2020年07月08日

軽視したツケだと思いたい

ブラジルのボルソナロ大統領が、新型コロナウイルスに罹ったことが判明しました。
7/5から体調を崩し、7/6には38゚Cの熱と倦怠感が出ていたため、検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が出たということです。
とはいえ、重篤化までには至っておらず、現状はヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンという薬を服用して対処しているそうです。このうち、ヒドロキシクロロキンはマラリアの治療薬として知られ、アメリカのトランプ大統領も予防代わりに服用していることで話題になりましたが、副作用も激しいということでも知られています


ところで、ボルソナロ大統領は新型コロナウイルスを非常に軽視していることで有名になりました。
主だったところだと、ただの風邪レベルという非常に舐めた発言や、ブラジルは数々の伝染病に打ち勝ってきたから大丈夫だという根拠のない発言集団の中でもマスクを付けずに入り込み、ブラジルの最高裁判所から着用命令が出されたことも。かつまだ収束もしていないのに、経済活動を優先させなければということで、いつも通りの生活を送るよう半ば強制的な働き掛けをしたこともあります。
ブラジルという国が少しでも経済活動が弱まってしまうと、国全体が立ち行かなくなる可能性があるということで、経済活動を回し続けなければならないというのはわかります。しかし、人命軽視で経済活動を回すことが、決していいわけではありません感染拡大防止のために、経済活動を回しながらもソーシャルディスタンスを保たせる、手洗い・うがい・マスクの着用などを促す、それができない地域では、必要な機器を提供するなどを行って感染拡大防止策を支援するべきなのではないかとも。
それができないのは、ボルソナロ大統領が人命軽視という面だけでなく、弱者切り捨ての論法を振りかざしているからなのではないかとも思えてならないのです。つまり、カネのある人しか彼の目が見えないのではないかと思うのです。貧困層には全く目を向けず、それどころか『汚物は消毒』的な見方をしているのではないかと疑いたくなるくらいに。


選んでしまった人達は激しく後悔しているのではないかと思います。こんなはずじゃなかった。汚職まみれのエスタブリッシュメント(既存の政治家)ではなく、清廉潔白な人を選んだはずだったのに、と。


あくまで私個人の意見ですが、ボルソナロ大統領が新型コロナウイルスに罹ったのは天罰です。なので、十分に苦しんで、自分の行ったことがいかに間違っているか反省し、心を入れ替えてほしいのです。でも、現状は快方というのか悪化はしていないということで、ますます持論を振りかざすのではないかと心配でなりません


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)

2020年06月14日

コロナの風評被害がまだまだ続いている

先日、新潟日報に株式会社コロナの全面広告が載りました。新型コロナウイルスの影響で会社には中傷のようなものは来ていないものの、社員の子供達が落ち込んで帰ってきているという事案が出ているとのことで掲載されたとのこと。家族や親類の中にコロナの社員がいらっしゃったら、彼らは自慢の社員であること、人々のために働いている彼らを誇りを持って迎えてほしいという趣旨の内容です。
さらに、コロナは「子どもの未来応援プロジェクト」という新型コロナウイルスの影響によって困難な状況に直面した家族を支えるプロジェクトに参画しています。
本当に頭が下がります。新型コロナウイルスの影響で売り上げは相当落ちていることでしょう。その中でも支援を表明したり、社員を守るための広告を打ったりと、この状況下でなかなかできないですよ。守りに入るところで、攻めというのは苦しいかもしれないけど、少なくとも人々の心に訴えてくる切ない広告です。だからこそ、表向きでも中傷がないことは救いです。

この一件以外にも、以前の話になりますが、メキシコのコロナビールが新型コロナウイルスを連想するということで売れなくなってしまい、遂には生産を一時中断することになってしまいました。そのまま終売とか会社そのものが無くなったという話は聞いていないので、一時であると信じたいです。
また、オーストラリアに住むコロナ君が、新型コロナウイルスを連想するということでいじめられたという話もありました。その時、オーストラリアで新型コロナウイルスに感染して療養していたトム・ハンクスさんに手紙を出したことも話題になりました。その時、君は僕の友人だよと返しただけでなく、彼のコレクションだったコロナ社のタイプライターが贈られたことも話題になりました。彼はタイプライターをマスターして、ハンクスさんに手紙を送ったんでしょうかねぇ・・・。


まだ治まる気配のない新型コロナウイルス。治まらないから今回のような出来事が起こるのだとすれば、今回の一件は何とも罪作りだと言えるのでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2020年05月30日

例のマスクを寄付しに行ってきた

先日家に届いた、通称「アベノマスク」
もう既に色々なところで買うことができるようになった現在、第2波の恐れもあって再度需要が増える可能性があるかもしれないけれども、生産体制を整った現状を考えると、不必要になっているかもしれない。だからといって捨てるのはおかしな話。何とかならないかと思っていた中、NHKのニュースでこんな話が出ていたそうな。
いわく、不必要になった「アベノマスク」を寄付できるというのだ。これはいい機会だと思い、寄付を受け付けているところに行くことにしました。丁度、バスで行ける場所だったというのもあるのだが。


