2019年11月13日

二度目の新潟(三度目はいつになるかわからない(苦笑)) 前編

先日サッカー観戦のため、新潟に行って来ました。去年に次いで二度目の新潟。試合がお昼からということなので、ゆっくり回れるのが夕方以降になりそうでした。それでも午前中にも色々回ったんだけどね。


さて、今回は夜行バスで新潟に向かうことになりました今考えれば、夜行バスが取れたのはラッキーだったかも。というのも、飛行機は冬ダイヤに突入し、早い便に乗ってもお昼頃の到着になり、試合開始時刻ギリギリに着くとのことらしかったそうで。
まぁ、そのバスもお茶は配ってくれるのはよかったものの、それ以外は一切NG。酒はもちろんのこと、食事もダメ。おまけに名古屋駅を出たら、ものの10分ほどで完全消灯もう早く寝なさいと子供の頃におかんに怒られたかのような勢いでやられましたわ・・・。何のためにUSB充電できるんや・・・。とはいえ、周り云々の意見には同意。ただ、夜行バス初めてな人が、このバスに当たってしまったら、絶対夜行バス乗るのを嫌になるだろうなぁ・・・。自由が利かなさすぎるし。


SHV39_5857そんな規律厳しい監獄のような夜行バスで、数少ないひと時が休憩時間。その中の一つ、最後の休憩地になる米山サービスエリアです。こんなデカい地図があるのが、サービスエリアのお約束(笑)。
こちらは新潟県柏崎市にあるのですけど、上下線で場所がかなり離れているのです。新潟方面はインターチェンジのそばにあり、風光明媚なところにあるんです。これは昼に行きたかった。



そして、朝6時過ぎにバスは新潟駅南口に到着。キックオフの時間まで、まだだいぶある(ギャハ)。しめて1日の労働時間(8時間)分なり(苦笑)。
とりあえず飯だ。何にも食えなかったからな。ということで、万代シティに向かうことにする。しかし、普通に向かってたら、ただの苦行。今は、いい時代になった。「ドラゴンクエストウォーク」がある(ギャハ)。いいヒマつぶし兼レベルアップで「ドラゴンクエストウォーク」を起動させて向かうことに。


SHV39_5859万代シティに向かう途中にあったのが、何と萬代橋



SHV39_5860実は、建立当初の萬代橋は、今掛かっている橋よりも長かったのです。というのも、信濃川の流量が多かったから。しかも渡し船が座礁するほどの暴れ川。そこで橋が必要となったわけです。
しかし、建立当初の萬代橋は有料(1銭)で、かの有名な作家である尾崎紅葉が有料だったことに激怒したという逸話も残っています。
ちなみに、1922年に完成した大河津分水に伴って流量が減少し、橋の幅も短くなり、今の場所になったわけです。丁度万代シティのある辺りは川の中だったのね。



SHV39_5865で、今の橋(これは万代シティに行った後に撮ったもの)。
初代が火事による消失、2代目が老朽化したことで、今の橋に至っています。1929年に完成したコンクリ造りの橋は2004年に国の重要文化財になり、新潟市を代表するモニュメントになりました。



そうこうしていたら、万代シティに到着。それでもまだ午前7時少し前になったところ。目指す店は、まだ開かないまま、万代シティで待ちぼうけ(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)

2019年09月27日

静岡は抜けるのも行くのも大変 後編

SHV39_5740話は試合の後、バスで沼津駅に戻ってきたところから始まります

現在、沼津駅周辺は高架化の計画が進んでいるそうです。まだ工事の初期段階にも至っていない(反対派が散見されるためと思われる)のですが、完成は2022年度を予定しているとのこと。東京オリンピック前後の工事になるので、人手・資材云々の問題は少ないのかなと。
完成すれば南北の往来がしやすくなるので、今回のように遠回りして南北横断というのは無くなるのでしょう。



SHV39_5741南側に向かった理由は、行ったことがないからというのもあるのですが、飯を買おうと思っていたからというのもあります。

南口には、イーラdeという複合商業施設がありまして、その中には雅心苑という和菓子・洋菓子屋もあります。
ここは、「ラブライブ!サンシャイン!!」絡みの店でもあり、コラボ商品もある模様。アイス欲しかったなぁと思って、結局買わずに帰っちゃったのが悔やまれる。



SHV39_5745しかし沼津駅南口が、こんなにすごいとは思わなかった(静岡県東部の中心地なのは知っていたけど)。しかも「ラブライブ!サンシャイン!!」推しがすごい
その一つが、SUN!SUN!サンシャインCafeです。雄大フェスタという駅前にぎわい広場(西武百貨店沼津店本館跡地)で展開されています。



SHV39_5746各所にAquos(アクア)のキャラがいっぱいありました。



SHV39_5744入口にはミニキャラ仕様のAquosも。時間があれば覗いていきたかったんですけど、乗る電車は決めていたので、駅に向かうことに。



SHV39_5747そんな駅南口のバスターミナル、8番乗り場だけ「ラブライブ!サンシャイン!!」仕様になっています。
この乗り場からは、マリンパーク・伊豆三津シーパラダイス方面に向かうことができます。聖地巡礼にも最適なバスが来るところだったはず。旅の起点にもなる場所ですね。



SHV39_5742そして、イーラdeでは、先程書いたように飯を買ってきた。帰りの電車であるホームライナー浜松~普通・豊橋行きの車中で食べるためです。
しずてつストアという静岡県内に構える静岡鉄道経営のスーパーで、「山芋焼き」(上)と「真イカとにんにくの芽炒め」(下)を買ってきた。「山芋焼き」は丁度3割引きになるからと買った(笑)。



山芋焼き」は、ぜんたいがふわふわな生地で、お好み焼きとは全く違う。小麦粉の味がしないので、だしやソースの味がよくわかるんだろうなぁ(今回はソースの味がよくわかる)。新鮮な感触でした。ここでしか売ってないのかなぁ?

「真イカとにんにくの芽炒め」は、甘辛のあんかけが真イカの淡白な味わいにマッチしています。そこににんにくの芽のシャキっとした食感と風味の濃さがアクセントになって、後引く美味さです。


帰りはホームライナー浜松で指定席を取って乗ったので、快適でした。途中の駅は大きな駅を除いて通過ですから、いちいち停まるということも無い。つくづく快速運転のありがたさを痛感・・・する前にぐっすり(爆)。気が付いたら豊橋駅までもう少しのところに。アナウンスが豊橋駅の案内になってビックリした(汗)。浜松駅で降りなきゃいけなかったらどうしよう。
その後は豊橋駅から快速に乗って最寄り駅まで行きました。


日帰りでしたけど、なかなか見どころの多いものになりました。特に浜松駅のうなぎと沼津駅の「山芋焼き」はまた食べたいと思う美味さでした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2019年09月26日

静岡は抜けるのも行くのも大変 前編

先日、アスルクラロ沼津×セレッソ大阪U-23の試合を観に行くために静岡県沼津市に行って来ました


沼津市に行くには、新幹線か在来線のどちらかで行くパターンになります。特に東京からの場合は三島駅まで新幹線で行って、その先を在来線で行くパターンがまず挙げられますね。
ただ、沼津駅まで在来線でのみ行くこともできなくはないです。東京駅から普通ですが沼津駅まで直行できる電車もあるくらいですから。

しかし、名古屋駅からとなると、新幹線の方が楽三島駅まで行って、そこから戻るような感じで沼津駅に。ひと駅なので在来線の苦悩を味わうことも無いでしょう。
しかし、在来線のみで行くとなるなら、苦痛極まりないという人も多いことでしょう。「青春18きっぷ」利用者の中でも話題になる『静岡越え』の恐怖を味わうわけです。今回は越えるわけじゃないけど、ほとんどの区間を乗ってますからね。

