2018年06月18日

大阪北部地震

今朝、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の大地震が発生しました。この地震により、関西のほとんどの地域で電車・バス・航空機がストップし、高速道路も通行止めに。電気・ガス・水道などのインフラも未だ止まっている地域があるとのことだそうです。
今回の地震は大阪府の高槻(郡家)・枚方・茨木・豊中・大阪(北区)で震度6弱、大阪府の高槻・豊中・吹田・寝屋川と京都府の長岡京で震度5強、大阪府の能勢町と兵庫県の川西・尼崎・伊丹・西宮と京都府の亀岡・宇治・精華町で震度5弱となっています。震度4も和歌山県を除く関西の県庁および府庁所在地などで観測され、震度3も東は長野県、西は香川県まで観測されています。

これほどの広がりは、関西圏で言えば、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)以来ですが、大阪の人達は口を揃えてあの時以上だと述べています。それもそのはず、今回の地震は、大阪府では1923年に観測体制が整ってからは初めての大規模な地震で、今回震度5以上のところのほとんどが、阪神・淡路大震災では大きな揺れを計測していなかった地域でもあります。
現状、深刻な被害は出ていないものの、随所でインフラが再生できていない状況ではあります。


亡くなられた方もいます。建築基準法違反をした塀にルールを守っていた女子児童が潰されて亡くなるというやるせない事故が起こっています。他にもブロック塀や本棚での圧死が2名の計3名(6/18現在)とのことだそうです。亡くなられた方のご冥福をお祈り致しいます。

水の確保で大変だそうで、これから暑くなるからといって、生水だけは絶対に飲まないようにして下さい。ニュースで川の水を汲んでいるシーンが映っていましたけど、飲料水や食器・身体を洗う水としては不向きです。トイレに流す水として使うなど最低限の用途に留めましょう。


そして、まだ余震の可能性もあります。危険を煽るようで申し訳ないとは思いますけれども、2016年の熊本地震も地震発生の翌日に大きな地震(本震)が発生しています。少なくとも1週間は大きな地震に警戒した方がいいでしょう。
できる限り、自分の身の回りに食料・水・懐中電灯・衣類などを非常用袋に入れておき、ラジオで今後の情報を仕入れられるように準備しておくといいかもしれません。


最後に、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)

2018年05月12日

東北を見る旅④ 故郷は通り抜けるだけ

SHV39_170552929富岡駅からバスに乗って5分経つか経たないかで、帰宅困難区域に突入します。恐らく唯一通り抜けられるのは、国道6号だけでしょう。
人は立ち入ることはできないのですけど、車だけは入ることができます。それでも途中停車は緊急時を除き厳禁、窓を開けることも許されません
なお、写真は国道6号線沿いのゲームセンター跡。恐らくこの惨状は津波によるものではないかと。



SHV39_170848352見てもらうとわかるが、家は結構残っている耐震住宅としての役割は果たしているのだ。法律が改正された昭和末期以降の建物ないしは平成入ってからの建物なのでしょう。
ゆえに津波の恐ろしさをまざまざと感じさせる東北に行ったら必ず感じられる光景の一つだろう。
もう一つは、交差点の至るところで閉鎖されている。信号のあるところ無いところ関わらず、直進以外の進行を許していないのだ。
なお写真には残していないものの、閉鎖された店も見ている(しまむら2店舗、すき家1店舗、ファミリーマート1店舗など)。特に私が座っていた側にあったしまむらは、まだ当時のままに残されたと思われる商品がはっきりと見えるほど、そのままになっていた。



SHV39_171156479大熊町に入って現れた線量計の測定値。
原発のある町であるがゆえに、まだこの数値。2.209マイクロシーベルトと富岡駅に比べて30倍くらいもある。こんなところは数時間いられるかどうか・・・。
それなのに、途中車がエンコしたのか、普段着で降りている人の姿を見ています。本当に大丈夫なのか・・・。



SHV39_171432373その先に見えてきた電線。その先に煙突がいくつか見えていたので、恐らくこの先に福島第一原発があるのだろうと推測。バスは、そこからできる限り早く離れたいと思わせるほどスピードを上げてると思われるように走る。



SHV39_172000786そろそろ浪江駅というあたり。常磐線が見える。
運行再開は2020年。まだ数年先ではあるものの、もう来年になるかならないかで走ることだけはできるんじゃないかと思わせるほど、きれいなコンディションだった。



私は東北出身者ではないですが、故郷に帰れない人達の気持ちは痛いほどわかります。だからこそ、敢えて私もここを通り過ぎる時、これが私の『故郷』の現状なんだと思いながら、その様子を見ていました


本当に1日でも早く、帰宅困難区域の解消を願うばかりです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)

2018年05月11日

東北を見る旅③ その先にあるのは、まだ帰れぬ故郷

SHV39_3146湯本駅から1時間半。途中いわき駅で40分ほど待つことになったけど、やっと着いたのが、現在の常磐線の南側の終点である富岡駅東日本大震災の津波により、町と共に駅舎が流され、今あるホームから海側を眺めると、何もない。あるのは、ただ広い海とかさ上げ用と思しき土くらい。



SHV39_3148常磐線そのものは東京都の品川駅から宮城県の仙台駅(常磐線の路線区間は東京都の日暮里駅から宮城県の岩沼駅)までの長距離路線ではあるものの、東日本大震災および福島第一原発の事故の影響で、ここから浪江駅まで運転休止中となっています。




SHV39_3151というわけで、駅表示もこの駅で終点扱いに。しかし、この運転休止もあと数年2020年には全線再開という運びになるそうです。
やっとここまで来たとも言える、そんな思いがこみ上げてきました。早く全線再開してほしいけど、放射能の問題とかをクリアするのに数年という短い時間で大丈夫なのかとも。



SHV39_3149福島第一原発から40km圏内ということもあり、線量計の表示板が駅のホームと駅構内に設置されていました。恐らく連動して表示されるのでしょう。
マイクロシーべルトの量は、日本で観測されている一般的な量になってはいるものの、この線量計を表示しなければならないというのが、異常なわけですよ・・・。



