2018年06月02日

FC岐阜観戦記2018 第8節 かおすちゃん降臨?

FC岐阜、今日は水戸ホーリーホック戦でした。
これほど1週間が長いと感じずにはいられなかった。それだけ今の岐阜は絶好調ゴールデンウィークの連戦の影響で試合間隔が短かったのもあるけど、ホントに1週間が長いと思いながら待ってた。待ち遠しかった。

待ち遠しかった理由は人それぞれでしょう。
先程書いたように、チームの成績がいいからというのもあるでしょう。でも、今日はそれだけじゃない。何とSKE48の一部メンバーがやって来るからという人もいらっしゃったことでしょう。そして、私のような人間には、「アニ×サカ」がやって来る・・・これだけでしょう(ニヤニヤ)。ミリタリーマニアには戦車の方がメインなのかな。


SHV39_3285というわけで、その戦車。
毎年この日のためにやって来てくれる「ヴィーゼル空挺戦闘車」の1/1プラモデル「プラモデルを1/1で作る会」という組織が作成したもので、コンバインから組み立てたのだそうな。解説してくれた人は、水戸のサポのご様子だけど、他のチーム事情にも明るい方でした。毎年思うけど、この人の解説は深い



SHV39_3300そして、やって来ました「痛ゲーフラ祭」(笑)。
・・・何か、ドラゴンクエストシリーズに出てくるマドハンドのように増殖するんですけど(ギャハ)。
こんなに痛ゲーフラが増えてるだなんて。これはひどい(誉め言葉)。



SHV39_3289ここからは、新作の紹介です。
まずはホームFC岐阜から。
こちらは、「刀使(とじ)ノ巫女」からですな。主人公の子が美濃関学園という架空の学園が岐阜にあるという設定なのよね。だから、第1話では岐阜羽島の駅から新幹線に乗って東京に向かうシーンがあるのよ。美濃ないしは関なら、岐阜まで出たら名古屋で新幹線に乗った方が・・・とか言うのは野暮か(ニヤニヤ)。



SHV39_3290こちらは、今話題沸騰中の「ひそねとまそたん」から。
作中で主人公が「岐阜の顔ですから」と宣ったシーンを基に作られた・・・って、それ先々週くらいだよね(汗)?仕事早すぎ(爆)!
ということで、お隣には難波宏明選手がゲスト出演(笑)。確かに『岐阜の顔』だわ。



SHV39_3293こちらは、「ゆるキャン△」の各務原(かがみはら)なでしこさんかな?
作品の舞台は山梨県、彼女の出身は静岡県浜松市あたりなのに、なぜか名前が岐阜の地名なだけで岐阜のキャラになってしまった典型的パターン(笑)。亜種(変種)で、作者が岐阜出身だったがために岐阜のキャラになったパターンがあり(ニヤニヤ)。ええ、今回の「りゅうおうのおしごと!」絡みのキャラだよ(爆)!
なお、岐阜の地名の付いたキャラは他にもいる模様。



SHV39_3298こちらも「ゆるキャン△」ですね。
・・・はい、各務原さんのお隣、眼鏡にツインテールの彼女が、なぜか(略(笑))になった大垣千明さんです(ニヤニヤ)。



SHV39_3294ここから先は水戸ちゃんの痛ゲーフラ。基本的に「ガールズ&パンツァー」絡みなんですが、一風変わったものも。
最初は、「はせべどのー!!」ガルパンのセリフ絡みです。
去年までは西ヶ谷隆之さん(現SC相模原監督)のゲーフラを掲げていた方の制作ですな。
シンプルだけど奥の深い、このゲーフラは大好きな部類です。ウチの監督ではできない(爆)。



SHV39_3295上も新作なんだろうけど、下は間違いなく新作(笑)。
・・・今年の冬アニメを席巻した某クソアニメ(笑)ですな。
・・・言われんでも、散財するわ(ギャハ)!だから、勝ち点よこせ(爆)!<アカン!



SHV39_3292最後におまけ。
どっちのチームにも関係ないじゃないかー!
こちらは、三重県北部を地盤とするヴィアティン三重の痛ゲーフラですな。
下は、「アイドルマスター シンデレラガールズ」から緒方智絵里さん三重県出身ですね。
上は、「凪(なぎ)のあすから」の潮留美海(みうな)さんかな。この作品は、同じ三重県でも南部にある熊野市でロケーションされたものなので、ヴィアティンのエリアではないものの、J空白域だから、いいのかいね(ニヤニヤ)?
ちなみに、ヴィアティンも結構大変な成績らしく、テゲバジャーロ宮崎に負けると大変なことになるという話が伝え漏れてきました(汗)。踏ん張ってほしいね。何せ、元岐阜の野垣内(のがいと)俊選手がいるんですから。



SHV39_3296もう一方は、J3のアスルクラロ沼津ですな。
・・・同じ青色のチームだから応援で来たのかな(すっとぼけ)。



SHV39_3304地面に置かれていた痛ゲーフラを掲げようとすると、こうなる(爆)。
・・・総勢約50枚の痛ゲーフラがあるから、入りきらない(泣)。これだけの人がいるんですよ。
やっぱり、これはひどい(かなりの誉め言葉)。



SHV39_3307そんな入りきらない痛ゲーフラをご紹介。
まずはセンター、戦車を隠すと意気込んで挑んできてましたよ。あれだけあれば、ホントに隠せそうだわ(汗)。



SHV39_3308こちらは、水戸ちゃんサイド。



SHV39_3310で、こちらは岐阜サイド。

なお、白鳥士郎さんが新婚旅行先のフランスから駆け付けたそうですけど、かなりお疲れの様子でした。何に疲れたんでしょうかねー(棒読み)。



SHV39_3313そして今日の試合は、これだけでは終わらない。
今日の試合は、SKE48のメンバーの一部がやって来て、ミニライブを開催しておりました。
すごいのは、基本的に撮影NGなのに、撮影OKという太っ腹さ
・・・といっても、ここからでは何もわからん(苦笑)。