SHV47_0090今回、その「アベノマスク」の寄付を受け付けているところというのは、昭和区御器所(ごきそ)というところにあるキョーワ薬局。今回はその御器所店に行ってきました。場所的には御器所駅から歩いて5分ほど、西友やマクドナルドの並ぶ通りから少し東、川名本町(川名駅)寄りのところです。バス停で言うと、広路通一丁目というところから歩いて数分ってところですか。

このキョーワ薬局というのは、調剤薬局。つまり、病院に行った際に処方箋を出してくれるのですが、それを持って薬を調合してくれる場所です。昔は病院が行ってくれたのですけど、今は調剤薬局で作った方が割がいいのだそうで(要は、詳しい経緯は忘れた)。

で、キョーワ薬局は今回医療従事者・介護事業者が組織した団体「なごや高齢者見守りネットワーク(みま~も名古屋)」の主催した回収プロジェクトのお手伝いを担ったわけです。今回のようにキョーワ薬局全店(東海地方に86店舗)で受け付けており、郵送でも対応しているとのこと(6/30まで)。なお、今回頂いたマスクは未開封かつ未使用が条件になっているので、開封してしまったらNGということを留意しておきましょう。



実際受付に置かれた回収箱を見たのですが、思った以上にマスクいっぱい回収開始時刻(平日は10時~17時、土曜は10時~12時)早々だったにも関わらず、もう5袋ほど入ってた。皆同じようなことを考えてたんだね・・・。

今回回収されたマスクは、介護施設や障害者施設など必要とされる施設に優先して配られるとのこと。小さくとも何度も洗える使い勝手はいいマスクなので、本当に必要な人に役立ってくれるなら、悪いことではないはずです。


今回のような取り組みは、他のところでも行っているそうなので、自分の地域は・・・と思いながら検索してみてはいかがでしょうか。確かに今回の「アベノマスク」は愚策。でもその愚策を少しでも和らげなければ、本当の意味で取り返しのつかない愚策になってしまうことでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:51Comments(0)

2020年05月28日

内向きなのか外への開放をしているのか、よくわからないツイッター

この頃のツイッターのやり取りがおかしい。


先日、ツイートに返信できる対象を制限する機能を設けると公式ブログが発表しました。まだテスト段階とはいえ、いわゆる『FF外(フォローおよびフォロワー関係にないユーザー)から失礼します』ができなくなってしまうんです。
この機能は、ツイート時に返信できるアカウントを全員・フォローしているアカウント・@ツイートしたアカウントのみから選択するというもの。全員以外は、いわゆるFF外からの返信ができなくなります。
公式によれば、管理のしやすさ・より多くの人々に会話に参加する機会を与えやすくする・創造的になれるとのことで導入を検討しているそうですが、管理をしやすいのはともかく、これで会話に参加する機会を増やせるのか、ましてや創造的になれるのか甚だ疑問。逆に閉鎖的になって自分の都合のいい意見しか通さない風潮を助長しかねないと思うんですよ。

この流れは昔から気にしておりまして、SNSが一般的になる少し前、丁度日本でGREEがちょっとしたムーブメントを起こしていた時から嫌な流れだなと思っていたんです、イエスマンしか入れない風潮というのを。あの時の嫌な感覚が今でも甦るんじゃないかと思うと、ものすごく気分が悪いです。
私がツイッターをやる予定が無いのは、自由な書き込みができない。つまり、ツイッターのアカウントを持っていないと閲覧だけしかできないのです。そんな不自由を認めることは、何かその事象に反対することも自由にできなくなってしまうのです。身勝手な意見だけを通して、自由に発言することを許さない。あの悪辣な出来事、もう10年以上経ったというのに、また今噴き出さんとしているのか・・・。


そんなことを起こしている一方で、ツイッター自身が締め付けをして、相手の都合のいい意見を抑え込む動きも見せています
きっかけは、アメリカのトランプ大統領のツイート。郵便投票をすれば、不正が横行しかねないとツイートしたことに対して、ツイッターが事実無根だと警告を出して『対抗』しました。このことに怒ったトランプ大統領は、ツイッターなどSNSに対する締め付け(対象の規制や同じく閉鎖)を考えているとも言われています。
これは先程と逆で、FF外から失礼して対抗した、つまり公権力の行使をしたわけですね。ユーザーが起こす『公権力』にはNOを突き付けながら、自分達の『公権力』はOKというのも何か矛盾していますよ。もちろん、事実無根であることを訴える点で行使したなら、問題はないと思いますが、これは他のユーザーが大勢で出すべき物事なんだと思うんですよね・・・。


とにかく言いたいのは、自由に物事を言えるようにしなければ、ユーザーも管理者もほぼ対等(唯一管理者が上に立てるのは、事実無根の意見に対する削除権があるか無いかくらい。これは晒されたユーザーの申し立てを吟味する人がいないといけないと思う)でなければ、健全な議論も言論も生まれないのです。一方の力が強過ぎて、かつ一方の意見しか通せない風潮は、イエスマンを生み出すだけの陳腐な叩き台にしかならないのです。与党の力が強過ぎる今の国会がそれに近いと思いますし、イエスとノーしかない二大政党制もそれに近いです。つまり多様性が失われるのです。