SHV39_3150現在は、運転休止区間は代行バスでの運行になっています。6便ある中で1便だけ、運転が再開された浪江駅より先の区間(小高駅・原ノ町駅)まで向かうことができます。
なお、切符は代行バス区間のみのもの(もう1人乗っているガイドに支払う)もありますし、他の駅で買ったもの(私の場合、湯本駅から石巻駅まで買った切符)でも対応可能になっています。



SHV39_3152富岡駅周辺には、ホテルと何軒かの民家がある程度で、何もない。津波の影響で、駅前にあったはずの様々な家や店は跡形もなく無くしてしまったのです。先程書いたホテルも津波の後に建てられたものでしょう。
その中で、唯一ある商店が、さくらステーションKINONE。富岡町は、桜の通り抜けが有名で、そこから採ったものと。購買だけでなく、飲食も可能で、テレビもあります。
時間は、7:00~18:00(飲食は10:00~18:00)になっています。


「富岡は負けん!」という意気込みを、この店は見せてくれています。待ち合わせの際には、是非ご利用下さい。



後で後悔したのは、3時間あるのだから、色々歩き回れたなということ。しかし、その時は何にも思い浮かばず、ただただ待ちぼうけ。先程の商店で時間を潰したり、駅の待合室でスマホをいじったりとやみくもに時間を潰していました。


SHV39_3157そろそろバスが来るかなと思って、バス停を見てみると、駐車場にバスがいる。しかし、残り10分近くになってもまだ動こうとしないホントにこのバスなのか、もう行っちゃったんじゃないのかと心配になり、あまつさえ雨は止んでるのにすごく寒い中、待ちに待たされ、やっとバスがやって来た
浜通り交通が運行する路線バスなので、乗る場所は自由、ただし観光バスや夜行バスで使うバスを使用しているので、シートベルトを付けて下さいねというふう。夕方5時にならんとしている時に、やっと出発となりました。

ちなみに、バスの撮影は浪江駅に着いた時に行ったもの。まぁまぁの乗車数でした。



このバスは、乗用車以外では唯一避難区域を通る公共交通機関。その中は、まるで時が止まっているかのようでした。次回紹介します。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2018年05月01日

今日から平成ラストスパート

来年の今頃は新元号で始まるのね。


いよいよ平成という元号が終わりの時を迎えます私自身は、西暦に慣れ切った人間になってしまったので、感慨深さはそうないですね。ただ、平成も30年なんだとは思います。正直長くないだろうと失礼ながら思っていたのに、30年も続くことになろうとは。

平成も昭和以上に激動の時代になりました。
国内で見ればバブル崩壊や失われた10年とも20年とも言われる停滞時代、自由民主党が2度も下野するなんて誰が想像したでしょう。そして、代わった政権が長く続かないのも。
海外では東欧革命による冷戦崩壊、その後平和が来るわけでもなく、民族紛争などカオスな展開になり、やがて宗教戦争とも捉えられかねないテロとの戦い、中東では独裁政権が崩壊するアラブの春、そこからは発する新冷戦とも言える停滞期間に入っています。
そして国内外問わずWindowsの登場と共にインターネットが爆発的に普及世界が一気に縮まった、そう言える時代にもなりました。また携帯電話・スマホの普及に伴い、誰もが電話・メールをできるようになった他、カメラ機能の搭載・向上に伴い、誰もがカメラマンになる事態にもなりました。身近なワンショットだけでなく、戦争など悲惨かつ凄惨なシーンも世界中に瞬時に届けられるようになりました。それに「いいね!」と推す人も・・・。


平成の時代だけで、これだけ激動なのですから、新元号でも同様のことは起こるでしょう。新世紀にはまだ遠いものの、時代の流れは1世紀(100年)の流れよりも早く進んでいるのは明らか。私達は急速な変化の中に付いていけるのか、心配でもありますし、楽しみでもあります。


新元号は今年中の発表予定、来年の今日から施行されます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年03月16日

個人ゲームサイトより企業ゲームサイトが嫌らしくなっている話

少し前までは、個人のゲームまとめサイトが、無断盗用や行っても無いようなことをでっちあげられたり、あることないこと書かれたなんてことがあったそうですけど、ここ最近は企業が運営するゲームサイトが嫌らしいことになっているそうです。ここで言う企業が運営するゲームサイトは、いわゆる攻略サイトというやつですね。
何でも、全くもって建築途中と思しきサイトが検索サイトのトップに君臨しているという事態があるんですよね。でもまだそれはかわいい方で、中には他の人が作ったサイトを丸パクリなんてことも・・・。


その丸パクリの事態が発覚したのは、つい先日とある中小の規模のゲーム攻略サイトからの告発から。あからさまにパクられたと訴えたのです。「上場している大手メディアで上位ヒットしているところにパクられたら、立場の弱いうちがパクってるように思われそうで本当に勘弁してほしい」・「徹夜で最速更新がんばってきたのがパクられて全部もってかれて何の為に更新&調査してきたんだろう」とまで訴えていますから、事態は深刻です。
当初、丸パクリした相手側は謝罪がなかったどころか、問題なしと居直ったほど。このことを報告すると、ユーザーからは酷い対応だという憤りが出てきました

しかし事態は急展開します。Yahoo!などの大手サイトでこの問題が取りざたされると、相手側が上場企業だったこともあり、株価に影響を与え始めました。そして遂に相手側が謝罪に訪れ、作成手順に対する問題点と再発防止に務めると約束しました。和解の方向に進んでいるそうですが、和解金を求めるとのこと。なお、この報告の中で、「しっかり証拠を残して連絡すれば対応してもらえる」ともアドバイスを贈っています


今回のような大手の企業サイトは、安価なライターが報酬を多くもらうために、間違った情報の多さやクオリティの面で問題があるだけでなく、早く情報を挙げたサイトから記事を確認して、それをライターが記事としてアップ(あまつさえ、事実確認や検証などは公開後に行う)という杜撰さもあるのです。ある意味やったもの勝ちになってしまっており、儲けのためなら何でもありなのかと買いかぶりたくもなります


大手がこんなマネされてまかり通ることになれば、他のサイトが作る意欲を失い、ひいてはサイトを見ている人達への不利益にもなりかねません。大手は節度あるクオリティの高いものを作るという気を見せないと、痛い目に遭うことを改めて思うべきでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2018年03月14日