SHV39_3314というわけで、珍しく映像ドーン。
・・・ギッフィーが男だったことが発覚(汗)。キレッキレのダンスをSKE48のメンバーがベタ誉めだった。

ちなみに、SKE48をはじめ、AKBグループの選抜総選挙が、6/16にナゴヤドームで行われるので、それの宣伝も兼ねているのね。



SHV39_3316試合前の一コマ。
痛ゲーフラがいっぱい掲げられてる!すげー、圧巻だわ。



SHV39_3318前置きがかなり長くなりましたけど、試合はとんでもないことに。


何と、終始岐阜ペースで進むという、これまでにない快挙危ないシーンがないわけではないけど、ここまで相手を完膚なきまでに・・・ということになろうとは。
ただ、前半は岐阜の選手達の動きは硬く、水戸の守備を破れなかったですね。水戸の攻撃に関しては、正直大したことないかもと思っていたけど、守備に関しては、思っていた以上に硬かった。元々守備に特化したチームという印象だったので、岐阜の選手達の硬さも相まって、より強固になっていたように感じられました。

ただ、試合の主導権、ボールとの友好関係を結んでいたのは、間違いなく岐阜でした。
前半18分、ペナルティエリア内での混戦に水戸のディフェンダーの腕に当たり、ハンドの判定に。ペナルティキックを得ることになります。蹴るのは、久しぶりのスタメンになった山岸祐也選手
・・・正直大丈夫かと思ってましたけど、無事移籍後初ゴールを決めてくれました
その後も、岐阜は攻めるものの、イマイチ動きがよくない攻めているんだけど機能していないのよね。やはり、鉄砲玉(スピードのある)の田中パウロ淳一選手がいないのは大きいのか・・・と思いながら、後半に向かいます。

お互いちぐはぐな中で、軌道修正できなかったのは水戸。
後半3(48)分、古橋享梧選手のクロスが水戸のキーパー本間幸司選手にダイレクトに飛ぶものの、ファンブルして掴めない。そこに山岸選手が突っ込む格好になり、たまらずなのか本間選手が抱き込んでしまうふうになってしまいます。故意ではないものの、イエローカードの出るペナルティとなり、2度目のペナルティキックを得ることになったのです。
このキックは、古橋選手が、ややふかし気味になりながらも決めて、2点目古橋選手は思わぬ形でキャリアハイとチーム連続ゴール数新記録を得てしまったのです。
このままで終わってたら、勝ったのは勝ったけど、正直不安の残る勝ち方。結局水戸の守備を破れずに終わっただけですから。そう、ここからきちんと岐阜は立て直せたのです。

集中力の切れ始めていた水戸ではあったものの、何とか巻き返そうとさらに攻撃的なシフトに移行します。しかし、今日の水戸はほぐすのが難しい、絡まった糸のような状況。ほぐれないまま岐阜の攻めを受けることになります。
後半20(65)分、ライアン・デ・フリース選手のチェックに苦慮した本間選手の蹴ったボールは近くの味方に。そこからパスで他の味方選手に回すものの、その間にプレスを掛けた古橋・小野悠斗・風間宏矢3選手の波状攻撃にやられ、手放し転々としたボールは、ライアン選手の下に。すると、バックパスで宮本航汰選手にすぐさまシュートを打ちますけど、ここは本間選手がセーブ。しかし、弾いたボールを待ってましたとばかりに山岸選手がねじ込んで、3点目。前節のアルビレックス新潟戦でやられたことを水戸戦でやってくれました。
このプレーができたことで、正直一安心しました。攻めの姿勢を崩さなかったこともさることながら、山岸選手がきちんと仕留めてくれたことに喜びを隠せなかったですね。これが本当のゴールだと思わず叫びましたよ。

その後も勢いが付いた岐阜は、水戸の必死さを逆に利用して攻めるものの、ライアン選手が足をおかしくしてしまったため、疲労の見えた小野選手と一緒に交代することに。ここで投入されたのは、中島賢生選手と薮内健人選手。この代わった2名が活躍してくれました。
後半41(86)分、中島選手の上げたロングボールが左スペースに。そのスペース目掛けて薮内選手が飛び込みボールをキャッチ。そのまま敵を翻弄し、ディフェンダーとキーパーの計3人を抜いた絶妙なシュートで4点目うれしいプロ初ゴールは、私達の印象に深く残る、シンプルながらもアトラクティブなシュートになりました。

3点目以降は相手を見事にいなし、かつ代えた選手も見事に機能し、まさに理想的な試合運び。アディショナルタイムに入ったら♪アイーダを歌う余裕のあるほどの勝利になりました。もちろん、クリーンシートでの勝利です。


夢じゃないかと思えるほどのスコア。こんな岐阜は見たことがない。取られたことはあったけど、取ることはなかなかない。既に得ていた得失点差のプラスに加え、勝敗の勝ち越しをゲット。ねんがんのりょうほうプラスをてにいれたぞ!しかも3連勝。ここまで上手く揃った、役満のような試合はそうそうないよ・・・。



SHV39_3319今日のMOM(マンオブ・ザ・マッチ)は、山岸選手で問題ないでしょう。
大丈夫かと言ってすいませんでした!田中パウロ淳一選手がしばらく復帰できないでしょうし、ライアン選手もどうなるかわからないので、しばらくフォワードをお願いします。



6月も最高の形でスタートした岐阜。ただ、今月から天皇杯が始まります。早速6/6にモンテディオ山形との一戦が控えています。NDスタジアムで行われるそうなので、6/30の前哨戦となりそうです。ただ、ここで負荷を増すと、6/10のカマタマーレ讃岐戦のアウェイでの試合が厳しいものになるかもしれません。手を抜けとは言いませんが、大事なのはリーグ戦暫定ながら8位に付けている今、この機を逃していけないと思います。更なる上を目指すのと、4連勝を掛けるリーグ戦を優先して戦い抜いてほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2018年04月25日

春の新アニメ2018 ワースト

春の新アニメ、ここからはワースト作品の紹介です。


今期も豊作、しかもハイレベルの争いになっていました。なので、今回ワーストにしたのは、基本的にクオリティなどの面などシナリオ以外で苦言を呈したいからワーストに入っていると思って下さい。個人的には悪くない部分が強いんですけどね・・・。