誰でもいいので、誰もが自由に閲覧できるだけでなくログインが無くとも書き込めるソーシャルネットワークサービスを実現してほしいです。これもよく言っていますが、「にちゃんねる」(現在の「5ちゃんねる」)のような言葉使いが荒く殺伐としていても、自由闊達な意見を書き込める場所が一番いいのだと。時におかしな意見が出ても、ユーザーが『違う』と修正を掛けてくれる。ツイッターにはそれが十分に無い。あくまで炎上で派手になっているだけで、私のような『FF外』は、違うと思っても参加もできないのだ。だから、私はアカウントを取るつもりはない取ったら負けだ、そう思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2020年05月25日

予定より早く全国の緊急事態宣言が解除されました

既に2府40県の緊急事態宣言が解除されましたけれども、今日最後まで残っていた北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の緊急事態宣言が解除されました。首都圏(この場合、南関東圏)は神奈川県のみ基準オーバーになっているものの、首都圏の平均で見ると基準オーバーになっていないということで、北海道は基準オーバーにはなっているものの、感染経路が追い掛けられるという理由で解除になっています。
ただ、正直感染者数が増えたり減ったりとしている点と増えた時は2ケタに達していることから、まだ時期尚早じゃないのかなと不安でもあります。東京都だけとか神奈川県だけとしたいところなんでしょうけど、首都圏は広域移動する人が多いため、一体で規制をしようという流れになっていました。実際各県と東京都の知事も広域規制に反対していませんでした
ゆえに、条件付き解除か月末までの期限まで待ってもよかったんじゃないかとも思ったのですが、やはり経済のこれ以上の影響は避けたかったのかと思うと、やるせない。


そして、全国で解除されたことにより、今後のロードマップも示されています

他都道府県への移動に関しては、5月末まではこれまで通り自粛6/18までは北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県への移動は自粛だが、それ以外の府県への移動は自由6/19から制限なく移動可能になるとのこと。

観光に関しては、6/18までは各都道府県内のみとなり、6/19以降から全国に広げて展開してもいいとしています。

イベントも6/18までは100人(屋外は200人)程度で、6/19から7/10までは、対策を練ったなら、1000人ほどの動員も可能に。7/10から7/31までは、先述の条件を練った場合にのみ5000人ほどの動員が可能となり、8月以降は先述の条件を練った場合のみ、屋内は50%まで、屋外は無制限になるとのことだそうで。ただ、ライブハウスに関しては、対策を十分に練ったうえでの再開になりそうで、6/19まで待たされることになります

そして気になる野球・サッカーなどのプロスポーツ(恐らくアマチュアスポーツもこれに準じるのだろうが)は6/18までは無観客での試合6/19以降、有観客(最大5000人程度)の展開が可能になるそうです。
そのため、プロ野球は6/19から試合を開幕させると発表しています。サッカーに関しては、まだ発表は無いものの、無観客でも構わないと各クラブの了承が得られたなら6月末、観客を入れて運営するという当初の方針を貫くなら、7/10以降になると思われます。


ただ、いずれにしても新たなクラスターが発生し、第2波が起こってしまったなら、全て絵に描いた餅になってしまいます解除された・移動が自由になったからといって、気を緩めることのないようにしたいです。しかしながら、節度を持っていれば、酒を飲もうが遊ぼうが構わないとも思うので、過度な自粛を促すような行動も考え物だと思います。難しい判断が続きますけど、相手に対して厳しく律するよう促すのではなく、お互いに気を付けようねという優しい声掛け(注意喚起)レベルでの促しで進めていければと思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)

2020年05月16日

二度漬けアカンと言えることを夢見るという不思議

大阪名物の一つ、串カツ。カウンター席やテーブル席にソースのたっぷり入ったブリキ缶が置かれ、そこに注文した串カツを浸すというスタイルが浸透しています。そして、このスタイルの最大のタブーが、二度漬け禁止なのです。もし二度目をしたい場合は、缶のそばないしは中にあるスプーンでソースをすくって掛けるという流れもあるにはあるのですが、たいていの場合二度漬けは、いかなる理由でも禁止になっています。

そんな串カツ屋も新型コロナウイルスの影響で休業しているそうです。ただ、先日の緊急事態宣言解除の話が出てから、大阪府ではまだ継続の中でも、吉村洋文知事は独自のスタイルで休業要請解除を模索していました。その独自のスタイルで定めた基準を守れていたため、今日(5/16)から一部業種を除き休業要請解除したそうです。もちろん串カツ屋も対象です。

じゃあ、二度漬け禁止のソースの入ったブリキ缶はというと、席から撤去され、代わりにプラスチック容器にソースを詰め、掛けるというスタイルに変更されました。この形態なら、二度漬けならぬ二度掛けもOKとのことだそうです。

お客の間でも店の間でも困惑しているというこの新スタイル、他の地域では一般的なんですよね。でも、大阪の人達にとっては、これがセンセーショナルな出来事として受け止められているようです。先述の吉村知事も、「『二度漬けあかん』は大阪の文化。僕もその文化で育ちましたから、ちょっと寂しい。また『二度漬けあかん』を復活させるのを夢見ながら、この期間は感染防止対策をお願いしたい」と述べています。