ピッは応援になる

3/11は東日本大震災から7年の節目だった日。その日はジェフユナイテッド市原・千葉×FC岐阜の試合だったのですが、帰りに六本木ヒルズにも訪れています


SHV39_2806それがこちら。Yahoo!が行った「応援改札」という震災復興応援プロジェクトです。
このイベントは、岩手県にある三陸鉄道とのコラボによるもので、映像のそばにある改札口にICカード(Suica・PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)をかざすと、100円を寄付金として支払うことで、中の映像に様々な彩りが加えられるという仕掛けになっていました。
映像の前には、三陸鉄道の模型が。ディーゼル車で、基本的に1両運行なんですね。ザ・ローカル線とも言える姿ですな。
この三陸鉄道は、現在は北と南のリアス線に分かれているものの、2019年にJR山田線の沿岸部分をもらい受け、リアス線として統一されます。これにより日本で最長の区間を持つ第三セクターになるとのことだそうです。



ちなみに、名刺サイズの切符ももらったんですけど、どこかにやってしまった・・・。だから、来年罪滅ぼしで統一されたリアス線に乗って三陸地方を回っていこう。田老地区にも行ってみたい。宮古にも行ってみたい。それまでに行きたいところを調べておかねば・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)

2018年02月23日

名前を地で行ってしまった

小学館の月刊マンガ雑誌「コロコロコミック」に掲載されている「やりすぎ!!!イタズラくん」に書かれた一コマが大きな問題になり、小学館が謝罪する事態になりました。


問題になったのは、「やりすぎ!!!イタズラくん」の中に載せたチンギス・ハーンの肖像画社会科のテストで、この人物は誰かを答えさせる問題の載っていたのですが、あろうことか肖像画に落書きをし、鼻の上辺りをなぞって描いた男性器の部分を「本体」と書いているではありませんか。そして、「モンゴルの皇帝 チ( )・( )ン」と書かれている部分を「チ(ン)・(チ)ン」と書いている有様
これを見た元横綱の朝青龍さんが激怒。いわく、中国人でもやらない・日本人がするとは思わなかった・とにかく謝れという主旨のツイートを掲載して大騒ぎ国際問題にもなりかねない事態にまで陥ることを危惧したのか、最終的には小学館が謝罪(公式サイト上とモンゴル大使に対して)するというふうになりました。


確かに今回の件は、子供ならやりかねないことマンガの内容も子供が主人公ということを考えれば、納得できるわけです。しかし、マンガ雑誌という点で、これはまずいということがわからなかったのかなとも思えるわけです。
マンガとはいえ、歴史上の人物でやることが問題だと思うのですわ。関係の無いものでの落書きだったら、ここまで酷く叩かれることは無かったでしょう。今回は歴史上の人物、かつモンゴルでは英雄とされる人でもある。そんな人が、あんな姿になっていたら、お怒りになるのはもっともだと。歴代の天皇や日本の歴史上で有名な人が外国人によって落書きされたらと思えば、朝青龍さんの怒りもわからんでもないでしょう。

ところが日本は、そのあたりのデリカシーが弱い。かつて「らくがお」というブームがあり、歴史上の人物や有名人をこぞって落書きした時期がありました。ちなみに、これの発起人はみうらじゅんさん、しかもこの「らくがお」コーナーは、奇しくも小学館の「小学六年生」の投稿コーナーの一つだったんですね・・・。そのあたりで、OKサインを出してしまったとも考えられるわけです。


文化の違い、国の歴史に関わる人物への経緯の払い方の違い、エンタメの方向性の違い、色々なすれ違いが生み出した悲劇とも言えるでしょう。ただ、繰り返しますけど、朝青龍さんが怒っていることをおかしな目で見るのは間違っていると思います。国の創生に関わる人物を茶化されれば、ああなるのは明白。
だからこそ、多文化・国際化に進んでいる時代の中で、日本人はこれまで問題ないと思って行ってきたことに対しても注意を払わないといけなくなるでしょう。ただ、子供の無邪気ないたずらまで目くじらを立てるなとも言いたい子供へそれがいけないことを諭させるのが大人の役目。その人物が行ってきたことがよい・悪い関わらず、徐々に過去の歴史に名を残した人達への理解と、特によい人物に対しては尊敬を深めさせるように目を向けられるようにしてもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2018年01月22日

激戦!岐阜市長選挙

現在の市長の任期満了に伴う岐阜市長選挙が昨日(1/21)告示されました。今回の岐阜市長選挙は、現在の市長が立候補しないため、異例の7人が立候補を表明しました。


候補者は届け出順で、

①共産党推薦の建築業役員で元岐阜県市議
②自民党・公明党推薦の製菓会社社長でFC岐阜個人持株会理事長
③元民進党岐阜県副代表で2017年の衆議院議員選挙岐阜1区の候補者
④社団法人理事で元民主党県代表・元衆議院議員
⑤NPO法人理事
⑥ベンチャー企業社長
⑦尺八講師・鵜飼い業・岐阜県青少年文化活動推進協議会委員


以上になっております。


この中で、中心候補になってくるのは、②・③・④、中でも2014年の岐阜市長選挙で次点になっている④は他の候補にとって最大のライバルになると思います。しかし、自民と公明の推薦を得ている②や先の選挙で一定の支持を集めている③も十分支持を集めることでしょう。中でも②はFC岐阜の経営危機当時からスポンサーとして支えている会社の社長ということで、地元ではちょっとした人。市長になればチームの関係もよくなるのではないかと見越して投票するサポーターもいることでしょう。サッカーは基本的に若年層や中年層の支持が多いので、18歳・19歳に投票権が与えられる今回の選挙には追い風になることでしょう。


今回の岐阜市長選挙の主な争点は、市庁舎の建て替え問題と先細りする岐阜市への対策。
前者はカネを掛け過ぎている・市庁舎が規模に対して大きすぎるとの批判が絶えません。反対以外の明確な主張が出てこないのは、支持者がどう思っているのかわからないからというふうに思えますね。市長・議員専用エレベーターの問題もあったので、このあたりも心理的な影響を与えることでしょう。
後者に対しては、新しい産業を起こしていくのか、駅前にマンションを建てるように、新興住宅地を促進していくのかになってくるでしょう。柳ケ瀬の再開発も絡んでくるので、そこに明確なビジョンを出せるかも候補者選びのポイントになってくるでしょうね。