去年は「青春18きっぷ」で行ったので、そこまで心配せずに行けた。しかし今年は、その期間外。どうしようかな・・・と思って調べたら、2種類の切符を駆使することで何とかなりそうだということがわかりました
一つは、「青空フリーパス」
こちらは、JR東海の愛知県全域と岐阜・三重・長野・滋賀の一部の区間が1日乗り放題というものです。利用可能期間は週末(土日祝)と年末年始(12/30~1/3)で、価格は2620円(10月の消費税増税による改定価格)になります。こちらの切符は自動改札機を通すタイプなので、楽ですね。
今回の場合、名古屋駅から豊橋駅まで向かいます。これで実のところトントン。これより先だと損になるので、名鉄で豊橋駅まで行くのが安いとも。例えば、FC岐阜のサポーターが沼津に行く場合、この切符で行くのが安いのではないかなと。
そして、豊橋駅(正確には二川駅)から先の静岡県内では、「休日乗り放題きっぷ」を使います
こちらは、静岡県全域と愛知・山梨・神奈川の一部の区間が1日乗り放題になります。この切符は路線がシンプルなので記載しておきます。東海道本線(二川~熱海)・身延線(富士~甲府)・御殿場線(沼津~国府津)が対象です。利用可能期間は週末(土日祝)と年末年始(12/30~1/3)で、価格は2720円(10月の消費税増税による改定価格)になります。こちらは長い切符になっているので、自動改札機ではなく駅員に見せるふうになります。
この2種類の切符を駆使して、沼津駅まで乗っていくとオトクになると思います。


というわけで、計算すると・・・(この計算は消費税8%で行っています)。

名古屋~沼津(在来線)
片道4000円(往復8000円)
「青空フリーパス」+「休日乗り放題きっぷ」
5240円(2570円+2670円)

つまり、日帰り前提で名古屋から行く場合は、この2枚を買えばJRに関してはオトクに乗れるわけです。1日乗車券なので途中下車も可能です。もちろん、名古屋~豊橋まで途中下車しない場合は名鉄や金券ショップで買った区間回数券などで乗れば、もう少し安く行けるでしょう。あくまで参考に。


さて、前置きが長くなりましたけど、その2種類の切符で乗り継いでいこうと算段して、豊橋駅まで。豊橋駅で降りなければならないのは、「休日乗り放題きっぷ」が豊橋駅(対象駅区間)でないと買えないため。丁度乗り換えにあたるところで一旦改札を出て買おうと思ったのです。
ところが、券売機で買えない(後で知ったのだが、新幹線の券売機では買えるらしい)ので、改札前のみどりの窓口に行ったら、行列(汗)。しかも前のおばちゃんが手間取って、乗りたい時間の電車に乗れなくなってしまったのだ。ちきしょう、松坂行きたいとか宣った、あのババアめ・・・。


SHV39_56931本乗り損ねたことで30分のロス確定(泣)。この30分が大きいんだぞ、静岡ではな!
そのためなのか、浜松駅で15分停車する事態に。別に客待ちでも列車通過待ちでもないのにただただ待ちぼうけ。悲しくなってきたので、駅を降りて物資調達に。

浜松といえば餃子だよな・・・と思ったけど、餃子屋はまだ開店していない。仕方なく土産物屋を物色していると、うなぎ売ってんじゃん。そうだよ、浜名湖のうなぎだよ。
・・・少々高いけど、ついカッとなって買ってしまった(爆)。

こちら、丸浜という店の「うなぎ弁当」「浜名湖」・「直虎」・「家康」の3種類あるのですが、今回は一番安い(といっても1800円するんだぜ(泣))「浜名湖」に。それでも浜名湖養魚漁業協同組合が育てた国産うなぎ大サイズを2/3も使っているという豪勢なものです。
ちなみに、「直虎」(井伊直虎から採っている)は同じ国産うなぎ特大サイズの3/4で2500円、「家康」(徳川家康から採っている)に至っては同じ国産うなぎ特大サイズを丸ごと使って3000円なのだから、すごい。これでもお値打ちなんだろうね・・・。



SHV39_5694開けてみたぞ。
・・・すごく、うなぎデカいです。



味も文句ありません。
外はパリッとしていて、中はふわふわジューシーなうなぎです。濃厚な脂を味わえるのですが、それをギトギトと言うのは大間違いこの脂ならまみれてもいい、そう言いきりたくなる脂っこさです。そう、まみれてもいい(ギャハ)!それだけ脂も美味いんですよ。身ももちろん美味いけど。この量でも少ない、大きいサイズにしたいと思わせる浜名湖のうなぎの怖さよ。いつかは「家康」(ニヤニヤ)。


ケッ、美味しいうなぎが食えたことで許してやるよ、ババア・・・と心の空腹を満たした私は、沼津まで乗り継ぎをしながら向かうことになったのでした。


次回は、一気に沼津からの帰りにワープ(ゲラゲラゲラ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2019年09月21日

なぜ倉敷に行ったのか

SHV39_5656先日、サッカー観戦のために岡山に行ったのですが、その時岡山駅西口で降りず、夜行バスの終点だった倉敷駅北口で降りることに。追加料金が掛かったものの、200円で済んだ。買い直さなくて、よかったよかった。


さて、こちらは終点の倉敷駅北口。夜行バスが停泊する場所でもあり、スクールバスも往来する場所で、そばにはアリオ倉敷(セブン&アイ系)・三井アウトレットパーク倉敷というショッピングモールもあります。このアリオ倉敷・三井アウトレットパーク倉敷、元々は倉敷チボリ公園(以下チボリ公園)という北欧を題材にしたテーマパークだったところその前はクラボウという紡績会社の工場でした。
このチボリ公園構想も紆余曲折があったらしく、当初は岡山市でやろうと思ったら、経営会社のずさんさで立ち消えになって岡山市が反対に転じることに。そのため推進派の岡山県が工場跡地のこの場所に目を付け、1997年にオープン。しかし、右肩下がりの来場者数で赤字運営だったので、2008年にライセンス更新を行わないことで運営終了となったわけです。
この駅前にある広場は、チボリ公園時代の名残なんですね。その名もアンデルセン広場。そこにたたずむのは、からくり時計で、その形はデンマークのコペンハーゲンの市庁舎がモデルになっており、周囲(四方)にはバイキング像があります。定時になると、からくり時計からモデルになった北欧の物語が奏でられる・・・のですが、ここ数年は劣化によって不具合が発生しており、突如止まることもあるんだとか。そりゃ20年以上経ってるんだかからねぇ・・・。
今だと違和感アリアリなんでしょうけど、当時の経緯を知っている人達なら、数々の思い出の詰まった場所として残してほしいとも思いますわね。行ったことのない私でも、調べてそう思いましたわ。



SHV39_5658北口には、「がんばろう! 倉敷・真備」という弾幕が張られていました。



SHV39_5662南口にも同様の弾幕が。こちらの方が駅の正面出てすぐにあるので、目に入りやすい(わかりやすい)ですね。



SHV39_5661こちら、倉敷市の広域図。
以前、市の南部の児島地区(旧児島市)、駅南の美観地区には行っていますが、今回は駅北側にあるイオンモール倉敷に行きます。その先に、去年(2018年に)大規模水害(西日本豪雨)の起こった真備地区(旧真備町)があります
今でも真備地区は復旧に時間が掛かっているとされていますが、その後に起こった大規模水害などでかき消されている状況になっています。仕方のない部分もあるものの、こういう時だからこそ、ここで得た教訓や地元の問題をもっと積極的にメディアは出す時があるのだとも思います。時間は限られますけれども、少しずつ情報を出していただければ、私達にできることは何かを思い巡らすことができると思うのです。



さて、そこからバスに乗ってイオンモール倉敷に向かったものの、朝一番に乗ったバスでは、まだ開場していない。30分以上待って開いたわ。


しかし、倉敷くんだりまでなぜ行ったのか?その理由は、岡山市内の映画館では放映していなかったから。その映画とは、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」。名古屋で見ればよかったんですけど、混んでるんだろうなと思ったのと、アウェイの時間潰しも兼ねて。なんでか知らないけど、岡山市ではやってなかったのよね。配給会社のせいなのかしら。