やってはいけないことを言えるようにしたいというのは、結構異例で不思議なことなんですよね。それだけ『伝統文化』だったのかと。もしや新手のギャグなんじゃないかと、大阪の府知事が体を張って述べたギャグなんだと言い聞かせようとも思いましたけど、本気なんですよね・・・。


もしかしたら、大阪の人達にとって、「二度漬け禁止」は『日常』なのかもしれません。ゆえにその一言を言えることこそ、彼らにとって日常が返ってきたと言えるのでしょう。そうなるように、できることを少しずつ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)

2020年05月14日

緊急事態宣言が解除されたものの

新型コロナウイルス蔓延のために出された緊急事態宣言。およそ1ヶ月たった今日、まだ感染拡大が続いている北海道、東京都とその周辺(埼玉県・千葉県・神奈川県)、大阪府とその周辺(京都府・兵庫県)以外の39県で解除されました。

とはいえ、まだまだ浮かれ気分でいられない。
東京都などでは感染拡大の兆候が見られ、実際東京都では30人感染(昨日(5/13)が10人ほどだったので3倍に)という話も。県内の移動がほぼ自由になっただけで、県外の移動は自粛を求められる状況その県内もお店によっては、まだ自粛を求められるふう。そして、感染拡大が見受けられれば、再び緊急事態宣言も止む無しとのこと。

当分は、特異な生活を送らなければならないし、不便な生活を強いられることになるんだろうけど、日常を取り戻す戦いはヤマ場を迎えているんだなと思います。それまでは、この特異な、不便な生活を何とか乗り切っていくようにしないといけないです。正直、働ける状況・1日生きていける状況を送れているのが幸せだと。


もう少し、あと少し・・・そう思って日々を過ごしていきたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)

2020年05月13日

カラスの脅威

この頃、カラスが増えたと感じています。同時にカラスが悪さをする事態も増えてきたのではないかと思います。
ゴミ収集、特に生ゴミの日になると、ゴミ置き場やゴミを置いた場所の周りが荒らされてしまっているのです。それこそ、中身を散らかしに散らかして、歩くのもままならないほどに。また餌を求めて凶暴になっているので、そこを通り抜けるのも怖いです。
ちゃんと網をやってるんじゃないのと言うかもしれませんが、ちゃんとやっているところもあるんです。ところが、結びの甘いところを狙って、もしくは知恵の付いたカラスによってめくられることがあり、漁られるのです。

原因は色々考えられるのですけど、一番考えられるのは、繁華街にある飲食店のゴミが減ったことでしょう。
緊急事態宣言発令に伴い、飲食店が自粛の方向に向かったため、休業する店が相次ぎ、繁華街から人がいなくなりました。そのため、生ゴミが減り、それを拠りどころにしていたカラスなどの生き物が繁華街から住宅街に流れたと考えられるのです。


この一件の一番の対策は、ダストボックスの制定でしょう。
最近ではマンションのゴミ捨て場の一角が、堅牢な扉と網の施された空間に変わりました。家のマンションも数年前に切り替わっています。
昔は鉄製のゴミ箱が用意されていて、ゴミ収集日になると、それをクレーンの付いたゴミ収集車が吊り上げながら傾けて(底を開けるふうだったかもしれない)、中身を出すということをやっていました。しかし、安全面・衛生面などの理由で廃止になっていったようです。個人的には、ここまでしなくてもいいので、ダストボックスの復活をさせれば、カラスに漁られる可能性は減ると思うんですよね・・・。まぁ、衛生面という部分がぬぐえないのでしょうけど。

そうなると、これまでの網掛けを正しく行うことが重要になるわけです。上から下にしっかりと覆うようにして置く・上から口をしばる場合は、ほどかれないしばり方をするということが重要になるでしょう。

そして何より、捨てる時間を遵守することだと思います。
明日ゴミの日だから・・・といって前日の晩に捨て置くことの多いこと。このことで、早朝カラスに狙われ、荒らされる。そうならないようにするためにも、自治体の収集ルールはきちんと守るべきでしょう。朝早いところもありますけど、自分の身勝手な行動がきっかけとなり、カラスによって街が汚くなって、掃除しなければならなくなることで、今回の新型コロナウイルスのような病気が広まりかねないのです。人に降りかかることもさることながら、自分にも降りかかって来かねないのです。


自治体も、ダストボックスの設置資金の援助ないしは網の援助、啓蒙活動を行うだけでなく、状況によってはカラスの駆除にも予算を割くべき時が来ていると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2020年05月05日

異様な光景

SHV47_0037先日名駅のビックカメラに行く時、新幹線の改札口を通った時の光景。
午前11時~正午というわずかな時間ではあるものの、検疫(体温測定)を行っていたのです。ただ、時間的に短かったのと許諾制だった(拒否もできた)点で抜け穴の多い、パフォーマンス的な意味しかなかったんじゃないのかなと見ておりました。


いずれにしても、新型コロナウイルスの影響で、名駅がここまで厳戒態勢になっているのは、異常ではありました。恐らく一生見られない光景なのかもしれません。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:46Comments(0)