投票は1/28になります。岐阜市に在住の方は、40万都市の将来を決める大きな選挙になるので、行くようにしましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

理由はどうあれ、この時期には・・・

大相撲の不祥事が止まりません。十両8枚目の大砂嵐関が無免許運転をしていたということが発覚しました。
大砂嵐関は、今月上旬に長野県内で無免許で運転をしていただけでなく、追突事故を起こした疑いにより、長野県警に道路交通法違反の疑いで捜査されています。

この事故に対し、大砂嵐関は否認しており、国際免許証を取得していなかったにもかかわらず、妊娠中のエジプト人の妻(国際免許証は取得済)をかばうためだったそう。ただ、この国際免許証の取得の有無にかかわらず、日本相撲協会の規定で力士は車の運転をしてはいけないことになっており、その規定に違反したことになります。そもそも論で、このことを大嶽親方や日本相撲協会に報告していなかった(本人曰く怠った)ということから、隠ぺいしようと思われても仕方ないわけです。
なお、報告しなかった点の非は認めており、今日から休場しています処分は長野県警の捜査が終わってから決まるとのことなので、場所中の処分の可能性もはらんでいます


まぁ、色々言いたいことがあるのですけど、まず国際免許証というものが結構いい加減なんじゃないかと。
国際免許証というのは、その国が発行した免許を外国でも使えるようにするというもので、日本では特例で来日してから1年までは有効、その後は3ヶ月以上帰国している場合のみ、再度1年まで有効というふうになっています。国際免許証を持っていなかったとされる大砂嵐関は論外にしても、仮に持っていてもその有効性が疑われる免許証で運転するのもおかしいこと。日本で継続的に運転したい場合、日本の免許に準拠した資格を得ないといけないとされています。つまり筆記と実技(私達が受けるものと同じもの)を受けることになるそうです。
ちなみに、この免許をもらう基準も国によってかなり違い、エジプトの場合は、まっすぐ走れること・曲がれること・発信と停止ができることなど、本当に基本的なことができて、取得のためのお金を収めればOKらしい。つまりガバガバこれで運転ができるとなっていたら、追突事故が起こってもおかしくない。
あとは、些細なことでもきちんと報告今回の事態は真っ先に報告しないといけないわけです。何をもって報告しなくともよいと思ったのか、大砂嵐関は反省しないといけないですね・・・。


とはいえ、今回の一件で、理由はともあれ、引退勧告を出されるのは避けられないでしょう。仮に虚偽なら解雇の可能性もちらつき、力士としてのキャリアに泥を塗ったばかりか、また外国人力士が・・・という目で見られてしまうでしょう。外国人力士不要論が過熱する事態になってしまうことでしょう。
そして、日本相撲協会の体たらくも極まれりとなってしまったわけで、八角理事長はもう退任は避けられなくなるでしょう。日本相撲協会の闇は深そうだ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:37Comments(0)

2018年01月16日

肝いりだからと言って、フグだったら食べてはいけない

昨日、愛知県蒲郡市にあるスーパーマーケットで肝入りのフグが売られていたことがわかりました。
スーパーの店主は、毒の無いフグなら売ってもいいと思っていたそうですが、今回そう思っていたヨリトフグであってもそうでなくとも、フグは毒の有無関わらず、毒のあるとされる肝や卵巣などは販売してはいけないことになっています。

というのも、フグの毒は猛毒として知られており、ほんの少し食べただけでも死んでしまうほど。だから、それらを捨てる際にもカギに掛けて、専用の業者に引き渡して燃してもらう・・・という手順を採らないといけないのです。そのカギを持っている人も、調理資格のある人だけという徹底ぶりですから、いかに危険なものかわかります。
実は、石川県の一部地域では、毒のある部位を無毒化して食す習慣もありますけど、いまだにメカニズムがわかっていないうえ、許可をもらって作っているので、当然ながら一般人はできません
また、今回大丈夫と思っていたヨリトフグでも過去に毒が検出された事態も発生しています。だからフグは毒の有無関わらず食べてはいけないのです。


今回誤って肝入りにしてしまったフグの切り身は5パック流通してしまい、うち3パックは食べられなかったものの、2パックは誤って食べてしまったそうです。幸い何事も無く終わりましたけど、何かあったら一大事。すぐにわかっても助からなかったのでは・・・と考えると、いたたまれません。


まぁ、正直今回この店はかなり厳しい沙汰を受けなければならないでしょう。何せ発覚する前から売ってたそうですから。それまで気付かなかったのは、地元の人も毒が無いからというのを信じてしまってたからなんでしょうかね・・・。そうだったとしたら、この店の罪は重いです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2017年12月22日

カストロからの変化

キューバが大きく変わるかもしれません。


キューバの事実上の国家元首であるラウル・カストロ国家評議会議長が来年4月で退任することが明らかになりました。本来は来年2月に任期が切れ、そこで退任という予定でしたけど、9月に行われる予定だった人民権力全国会議(国会)がハリケーン襲来により遅延し、2ヶ月任期が延びたためでもあります。


ご存じのように、キューバは1959年にキューバ革命によって故フィデル・カストロ元国家評議会議長が実権を握りました(革命達成当初は首相)フィデル・カストロ元国家評議会議長は、健康問題を理由に2008年に弟であるラウル・カストロ国家評議会議長に譲渡するまで実に半世紀近く実権を握っていました。10年経過し、ラウル・カストロ国家評議会議長も86歳兄も82歳で政権を譲渡したことを考えると、そろそろだったのかもしれません。
ラウル・カストロ国家評議会議長は国家評議会議長への再任は望まないものの、2021年まで任期のあるキューバ共産党の第一書記は留まるとのことだそうです。しかし、いずれにしても約60年続いたカストロ一家の時代が終わり、キューバは大きく変わる時期に差し掛かることになるかもしれません。


後任は、57歳の第一副議長日本から見ると無名の人物が就任することになります。当然政治手腕は未知数ですが、ラウル・カストロ国家評議会議長に見出されたのですから、きっとキューバを導けると判断したのでしょう。


来年、キューバは大きなターニングポイントに差し掛かることになりました。アメリカとの関係はどうなるのか、キューバ国内の情勢に大きな変化が訪れるのか、もし大きな変化が来た場合、今のキューバ共産党による独裁政権はどうなるのか、もしかするとラテンアメリカを含めた西半球に大きな変化をもたらすことになるのかもしれません


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2017年12月20日

逆だろ!