見た感想なんですけど、すごくよかったです。
主人公と依頼人の家族の女性とのやり取りが、アニメ本編を見ていると、主人公の経緯とオーバーラップして感動的なんですよね。そこで泣けてきたと思ったら、まだそこに彼女の妹(義理の関係ではあるが)とのやり取りでさらに号泣妹の姉へ思いを伝えたいという心が本当にまっすぐなんですよ。素晴らしかった。また見に行けたら見に行きたいけど、3週間のみの放映なので、映像ディスクを買うか・・・。

で、もう一本見てきた。それが「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」
紅魔族ゆんゆんの里帰りを描いたものですが、まぁアイツらのことだから、やらかしてるね(笑)。毎度毎度主人公のカズマはクズマさんだったし、アクアは駄女神だし、ダクネスは相変わらずのドMゆんゆんは爆裂魔法で窮地に陥るのも相変わらずだが、これのおかげで彼女のアイデンティティとパーティーの窮地を救ってくれているのだから、ある程度は感謝しないといかんのだけど、その代償があまりに大き過ぎて見過ごされているんだよね(ニヤニヤ)。だから終盤泣いちゃったじゃないか(爆)。おかしい、何で(以下略)。


どちらも好対照ですが、さわやかな最後を迎えらえれるのは変わりません。どちらもいい映画なので、本編をしっかり見てからというふうにはなるものの、ぜひともそれを行ってでも見てほしいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:06Comments(0)

2019年09月11日

沖縄へ行く⑦

沖縄は北海道と同じく食の宝庫だと思います。違うのは、北海道が色々な食材が揃っているのに対し、沖縄は色々な料理があるということ。中でも沖縄でしか売っていない商品というのもあり、その数で見たら北海道以上なんじゃないかと思うことも。


SHV39_5648最初と2番目は首里城の首里杜(すいむい)館で買ってきたものを紹介。
最初は、羽秀食品の「とり皮」スナック感覚で食えるという触れ込みの鶏皮揚げです。沖縄県産の若鶏の皮を使用しております。



こちら、すごくカリカリしているのですが、塩気はそんなに無い。ゆえにレンチンして七味唐辛子を振れば美味しくなると触れ込んでいるのか。そのままでもイケなくはないけど、今度は七味唐辛子ないしは七味唐辛子入りのマヨネーズに付けて食べてみようか。
SHV39_56502番目は、南西産業の「沖縄ゴーヤーマヨ風柿ノ種揚」大阪にあるアイデアパッケージという会社との共同開発、製造は千葉にある三真が行っています。かなり全国区なんだな。



味は、ゴーヤーの苦みがほろほろとやって来て、そこにマヨネーズのさっぱりとした風味がかぶさってくるんですわ。それが混在し続けて残るものなんですけど、また食べたくなるとも。クセになる味ですわ。


SHV39_56063番目は、ファミリーマートの「じゅーしーおむすび」。ファミリーマートでも沖縄県で展開する沖縄ファミリーマートの商品です。沖縄のコンビニ事情は、別の機会に行いましょうか。
こちらは、沖縄料理の一つ「ジューシー」(正確には「ジューシーメー」)という雑炊(正確には雑炊飯)をおにぎりにしたもの本来は雑炊だからおにぎりになんてできないんだよね(苦笑)。なので、今食べられることの多い「ジューシー」は炊き込みご飯の類なんですね。
中に入っているのは、三枚肉・ひじき・にんじん・しいたけ・こんにゃくがメインだそうです。ただ、コイツに何が入っていたか覚えてない(ギャハ)。



というわけで、調べてみてわかったこと。味が薄めなのは、そんな理由なのね。実際そこまで味が濃くなく、普通のご飯で握ったおむすびみたいとも言えます。中には味の濃いものもあるそうですけど、少なくとも今回のおむすびは味が薄め。なので、麺類とかのお供にいいのも納得。


SHV39_5610こちらは、「天ぷら」那覇空港にあるROYALのコーナーで売っていました。上が魚、下がいかです。
何で天ぷらが空港に・・・と思った方、沖縄県で「天ぷら」と言えば、スナック感覚で食べられることが多いのです。専門の店もあるとのことですが、今回は行けず。

沖縄県の天ぷらは、衣に味が付けられていることが多く、そのままでもソースを掛けてでも食べるのだそうです。



今回食べたのは、あまり味が付いているようには感じなかったのですが、そのまま食べても苦にはならない味わい素材の味がきちんと出ているのかなと思います。そのまま食べるのがアレだなと思うなら、小袋のソースをもらえれば、もらっておきましょう。ちなみに、沖縄県ではウスターソースがメインだそうです。


SHV39_5647最後は、オキコの「オキコラーメン」。前にも書きましたが、約束通り「オキコラーメン」買ってきたぞ。
そのままでもお湯を入れて食べても頂けるのは、日清食品の「チキンラーメン」と同じ。



それゆえに、味は濃いです。「チキンラーメン」ほどの濃さではないんだろうけど、そのままでは乾き物を食べているような感覚ですわ。


SHV39_5652そこで、オキコは考えたのだろう。ピーナッツを入れ、味を少し薄めた「オキコラーメンスナック」なる商品を。



これだとピーナッツの甘さと程よい塩加減が薄味にした麺との相性バッチリですわね。これならおやつにも大丈夫です。


以上が沖縄の話・・・と思ったあなた、ちょっとばかし個別に書きたいヤツが残ってんだよ(ギャハ)。面白いと個人的には思うネタだったので、別の機会に紹介していきます。というわけで、まだまだ続く(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2019年09月10日

沖縄へ行く⑥

1泊2日の沖縄旅でしたが、今回はその沖縄に行ってきた時に聞いたこと・見たこと・感じたことをまとめてみました。いわゆる小ネタ集ですね(ニヤニヤ)。


  • 沖縄の道
    まず沖縄に行って感じたことは、とにかく道がきれいだったこと。高速・国道もさることながら県道も一般の道もきれい。ホテルのある路地の道も掘り返しの跡がほとんどないのよね。掘り返したんだろうなという道は那覇バスターミナルの前くらい。
    本土とかだと水道やガスの工事であちこち掘り返されて、道がガッタガタなんですよね・・・。それなのに、沖縄ではそんな道はほとんど無い。車で走っていても揺れがあまり無いので快適でした。

  • 沖縄の家
    沖縄県の家は、大きく分けると2つ。
    一つは古来からある家で、低い軒に石垣や生垣造りの塀で囲まれた瓦ぶきの木造の家沖縄では模造建築に最適な木々が少ないとのことなので、かなり貴重ではありました。
    もう一つはコンクリ造りの家戦後アメリカ統治下では木造の家が建てられたものの、沖縄の高温多湿な環境と台風の多さでアメリカ的な構造の家は役に立たず、やがてコンクリ平屋屋根に変わっていきました。イメージとしては、コンクリのビルが家に置き換わった感じでしょうか。
    ちなみに、沖縄の伝統として、守り神であるシーサーが置かれています。これは昔の家屋でも今の家屋でも変わらない伝統です。

  • 沖縄とアメリカ軍
    沖縄県にはアメリカ軍の基地があちこちにあり、日本にあるアメリカ軍基地の70%が沖縄県にあるとされ、このうち沖縄本島には15%を占めていると言われています。
    この土地は、戦後アメリカ軍によって強制徴用されたもの。ゆえに、現地の人達は帰りたいのに帰れない状況が今も続いているのです。そして、少しでも故郷のそばで・・・という思いから自分達の故郷の近くに家や畑を構えているのです。ましてや大きいなぁと思っても、沖縄本島は小さい島。住みやすいところも限られるので、密集してしまいます。それこそ山肌に張り付くように家を構えることも。
    しかし、アメリカ軍の敷地内にある家は、古くなっているとはいえ、広い庭のある家なのです。そばには芝刈り機も置いてあって、手入れも行き届いているのがわかりました。