今期のワーストは、「Cutie Honey Universe」
ギャグアニメとしてはデキは悪くない。でも、今の時代に合う作品になっているのかなという疑問が沸く。シナリオ面ではそう悪くないけど、ジュネ捜査官とシスタージルとの関係があからさま過ぎてるのに、主人公達が気付かないのは、おかしいだろうに。
あとは主題歌だよね。なぜ♪キューティーハニーを外す決断を下したのか過去のシリーズから一新したいなら、登場人物を一新させてハニー以外はオリジナルでもよかったんじゃないの?これは、明らかにA応Pを出したい意図が見え見えで不快最終話でも♪キューティーハニーが出てこないなら、これはキューティーハニーじゃないよ。キューティーハニーの名を借りたただのギャグアニメでしかないわ。

2番目は、「ハイスクールD×D HERO」
こちらもシナリオは以前のシリーズ通りで、見ている人にとっては面白いことこの上ない相変わらず主人公バカだなぁとほくそ笑むことができるくらい。
だからこそ気になるのはクオリティ。普段はあまりうるさく言わないんだけど、今回はベタ塗っぽいというのか、顔面(作画)が崩壊しかかってる感が。制作会社が変わって悪くなった典型的なパターンだわ。

3番目は、「重神機パンドーラ」
こちらは、展開が重い割に主人公に共感できない主人公に危機感を感じられないのよね。ロボットに乗ったり相手の窮地に対して熱血漢を発揮するんだけど、人間性はかなり最悪なのよね。人類を滅ぼしかけた人間というのだけが独り歩きしているだけなのかもしれないけど、ヒロインの方が主人公っぽいというのか、ロボットに乗って戦うのが似合いそうという不思議な展開。つまらないわけではないけど、見逃してもいいかと思わせてしまう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年04月24日

春の新アニメ2018 ベスト

それでは、春アニメの格付けをば。


毎年、春アニメは冬アニメの反動で不作になりがちなんですが、今回に限って言えば、豊作。いい作品が揃いました。今年はベストアニメを選ぶのに困るかもしれないなぁ・・・。


というわけで、見ていきましょう。今回も例によって例のごとく、ベスト3・ワースト3で紹介していきます。


今回のベストは、「ヲタクに恋は難しい」
まだ2回しか放送されていないですけど、その2話だけで心をがっちりと掴みましたよ。4人が繰り広げる悲喜こもごもも面白いし、掛け合いもなかなかアニメでシットコムをやってのけたというのも大きいんじゃないのかな。ラブコメなんだけど、ラブコメにこだわらない作りになっているところも推したいポイントですね。今後の展開に期待。

2番目は、「こみっくがーるず」
個性的な4人がアパートの中で繰り広げる青春群像劇ですけど、マンガ家という共通点がありながら、全く違うジャンルの作品を作り上げるところで、個性が際立つんですよね。まだ売れっ子マンガ家の作品と主人公のマンガしか見てないけど(爆)。世間ズレしているけど、それもかわいいと思わせる主人公の健気さが◎。
個人的には「あばばば」がトレンドワードになりそうな予感。あばばば(爆)。

3番目は、「多田くんは恋をしない」
こちらは、これから恋愛模様になるのかなと思わせる節が垣間見えますね。主人公の武骨ながらも優しいところとヒロインの少し天然ながらも健気なところ、そしてその取り巻きのバラエティ豊かな人物像、あらゆるところでオリジナリティを発揮していると思います。スタッフが「月刊少女野崎くん」で経験を培った仲だからかもしれないですからかねぇ。

次点は、「魔法少女サイト」
「ひそねとまそたん」・「ヒナまつり」と悩んだ中で、選んだのはこちら。
「魔法少女まどか☆マギカ」の影響を受けている部分はあるものの、凄惨な半生を送っている少女が過酷な運命に翻弄されることを執拗にあぶり出している点で評価したいと思います。あまりに凄惨過ぎるので、好みが分かれる作品ではありますが、個人的には見てほしい作品ですね。


次回はワースト作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年04月18日

春の新アニメ2018 その14 フルメタル・パニック! Invisible Victory

春の新アニメ2018、最後となる14回目は、KADOKAWAのレーベル富士見書房の富士見ファンタジア文庫で刊行されているライトノベルが原作の「フルメタル・パニック!」シリーズの最新作「フルメタル・パニック! Invisible Victory」です。
実に10年ぶりの新シリーズ、連載そのものも20年続く長期連載作品になっています。首を長くして待っていた人も多かったことでしょう。ちなみに、今回は長編の7巻以降の内容がアニメ化されるようです。


あらすじは続きものなので無し。いつもの平和な日常の戻った高校に通う主人公達。しかし失態続きの敵組織が本格的に主人公達に襲い掛かることを決行したことから始まります。


随分と久しぶりな作品なので、少しあらすじなりキャラの詳細を1話まるまるでもいいので潰して説明してもよかったんじゃないのかなと正直思いましたね。作品の内容を知っている人でも、10年近くアニメのシリーズが無かった中で見るので、思い出すのも大変でしょう(一応過去作が映画化されることであらすじとしているから省いたのかもしれないが)。初見の人ならなおさらです。
シリーズを見てきている人なら十分に楽しめる、しかし初見の人やシリーズを見ていても内容を忘れてしまうと、追い付くのに大変・・・そんなふうなんでしょうね。つくづく何か(映画以外)で再放送とかしておくべきだったかなぁ。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

春の新アニメ2018 その13 ヲタクに恋は難しい

春の新アニメ2018、13回目は一迅社とインターネットでイラストを公開しているソーシャルネットワークサービスのpixivとで共同出資して作られたウェブマンガサイトcomic POOLにて連載中の「ヲタクに恋は難しい」です。
この作品は、「次にくるマンガ大賞」の「本にして欲しいWebマンガ部門」で1位、「このマンガがすごい!2016」の「オンナ編」で1位、「WEBマンガ総選挙」の一般部門で1位を獲得するなど様々な分野で注目と称賛を浴びた異色作でもあります。いわゆるマニアの恋愛を描いたものとなっているそうですが、はてさてどうなっていくのかのぉ・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は見た目はごく普通のOL。しかし、彼女は重度の腐女子かつコスプレマニアで、コミックマーケットでもサークル参加するほどの強者だった。しかし、付き合っていた職場の同僚である彼にそのことがバレてしまい、フラれたばかりか、その彼と一緒にいるのも辛い・身バレして職場に居辛いという理由で辞めてしまったほどだったのだ。