聞けば聞くほど腹立たしい。


先日、沖縄県にある普天間基地そばの小学校に、基地から飛び立ったアメリカ軍のヘリコプターから窓が落下して、あわや大惨事になるという事態が発生しました。
その後、その小学校に「基地が作られた後、そのそばに建てたのだから文句を言うな」とか「基地で稼いでいるのだからいいだろう」などの中傷が25件も寄せられたのだそうです。この苦情と称した中傷を行った人間は、全く沖縄の戦後史をわかってない方々なんでしょうね。


皆様ご存じだと思いますが、沖縄の戦後史は他の都道府県とは違う歴史をたどっています
戦後約30年はアメリカによる統治の下で過ごすことを余儀なくされ、本土に渡るにもパスポートが必要でした。日本円は実質使えず、琉球政府が発行したお金かアメリカドルしか使えなかったのです。甲子園に出場した高校生が、甲子園の土を持ち帰ろうとしたものの、沖縄県に入った途端、検疫のために捨てざるを得なかった話は、沖縄の戦後史を語る上で重要な悲しい出来事の一つでもあります。

さて、戦後に作られた日本にあるアメリカ軍の基地は、7割以上沖縄県(沖縄県全体では17%ほど)が未だに占め、中には都市のど真ん中にあるという基地もあります。そうなったのは、戦後統治したアメリカ軍が接収したためなのです。しかも、その接収した土地は、かつて集落や田畑があり、中には墓地など沖縄県民(家族)のアイデンティティの象徴もあったのです。それを有無を言わさず強制的に接収されたのです。そして、基地があるがために、土地が足らず、学校などを基地の近くに建てざるを得ないのです。
そのような経緯があったことを、中傷していた人達は全く知らないのでしょう。ネトウヨの自分の都合だけで仕入れたニュースだけでこのような結論に至ったのではないかと邪推したくもなります。


こんなことにならないようにするためにも、日本史でも近現代史をきちんと教えることが重要だと思います。私は日本史はあまり好きではなく、世界史の方が好きだったこともあり、文系に進んでも世界史を選択科目で選んだほどですけど、それでも近現代史だけはきちんとやった記憶がありますできるだけ、学校の現場で近現代史を集中して行ってほしいのです。センター試験に出ないからという理由で軽視される傾向は、私の時からありました。試験は関係なく、一般常識として沖縄の戦後史は教えるべきなのではないのでしょうか。どれだけ沖縄の人達は苦しんでいるのか。どれだけ大変なのか。基地があることで潤っている人がいるのも事実ですけど、それは全体のほんの一握りだけなのです。
そしてアメリカ軍も、通常訓練の場合は、周辺住民への最大限の配慮を行うべきです。当時は何でも国の意向で・・・と押せたのかもしれないですけど、今はそうではありません。コンプライアンスの嵐吹き荒れる・・・と文句を言いたくなるのでしょうけど、今はそれが常識なのです。


沖縄県は、戦後日本の発展ために犠牲になっている側面があることを忘れないでほしい、ネトウヨが妄想する沖縄県への見方はほとんど全てと言っていいほど間違っている、そしてアメリカ軍は理由はどうあれ沖縄県民の怒りを軽視してはいけない、少なくともこの3つを私達は覚えないといけないのです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)

2017年12月18日

遂に4Mの一角が崩れる

名古屋の人間にとって、4Mというのは無くてはならない百貨店を意味します。最近はJR高島屋も入っているので、4M+1という言い方をしていますが。
その4Mとは、松坂屋・三越・名鉄百貨店、そして丸栄その4Mの一つ、丸栄が遂に閉店することが決まりました。テナントで入っていたサカゼンが完全閉店と銘打っていたので、嫌な予感がしていたのですけど、遂に、遂にというべきですね。


丸栄は1615年に創業した呉服店がルーツで、1943年にもう一つの百貨店と合併してできたのが、現在の丸栄になります。戦後、オリジナリティを発揮するために、エスカレーターの設置やオープンディスプレイを採用するなどしたものの、一度経営危機を迎えますその時に支援したのが、今回の閉店劇に絡む興和だったのです。
興和の支援により、一度は立て直し、積極的な経営に再び乗り出します。しかし、バブル崩壊やリーマンショックによって、その多角経営のツケを払わされる格好になり、徐々に身を削る運営をするようになっていきました。もちろん、再生のためにテナントを入れ替えたり、新規展開を行うなどしたものの、全てが上手く行ったわけではなく、むしろ上手く行かなかった方が多かったのかもしれません

そんな中で、興和は丸栄を子会社化し、一時は百貨店撤退を示唆したこともありました
しかしその後も、売り上げ低迷が続き、遂に今年7月には興和の完全子会社化が発表されました。その約半年後に閉店の発表。ちなみに、閉店は2018年6月30日になったそうです。


やはり興和が絡むとロクなことがない。かつて、興和は愛知国際放送(RADIO-i)を閉局に追い込んだ張本人です。この時も、興和が支援に乗り出し、最終的には完全子会社にしたものの、何もできずに潰しただけでした。特にRADIO-iの場合は支援先が乗り出してきたのにもかかわらず、潰しに掛かったという人でなしの側面もあります。結局以前書いた通りになりましたわ。ただの壊し屋だったんですよ。


もう興和を信じません興和は嫌いです。興和自体が無くなってしまえと言いたくなりました。もう放送機器を他の放送局は買わないでほしい興和のシステムは採用しないでほしい。私も興和の医薬品は買いません。そう誓います。壊し屋の店から何も買いたくありません。


丸栄は経営は厳しいものの、店も催しもオリジナリティがあり、生鮮品のよさと安さは他の4M+1に比べても素晴らしかったのに、潰してしまうのか・・・。せめて地下の生鮮品街は複合商業施設になってからも残すんだよな?そうするんだよな?興和さんよ!何とか言えよ!潰すだけじゃなくてさ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2017年12月14日

参入するからには、2012年の失敗を繰り返してはならない

今日、楽天が携帯電話事業(キャリア、つまりMNO(移動体通信事業者))に参入することを発表しました。
現在のキャリアは、NTTドコモ・au(KDDI)・ソフトバンク・ワイモバイルの4ブランドあるものの、ソフトバンクとワイモバイルは、ソフトバンクグループの一つとなっているため、1社で2ブランドあるという、かつてのauとツーカーのような関係になっていますので、事実上は3社になります。