2020年04月30日

ドラえもんもSTAY HOME

先週の「ドラえもん」の放送開始直後に、ドラえもんとのび太が家の屋根を模した下で昼寝をするというシーンの下に、「STAY HOME」と書かれた一枚絵が表示され、その後オープニングに入っていきました。この模様は明日のBS朝日の「ドラえもん」でも見られると思うので、まだ見ていない方は、是非に。


さて、その「STAY HOME」と書かれた一枚絵は、藤子・F・不二雄プロと藤子・F・不二雄ミュージアムで行っている「ドラえもん『STAY HOME』プロジェクト」の一環なのではないかと。というのも、この絵を壁紙としてPCやスマホにダウンロードできるようになったからです。てっきり、ステイホーム週間に合わせたものかと思ってた。

今回紹介した一枚絵は、テレビ会議用の絵(先程の絵が何個も描かれているバージョン)・PC用(先程紹介したもの)・スマホ用(PC用と同じ)とあり、白と青の2種類となっています。早速落としてみたのですけど、個人的には青の方が見やすいんじゃないかなと思います。
これ以外にも4/29の朝日新聞朝刊に掲載された「ドラえもんからのメッセージ」・「オリジナル壁紙てTVアニメバージョン」などの壁紙、「飲食店さん&配達員さん応援アイテム」などのプリントアウトして使うアイテムなどが無料で配布されています。
ちなみに、「ドラえもんからのメッセージ」に関しては、新型コロナウイルスで初めて外出のできないゴールデンウイークになったことを鑑み、多くの人達がストレスや不安にさいなまれているのを和らげようと発信したそうで、ドラえもんらしいメッセージだなと感じました。是非読んでみて下さい。英語・中国語など7か国語に翻訳もされています。


緊急事態宣言が5/6で終わりそうにない可能性が高まった中、ドラえもんのメッセージを深く刻まないとと思わされました。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)

2020年04月28日

新たなる一歩、いつ踏み切れる?

昨年7月に起こった京都アニメーション・第1スタジオの放火殺人事件。事件の後、第1スタジオは解体されることが決まり、その作業が粛々と進められていましたけれども、今日完了したとのことです。
更地になったスタジオ跡は、高い囲いに囲まれたままになっており、上空撮影でないと窺い知ることができない状況になっています。


そして、この更地の土地に何ができるかが焦点になってきました
遺族は跡地に慰霊碑を立ててほしいという要望を出しています。京都アニメーションは現地にスタジオを再建することをあきらめ、公園にしたいという要望を出しています。ところが、現場のある町内会は、これらの動きに対して異議を唱えており、これらの動きを見せることを止めるよう要望書まで出したとのことです。
要望書の詳細がわからないので何とも言えないのですけど、止めてほしいと言うからには、対案があるのかという点を追及したいです。何もないままに止めてほしいと言っているのであれば、それは町内会のわがままでしかないと思うのです。

京都アニメーション側が公園にしたいというのは、スタジオを建ててもその時のトラウマを持っている生存者(社員)が仕事に支障をきたしかねないからという点と公共物として京都市に寄贈して経費(固定資産税が一番考えられる)を抑えたいという点もあるのでしょう。ちなみに、京都アニメーションとしては現場への慰霊碑の建立は否定的で、そこでも遺族との対立があるとも言えます。正直薄利になりかねないアニメ業界、その中でも京都アニメーションはまだ優秀な会社だと言えるのですが、それでも第1スタジオ跡を売ることも寄贈することもできないとなると、会社としての経営を圧迫しかねないのです。
さすがに会社が潰れてしまえばいいとは町内会側は思っていないでしょう。ただ、対案を出していないのであれば、同じことを言っているとも思えてならないのです。何とか落としどころを見付けて、一刻も早く双方の心の整理が付けられるように願うばかりです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)

2020年03月18日

同情をしない

新型コロナウイルスの影響で大変な最中、「コロナウイルスをばらまいてやる」とのたまって、実践してしまった蒲郡市在住の50代男性が今日(3/18)死亡したと発表しました。
この男性は、ハワイに旅行へ行っていた家族から新型コロナウイルスに感染したのですけど、陽性反応が出た後にもかかわらず、家族や友人などに先述のセリフを吐き、市内のフィリピンパブに行って接客した女性店員と別の女性店員が感染するという事態になりました。店は消毒や備品の交換、およびその間の営業休止と風評被害で1000万以上の被害が出たとして被害届を出していました。
ちなみに、この男性は肝細胞ガンの基礎疾患があり、その疾患の影響によるもの(死因は新型コロナウイルスに伴う肺炎)とされています。


普通なら、お悔やみ申し上げますとなるところですが、今回の件は因果応報・自業自得の罵詈雑言しか思い浮かばないご家族の方々には申し訳ないですけど、この方の行った行為は鬼っ子でも行わない最低な行為ですよ。こういう自分勝手な人間のせいで、彼にうつされて亡くなった人間は死んでも恨むだろうね。「死して屍拾う者無し」(死んだ自分の屍を拾う人はいない)とはよく言ったもので、今回の場合は、「死して同情寄する者無し」(死んだ自分の同情をしてくれる者はいない)というふうなのでしょう。
あと、今回被害届を出したフィリピンパブのオーナーは、かの人が亡くなったことに驚いているそうですが、被害届は取り下げないとのこと。その方針で間違っていません。この彼の遺したお鉢が遺された家族に回る可能性があるその点だけは、同情を禁じ得ないです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)

