイしたことはあるもののブランクがある人も、ロックマンシリーズのハードな難易度になれている人にも誰でも楽しめる作品になっているようです。

2番目は、「さくらさくら」(PS4PS Vita)(★)
2009年にPCで発売された同作品の移植版。過去にPSPに移植されています(2010年)。
今回の移植に際して、新規グラフィックやアイテムが追加されるだけでなく、PC版で不便だったレコードモードや寮内の検索やルート探索がわかりやすくなっています。さらにPC版では語られていない部分も追加要素として解明されており、PC版でプレイした人もまたやってみたいと思わせる要素が盛り込まれています。

3番目は、「ノラと皇女と野良猫ハート HD VERSION」(PS4Nintendo Switch)(★)
2016年にPCで発売された「ノラと皇女と野良猫ハート」の移植版。こちらも過去にPS Vitaに移植されています(2017年)。
追加要素としては、PS Vita版の追加部分に加え、題名にも付いている通りハイデフ化がなされているという点でしょうか。今回も2017年に放送されたテレビアニメが同梱され、さらに続編の発売も決まっているので、今のうちにプレイして備える・・・というのもアリかもしれませんね。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2018年09月27日

この記録を見る限り、機械の記録も伸びる

ファミコンの「スーパーマリオブラザーズ」で繰り広げられている「any%スピードラン」(特に指定された条件はなくクリアタイムを競う競技。例えば1-2からワープで4-1、4-2からワープで8-1に行くという最短ルートもOK)で、TAS(エミュレータで機械的な正確な入力を実行させるもので、ツールアシステッドスピードランの略)による「any%スピードラン」に迫る新記録が出たとのこと。
アメリカのプレイヤーが達成したもので、4分55秒913と約4ヶ月ぶりの新記録になりました。単純に言えば約0.3秒の更新なのですけど、この記録の本当にすごいと思わせる部分がありまして・・・。
実は、この記録が出たプレイ、8-3はクリア時点で過去の記録より0.8秒も早かったのです。つまり8-4でケアレスミスを起こさなければ、大幅な記録更新もあったわけです。しかもTASでの記録は4分54秒03とおよそ1秒差人力の記録改善がまだまだ見られるということは、エミュレータを利用しているTASの記録もまだまだ磨けるとも言えるわけです。

道具の力で伸びることも、ともすれば人間の英知によるものなので、TASでもいい記録が出ることを期待します。もちろん、人間の自力で出した記録がTASを追い抜けば、それはそれで素晴らしいことですよ。是非とも見てみたいです。


ちなみに私なら、10分位でできるかな・・・と思っているけど、そんなに上手くはいかないか(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年09月20日

今なら5000円以上お買い上げで、お米が付いてきます!

ハイトーンボイスのあの人の声で脳内再生してお楽しみ下さい(ニヤニヤ)。


今日から始まっている東京ゲームショウ。その中の物販コーナーにて、CASSETTE DISC.(カセットディスク)というブースでセガ関係のライセンス商品が販売されるんです。
実は、そのブースで5000円以上買い物をすると、セガハードのガワに入ったお米「セガハード米」がもらえるんです。お米の量がわからんのですけど、1kgは無さそうだね(苦笑)。
なお、もらえるお米はメガドライブ(メガドライス)・セガサターン(セガサターン米)・ドリームキャスト(ドリキャス米)の中からランダムとのこと。自分で選べないのは少々残念なものの、ゲームショウの記念品なのだから仕方ない。

そういえば、ここではデータイースト関連の商品も売られるとのこと。セガライセンス商品と一緒に買っても対象になるのかどうかはわかりませんけど、欲しいねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年09月19日

プレステ、お前もか!

ファミコンから始まって、スーパーファミコン、メガドライブ、NEOGEOと往年のハードのミニ化が止まりませんけど、遂にその波がソニーにまで・・・


ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、初代プレイステーション(以下一部除きPS)をミニサイズ(初代本体から45%コンパクト化・体積では80%コンパクト化)にした「プレイステーション クラシック」を発売することになりました。
HDMIに対応しており、ACアダプタ電源(USBで接続)に対応しております。コントローラーは発売当時は1本だったものの、今回の本体には、ファイティングBOXよろしく2本入っております。すぐに対戦できるように配慮したのね。