そのような経緯もあり、今度新しく勤める会社では、そんなことがあってはならないように努めようと思ったのだが、出勤初日に幼馴染みの男の子と出会ってしまい、職務を教えてくれることになった女性の同僚に主人公の趣味がバレてしまうものの、幸か不幸か、その同僚もコスプレマニアで、主人公のこともよく知っていたのだ。
そして、幼馴染みとの再会が、2人の距離を急速に縮めるきっかけにもなり、晴れて2人は付き合うことになるのだが・・・。



というふう。


恋愛アニメというカテゴリに入りそうな作品かと思いきや、この作品はメインになっているのはマニアな活動から繰り広げられるあるあるエピソードとそれらを絡めたギャグアニメになっているとも言えるふうですね。テンポもいいので、見ていて面白いし、恋愛アニメのような要素もあるけど、鼻に付く感じでもない。
こういうのって、何かあったなぁ・・・と思って逡巡させると、そうだ、シットコム(シチュエーション・コメディ)だ!
仕事場・居酒屋という舞台をメインにし、登場人物は基本的に4人で固定、マニアであるがゆえの登場人物の悩みやあるあるで展開されるコメディ・・・途中見ていてゲラゲラと笑ってしまうあの感覚は、正しくシットコムだ。アニメでは珍しいシットコム的な作品なのかもしれない、そう思います。これはライト層にもウケるはずだわ。


いやはやノイタミナにふさわしい、ライトなアニメ視聴者や女性層にもウケる作品でしょう。もちろん、コアなアニメ層にも面白いと思わせるエピソードが随所に含まれているので、女性向けじゃないのと敬遠せずに見てもらいたいですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)

2018年04月17日

春の新アニメ2018 その12 ひそねとまそたん

春の新アニメ、12回目はオリジナル作品の「ひそねとまそたん」です。
今期はオリジナル作品が多い気がします。この作品もご多分に漏れずそうです。ドラゴンに乗って空を飛ぶというのは、よくある話とは思っていますが、どんなふうに飛ぶのか気になりますね。
ちなみに、今作はかなり異例
東海地方の放送は、作品の舞台がある岐阜県のみ。さらにスタッフの一人がヤクルトのジョア好きがいて、リアリティを追求して描いたところ、何とスポンサーにまでなってくれたという経緯まで生み出しています


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、自衛隊員として働く女性。しかし自衛隊員になったのは、自分の無意識に口さがない言動を発する性格が災いし、人を傷付けてしまい、遂には人間関係も悪くしてしまい、疲れてしまったからだ。だからこそ任期制の自衛官に応募したのだ。

無事採用され、庶務関係をこなす中、転属命令が下る。何と転属先は格納庫。そこにはドラゴンがいて、いきなり丸のみにされてしまう・・・



というふう。


主人公がかなりメンタル面でやられているのか、ネガティブで口数も少ないんですね。でも、転属先の事故をきっかけに、堰を切ったかのようにドドドとあふれ出てきて、まぁしゃべるしゃべる、まぁ口さがない口さがないそこに出てくる同僚も酷いヤツから食えないヤツまで勢揃い(爆)。
さらにジョアを売る謎のおばちゃんの存在感(笑)。この人も食え無さそうな・・・。
そしてドラゴン(汗)。アイツは人を飲み込んでしまうけど、大丈夫かいなと思ったら、そうしないとパイロットが操縦できないとはねぇ・・・。かなり斬新な乗り方だわ。

今後、ドラゴンに乗った主人公と他の仲間との出会いも描かれていくことでしょう。そこからどういう変化を遂げるのかがポイントになってくるでしょうね。初回のインパクトを越えられるか、そこに注目していこうと思います。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:32Comments(0)

2018年04月16日

春の新アニメ2018 その11 シュタインズ・ゲート ゼロ

春の新アニメ2018、11回目は5pb.(MAGES.)から発売しているテレビゲームが原作の「シュタインズ・ゲート ゼロ」です。
この「シュタインズ・ゲート ゼロ」、「シュタインズ・ゲート」の続編でもあります。今作は並行する世界の話の中の一つを描いたものになっています。今回も2クールというふうなので、再び主人公は運命に翻弄させられるのでしょう。


あらすじは続きものなので無し。いくつかの世界線をさまよった主人公は、遂にある女性の救済をあきらめ、メンタルクリニックに通いながら大学生活を送るところから始まります。


うわぁ・・・オカリン、かなり精神的にやられてるわ。前回の物語の初めの時は、かなりエキセントリックな人だと思ってたんですけど、今回は今回で別のベクトルでエキセントリックになってるなぁ。平たく言えば、『おかしい』ふうじゃなく、『おかしな人』になっちゃってるんですよね。作品のタイトル通り、オカリンの精神的ヒットポイントは『ゼロ』からのスタートになっています。

今後オカリンがどう立ち直り、世界の危機を救うことができるのか、このあたりの葛藤を楽しみに見ていこうかと思います。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2018年04月14日

春の新アニメ2018 その10 Cutie Honey Universe

春の新アニメ2018、10回目は永井豪とダイナミックプロが原案の「キューティーハニー」のリブート作「Cutie Honey Universe」です。
大元の「キューティーハニー」はメディアミックス作品として展開され、NETテレビ(日本教育テレビ。現在のテレビ朝日)系で放送されたアニメ以外に秋田書店の週刊少年チャンピオンで連載もされました。後に2本のOVAと実写映画、1本のテレビアニメとテレビドラマ(特撮)が展開される人気作となっています。
今回の作品は、これまでこの作品のアニメ制作に関わってきた東映が関与していない、独立局などでのオンエアー、主題歌でもある♪キューティーハニーが使われないなどがあります。なお、今作は永井豪さんの画業50周年記念作品となっています。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