今回楽天が獲得に乗り出したのは、1.7GHz帯と3.4GHz帯(どちらも4G向け)来年1~2月に募集が掛かるとのことで、楽天は、その募集に応募する形になりました。異論が出なければ、3月には割り当てを取得でき、その後子会社の設立・基地局の整備を約1年掛けて行って、2019年の新規参入を目指すそうです。
ちなみに、目標加入者数は1500万人。恐らくワイモバイルの加入数の1.5倍くらいを狙っているのかなと思います(個人的推測ですが、ワイモバイルの加入者数は800万~1000万くらいと思っている。ちなみに、2017年9月現在、NTTドコモが約7500万、auが約5000万、ソフトバンクが約4000万で、ソフトバンクはワイモバイルを含めたものと推測)。


では、現在の携帯電話事業はどうなっているのでしょうか。
先述の通り、キャリアに関しては、NTTドコモ・au(KDDI)・ソフトバンク・ワイモバイルの4ブランドあり、全体の約9割を握っています。残りの約1割は、そこから電波を借りて運営しているMVNO(仮想移動体通信事業者)で、様々な業者が多数参入し、低価格をウリにした過当競争が起こっています。中には、FREETELのように事実上の倒産に追い込まれ、楽天に買収されるといったMVNOも現れており、体力勝負の様相も呈しています
それゆえに、既にMVNOで名を馳せた楽天(楽天モバイル)でさえも、将来生き残れるか不安な点やさらなる安価競争に巻き込まれるのならば、電波を持っておいた方がやりやすいと判断したのでしょう。現在NTTドコモに払っている使用料もバカにならないんでしょうね。


この新規参入の流れは、過去にもありました。2005年にまでさかのぼります。
今回と同じように、新規周波数の割り当てが行われ、最終的にイー・アクセス(イーモバイルで参入)、ソフトバンク(BBモバイルで参入)、アイピーモバイルの3社が参入することになりました。しかし、ソフトバンクは日本でサービスを行っていたボーダフォンを買収、アイピーモバイルはサービス開始前に破綻、残ったイーモバイルはサービス開始まで漕ぎ着けたものの、既にあったキャリアの壁を破れず、最終的にソフトバンクに買収されます(詳細は、こちら)。左記に書かれたイーモバイルの買収劇は2012年に行われました。事実上新規参入事業は失敗に終わったのです。
前回のような失敗を防ぐためにも、政府(総務省)は楽天に対して様々なアドバイスを送るべきだと思いますし、可能な限りキャリア3社とタイマンを張れるだけのハンデを取らせるべきだと思います。ある程度自立ができるようになれば、自分達でやればいいと思うので、とにかく楽天を含めた4社での公正な競争を促してあげてほしいです。これで楽天のキャリア事業がどこかに買収されるようなことになれば、日本の携帯電話事業はもう終わりでしょう。3社で思い通りになる寡占事業が染み付くような形態でしかないというふうなら、永遠に日本から生まれるケータイはガラパゴス(つまり世界では通用しない状態)になると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:42Comments(0)

2017年12月06日

ロシアが2018年オリンピック追放へ

国際オリンピック委員会(IOC)は、スイス・ローザンヌで開かれた理事会で、2018年に韓国・平昌(ピョンチャン)で開催される冬季オリンピックにロシアの参加を認めない(ロシアオリンピック委員会の参加資格停止)方針を明らかにしました。このところ明らかになってきた国主導のドーピング問題(組織的不正およびその隠蔽)があったからです。


ロシアのドーピング問題は、2014年の告発がきっかけで明らかになりました。それまでも旧ソ連時代、ステートアマと言われるほど最強の選手団だった旧社会主義国では、ドーピングが当たり前のように行われていたと言われ、それらが民主化により体制が変わっても、ロシアなど一部ではまだあるのではないかとも言われていました
で、2014年の告発とは、女子陸上選手とその夫(ロシアの反ドーピング機関に勤めていた)によるもので、組織的な不正と検体のすり替えや廃棄を国家ぐるみで行っていたことをドイツの公共放送で暴露したことでした。さらに、後の調査で選手と反ドーピング機関との癒着(ワイロなどで検査日時を知ろうとした)も発覚。遂には国家ぐるみのドーピング行為が認定され、国際陸上競技連盟からの資格停止、反ドーピング機関からの資格停止処分を食らうことになったのです。
この行為はロシアで開催された(つまりホスト国である)ソチオリンピックでも行われており、金メダル33個のうち11個がドーピングではく奪と実に1/3に及んだのです。

これらの行為が明らかになってから、国際社会によるロシアの締め出しが議論され、2016年のリオデジャネイロオリンピックの時は、各種目に委ねる形になり、陸上など一部競技でのみロシア選手団の出場ができなくなりました。対してリオデジャネイロパラリンピックでは、国際パラリンピック委員会(IPC)が事態を重く見て、全競技での締め出しを決めました事実上の追放になったのです。

しかし、国際社会は、IOCの放映権ビジネスによってロシアへの対応が及び腰になったと痛烈に批判。そのため、今回の冬季オリンピックには毅然とした対応、ロシアを事実上の追放にしたのだと思います。
ただ、以前の国際大会(最近だと2017年の世界陸上ロンドン大会)のように、過去にドーピングによる失格が無い・反ドーピング機関やIOCなどの厳しい審査をクリアしたなど諸条件をクリアした選手のみ個人資格(ロシアからのオリンピック選手(ROA))での参加になり、オリンピック旗での入場とメダル獲得時の掲揚、そしてその時に流される歌は♪オリンピック賛歌になり、ロシアの国旗・国歌の使用および同国の採用したユニフォームを着用しての参加は禁止されます。


現状、ロシアの選手が個人参加で出場するのか否かは報じられていません一部選手からは反発やスポーツ仲裁裁判所への提訴もあるとされ、フィギュアスケートのメドベージェワ選手は参加しないのではないかとも言われています。またロシア政府からは侮辱的・屈辱的・アメリカの陰謀が絡んでいるとして、ボイコットを呼びかける動きもあると報じています。