  • 沖縄のお墓
    タクシーで目的地に向かう道中、お墓を見掛ける機会がありました。
    沖縄のお墓は2種類あり、一つは一族郎党が入るタイプのもの。大きな家みたいなお墓になっており、シーミーの時期などは、一家がそこに集まって宴会をするのが沖縄の伝統的な春の彼岸というふうだそうな。
    もう一つは、本土でいうところの『○○家の墓』というタイプ一族郎党に墓よりかは小さいとはいうものの、やはり本土の墓に比べたら立派。このタイプになるのは、一族郎党の中に気に入らない人がいるから嫌だという家族が分家して設置するというケースなのだそうです。
    いずれにしても、沖縄でも少子化が進んでいるとのことなので、前者の墓が維持しやすいということで、メインになっているようです。

  • 沖縄の田畑
    沖縄県の畑のメインは、サトウキビ。名産だったこともあって、あちこちに植えられています。うっそうとしているので、まるで森のよう。♪島唄でウージの森という歌詞が出てきますけど、ウージとは琉球方言でサトウキビのことを指すんですね。それくらいサトウキビはうっそうと生えているんです。
    サトウキビというのは、田んぼに稲を植える・・・というふうではなく、伸びてきたサトウキビを頃合いになったら刈るというスタイルなのだそうです。それを最大10年位のサイクルで行うそうで。どうやらサトウキビは刈った苗を植えたら勝手に育つそうだよ(爆)。
    サトウキビの収穫は、機械でも行われるそうですけど、コスト面から人海戦術の方が安いとのこと。一家総出で刈り取りを行うそうですが、かなりの重労働とのこと。それでもお小遣い稼ぎで若い頃はやってたよとは、私が乗ったタクシー運転手の話。
    ちなみに、サトウキビにも品種があり、テレビで有名になった歯でサトウキビを剥いて食べるシーンは、今の品種では難しいとのこと。今植えられている品種は太くかつ皮が厚く硬いものなんだって。台風で倒れることが多かったので、丈夫なものが品種改良で作られたのだそうな。

    そういえば、田んぼは無いんですかと聞いてみたら、水はけがよすぎて不向きとのこと。それでも沖縄本島の北部では稲作は行われているらしい。赤土と石灰の土だからね・・・。

  • 沖縄の度量衡
    SHV39_5604まずは、こちらの写真。
    いかにも沖縄らしいと思わされたのは、高さ表記日本はメートル表記が普通なのですが、アメリカ軍が駐留している関係で、括弧書きながらもフィート表記もあるのだ。まず本土では見られないものです。



    SHV39_5575そして、こちらはタピック県総ひやごんスタジアムにて。
    一部屋台のメニューは英語表記なだけでなく、ドル表記にもなっているのだ。
    もちろん、沖縄県は日本円しか流通していません。恐らくアメリカ軍基地内はドルが使えるという可能性もあるので、この表記になっているのかもしれません。現状は1ドル=100円以上の価値ですが、1ドル=100円というふうにしておけばわかりやすいのかもしれませんね。



    この他、沖縄高速自動車道には英語表記のみの看板がありました。これもアメリカ軍が利用する可能性があるからなのかねぇ・・・。
    また、パック入りの飲料の1000ml(1L)タイプが946mlで販売しています。これもアメリカの影響によるもの。アメリカ統治下では、パック飲料はガロン表記で売られており、1ガロンが37,850ml(3.785L)となり、1/4ガロンが946mlくらいだったのです。ちなみに、500mlタイプの場合は、473ml。丁度1/8ガロンとなるわけです。



次回は、お待たせしました。食レポです(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:18Comments(0)

2019年09月09日

沖縄へ行く⑤

翌日、朝早くには目が覚めていたものの、まだまだのんびりしたいなぁ・・・と思っていたら、もう午前8時になっていた。フライトの時刻は午前10時半過ぎ午前10時までには那覇空港に着いていないとマズい。
というわけで、いそいそとホテルを出て、向かった先は、ゆいレール(沖縄都市モノレール線)


ゆいレールというのは、沖縄都市モノレールという第三セクターの会社が運営する鉄道(モノレール)で、鉄道としては日本で最南端かつ最西端にあります(最西端の駅は那覇空港駅、最南端の駅は赤嶺駅)。ちなみに、日本で最南端かつ最西端にある輸送機関は、宮古島にあるペアリフトの「ザ シギラリフト オーシャンスカイ」


ここで沖縄県の鉄道について。
私の子供の頃は、沖縄県は日本で唯一鉄道が通っていないところと教えられたものですが、実際は戦前までは旅客鉄道が、1983年までは貨物鉄道が存在していました。

沖縄県の鉄道運行は1902年に始まりました。場所は沖縄本島の東に浮かぶ南大東島で、島で採れたサトウキビを運搬するためでした。当初はトロッコだったものが、やがて蒸気機関車→ディーゼル機関車に変わっていきました
沖縄本島には1914年に路面電車が現在の那覇市内に敷かれたのを皮切りに、軽便鉄道・馬車鉄道が敷かれていき、バスとの競争に揉まれて無くなった路線もあったものの、概ね維持されていました。

しかし、沖縄戦で全ての鉄道が消滅戦後はアメリカ統治下の中で自動車優先の運営となったため、沖縄本島では鉄道が復活するのは、1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会で運行された新交通システムまで待たなければなりませんでしたが、そのシステムも開催期間中のみの期間限定の運行でした。


本格的な復活は1982年までさかのぼります。沖縄の本土復帰の頃から鉄道復活はささやかれていましたが、この年に設立された沖縄モノレール株式会社によって、現実味を帯びてきたのです。しかし、既に走っているバス会社との調整などで建設が遅れ、日の目を見たのは2003年のこと。それでも、モータリゼーションの進んだ沖縄の中で、やっと鉄道が復活したのです。定時運行のできる鉄道への期待は、とても大きいそうです。不安定な経営ながらも沖縄県民および観光客の足になったゆいレールは、10月に延伸が決まっております。
将来的には、LRT(ライトレール・トランジット)方式での路面電車や軌道鉄道の復活も模索されています。


SHV39_5608で、ゆいレールの切符は少し進んでいて、何とQRコードでの読み取り方式になっていたのだ。当初は切符を改札に通す従来の方式だったんですけど、2014年にICカード導入に伴い改良されたそうです。ちょっとビックリした(笑)。切符は降りる駅で改札に読み取った後、改札に据えてある回収カゴに入れます。そこだけ古典的だなぁ(苦笑)。
あ、現在はICカードはOKICAという、ゆいレール独自の物しか使えませんが、2020年からはSuicaなど全国で使えるICカードの導入が決まっています



SHV39_5609こちらは、ゆいレールの車両2003年の運航開始時(最初の車両の製造は2001年)から使われているものです。現在は2両編成で運行しています。
・・・定時運行に期待を持たれていると聞いたけど、実際のところ数分遅れてやって来たさすがにウチナータイム炸裂かと思ったら、乗ってみてわかった。人大杉(大泣)!
たった2両しかなく、休日は10分間隔での運転(乗った時)だもんですから、観光客で埋まってる将来的に3両編成にしていくことが決まりましたけど、こんな理由があったのね。しかも乗り降りに時間が掛かるため、どうしても遅れてしまう。そう、テーゲーでもウチナータイムでもなく私達観光客のマナーのせいなのかもしれないね・・・。



それでも立たされながらも、快適。渋滞を気にせず走れることもさることながら、高架なので眺めも最高。ゆえに観光列車としての側面も持っているだなと思いましたね。上から見る那覇市内や沖縄の景色は、何度でも乗ってみたいと思わせるに十分なものですよ。
運転手も沖縄らしい。私がお世話になったタクシーの運転手もそうでしたが、沖縄を代表する衣装の一つ、かりゆしウェアを着て運転していましたね。ただ、近くにいた若い人が、かりゆしウェアの存在を知らなかったのは残念至極何であんな格好しているんだろう的な言い方をしていたので、もっと沖縄のことを調べてから来いよ・・・と思わされましたね。