見た目はコンパクトになったけど、確かにPSです。電源ボタンにリセットボタン、そしてディスクを変えるわけでもないのにOPENボタンも機能するらしい(苦笑)。なお、一緒に入っているコントローラーがDUALSHOCKではなく、初代のコントローラーなんですよね・・・。大きさは当時のままのようですが、できればDUALSHOCKにしてほしかった。
というのも、20本ソフトが収録されるとのことなんですけど、コントローラーが初代になるということで、対応できるソフトは実際出ている本数より激減すると思うのよ。平たく言えば90年代後半までのソフトになってしまうんです(DUALSHOCKは1997年に販売開始)。この中での20本になるので、思わず「?」になりそうなソフトも収録されるんじゃなかろうか・・・。

なお、発売は12/3。プレイステーションの日とも言われるSIEの原点ですね。


一方で、メガドライブミニは来年に延期になったそうです。海外からの反応がすごかったことが主な理由で、それに合わせたハードを作ることからクオリティアップを図るとのこと。いい作品を作るのなら、延期は仕方ない。


果たして、「プレイステーション クラシック」は、どう転ぶのか。期待と不安が入り交じって・・・そういえば、セガの社長を務めた入交昭一郎さんはお元気なのかしら?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年09月14日

Nintendo Switchで往年のコントローラーが復活

先日発表された任天堂商品やサービスの発表を行うNintendo Directの中でNintendo Switchのオンラインサービス「Nintendo Switch Online」が9/19から開始されることが発表されました。
その中で、「Nintendo Switch Online」の加入者限定で往年のゲーム機ファミリーコンピュータのコントローラーの形をした「ファミリーコンピュータ コントローラー」が購入できるようになるそうです。
この「ファミリーコンピュータ コントローラー」、ファミリーコンピュータとほぼ同じデザインをしています。違うのは、Nintendo Switchに挿し込むためのレールやLRボタンの付いた出っ張り部分があるくらい。他はファミリーコンピュータのコントローラーに付いていたあの十字キー、あのABボタン、あのスタートとセレクト、あのマイク(Ⅱコンのみ)が付いてるんですよ。
しかし、それゆえに遊べるソフトが限られますNintendo Switchのソフトや一部のオンラインソフトは対応していません。つまり、ファミリーコンピュータのソフトが遊べる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」のみになってしまうのです。

それでも、昔のゲームを遊ぶには、これが一番なのは言うまでも無い。ノスタルジーに浸りながら、マリオやゼルダやバルーンファイトなどを楽しもう(ニヤニヤ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:36Comments(0)

2018年09月11日

リアルパワプロ、実現へ?

コナミの野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」。あの野球ゲームの画面をそのまま野球中継に当てはめてしまおうという試みが、いよいよ実現するようです。
動画配信サイトのAbemaTVが行うコラボ企画で、まるで実写ゲームのような画面になるようです。スコアからカウントボード、そこに書かれる文字や演出もゲームと同じ。しかも、この試合の実況は、同作品で実況されている方が担当とのこと。恐らくフリーアナウンサーのあの方だと思うのですが・・・。

なお中継終了後、AbemaTVゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」でお笑い芸人が当日の試合を再現する企画を行うそうです。


今回対象になる試合は、9/14・9/15に横浜スタジアムで行われる横浜DeNAベイスターズ×読売ジャイアンツAbemaTVゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」でお笑い芸人が当日の試合を再現する企画は9/14に行われます。


パワプロファンにはたまらない企画ですし、普段パワプロに触れていない人には、今回のコラボ企画で作品を知るきっかけになればいいですけどねぇ。そんなに酷く見にくいわけではないので、いいんじゃないかと思うんですけど。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2018年09月09日

レコゲー2018 9月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。


往時の勢いはとうに失われ、東京ゲームショウでも携帯ゲーム機の出展はほとんどないでしょう。あってもスマホゲームのみでしょうね。それゆえに、今回紹介するのも2つだけ。早速見ていきましょう。


その作品とは、金色のコルダ3 フルボイス Special」(★)金色のコルダ3 AnotherSky feat.神南/至誠館/天音学園」(★)
前者は、2010年にPS2・PSPで発売された「金色のコルダ3」をベースに作られた「金色のコルダ3 フルボイス Special」の移植版。「金色のコルダ3 フルボイス Special」は2013年にPSP、2015年にニンテンドー3DSに移植されたので、今回で3度目になるんですね。
後者は同作品のスピンオフ作品で、主人公が別の学園の生徒になって繰り広げられる恋愛シミュレーションになります。
大きな追加要素はない模様ですが、よりきれいになった・より高品質な音源によるプレーで楽しめるのはいいことですわね。