香川のゲーム条例が通ってしまった・・・

以前から議論になっていた香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」が本日(3/18)可決・成立しました。この条例は4/1から適用されます。


この条例は、中国で適用されたものによく似ていますが、過剰な規制や法的拘束力はありませんあくまでメインは1日60分(学校休業日は同90分)に動画やゲームなどの閲覧・プレイを制限するもので、それを業者にも協力してもらうというものになっています。


この条例は可決前から議論になっており、そもそも論として県(議会)が規制することが正しいことなのか・科学的根拠があるのかという議論もさることながら、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、 一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が連名で県の行う規制に疑問を呈す声明を出しています。もちろんパブリックコメントでも反対・疑問の意見が出ていたのですけれども、公開されたのは一部のみで、しかも賛成票が8割。あまつさえ水増しされている(動員されていた)可能性も指摘されています。完全公開も、可決・成立した今日と明日のみで、口外厳禁となっており、なぜこの日まで完全公開ができない点はおろか、秘密厳守になっているのかという疑問も沸いています。


中国の件でも書きましたが、ゲーム障害というものが病気としてWHO(世界保健機構)から認定されたことからも、日常生活に支障をきたす人達が顕著になってきたから導入を検討したのだと思います。その点では理解できるのですが、素人(ともすれば、親の延長線上)ともいえる政治家(県議会議員や県職員)が決めても反発を招くだけなのです。ここは、専門家(今回の場合は、先述の業界団体やファミ通などのゲーム業界誌やサイトに寄稿しているライターなど)やゲーム会社大手(ソニー・に任天堂・マイクロソフト)や動画配信サイト大手(YouTube・ニコニコ動画など)の意見を仰ぎ、協議したうえで作り上げていくことが大事なのではないかと思います。専門家達も規制に全面的に反対してはいないはずで、どういうルール作りをしていけばいいかを模索するいい機会になるのではないかと思います。


この条例が全国に、並びに国に波及しなければいいのですが、その先にサブカルチャー規制が待っているのではないかという危機感も抱かないといけないでしょう。香川県の先例をきっかけに、1989年に起こった宮崎勤事件(埼玉幼女連続殺人事件。この一連の事件の犯人である宮崎勤死刑囚がサブカルチャー好きだったため、猛烈なバッシングをメディアから煽られることになった)のようなふうにならないよう、私達が気を付けていかないといけないのです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2020年03月11日

9年前に起こったあの日に、家族だけで初七日法要を行う

今日の午後、家族だけで初七日法要を行いました。私が仕事先から帰ってきた時には、全員(母・姉・甥っ子姪っ子・和尚)が揃っていて、いつでもスタンバイ状態。それでも和尚の雑談で、何だかんだと予定時間より少し遅くなっての開始になりました。基本的に読経で終わりというものですが、ご焼香もあるので、ある意味葬儀なんだと思えましたね。


これで、通夜・告別式・法要が終わり、一連の葬儀が終わったと思います。今後、四十九日をどうするかとかお墓をどうするかとか仏壇をどうするかとか、何より相続関係がどうなっているのかを詰めていかなければなりませんけど、お墓と仏壇に関しては和尚が面倒を掛けてくれるそうです。こんな時に和尚が親族にいるというのはありがたいもので・・・。


そして、今日は東日本大震災から9年
新型コロナウイルスの影響で、異様な雰囲気の中で追悼式典が行われていました。先述の和尚も震災直後に気仙沼に行ったそうです。私も毎年春(5月)になると東北へ向かっていますが、今年は3月のヴァンラーレ八戸戦を皮切りに東北へ4回は行くことになるんですけど、その八戸戦は延期になりそうです。


最後に、明日から通常の更新(1日2回)に戻していきます。まだまだ大変なところもありますけど、日常が徐々に戻っていく中で、いつまでも故人の想いにふけるのも・・・と思い、元へ戻していこうと思います。
ご心配をお掛けし、申し訳ありませんでした。今後ともよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:46Comments(0)

2020年03月10日

家族だけで行う初七日法要を明日に控え

明日で父が亡くなって1週間になります。既に親類向けの初七日法要を行っているのは、以前に話した通り。今回は我が家で初七日法要を家族のみで行うことになります。
いずれにしても、仮祭壇を組んでから行う初めての法要和尚に来て頂いて、読経を唱えて終わりというものですけど、1時間近く掛かるとのことらしい。いやはや、立ち会ったことが無いので、どうなるかわからないのです。一応、半休の許可は下り、状況によっては電話で半休にするか一旦会社を抜け出すかを選択できるようにもなりました。会社には最大限の配慮を頂いて感謝しかありません。とはいえ、まだ仕事は残っているので、もしかしたら一旦会社を抜け出すとも考えています。ただ、どのくらいかわからないので、今回は半休に・・・とも思っているので、当日まで決まらないかもしれません。