もしロシアの全選手が出場しない・できないとなると、メダル獲得の勢力図が大きく変わるとも言われています。そして、盛り上がりの面でどうなるのかも不透明です。放映権ビジネスで稼いだIOCは経費を回収できるのかも焦点になるでしょうし、何より、韓国国内の盛り上がりに水を差すことになる可能性も否定できません
そして、ロシア国内でもプーチン大統領が出馬する来年の大統領選挙への影響も指摘されています。というのも、ロシアがスポーツから国威発揚を促していたからです。その勢いは、かつてのステートアマ時代(つまりは旧ソ連時代)を彷彿とさせるようなものでした。今回の決定は、体面を汚されたとも取れる行為になるでしょう。


ちなみに、政治的な問題での不参加はこれまであったものの、ドーピング問題で不参加になるのは史上初めてになるとされています。ただ、この問題もどちらかというと政治的な問題とも言え、政治とスポーツを根本から切り離さない限り、このような悲劇は続くと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)

2017年11月20日

アビスパ福岡が大人になるきっかけになるのか

J1昇格プレーオフにコマを進めた4位のアビスパ福岡。しかしながら、第1戦になる東京ヴェルディ戦は、自身のホームであるレベルファイブスタジアムが、大規模な改修工事(2019年のラグビーワールドカップを見据えてもいる)のため使用不可になり、ロアッソ熊本のホームであるえがお健康スタジアムでの開催になっています(勝ち進んだ場合のホームは不明だが、最も近いギラヴァンツ北九州のホームであるミクニワールドスタジアムの可能性が高い)。いずれにしても、福岡から少し遠い場所での開催になるわけです。


そのことがあったからなのか、今日福岡の公式サイトに異例の声明が出されました。
今シーズン応援してくれた福岡のファン・サポーターに感謝すると同時に、共に戦った九州のJ2チームへの感謝、スタジアムを貸してくれた熊本への謝意、昇格を決めたV・ファーレン長崎への祝福、J3で戦う九州の2チームへの激励、そしてJ1で戦うサガン鳥栖への敬意を払う文言が掲載されました。そして彼らに対し、一緒に応援してほしい(できればスタジアムにも来てほしい)という呼びかけを行ったのです。


特に私が異例に感じたのが、まず熊本と福岡というのは、九州の中でもライバル心が強い地域で、大型店舗の進出の際にも張り合っていたこともあったわけです。でも、今回は開催地を提供したこともあって、その地域間の対立はこれまで以上に和らいだと思います。それ以前に熊本地震や九州北部豪雨で双方の融和は進んでいたようにも思えますけどね。

しかし、一番はサガン鳥栖への敬意をオフィシャルが出したという点
実は、福岡と鳥栖は浅からぬ因縁があり、最初は鳥栖が事実上の前身クラブであった鳥栖フューチャーズ(設立当時はPJMフューチャーズ)が静岡県浜松市から移籍したのが、九州のプロサッカークラブの起こりなのですけど、その後静岡県藤枝市から移籍した福岡ブルックス(同じく藤枝ブルックス)が、鳥栖の選手などを一切合切奪い去り、Jリーグ(現在のJ1相当)に加入したこともあり、仲が悪いのです。その頃を知っている今の鳥栖のサポーターは、旧チームが無くなったのも、後に入った鳥栖が経営で苦労したのも、元はと言えば福岡の横暴があったからという見られ方をされており、福岡と鳥栖がJ1ないしはJ2でダービーマッチが組まれた場合は、福岡と北九州とのダービーマッチの時と同じく、いやそれ以上に異様な空気を放つものになっていたと言われています。つまりは、双方のサポーターがかなり険悪な状態なわけです。
そんな中で出されたこの文言は、福岡が、この事態をきっかけに変わろうと決意したのではないかと思います。これまで色々あったけど、これを機会に大人のクラブになろうと思っているのかもしれません。水に流すのは無理でも、誠意をもって対応しようという表れなのかもしれません。
そして、このリリースを見て、サポーターも変わるべき時が来たのだと思います。これを機に、鳥栖のサポーターも福岡のサポーターもお互いの非礼を詫びて、新しい時代を築くべきではないのかなと思うのです。コアサポが変わらないとという人もいますけど、まずは和解からだと思うのです。そうすれば、お互い変われるのではないのでしょうか。

この九州のチーム同士の共闘、お互いがライバルでありながら仲間という意識が出来上がることは、昇格プレーオフの結果以上に大事なのかもしれません。もちろん、勝てば文句ないでしょうけど。
そして福岡の運営とサポーターの皆様にお願いがあります。できることなら、同じ九州のチームのユニフォームを着てやって来るサポーター達を快く迎えてあげて下さいあなた方の出した声に反応してくれた心強い『同志』なのですから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2017年11月14日

相手も悪いが、ビール瓶はなかろうに

横綱の日馬富士関が、10月に行われた鳥取巡業前の親睦会で貴ノ岩関を暴行していたことが明らかになりました。これにより、日馬富士関は現在開催中の九州場所を休場となりました。


日馬富士関は、モンゴル人同士の親睦会の中で、生活態度に問題のあった貴ノ岩関に注意をしたところ、貴ノ岩関がスマートフォンをいじりながら聞いていたため、日馬富士関が激昂、貴ノ岩関をビール瓶で殴ったり、こぶしでボコボコにするなど暴行を加えていました
その後、貴ノ岩関は巡業には参加していたものの、11月に入って入院し、九州場所を休場する事態になりました。
この親睦会は、酒の席ということもあり、日馬富士関は酒を飲んでいて、その結果暴行に至ったのではないかという部分も言われています。ただ、酒の席では今回のような姿を見せていないということなので、生活態度に激昂したのは事実なのでしょう。ただ、そのキレる部分が酒によって下げられたというふうにも考えられ、その怒りが結局のところ暴力に繋がってしまったのでしょう。
それに、貴ノ岩関の態度もよろしくない
日馬富士関は生活態度を改善させようと、酒によって管を撒くレベルだったのかもしれないですが、注意してくれたのでしょう。それを「反省してまーす」的な聞き方だったのだとしたら、それは怒って当然だとも思います。ただ、そこでビール瓶で殴る、ボコボコにするのは論外。諭すように怒れなかったのかと思いますわね。