如月ハニーは聖チャペル学園に通う女子学生だが、彼女はアンドロイドだった。彼女の持つ空中元素固定装置を狙って犯罪組織パンサークローが襲い掛かる。

しかし、彼女は変身能力を利用し、愛の戦士キューティーハニーとして、パンサークローの手下達を撃退するのだった。



というふう。


いつものキューティーハニーと言えばそれまでか(ニヤニヤ)。普段の生活はギャグとエロコメディが蔓延するお下劣な作品なのよね(笑)。ゆえに生徒・先生のキャラが濃過ぎるし、放送局によってはゴールデンタイムにやっているのが大丈夫なのか心配になるほど(汗)。
相手のパンサークローも無慈悲と非道なのは、ボスのシスタージルを見ている限りわかるわけで。しかも捜査官になって潜入しているあたり狡猾さもあるな。

過去の面白さを踏襲しつつも、新しい要素をどれだけ入れられるかなというのがポイントになってきますかね。今のままだと過去の視聴者は引き付けられるけど、新規視聴者はドン引きやで(苦笑)。
ちなみに、私は最初の作品を再放送で見たクチの一人です。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)

2018年04月12日

春の新アニメ2018 その9 ハイスクールD×D HERO

春の新アニメ2018、9回目はKADOKAWAのレーベル富士見書房の富士見ファンタジア文庫から刊行されているライトノベルが原作の「ハイスクールD×D」の第4期「ハイスクールD×D HERO」です。
もう4期ですか・・・。随分と長い作品になりましたね。作品そのものも2018年3月で累計400万部超えということで、大人気作品の一歩を着々と歩むエロ小説です(ギャハ)。
ちなみに、今期から制作会社も変わって、スタッフやキャラデザも変わっています。心機一転とも言えるのでしょうが、大丈夫なんでしょうかねぇ。


あらすじは続きものなので無し。ヒロインの一人、アーシアを救い出したものの、突如消えてしまって呆然とする主人公達の前に、彼女をさらった張本人が登場するところから始まります。


まぁ、結論として相変わらずのエロアニメだった(ニヤニヤ)。謎のD文字モザイクも登場し、暴走した主人公を止めるのが、♪おっぱいドラゴンのうたとか、もうおかしすぎ(苦笑)。シリーズを知っている人には、安心安定のデキでしょう。
でも、作画大丈夫か?少しキャラの作画が崩壊しかかってないか心配になりそうです。ベタ塗りが悪いのか輪郭線がはっきりしていないのか、CM(第3期のBlu-ray BOX)の映像の方がよかったふうに見えるのは、そんな気持ちにさせているだけなのかなぁ?

作品は悪くないのに、絵1枚で評価が大きく落としかねない作品になってしまいましたね・・・。残念でなりません。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

春の新アニメ2018 その8 ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

春の新アニメ2018、8回目はKADOKAWAのレーベルである電撃文庫から刊行されているライトノベルが原作の「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」です。
この作品は、「ソードアート・オンライン」の中の「ファントム・バレット編」のスピンオフ作品(タイトルになっている「ガンゲイル・オンライン」の作品が舞台になっている)ですが、手掛けているのは川原礫さんではなく、「キノの旅」を手掛けた時雨沢恵一さんです。世界観にほれ込んで作ったというものですから、結構ディティールのすごいものになっているのではないかと思います。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は「ガンゲイル・オンライン」にハマった女性プレイヤー。ピンクの武装で固めた異様な姿は奇抜で目立ってはいたものの、その実力は折り紙付きで、特にPK(プレイヤー・キリング。プレイヤーを狩る(殺す)行為)で実力を発揮し、恐れられるほどだった。


ある日、彼女は一緒にプレイしていたある女性プレイヤーと意気投合し、スクワッド・ジャムというチーム戦イベントに参加することになった。



というふう。


初回から濃い展開だな(苦笑)。まぁ、「ファントム・バレット編」を知っている人なら、この殺伐としている雰囲気を懐かしいと思うのだろうか、再放送している「ソードアート・オンラインⅡ」を思い出すのか、どちらかになるんだろうねぇ・・・。
まず主人公とその関係者の詳細を多く語っているわけではないので、いきなり実戦モードという形になっているんですけど、主人公が名うてのプレイヤーだということだけはよくわかるし、悪運もあることも察せれる(ニヤニヤ)。
今回一緒に登場した男性キャラも濃い人だと思ったけど、大柄な割に細やかな機転の利くプレイヤーで、相手の心理を読むのに長けているあたり、コイツもやり手だなと思えますわ。
この後、様々なキャラが登場するので、彼らがどうゲーム内で関わり、どういう結末になっていくのか楽しみですね。もちろん、リアルの世界との関わりも注目です。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2018年04月11日

春の新アニメ2018 その7 食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇

春の新アニメ2018、7回目は週刊少年ジャンプで連載されているマンガが原作の「食戟のソーマ」の第3期後半部分にあたる「食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇」です。
作品としては、いよいよ佳境に入り、ますますヒートアップしていくのですが、ヒロインであるえりなの抱えている秘密も明らかになり、彼女が人間性を取り戻していく戦いにもなっていたんですね。学園を取り戻す戦いも混沌としていくこの先、どうなっていくのでしょうか。


あらすじは続きものなので無し。主人公幸平創真の父親が自分の幼いころからのあこがれの人だと知った薙切えりなは、迫りくる学園一過酷な進級試験に向けて大きな決断をすることから始まります。


今回は第3期の後半部分から始まるので、初見の人への配慮というのは、正直あまり無かったですね。ただ、こんなシリアス中でも主人公のひょうひょうとした部分というのは相変わらずで、和むのと同時に、大丈夫かいなコイツと思ってしまう(苦笑)。
物語としては、これからアツい展開になっていくのと、主人公達にとっては一歩も引けぬ展開になっていきそうだというのは感じられましたね。ただでさえ立ち位置としては苦しい中なのに、十傑と挑んでいかなければいけないわけですから、なおのこと。また今期である程度の決着を見せるのとえりなと主人公の関係も徐々に変化を遂げていくことになるでしょうから、そのあたりも見ものになっていくのでしょうね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2018年04月10日