SHV39_5614さて、那覇空港に到着。お土産屋などをいそいそ回っていたら、フライト時刻30分前、飛行機まで運んでくれるバスの時間になりそうだった。
写真は、乗る飛行機のそばに停まっていた日本トランスオーシャン航空(JTA)という日本航空(JAL)の系列会社の飛行機ジンベイザメのプリントされた飛行機でした。せっかくFC琉球のスポンサーになってるんだから、ジンベーニョでもよかったような気が・・・(ニヤニヤ)。



2時間少しのフライトで再び中部国際空港に戻ってきました。


あっという間の沖縄でした。正直1泊2日では足らんかったわ(苦笑)。ホントにショートステイ(1週間くらい滞在)するつもりで沖縄には挑まないと足りない足りない。見たいところはいっぱいあるし、美味いものもいっぱい食いたかったわ。何より、帰る日には午後1時から九州リーグに所属している沖縄SVの試合があったんだよね。そう考えると、長期休暇で行きたい気持ちが何となくわかった。来年FC琉球との試合があるなら、また行ってみたいけど、当分無理だろうなぁ・・・(大泣)。


沖縄の行ったところの話は今回までですが、まだまだ沖縄の話は続きます。次回は小ネタというか色々見聞きした話をば。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2019年09月08日

沖縄へ行く④

SHV39_5538沖縄平和祈念公園からタクシーでおよそ1時間。那覇市にある首里城にやって来ました。
首里城と言っても、広いところなので、大概最初は入口にあたるこの門からスタートになります。沖縄県で最も有名な建物の一つ、守礼門です。1933年に国宝に指定されたものの、沖縄戦で城と共に破壊され、復元されたのは、アメリカ統治下だった1958年。そして、九州・沖縄サミットの行われた2000年に記念紙幣的に発行された2000円札の絵柄にもなりましたが、利便性の悪さであまり普及しないまま無くなっていきました。ただし、沖縄県だけは異常な普及率を誇り、いまだに沖縄県では流通しているとかATMで出し入れができるとか言われていました。ただ、私が沖縄に滞在していた間、2000円札を見ることは無かったなぁ・・・。もしもらったら早速使ってやろうと思ったんですが(ニヤニヤ)。



SHV39_5543そこから歩いたところにあるのが、歓会門ここからが首里城の城郭内になります。



SHV39_5546さらに歩くと、瑞泉門にたどり着きます。ここは本土で言うところの天守に至るまでの2番目の門になります。
瑞泉とは、立派なめでたい泉という意味だそうです。実際、そばには泉(龍樋)が沸いています
ここから少し急峻な部分になり、階段あたりは急ですわ・・・(汗)。



SHV39_5547瑞泉門から上がったところから見た景色は、こんなふう。いい景色ではあるんですけど、この先もっといい景色が見られただなんて、この時はまだ知らない。



SHV39_5550そこから少し歩くと、見えてきたのが漏刻門と呼ばれる3番目の門高貴な身分の人でも国王の敬意から、駕籠(かご)から降りるのが、このあたりだったそうです。
また、中国語で水時計の意味からもわかるように、時を司る門でもありました。門の上にある櫓に置かれた水槽から水を漏らし、その漏れる量で時間を測ったとされています。時刻がわかるとここから鐘を鳴らし、やがて城中に鳴り広がるのだそうです。後に水漏れでの計測から日時計での計測に切り替わり、その日時計もここに設置されました。



SHV39_5551漏刻門を上がって見えた景色がこちら。
ここから見える左奥の門が歓会門、右側に見えるのが久慶門と言われる女性向けの門。いわゆる通用門でした。



SHV39_5552漏刻門から右に曲がってすぐのところにあるのが、広福門と呼ばれる4番目の門
ここは今では、いわゆる天守に入る際の入場券を買う券売所になっています。



SHV39_5554そして広福門から左に曲がるとあるのが、奉神門という5番目の門ここを入ると、いよいよ天守に入れます。ただし、無料区間はここまで。この先は有料なので、広福門でチケットを購入しなければなりません



SHV39_5555奉神門で券をもぎって入った先には、正殿と御庭(うなー)と言われる場所に。城主のいる場所ですよ。


ここで首里城の歴史をば。
実は、首里城がいつ建造されたのかはわかっていません。ただグスク(城)がたくさん建てられた12世紀~13世紀の間ではないかと言われています(もちろん、こんな立派な城ではなかったと推測されます)。丁度三山時代の中山王国の城として建てられたとされてます。
尚氏によって統一され、琉球王国となった際には、首里が首都とされ、首里城が居城とされました。琉球王国が薩摩藩の従属国下に置かれた後も居城として使われ、ペリー来訪時には、従属国でありながら独自に修好条約を結んでいます

しかし、明治になってからは廃藩置県に伴い、鹿児島県の直接統治→琉球藩→沖縄県と変遷し、沖縄県になったことで琉球王国は無くなります王家の人々は華族となったものの、琉球処分と言われる一連の騒動によって不快感を抱いた一部の王家の人々は、もう一方の従属先になっていた清に助けを求め、結果として清との関係をこじらせることにもなりました
琉球処分後は軍に払い下げられ、学校の敷地になったこともあり荒廃が進み、老朽化もあって取り壊される運命にあったのですが、歴史的価値観を見出されて保存が決まり、1925年に今でいう国宝に指定されます

ところが、沖縄戦によってほとんど全てが破壊され、戦後アメリカ統治下には琉球大学が置かれることになります。
それでも首里城復元はアメリカ統治下の沖縄の人達の悲願だったそうで、統治下にあった1958年の守礼門復元を皮切りに、徐々に再建が進められます1980年代に大学の移転が決まってからは、いよいよ首里城復元計画が始まり、1989年には正殿の復元に着手します。そして1992年に正殿など一部が復元され、首里城公園として再建を果たします2000年には首里城跡として世界遺産にも認定され、2006年には日本の百名城としても選定されました。現在でも復元作業は続いているそうで、まだまだ見どころができるのかもしれません。



SHV39_5566こちらは、寝廟殿の裏手にあたるところ。東(あがり)のアザナの途中あたりです。首里城の裏の部分が見られる場所です。
ちょろっと写っている警備の人に、丁度人が切れたねぇと気さくに話しかけられました(笑)。そうですねぇとちょっと世間話をしておりましたわ。こういうのも面白い。



SHV39_5567そしてこちらが東のアザナ日の昇る場所として見張り台になっていたんですね。もうお分かりだと思いますが、首里城は山城なので、小高い山の上にあるんです。ゆえに景色は素晴らしいんですよ。那覇市内もさることながら、天気がよければ遠方の島々も拝めるのだとか。
先程の漏刻門から伝わった時の知らせをここで受け取り、城内外に知らせる役目もありました。



SHV39_5568最後は、首里杜(すいむい)館という休息所に向かう途中にある首里城跡の史跡碑



SHV39_5569この碑が建立されたのは、首里城跡が史跡に指定された1972年5月15日。つまり沖縄の本土復帰と同じ日に設定されたのです。
当時の沖縄の人の多くは、日本復帰を切望していたと言います。この史跡指定は、本当の意味で本土の一員になったと喜んだことでしょうね。



その後は、一気にタピック県総ひやごんスタジアムへ。沖縄市にあるので、結構距離があるんですけど、沖縄自動車道をビュンビュン飛ばし、途中渋滞に遭いながらも、何と約束の時間だった午後3時にピッタリ到着。これにはビックリしたし、プロだと思ったよ。何せウチナータイム炸裂の沖縄と覚悟していたから、このサプライズはすごかった。ホントにありがとうございました。実に素晴らしいタクシー運転手でした。車中でも沖縄の話をたくさんして頂きましたし、私の実に下らない質問にも丁寧に答えて下さいました。そのあたりはおいおい話していければと思います。