いずれにせよ、明日には一段落は付くと思います。この先、ニ七日、三七日・・・と続きますけど、初七日で心の中をまずは一区切りにしたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:53Comments(0)

2020年03月09日

そして日常に戻っていく

今日から仕事に復帰することにしました。とはいっても、各七日を終えるまでは毎週水曜日が法要になるので、仕事一辺倒というわけではないのですが。
それでも、溜まった仕事は多く、1日では絶対に終われない量今日は残業やむなしになってあらかた片付けたのですけど、明日以降も忙しいし、新たな業務も増えていくことでしょう。あーあ、大変だこりゃ。
ちなみに、会社には毎週水曜に会社を抜け出すことは了承済みとなり、一応半休扱いで抜けられることになりました。ここで会社が理解してくれるか否かで、いわゆるブラック企業か否かもわかるのかなと思う次第。

とにかく、朝にはしんどいかなと思っていた仕事も、終わってみたら案外普通だなと。仕事をすることで気が紛れるのかもしれない。会社の人も気遣いをしてくれていましたし。そこまでいいですよ、と思っていたのですがね。


まぁ、明日も仕事はあるし、当分は七七日(なななのか)である四十九日まで変則的な勤務になる。速いこと終えられる仕事は終えておこう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:53Comments(0)

2020年03月08日

葬儀が終わりました

とりあえず、今日で通夜から告別式までの一連の葬儀が終わりました


通夜の時は、親類でもある和尚が途中読経を間違えてしまうほど感極まっていたのが印象的でした。もう親類の葬儀はやりたくないというほどだったので、さぞ辛かったことでしょう。


告別式に関しては、滞りなく進んだのですけれども、さすがに朝早くから家を出て来ていた人も多く、私も寝ずの番と疲労で起きるのも少し辛いところがありました愛知県内でも車で数時間掛かるところから来る方もいらっしゃるので、なおさらです。
そして、この日は名古屋シティマラソンのある日新型コロナウイルスの影響で、制限時間は例年より短かったものの、やはり車社会の愛知県では、交通規制をやられると車で来る人は会場まで向かうのは難しかったようです。一方通行だったところを特例で通してくれたりもあったとか。

告別式が終われば、今度は火葬のために火葬場に向かうことになります。名古屋市の場合、たいていは八事霊園というのが、八事(名古屋市昭和区の端、天白区のそば)の高台にあり、そこで火葬がなされます。その八事に向かう時、外は激しい雨。よもやここまで・・・とは思っていませんでしたね。何せほとんど部屋の中で過ごしていたので、外の様子があまりわからない。昨日は晴れていたのは、コンビニに行ったりして知ってたんですがね・・・。
ちなみに、火葬される間は待つことになるのですが、そこで無料できしめんを頂けるようになっていました。あまり量は多くないものの、いかにも名古屋らしい濃いだしの味ですごく美味しかったです。
そのきしめんになった理由が面白く、元々はカレーを無料で出していたそうです。ところが、カレーがあまりに美味しすぎてたくさん食べる人が続出してしまったため、その後の精進落としを残す人が同じように続出してしまったので、きしめん、しかも量の少ないふうになったという裏話を家に仮設の葬儀台を建ててくれた葬儀屋の方が教えてくれました。


その後は、今日告別式に参列してくれた方々で初七日法要を行い、精進落としを食べて終わりだったのですけど、最後は親戚の一部が都合で早く帰りますという流れをきっかけに、皆がお開きだと思ってしまい、グダグダのまま終わる。ウチらしい・・・。


全ての葬儀が終わっても、家族向けの初七日はやると和尚は仰っていたし、毎週水曜日(この日に父が亡くなっているため)は各七日になるので、七七日(なななのか)である四十九日まで会社をどうしようかと思っています。仕事を抜け出せればいいのですけど、半休の流れになるのかもしれない。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:07Comments(0)

2020年03月07日

これから寝ずの番

今日、無事通夜が終わりました。


葬儀場に着いたら、いきなりアンタ喪主ねと言われたので、そんな急に言われてもと構えてしまったのですが、葬儀は皆で一緒にやっていくものと葬儀屋に伺って、ちょっと安心。とにかく、喪主の仕事は親類縁者に頭を下げるのが仕事と思い、ペコペコペコペコ、「ペコペコバッタ」というドラえもんのひみつ道具を首根っこに忍ばされたかのようになっておりました。まぁ、挨拶だけはカンペ仕込んで乗り越えましたが、明日も葬儀(告別式)と食事関係で挨拶せなアカン・・・。


というわけで、本題。
この先、寝ずの番でろうそくの火を絶やさないように見守らないといけないわけです。でも、結構自由な時間帯でもあるので、テレビがあればテレビが見られるし、ラジオがあればラジオを聞いていられる。それでもダメならケータイのアプリで時間を潰せる。ホント今はいい時代になったものです。昔は本とか新聞とかを持って行ってというふうでないとダメでしたからね。今は便利でかつ夜ふかししても怒られないことから、積極的に受けたものです。過去にこのブログでも、祖母の葬式の時に寝ずの番をしたことを書いたかと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ明日で一応葬式は終わり。その後毎週水曜日に各七日がやって来るくらいですか。でも来週は、残った仕事で地獄送りだべ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:06Comments(0)