春の新アニメ2018 その6 ヒナまつり

春の新アニメ2018、6回目はKADOKAWAの年10回刊行している雑誌ハルタで刊行されているマンガが原作の「ヒナまつり」です。
パッと見、ワンシーンのイラストが「E.T.」のあのシーンをほうふつとさせるものになっていたので、恐らく主人公は宇宙から来たとかそんな感じなんだろうねぇ。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


若いインテリヤクザである主人公は、その頭脳を使って出世をした人間である。
ある日、突然部屋の中に謎の物体がやって来たその中に入った少女は謎の能力を持つ人で、やりたい放題。だからといってそれを止めさせたら、家の中で大暴走その能力で途方に暮れた主人公は、何とか上手く使いこなす手を編み出し、やがて彼女を学校に通わせるようにも。

しかし、やりたい放題の彼女は今日も周りを困らせるのだった。



というふう。


初回を見て、主人公はヤクザなんですが、組長の庇護の下で伸びている面もあり、他の組員から妬まれて、鉄砲玉(いわゆる自分が犠牲になって相手の敵を取る役)になってしまうんですよね。でも、その時も彼女が助けてくれて事なきを得るというふうで、彼女とは凸凹コンビを演じそうな気配も感じましたね。
基本的には主人公がツッコミ役で宇宙人はボケ役といったところでしょうか。ただ、世話を焼かれないと生きていけないんだなというところがあり、それをなぜか上手くさせているあたり、中々のやり手(笑)。


今後は色々なキャラが登場するのでしょうけど、そんなキャラがどう化学反応をさせるのか気になります。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

春の新アニメ2018 その5 銀河英雄伝説 Die Neue These

春の新アニメ2018、5回目は東京創元社のノベルレーベルである創元SF文庫から刊行されている小説「銀河英雄伝説」が原作の「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」です。
元々は徳間書店から刊行されており、1982年~1987年という長きに渡って書かれていたもので、1980年代を代表するSF小説でもあります。多大な人気を持っていたことから、当時としては珍しいOVAで展開された他、ゲームも作られています現在は、原作をベースに週刊ヤングジャンプで連載中でもあります(このヤングジャンプ版の前からマンガも展開されている)
なお、今作は「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」という名になっており、ファーストシーズンという位置付けになっています(全12話)。2019年には「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」として劇場公開作品となり、全12話を3回に分けて上映される予定です。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


数千年後経った未来の宇宙、地球から苦難の末飛び出した人類は、宇宙に広大な国を築いた。しかし、その国はやがて銀河帝国となり、その帝国の専制を嫌い作られた自由惑星同盟の2つに分かれて争うこととなった。

その戦争が始まって150年、銀河帝国では門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が横行していた。
その争いの中で、双方から天才と称される軍師が登場した。この2人の軍師によって2つの国家を巡る争いは大きく転換するのだった。



というふう。


既に原作を読んでいる人は、この作品の結末をよく知っていると思うし、私もそうですが、ヤングジャンプで連載中のマンガを読んている人は、この戦いはこうなって、ああなって・・・と先走った感のあるかのような見方をするのではないのかなと思っています
となると、役者の演じ方にウエイトが置かれるのかなと思うのですが、今を時めく声優陣なので、悪い部分は無いと思います見せ方の面は気にならないし、ある意味手堅いとも言えます。絵柄も悪くはないですが、かなりイケメンになってますな(苦笑)。
しかし、あまりに手堅過ぎて、新規の人以外は飽きの来る展開にならないかと思います今後いかに既に知っているシーンを映像の迫力や役者の演出で、より深みのあるものにできるかというところがポイントになるんでしょうね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)

2018年04月09日

春の新アニメ2018 その4 魔法少女サイト

春の新アニメ2018、4回目は週刊少年チャンピオンで連載中のマンガが原作の「魔法少女サイト」です。
原作をあまり知らない場合、アニメの公式サイトなどを見て情報を収集することがあるんですけど、アニメの公式サイトは、一種独特の雰囲気を醸し出していて、この作品大丈夫なんかと心配になってしまいましたよ。お下げ髪の謎の人物が超怖い(爆)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は中学生の少女だが、学校だけでなく家にも居場所のない不幸な子であった。
学校に行けば、クラスメイトからの執拗ないじめに遭い、家に帰ったら父親からのネグレクトと兄からの虐待に遭う有様で、そのことから、彼女は常日頃からどうやって死ねば楽なのかを考えてしまうほど追い詰められていた


ある時、執拗ないじめと虐待で精神的にボロボロだった彼女は、「魔法少女サイト」という不思議なサイトに繋がっているパソコンを目撃する。画面の主は彼女を魔法少女にしようと言ったものの、あまりの不気味さにシャットダウンを施したものの、翌日下駄箱には拳銃型のステッキが入っていた
その日の帰り、いじめがエスカレートし、クラスメイトと素行の悪い先輩に性的暴行を加えらえれそうになるが、不意に持っていた拳銃型ステッキを彼らに向けて撃ってしまう。すると、彼らは電車の走る線路の前に瞬間移動し、肉塊と化す。この瞬間、彼女は魔法少女としての生活を送り始めるのだが・・・。



というふう。


いやぁ、1話だけ見てても、主人公の周りの出てくるヤツ出てくるヤツがホントに人間としてクズどうしようもないヤツ等ばかりで、反吐が出そうなのよね。いじめているクラスメイトもさることながら、性的暴行を加えようとしていた先輩と主人公の兄が本当に酷い。特に兄は表向きはいい人ぶってるけど、父親でさえ見下しているという真性のクズ。まぁ、この子にしてこの親(父親が該当する)ありの状況だったから、仕方ないのかもしれないけどね・・・。唯一母親だけが自分の産んだ子なのでしょうから、気に掛けてはいるものの、ネグレクトしている父親の権力が絶大なのか言い出せないんでしょうね。あとはクラスメイトの一人で、主人公のことを見ていられなかった先輩格の魔法少女くらいが味方というふうなのかな(あと主人公のことを気に掛けてくれる男子がいるらしい)。
魔法少女になっても、自分が酷い目に遭っていても自分のしでかしたことに反省と後悔をしているあたり、結構優しい面を持っているものの、彼女の遭っている状況は、そうなって当然なんだよね。むしろ代償を払わないといけないのがおかしいとさえ思えるのですが、それでも代償を払わないといけないのは、そうは問屋が卸さないんだよということを示唆しているようにも。