いずれにしても、思うに、過去知人を殴って引退に追い込まれた元横綱の朝青龍関の件もあるので、高い確率で引退に追い込まれるのかもしれません。同情する余地もあるのかもしれないですけど、下手に同情をしたら、相撲ファンが黙っていないでしょうし、何より貴ノ岩関の所属する貴乃花部屋が黙っていないでしょう。自分の関取が悪いとはいえ、選手生命に関わるケガに至ったわけですから。


この結末は、九州場所が終わるまで待つしかないでしょう。既に鳥取県警が動いているということなので、書類送検になるのか否かで、日本相撲協会の動きも変わることでしょうし。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)

2017年10月22日

【2017年】投票に行ってきた【衆議院議員総選挙】

先程、第48回衆議院議員総選挙および第24回最高裁判所裁判官国民審査の投票を済ませてきました。
台風が来るという中、いつもより少し遅くなって出たものの、来た時にはまだ誰もいない(選挙管理委員会の関係者だけいた)ふう。投票開始時間の午前7時の少し前から徐々に人が集まって、最終的には10人くらいの人達が集っていました。私のいるところは、県内(恐らく全国的に見ても)で一二を争う投票率の悪い地域だけに、悪天候にもかかわらず、これだけの有権者が集まったのには感慨深いものがありました。まだ日本は死んでいない。


今回の選挙は、意中の候補者がいない中で、仕方なくとか不本意ながら投票する人も多いことでしょう。
だからこそ、有権者である我々が、きちんと監視する必要があると思います。特に当選した議員がぶれないか変節しないかきちんと見ていかなければならないのです。公約と違うことを行ったり、変節をたどる(離党したりなど)こともあります。そんな悪辣な人達を次回投票に入れないようにしたいから、きちんと見るべきなのです。

同時に行われている最高裁判所裁判官国民審査は、リストが投票用紙にしかありません。そして罷免したい人に×を付ける特殊なルールになっています。過去誰も罷免されたことは無いのですが、国民に与えらえれた大切な権利です。可能な限り裁判官のプロフィールを調べ、罷免するか否かを決めておきましょう。


今回の選挙・国民審査の投票時間は、午後8時(一部地域は午後6時)までになっています。既に投票は始まっています。台風が気になる人は、早めの投票を。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 08:27Comments(0)

2017年09月25日

新しいパンダの名前は香香(シャンシャン)ですが・・・

6/21に上野動物園で生まれたメスのジャイアントパンダ。生後100日を過ぎ、元気に育っています。歯も生え始めたので、これからは母乳から笹を中心としたエサに切り替えていくのかね。
そんな新しいパンダの名前は、公募で決められるということで決まっていました32万通の応募があり、その中からいくつかにピックアップし、そこから特に多かった、かつ選考委員会の人達からも評価が高く、中国政府とのすり合わせの際にも問題にならなかった「シャンシャン」が名前として決まりました漢字で書くと、『香』という字を2つ並べたものになります。『香』には花開く明るいイメージがあるそうで、『シャンシャン』という言葉も呼びやすいというふうに捉えられたようです。


結局のところ、繰り返し言葉の方が、中国名らしくしっくりくるということなんでしょうね。悪い響きではないですし、愛らしさもあっていいと思いますよ。
ちなみに、候補の中には「ルンルン」もあったそうな。毎度出てきては落ちる名前なんだって。「花の子ルンルン」とかもあるからいいのに。


この名前を決めた同じ日に、安倍晋三首相から衆議院の解散を行うことを決めたという発表を行いました。9/28の臨時国会の開会時に行う公算だそうですが、こちらは自民党の都合によるシャンシャン解散というふうになりそうで。そんな都合のいい解散はしてほしくないし、冒頭の所信表明演説さえもやらない。つまりは、シャンシャンとさえも言わせない解散をする政党を容認しないといけないほど、今の日本は腐っているのかねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2017年08月29日

いきなりクレジットカードが使えなくなった、衝撃の理由

先日、クレジットカードを使って支払いをしようと思ったところ、店員が顔を曇らせる。何とカードが使えないと言い出すのだ。
うーん困った。だって、大概の支払いはカード経由にしているから。しかし、支払いの滞りの覚えは一回も無いちゃんと口座に貯まっている残高と支払額の確認をしているからです。
じゃあ何だと疑問には思っていたものの、オペレーターの時間はとうに過ぎている(だいたい、午後5時半で閉めてしまうのは、いくら何でも早過ぎる。サービス業なんだから、夜の8時か9時くらいまではやらないと)金曜日も仕事なので、仕方なく土曜日、試合に行ったあの日、待ち合わせの時間で電話することに。
オペレーターに繋がる時間だったので、早々と繋がる。事情を話してみると、意外な理由だったのです。

実は、私の使っているカード番号が個人情報の抜き取りに遭う可能性があったため、カード会社が番号を変えたとのこと。つまり、今持っているカードは無効になっていますよ、と。そんなことってあるの、と思わず耳を疑ってオペレーターに聞き返してしまったほど。いわく、5000人くらいが対象になりかねないとのことだったのですけど、あくまで可能性だったため、メディアには公表しなかったと述べていました。
そういえば、先週あたりにダイレクトメールが来ていたわ。何の郵便かわからないし、どうせカード会社からのお知らせ絡みのダイレクトメールだろうと受け取らなかったんですね。その中に、どうやら新しいカードが入っていたようで。


そんなこと知らなかったし、だいいちそんな重要な情報なら何かしらで知らせてほしいと少々怒りもこみ上げてきましたが、先述の通り、可能性の枠内だったため行なわなかった、ただきちんと行うべきだったかもしれないとも述べていました。

ちなみに、新しいカードは本人でないと受け取れない郵便ではなかったので、家族が受け取ってくれました。前の時も家族の誰かがいれば、そんなことにはならなかったんでしょうけど、そればかりはねぇ・・・。


恐らく、そんなことはめったにないと思いますけど、以前に書いたATMの件しかり、何が起こってもおかしくないと思うようにはなりました。皆さんもダイレクトメールが来た場合、きちんと受け取れるようにしましょうね。
あとは、カード会社は可能性でも顧客に対して重要な情報はできる限り載せてほしい。じゃなきゃカードを使っている人が困っちゃうよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:13Comments(0)