携帯ゲーム機編 結論
かつての勢いはなく、終焉の時を待ちながらという状況は今も変わらず。その中でもいい作品が出てきていることに感謝したい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年09月07日

レコゲー2018 9月 据え置き機編⑦

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



4番目は、姫と乙女のヤキモチLOVE
多額の借金を抱える学園を事実上切り盛りせざるを得なくなった主人公が、幼馴染みの姫様が暮らす王国に学園の所有権が移ったことで、姫様が主人公に猛烈アプローチもう1人の幼馴染みをはじめとするお嬢様達も居ても立っても居られなくなって・・・というふう。
基本的に主人公がヒロイン達とイチャラブすることがメインになります。ヒロインが5人と多く、エロいことも多くなるそうで・・・(ニヤニヤ)。

5番目は、私があなたを護るための5つの約束 -捨て勇者拾いました。-」(★)
主人公は魔王を倒すために生まれた魔法生物なのだが、平和になった今、騎士として生きるか不要とされながらも勇者の道を進むのかを選び、拾ってくれたヒロインと共に生活していくというもの。
主人公はいわゆるショタで、ヒロインはどちらかというと年上の女子。ゆえに、おねショタ系の作品になります。3人とも個性的なのですが、おねショタなのにドSとかどうかしてる(爆)。

最後はままはは2 [DVD-ROM]
2016年に発売した「ままはは」の第2弾(続編ではない)。義理の母(継母)・義理の母の伯母(未亡人)・隣の人妻との恋愛を楽しむ作品です。
主人公が母親を生まれてすぐ亡くしたことから重度のマザコンになって、義理の母にイチャついたことで父親激怒→義理の母の伯母の家に転がり込んでさらに酷いマザコンを発するという悪循環(笑)。その流れを義理の母は戻せる(戻してもよくはならない(爆))かそのままになるか、はたまた第三者に転がり込むのか。ロープライスなのに、お腹いっぱいな内容だなぁ。ただし人妻だけしか出ないけど(苦笑)。


据え置き機編 結論
コンシューマーは半期の決算前と東京ゲームショウの前、そして秋という季節柄もあってかいい作品が揃っている。リメイクや移植も多いが、今まで遊んだことのないユーザーには手に取ってもらえるチャンスなのかもしれない。

PC作品は少し盛り返してきたかなというふう。個性的な作品が多いのは、この時期だからか?クセはあるものの、ハマれば何回も遊びたいと思うかも。


次回は携帯ゲーム機編です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2018年09月06日

レコゲー2018 9月 据え置き機編⑥

レコゲー、今回はPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



作品紹介の前に、残念なお知らせから。
ギャルゲーメーカーの老舗だったMink(ミンク)が今年中の廃業を決めました。最終作の発売をもって終了するとのことだそうで、サポート関係がどうなるのかの詳細は不明です。
元々エルフのスタッフが独立する形で設立された会社で、その『親』であるエルフも2016年に無くなりました(サポート関係は翌年まで展開)。そう思うと、エルフと共に約四半世紀ギャルゲーメーカーとして引っ張ってきた老舗が無くなるのは辛いですね。


では、注目作の紹介です。
最初は、ラズベリーキューブ
離婚した両親と一緒に住んでいた街を舞台に人に優しくなろうと決めた主人公と彼を取り巻くヒロインとのイチャラブ系の作品です。
4人の個性あふれるヒロイン達とイチャラブをするものなのですが、ストレスのたまる要素は一切無いとのこと。嫌なことを考えずに楽しんでプレイしたい人にはオススメですね。

2番目は、「催眠ぱらだいす!
学園の用務員を務める主人公が、ネットの広告で見た「人生を変える催眠術」をマスターしたことで、自身を美少女学生だと女子校の生徒達に思い込ませ、用務員との二役であれやこれや・・・というもの。
とにかく色々と女子校生が手籠めにされるので、ビッチ系の好きな人も、手籠めにされるのが好きな人にも楽しめる・・・というのも変か(苦笑)。

3番目は、きゃらぶれーしょん! ~乙女は恋してキャラぶれる~
病気がちの従姉妹の面倒を見るために執事を目指す主人公が、従姉妹の入学と共に面倒を見ようと思ったら、従姉妹が男子禁制の量に軟禁されたため、メイドになって潜入したら、従姉妹のもう一面を見ることに・・・というふう。
主人公も女装との二重生活をするのですが、ヒロインは二面性を持ったものになっており、そのギャップが面白いですね。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)