事態が少し複雑で、キャラの全体像が見えていないものの、話としてはなかなか面白い。あとは同じ代償を支払う作品の代表格「魔法少女まどか☆マギカ」とどう違うのかを見いだせるかがポイントになってくるでしょう。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)

春の新アニメ2018 その3 重神機パンドーラ

春の新アニメ2018、3回目はオリジナル作品の「重神機パンドーラ」です。
この作品、中国のプロデューサーが企画をしたものを河森正治さんが手掛けています。ロボットアニメを中国の方がプロデュースすることになったわけですけど、どんな作風になるのかが気になるところですね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


2031年、次世代エネルギー開発の失敗に伴い、世界が一変する。生物・機械・植物を超越・融合した未知なる特異進化生物が現れることとなり、その超絶な進化で人類は一気に存亡の危機に瀕したからだ。

絶対防衛都市の中で細々と過ごしていた人類は、特異進化生物への対策を練りながら、その撲滅に奔走していた。その中の一人に、その危機を作り上げた人物がいたのだった。


ある時、突如特異な進化を遂げた生物に街が襲わそうになる。何とか食い止めるために、彼は自らが起していた研究の成果をぶつけて挑んだものの、あと一歩のところで成果が出ない。しかしあることがきっかけで、彼は自身の操るマシンの新たなる能力を引き出すことに成功するのだった。



というふう。


この作品、前半と後半で大きく流れの変わっているふうで、前半はキャラの性格らしいもっさりというのか焦燥感を感じる流れになっていて、この作品大丈夫なんかいなと思ったものの、後半、特にロボットへの変形を遂げた後からアツい展開になっていましたね。とろくさい主人公が、一気にシャキーンとして妙にカッコよく見えるのよね(苦笑)。


今後ロボットアニメとしてアツい展開を見せていくのでしょうけど、主人公がどんな天才的な実力を発揮するのかも見ものですね。普段はホントにだらしない、どうしようもないヤツが、どう変わっていくのかしら。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2018年04月07日

春の新アニメ2018 その2 こみっくがーるず

春の新アニメ2018、2回目は芳文社の4コママンガ雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載中の作品が原作の「こみっくがーるず」です。
見た感じギャグ系の作品で、主人公は気の弱そうな・・・と思っておりますが、どうなんでしょうかねぇ。今度「アニゲー☆イレブン」で主人公役の人が出るようですけど、あんな感じなんだろうね(苦笑)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


高校生ながら、念願の連載を持った主人公。しかしアンケートの結果、最下位になってしまい、このままでは打ち切りの危機に遭う
全ての面、特にメンタル面で劣っていたため、将来を心配した編集担当は、彼女をマンガ連載を持つ女子達が集う寮に行くよう勧めるのだった。



というふう。


とにかく主人公のメンタルがネガティブ過ぎて、ある意味怖い(笑)。でも一生懸命やるいい子ではあるのだな。他のキャラも個性豊かで、甘いものに目は無いけどテクニックはある子、総合的に能力のある子、そして敏腕連載漫画家な子といるんですね。まだ深くわかる部分は少ないものの、1話である程度分かったかな。
これから女性版トキワ荘ばりな寮の4人がどう成長していくのかが楽しみではあります。アクは強いけど、見ていてほのぼのとできると思いますよ。あばばばばばばばばば(爆)。
放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2018年04月06日

春の新アニメ2018 その1 多田くんは恋をしない

いよいよ春の新アニメがスタートしました。本格的なスタートは今週末ないしは来週初めになるようですけど、どうなのかなぁ・・・。


記念すべき1回目は、オリジナル作品の「多田くんは恋をしない」です。制作スタッフは、「月刊少女野崎くん」を手掛けた方々だそうです。「月刊少女野崎くん」は原作付の作品でしたけど、いい仕上がりの作品だったので、期待していいでしょうね。
なお、今回は地元局よりBSの方が早く放送したので、早めに紹介しようかなと。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


春、桜満開の時期、趣味のカメラ片手に撮影をしていた主人公は、ふとしたことからヨーロッパのとある国からやって来た少女と出会うことになる。

道様々なところで彼女と出会うことになるのだが、実は彼女は連れの女性とはぐれてしまったのだ。その後連れの女性と合流できたものの、今度は泊まる先がわからない。しかしそれも主人公のおかげで何とかなった。

そんな腐れ縁は、遂に学校でも。転校生として2人がやって来たのだ。



というふう。


初回としては掴みはOKという展開だったと思います。ただちょっとご都合主義的というのかストーカーチックな展開人によってはドン引きされそうなふうだったわ(笑)。
そう思いながらも、主人公とヒロインの駆け引きは、ちょっとおかしいけどちょっとほっこりする感じに仕上がっていましたね。ツッコミもテンポよく入れられるふうでしたし。あとは「レインボー将軍」のインパクト(笑)。毒されすぎだろ、ヒロイン(ニヤニヤ)。


総じて、今後の展開が気になります。そういえば、この作品はコメディにはなっているけど、シリアスな恋愛アニメ・・・なんだよね(爆)?


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2018年03月27日

【今度は】5年掛かって再起動【大丈夫】

押切蓮介さん原作のマンガ「ハイスコアガール」が、2013年のアニメ化発表から5年を経て遂に起動する運びになりました。
普通は、アニメ化が決まれば数年で放送されるはずなのですけど、こうなったのには原作が抱えた問題に原因があったのです。


テレビアニメ化が発表されたのは2013年の12月だったのですけど、その前から制作が始まっており、その年の夏に制作会社が著作権者のSNKに権利関係を尋ねたところ、一切の権利を許諾していなかったことが発覚しました。その後SNKは2014年5月に刑事告訴、8月にはスクウェア・エニックス側に誠意がない旨のコメントを出しています
この許諾関係の問題は、カプコン・バンダイナムコゲームス(現・バンダイナムコエンターテインメント)・セガ以外の版権は全て無許諾で使用していた(セガに関しては、厳重に抗議したうえでの条件付き許諾)ことも発覚しています。しかも許諾関係でうやむやな会社(倒産している会社のライセンス関係)も無許諾だったため、本当に許諾を得るつもりだったのか怪しいところもありますね。