試合終了後は、バスで那覇バスターミナルまで行くことに。ただスタジアムから遠いところにバス停があるばかりか、終バスが試合が終わって数十分しかないので、急ぐ急ぐ。何とか間に合っていざ那覇まで・・・。
・・・いやはや、結構長かった(苦笑)。総じて1時間半ほど乗りっ放し。行きは首里城からというのと高速を使っているからなのもあってか、早かったんだけどねぇ。もし知っていたら、シャトルバス予約していたわいFC琉球戦観戦の際、特に早く帰りたい方はシャトルバスを事前予約しておくことをオススメします。ただし、往復予約になるので、片道切符な方には薦めにくいのが難点

そういえば、沖縄県の路線バスを走っているバスは、ほとんど観光バスと同じ出入口兼任のタイプ入口から乗って出口で降りるという習慣がどうやら無いようです。ゆえに、降車優先なんですけど、乗車の人が乗らんとして運転手に制止される事態がしばしば(爆)。ああ、もうテーゲー(適当)だわ(ニヤニヤ)。なお、2000円札は使えない旨のシールが貼ってあったよ。


その後は沖縄バスターミナルから少しのところにあるホテルにチェックインして、買い出しに。飯を軽く食べて、ぐったりしてたらもう朝だった(泣)。もう少ししたらフライト時刻だったので、いそいそとホテルを後にし、那覇空港に向かうのでした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:41Comments(0)

2019年09月07日

沖縄へ行く③

SHV39_5529ひめゆりの塔から数km離れたところにあるのが、沖縄平和祈念公園糸満市の東端にあり、その隣にある八重瀬町とにまたがってある国定公園の沖縄戦跡国定公園の一つです。ちなみに、この前紹介したひめゆりの塔も沖縄戦跡国定公園の一つなのです。

写真は、沖縄平和祈念公園そばに建つ沖縄県平和祈念資料館。今回は時間が無いために入らず。



SHV39_5532坂道を下っていくと、大きな広場がありました。この広場が平和の広場中央の泉にあるモニュメントには、慰霊の時期になると火が灯されるそうです。



SHV39_5533このあたりは摩文仁というところで、沖縄戦の激戦地だったところ。摩文仁は日本軍の司令官が自決したところでもあるため、(一応)終結の地でもあるのです。
恐らく写真に写る浜も、アメリカ軍との戦闘が行われ、血の海になっていたかもしれません。今見ると、そんなふうには思えないほどきれいな海なんですけどね・・・。



SHV39_5536さて、平和の広場のそばには、平和の礎(いしじ)と呼ばれる慰霊碑があります。6/23の沖縄県の休日になる慰霊の日になると、このあたりの映像が放送されるので、よく見た場所ではあります。



SHV39_5534しかし、実際にその場所に立つと、その姿に圧倒されます
視野に入るほぼ全てが慰霊碑で埋め尽くされるのです。まるで団地が建っているかのように、整然と慰霊碑が蛇腹で並んでいるのです。

ここには、満州事変から太平洋戦争終結までに亡くなったおよび終戦後1年以内(原爆被爆の場合は現在も対象)に先述の戦争が原因で亡くなった沖縄県出身の方々と沖縄戦で亡くなった沖縄県外の出身者(アメリカ軍など外国兵問わず)の名前が刻まれています。前にも書きましたが、沖縄戦は当時の県の人口の1/4が亡くなっているため、先祖の誰かが沖縄戦に関係しているとも言えるのです。沖縄の春の彼岸(4月上旬にあるシーミー(清明))・お盆と並んで家族が先祖の供養をする日となっているのでしょう。ただ、中には一家全滅で供養する人もいないそうですが・・・。



テレビで見た映像では体感できない、威圧感というのか、何かを訴えるような切実な姿を見えないのに感じました。夏の暑さの幻では片付けられない、沖縄戦の凄まじさを感じたのではないかと思います。時間の都合でそんなに長くはいられなかったのですが、短い滞在時間でもその圧を感じるのですから。これは行かないとわからないでしょう。

また行かなければと思います。今度は沖縄県平和祈念資料館にも行きたいものです。


この後は、再び那覇市に戻ります。沖縄を象徴する場所に向かうからです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2019年09月06日

沖縄へ行く②

SHV39_5528那覇空港からおよそ40分、糸満市にあるひめゆりの塔とひめゆり平和祈念資料館に着きました。
太平洋戦争の中で最も苛烈だったとされる沖縄戦とその中に巻き込まれた女子学徒隊の悲劇を語り継いでいく場所でもあります。とはいえ、今は観光スポットとしての側面が非常に強く、入口近くには花屋(お供えの花を売るだけの店)と土産物屋と食堂がありました。仕方ないとはいえ、戦争は遠くになりにけりと思わされます。

写真には収めていませんが、入口のそばにはガマ(洞窟)があり、マングローブの木が生えていました。このあたりで生えるのは珍しいそうです。ご存じ、他の木に寄生すると絡み付いて絞め殺す、あの木です。



SHV39_5527入口にはひめゆりの塔の記という石碑があります。ひめゆりの塔がなぜ建てられたのかというのを書いているものだそうです。



SHV39_5526沖縄戦がどのような展開を見せたのかという図。ひめゆり平和祈念資料館にも同じものはあります。
4月にアメリカ軍が沖縄本島中西部に上陸。日本軍を南北に分断していく中、日本軍はガマの中にこもり、塹壕戦やゲリラ戦といった持久戦を敷いてきました。無駄に長引かせた中でも、6/23に沖縄にいた沖縄守備軍の最高司令官の自決によって遂に終わるかと思われたものの、司令官の解散命令で前線に放り出された女子学徒隊・鉄血勤皇隊(いわゆる少年兵)・生き残った日本兵と一般市民が路頭に迷う結果になり、かつアメリカ軍への投降は最も屈辱的な行為として、自決を選んだり、アメリカ軍に詰め寄ったり攻撃を挑んだりして殺される結果となりました。アメリカ軍に無差別に殺された人ももちろんいます。



SHV39_5521こちらがひめゆりの塔。しかし、ひめゆりの塔というのは、右下にある石碑とも言える部分になります。
こちら、戦後すぐに建てられたもので、物資不足・アメリカ占領下だったという事情もあり、この姿になったと言われています。
じゃあ、奥にあるものは何なのかというと、ひめゆり学徒隊と言われる女子学徒隊の納骨堂。つまりは慰霊碑なのです。
この納骨堂も、戦後ひめゆり学徒隊の親が、壕の中で探した死んだ娘の遺骨を納めるために建造されたものです。

なお、ひめゆり学徒隊とは、沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の教師・生徒達を指し、沖縄師範学校の校誌だった「乙姫」と沖縄県立第一高等女学校の校誌だった「白百合」を組み合わせた名が由来になっています。平仮名で書かれるのは戦後になってからで、花の名前であるヒメユリとは関係ないそうです。



SHV39_5522納骨堂のそばには、ガマがあり、沖縄陸軍病院第三外科壕として機能していきました。とはいっても、ただのほら穴なのは明白で、治療行為も限定的だったと思われます。また、深い穴の中ということもあり、はしごでの移動を強いられていました。そして何より、元々そこには地元の人達が防空壕代わりに使っていたガマでもあったのです。そのガマを日本軍が強制徴用してしまったのです。



SHV39_5524少し進んだところに、ひめゆり平和祈念資料館があります。
ひめゆり部隊および女子学徒隊の成り立ち、沖縄戦に向かうまでの日本の歴史、沖縄戦の概要とその悲惨さ、そして亡くなった226人全ての経歴と最期、ひめゆりの塔以外の慰霊碑の場所が記載されています。



SHV39_5525出たところにあるのが、沖縄戦戦没者の慰霊碑。



とにかく一言。むごい、酷い。それ以上の言葉が思い浮かびませんでした。
たった数ヶ月で沖縄県の当時の人口の1/4が亡くなったとされており、中でも6/23の解散命令後に亡くなった人が最も多いというのですから、何を言えばいいのだと。さらに、沖縄戦は本土防衛戦という位置付けで、悪く言えば、沖縄は捨て駒で、そこの住民はどうとも思っていなかったとも取れるのです。
沖縄戦のむごさは歴史では知っていたものの、ここまでとは思っていませんでした。改めて戦争の悲惨さ、二度と起こしてはいけないものだと痛感させられます。