2020年03月06日

色々と大変だわ

父の通夜と葬式が週末に決まり、今日は父関係の書類を出すことと部屋の掃除、遺品整理と家に七七日(なななのか。四十九日を指す)まで祭壇を設けるため、を行うことになりました
とはいえ、私は書類を提出する母について行くレベルだし、掃除に至っては母が一手にやるということになり、私は姉が家に帰って色々準備をするということなので、葬儀場の待合室(待合室は宿泊も可能になっており、給湯室と風呂・トイレがあるのだ)に残る甥っ子姪っ子の面倒を見ることになりました。


まず、書類関係に関しては、行くなら昼食の時間は避けるべきですわ。
お役所なので、お昼の時間にはきちんと担当者がいなくなる。そのため、12時~13時の間は実質止まってしまう(ただ、お役所とはいえサービス業なので、受付はいる)そこからプラス書類作成で30分程は掛かってしまうので、早くても午後1時半以降になってしまうのだ。混んでいたら、更に待たされることになる。
ゆえに、行くなら開いてからすぐ、ないしは午後1時以降なのではないかなと。前者なら混み合っていないので、そこまで待たされることは無いでしょうし、午後1時以降なら1時間半も待たされるということは無いかもしれないでしょう。もちろん遅すぎれば翌日に・・・となりかねないので、早いに越したことは無いでしょうね。

で、長いこと待たされることになったのですが、役所には受付の場所以外にベンチが無く、下手したら外にあるベンチで待つという有様。そしてお昼ご飯を食べる場所も役所周辺になかなか無くて困った。結局1kmほど離れたところで飯を食ったのだわけで・・・。


そして、例の甥っ子姪っ子達。まぁ、言うことを聞かん坊達なので、どうしようかと思ったのですが、文明の利器は恐ろしいNetflixの中に入っているキッズコンテンツでピタリと聞かん坊が治まって食い入るように見ていたのだ。彼らの母親(つまり私の姉)が遅くなっても、ダレることなく正味3時間ほど見ていたのですが、静かなものでした。

やはり、子供向けの動画は素晴らしい。騒いでもうダメというふうなら見せるというのは、正直いい策ではないのかもしれないけど、即効性のあるものだとも。YouTubeの個人作成の動画が心配なら、Netflixなどの配信サイトに入っている子供向け番組をオススメします。私の場合は、私が見てもダレないという理由で、「ドラえもん」にしましたが、「それいけ!アンパンマン」や「クレヨンしんちゃん」とかもありますし、YouTubeでも公式サイトが運営している動画があるので、「ちびまる子ちゃん」とかはそれで見られます(ただし期間限定)NHKもEテレ(教育テレビ)のコンテンツをアプリなどでネット配信していますから、それを見せるというのも手でしょう。丁度新型コロナウイルスの影響で子供が家にいることが多いでしょうから、参考にされてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2020年03月05日

お知らせ

本日(3/5)早朝、父が急逝しました。このため、本日からしばらく(およそ1週間)の間、更新の回数(2回/日)を落とします(1回/日)こんな時に毎日更新はするのかという批判もあるでしょうし、そのそしりは甘んじて受けます。ただ、24時間緊迫する状況ではないので、思ったことを少しでも書き留めておきたい、書き留めておくことで心を落ち着かせれば、またここで書き留めておいたことが後に何かの役に立つ・立ってくれればと思い、更新だけは続けていこうかと思っています。


さて、あまりにも急なので、全く気持ちの整理というのか、葬儀の準備以外はあまり普段と変わらない生活になっています。
人が死ぬというのは、例えば、ガンとかの病気や認知症で手の施しようのない状況になり(ガンとかなら余命何年)・・・というふうになり、そこから入院や自宅療養で幾日か幾月か幾年を過ごして亡くなるというケースを想定していた(実際、過去祖父母が亡くなった時は、そんな感じだった)のですけど、父の場合は、あっという間に逝ってしまったというふうでしたね。
偶然というのかほぼいつもというのか、疲れ切って居間のこたつで私が寝てしまっていた時、夜中(亡くなる数時間前なので、早朝に近い時間)に部屋から出てきて色々言った後に再び引っ込み、午前4時過ぎに母を起こせと言った後、バタンと倒れ、1時間半後に死亡連絡が来たというふうなので、本当に急でした。
だから、故人への悲しみというのか心の準備というのが醸成されないまま今を迎えているので、冒頭に書いたように全く整理がつかず、普段とあまり変わらない生活になっているのです。いわゆる辛い中で・・・というふうでもないわけです。恐らく、時が経てば、その思いが積もっていくのだとは思うのですが。


これから通夜や葬式の準備になると思うのですけど、会場は葬儀屋さんが行ってくれるので、あとは書類関係と親類関係の連絡が主になると思います(ただ実際昨日ほぼ終えている)。週末の葬儀なので、これもまた普段と違う展開になると思っています。そのあたりで思ったことがあれば、書いていく予定です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)