SNKの一件は、スクウェア・エニックスとSNK双方が訴訟合戦になり、作者も含めた関係者の書類送検にも発展しましたが、最終的に和解が成立しています(2015年8月)。ただし、和解成立後に連載が再開(2016年7月)された時、かつ再販された単行本には、SNK関連のエピソードは全て削除・改変されていたので、事実上SNKからの許諾は下りなかったと取るべきでしょう。

それゆえに、ティザーPVで流れた「ゲーム会社の協力が得られた時、もう一度その手はつながれる」へと集約されるのでしょう。もうこんな事態は無いだろうし、二度とあってはならないと思いますけど、アニメ化まで至れたのは、大勢の人達の努力とファンの後押しだったでしょうから、もう裏切らないでほしいなぁ・・・。


アニメ「ハイスコアガール」は7月から放送開始となります。既にオープニング主題歌はsora tob sakanaが担当することも決まっています。放送局関係は直前まで決まらないでしょうけど、関東圏とBSでの放送は決定でしょうね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:05Comments(0)

2018年02月23日

名前を地で行ってしまった

小学館の月刊マンガ雑誌「コロコロコミック」に掲載されている「やりすぎ!!!イタズラくん」に書かれた一コマが大きな問題になり、小学館が謝罪する事態になりました。


問題になったのは、「やりすぎ!!!イタズラくん」の中に載せたチンギス・ハーンの肖像画社会科のテストで、この人物は誰かを答えさせる問題の載っていたのですが、あろうことか肖像画に落書きをし、鼻の上辺りをなぞって描いた男性器の部分を「本体」と書いているではありませんか。そして、「モンゴルの皇帝 チ( )・( )ン」と書かれている部分を「チ(ン)・(チ)ン」と書いている有様
これを見た元横綱の朝青龍さんが激怒。いわく、中国人でもやらない・日本人がするとは思わなかった・とにかく謝れという主旨のツイートを掲載して大騒ぎ国際問題にもなりかねない事態にまで陥ることを危惧したのか、最終的には小学館が謝罪(公式サイト上とモンゴル大使に対して)するというふうになりました。


確かに今回の件は、子供ならやりかねないことマンガの内容も子供が主人公ということを考えれば、納得できるわけです。しかし、マンガ雑誌という点で、これはまずいということがわからなかったのかなとも思えるわけです。
マンガとはいえ、歴史上の人物でやることが問題だと思うのですわ。関係の無いものでの落書きだったら、ここまで酷く叩かれることは無かったでしょう。今回は歴史上の人物、かつモンゴルでは英雄とされる人でもある。そんな人が、あんな姿になっていたら、お怒りになるのはもっともだと。歴代の天皇や日本の歴史上で有名な人が外国人によって落書きされたらと思えば、朝青龍さんの怒りもわからんでもないでしょう。

ところが日本は、そのあたりのデリカシーが弱い。かつて「らくがお」というブームがあり、歴史上の人物や有名人をこぞって落書きした時期がありました。ちなみに、これの発起人はみうらじゅんさん、しかもこの「らくがお」コーナーは、奇しくも小学館の「小学六年生」の投稿コーナーの一つだったんですね・・・。そのあたりで、OKサインを出してしまったとも考えられるわけです。


文化の違い、国の歴史に関わる人物への経緯の払い方の違い、エンタメの方向性の違い、色々なすれ違いが生み出した悲劇とも言えるでしょう。ただ、繰り返しますけど、朝青龍さんが怒っていることをおかしな目で見るのは間違っていると思います。国の創生に関わる人物を茶化されれば、ああなるのは明白。
だからこそ、多文化・国際化に進んでいる時代の中で、日本人はこれまで問題ないと思って行ってきたことに対しても注意を払わないといけなくなるでしょう。ただ、子供の無邪気ないたずらまで目くじらを立てるなとも言いたい子供へそれがいけないことを諭させるのが大人の役目。その人物が行ってきたことがよい・悪い関わらず、徐々に過去の歴史に名を残した人達への理解と、特によい人物に対しては尊敬を深めさせるように目を向けられるようにしてもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2018年02月13日

2018年ドラえもん誕生?

あるユーザーが等身大のドラえもんを作ったことで話題になっています。確かドラえもんって身長も胸囲も頭周りも129.3cmだったはず。そんなのできるんかいねぇ・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


そのドラえもんの画像を見たら、本物に見紛うほどのドラえもんだった(笑)。2代目(テレビアニメ放映のドラえもんという意味で。ちなみに、現在のドラえもんは3代目だが、2代目自身もマイナーチェンジはしているので、細けぇことはいいんだよ(ギャハ))のあのずんぐりむっくりとした感じがいいふうに出ております。またドラえもんの笑顔が泣かせる。すぐにでも動き出しそう。

このドラえもんは、ほぼ(99%)レゴで作られたもので、レゴ社公認のプロビルダーの方が高校時代に作成したもの。なので、正確には2018年に作成したものではないわけです。それでもこれを高校時代に作り上げたのだからすごい。当時彼が持っていたサイトでアップした時にも大きな反響を頂いたそうで、後にテレビ東京系で放送していた「TVチャンピオン」出演のきっかけにもなったそうです。
じゃあ、何でドラえもんだったのかというと、趣味で作ったというのもあるそうですが、たまたま青のブロックが多かったとのこと。ただし、表部分だけが色付けされているようで、中は鉄骨代わりのブロックで補強されているそうです。


レゴとはいえ、とんでもなくリアリティのあるドラえもんですけど、あまりにリアリティがありすぎてドアから出せなかったので、分解してやっと出したそうな。・・・・あの青ダヌキ、野比家からどうやって出入りしてるんだ(ギャハ)。


映画 2112年ドラえもん誕生/ドラミちゃん 青いストローハット/ウメ星デンカ 宇宙の果てからパンパロパン! [DVD]
映画 2112年ドラえもん誕生 / ドラミちゃん 青いストローハット / ウメ星デンカ 宇宙の果てからパンパロパン!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)