そして、この後は数km離れた沖縄平和祈念公園に向かいます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2019年09月05日

沖縄へ行く①

先日、沖縄に行って来ました。
朝7時半のフライトだったので、朝一番の電車に乗って行くことになりました。

ご存じの通り、中部国際空港の公共交通機関としてのアクセス(名古屋方面)は名鉄(常滑線および空港線)かバスしか走っていないのです。名鉄で行くなら、ミュースカイや特急に乗るのが、大きな荷物を持って行くのに楽なんですけど、朝一番の電車は準急なので、停まる駅も多いし、時間も掛かる。およそ1時間ほど掛かって着きました。
まぁ、着いても時間はそれなりにあるんだよね。ちなみに、チェックインは2時間前だから朝の5時半から開いている。なので、着いた時にはもうチェックイン中だったんです。でもね、ジェットスターはオンラインチェックインができるので、メールが届いた時点でチェックインは済ませていたのだ。だからそんなに急がなくてもいいといえばいい。とはいえ、不測の事態に備え、早いうちに中部国際空港には行っておきたかったのだ。
今回も機内で食事を採るので、食べるものはそんなに買わず。長いようで短い待ち時間を過ごして、いよいよ乗り込みます。


中部国際空港から那覇空港までは約2時間。その間に機内食が出されるとはいえ、結構長丁場。札幌に行った時も、山形に行った時も、仙台に行った時も、福岡に行った時も、鹿児島に行った時も、機内の滞在時間は1時間前後だったので、やることが無くなってしまう。あらかじめダウンロードコンテンツでも落としておくべきだったのかもしれない。ジェットスターはWi-Fi積んでないからね。というわけで、途中うつらうつら。朝早かったし(ギャハ)。


SHV39_5517約2時間のフライトを経て、名のわからない小さな島(途中に橋の掛かった小島2つ)を経てやって来たのが、この写真の場所。青い空に青い海、海はサンゴ礁の島のようにも。
遥か彼方には沖縄本島、手前には小島がありました。そう、沖縄だ!沖縄に着いたんだ!



予定到着時刻よりも10分近く早く那覇空港に到着。早い到着だったので、ロビーをウロウロ。
空港内だけでも沖縄の独特な雰囲気を味わえましたね。沖縄でしか売ってない食べ物や飲み物、独自のコンビニや土産物店。しかし何よりいい天気でした(名古屋は曇りだった)からね。窓越しでもわかるくらいでしたもの。いい時期に来たなと思ったものです。


そうこうしているうちに、待ち合わせの時間に。前にも書いたように、今回はタクシーで回ろうと思っていたので、予約をしておいたんです。到着時間のことを考えて、10時半にしていたんですけど、それよりも少し早めに来て下さいました。いやぁ、『歓迎』なんて書いた紙持っていたから、こっぱずかしい(苦笑)。外国の映画でしか見たことなかったんだもの。まさか沖縄で体験することになろうとは・・・。


さて、ここから沖縄旅行の始まりです。サッカー観戦までは数ヶ所回ることにしていました。次回から、その回る場所を3回に分けて紹介していきましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2019年08月20日

金沢にて買ってきたメシが多かった件(笑)

だって、滅多に食えないものばかりだもの(ニヤニヤ)。


先日、金沢に行ってきたことはお話ししたと思いますけど、ポプラで買った飯とセブンイレブンとローソンで買った麺とで結構な量になってしまったホントはどっちか一方にしたかったんだけど、いつ金沢に来られるかわからないし、ポプラなんてどうなるかもわからないから、結局両方買ってしまった(苦笑)。まぁ、ツエーゲン金沢×FC岐阜の試合では、そんなに買っていなかったのと、お腹も空いていたこともあって完食できたので、よしとする


SHV39_5474最初は、ポプラで買ってきた「大盛り!香ばし高菜炒飯」
「ポプめし」というシリーズの一つですが、ポプラ最大の特徴であるご飯を盛ってもらうというものではなく、あらかじめ入っているご飯ものです。



コイツ、炒飯も濃いめでしっかり香ばしさも出された味わいで美味いんだけど、高菜の辛さがまたいいね。この辛さがアクセントになって、あっという間に食べてしまいました。
美味い部類のチャーハンだと思います。愛知県にもポプラはあるんだけど、病院内と名古屋市の郊外なんだよね・・・。あとは生活彩花というポプラが運営している高級コンビニなんだよ。そこにはたぶんないだろうなぁ・・・。


SHV39_5475もう一つは、食べ比べで買ってきたセブンイレブンの「越前おろし蕎麦」(左)とローソンの「越前おろしそば」(右)
ローソンの方がセブンイレブンの物よりも一回り大きめになっています。ただ、大根おろしはセブンイレブンの方が多そう
ちなみに、一緒に入っている物(大根おろし・かつおぶし・七味)は同じでした。



味はというと・・・。


セブンイレブンの物は、普通のそばと同じ太さの麺になっていて、つゆも恐らくざるそばや冷やしそばに付いてくるものと同じと思われ。大根おろしも辛い物ではなく普通の大根をおろした物なので、『越前おろし蕎麦』としての再現度は残念ながら低め

対してローソンの物は、実際の物と同じく太めの麺になっており、つゆもきりっとした濃いめの味わい。そして、大根も辛味大根をきちんと使っており、大根おろしそのものが、きちんと辛い(笑)。この商品、結構再現度高いぞ。


というわけで、手軽に「越前おろしそば」を楽しみたいと思ったら、今回はローソンの物を買って下さい。これはすごかった。


SHV39_5480こちらは、翌日帰る時の話。金沢駅にある100MART(百番マート)で「枝豆コロッケ」(上)と「ぼっかけ焼そば」(下)を車内で食べる用に買ってきました。
「枝豆コロッケ」は瀬戸内の藻塩を使って調理した枝豆を揚げたもので、「ぼっかけ焼そば」は神戸の長田区でお馴染みのあの焼きそばを再現したものです。実は初日着いた時から狙っていた(爆)。



「枝豆コロッケ」は、程よい塩気の枝豆が中に入っているんですけど、衣の甘みといいコントラストになっていて、おやつとかおかずに丁度いいんですね。
「ぼっかけ焼そば」は、太麺の食べ応えと具材のこんにゃく・豚肉・キャベツと思っていた以上に具が多いので、普通の焼きそばに50円プラスしたと思えば、納得のできるクオリティに仕上がっていますよ。十分にオトク感を感じられます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2019年08月19日

金沢に在来線で行くのは、今回で最後かもしれない・・・

何でそう書くのかというと、FC岐阜が来年J3行きになれば、ツエーゲン金沢がJ3行きになるか岐阜が再度J2へ復帰しなければ難しいというのもあるのですけど、他にもあるんですわ。そのあたりは最後に。


先日、「青春18きっぷ」を利用して金沢まで行って来ました。在来線を乗り継ぐのは、今年なら東京や京都などに行く場合と変わらないのですが、北陸方面はめっぽうキツい
大垣経由米原ないしは米原での乗り換えになるものの、その先の北陸本線の本数が少なく、乗り換え時間も10分以上あり、結構待たされる部類になります。これが行きでは米原と福井(始発で名古屋を出発したため)、帰りでは敦賀・近江塩津・米原(金沢を午前9時半に出発したため)であったんですよ。特に帰りの近江塩津駅では、何にもないところで待たされるわけですから、ある意味苦行・・・。


SHV39_5462そんな行きの車内にて。米原行きの電車です。
おお、今年も岐阜は中吊り広告を出したのね。今回乗った電車もさることながら、名古屋から岐阜へ行く電車でも見掛けたので、東海道本線ならば、米原~浜松でこの広告が見られるのね。中央本線や高山本線にあったかはわからないけれども、掲載されていたら、岐阜県内はほぼ網羅、中央本線なら長野県まで走っているかもしれないわね。はてさて、どれだけの効果があるのか・・・。



SHV39_5479話は一気に飛んで金沢・片町にて。
・・・おお、片町に純粋なポプラが生き残っていた!

ご存じの通り、ポプラは絶滅危惧種のコンビニになってしまい、生き残ったポプラも大概がローソンとの合弁という形になっております。それでも新規店舗を増やしているそうなので、完全に無くなることはないと思うものの、将来的にローソンがどう出るか・・・で、ポプラの行く末は決まっちゃうのかなぁ。


というわけで、このポプラ 金沢片町店はなんなのかというと・・・。



SHV39_5476映画「武士の家計簿」の主人公である猪山直之の生家があったとされるところだそうで。
そのためか、隣の部分も併せて武家屋敷風な作りになっているわけで。



SHV39_5482さて、冒頭の発言。
2022年までには北陸新幹線が敦賀にまで延伸。現状3~4割くらい出来上がっている感じですかね。それでも、もう福井駅なんかはレールが敷ける状況にまでなっています(実際、福井鉄道が仮設駅を設置したほど)。

ただ、新幹線ができると、問題になるのは並行在来線と呼ばれる並走している在来線の問題が持ち上がってきます。
新幹線が開業したら、並行在来線となる区間は第三セクターとして残ることにはなりますが、JRの管轄からは外れます。つまり、敦賀より先は「青春18きっぷ」で乗ることはできなくなるという意味でもあります。同時に特急も敦賀までになるのですが、敦賀からは新快速や快速が走っているため、最悪の場合、大阪から発車している特急サンダーバードは廃止になるかもしれません。かろうじて名古屋から発車している特急しらさぎが利便性の面で生き残りそう(北陸新幹線が米原ルートになっていた場合は廃止になっていた可能性アリ)ですけど、JR西日本が運営していくのか、JR東海に移管されるのか不透明ですわね。


で、北陸本線は石川県内(恐らく3本ホームのある大聖寺駅~金沢駅)はIRいしかわ鉄道に移管されることになっています。



SHV39_54821そして、福井県内(石川県にある大聖寺駅~敦賀駅)は2020年に設立される新会社に移管予定です。この先小浜経由で京都・新大阪に行くルートが決定したので、少なくとも小浜駅までは、この新会社に移管されるのではないかと思います。

ちなみに、特急が廃止されると困るのが鯖江市鯖江市内には新幹線の駅が設置されないため、普通電車しか止まらない可能性があることから、JR西日本に対して特急廃止をしないように求めているとのことですが、現状新幹線を利用してほしいと思うでしょうから、厳しいんじゃないのかな・・・。もしあるとすれば、快速電車を走らせるという案ですけど、そこまで新しい会社が余裕を持てるかどうかと採算面で妥当なのかという問題が付きまとうんですよねぇ・・・。
そして、石川県内の北陸本線が全て第三セクターになることで、JR線は七尾線のみになり、採算面で苦しいと判断されれば、のと鉄道への移管も考えられ、もしかすると石川県は(元々JRの路線が無かった沖縄県を除いて)史上初となるJRの在来線が無い県になるかもしれません現状は特急人気に支えられているので、当分は無いと思うのですけど。



あ、どうせポプラでメシ買ってきたんだろうって言いたげだね?大正解(ギャハ)。
そのあたりは次回に取り上げます。


武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [Blu-ray]
武士の家計簿
Blu-rayDVD



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2019年07月30日

京都というか関西圏からのメシの話

先日京都に行って来ましたが、移動の関係で小出し小出しで食べるというまるで小動物みたいな食べ方になっておりました(笑)。


SHV39_5375最初は、セブンイレブンから「ジューシートマトサンド(飛騨トマト使用)」
飛騨トマトを使っているのが特徴ですが、飛騨って岐阜県だよね(苦笑)?何で東海地方では売っていないんだ・・・。



トマトの甘みと酸味が絶妙で、一緒に挟んであるベーコンの塩気でさらにバランスが取れている非常に美味しい商品です。つくづく何で東海地方で売ってないんだ・・・(泣)。


SHV39_5380京都駅ではManneken(マネケン)のベルギーワッフルを頂きました。
この店は大坂が発祥で、関西以外に関東・東海・中国・九州・沖縄にも展開しています。愛知県にもあるのですが、なぜか一宮市にある(汗)。
ここで頂いたのは、期間限定商品である「レーズンバター」発酵バターにラムレーズンを混ぜております。



こちら、生地の甘さにラムレーズンの爽快な香りと酸味がアクセントになっていいですね。しかも焼き立てをくれるんですわ。
正直ショーケースに置いてあるのでよかったんですけど、わざわざ焼き立てをくれたんですよね。たぶんショーケースのはテイクアウトで袋詰めする時のヤツなんだ。そうに違いない(と心の中で言い聞かす(ギャハ))。


SHV39_5382歩きっぱなしなので小腹が空く。
再び別のセブンイレブンで物色していたら、「京野菜 万願寺とうがらし」のおにぎりが。買わないといかんでしょう(ニヤニヤ)。
ご存じ、万願寺唐辛子は京野菜の一つ「万願寺甘唐」という通称があるくらい、唐辛子なのに辛くないのが特徴です。ピーマンなんじゃないかと思ったけど、違うんだよね(苦笑)。



で、やはり辛味はあまり無い悪く言えばピーマンだわ(苦笑)。ただ、熟せばもっと美味しくなる品種なんだろうなと勝手に思っております(笑)。唐辛子と思って食べるとアレだけど、辛味の無いししとうとか思えばイケるかな。
私は、この味は嫌いじゃないです。中に入っているおかかのおかげで引き立っているとも言えるのですけどね。


SHV39_5394帰り。
夕ご飯はスタメシになるのもアレなので、もう少し・・・と思って、セブンイレブンで「よだれ鶏 葱辛味たれ仕立て」を買ってきた昼間から狙っていた一品です(苦笑)。
この商品、珍しくレンチン不可惣菜です。



こちら、鶏肉(恐らくむね肉)のジューシーながらさっぱりした味わいに、ねぎのシャキッとした味わい、そして辛味のたれが程よく辛く酸味もあり、ジューシーかつさっぱりとしている鶏肉の味わいやねぎの風味を邪魔していないんですね。結構複雑な味わいに仕上がっているので、ご飯のおかずにもお酒のつまみにも合う一品ですね。これ何で関西圏だけなんだ・・・。


SHV39_5395さらにご飯代わりにセブンイレブンで買ってきた「香ばしたれの鳥めし」を頂きました
鶏むね肉を炭火で焼き上げ、醤油だれで味付けしたものなのだそうです。



関西圏のおむすびなのに、珍しく味付けのりではないんですね。
味は至ってシンプルで、薄味で醤油の風味の利いたものと言ったらいいのかな。もっと濃くてもいいのかなと思ったのですが、関西圏だとウケないんでしょうなぁ・・・。


SHV39_5396最後は、お土産代わりに買ってきた「サンガバナナ」ローヤルという会社が買い付け、輸入しているものです。
フィリピンバナナ(同国南部のダバオ産)の「みやび」とのコラボ商品になっています。
なお、「サンガバナナ」は売り上げの一部が京都サンガF.C.への協賛金になっている他、「みやび」と「サンガバナナ」、「エストレージャ」・「みやびゴールド」・「アロハスウィート」は売り上げの一部をセーブ・ザ・チルドレンへの募金として拠出しています。



こちら、果肉はしっかりしているのに、甘みは強く、食べ応えもあります人によっては苦手なジュクジュクしたのがあまり無いので、食べやすいんじゃないかなと思います。ただ、バナナは熟すのが早い果物なので、買ったらすぐ食べるのが基本的にいいんじゃないかなと。もちろん熟しに熟しきったのが好きな人は、少し長めに置いておくといいかもしれないですけど、痛む可能性もあるので、自己責任で。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2019年07月26日

鹿児島を見て死ね!⑤

次の日になった。朝早くにチェックアウトしようと思っていたら、バスに乗る予定の時間だった午前7時に目が覚めた(爆)。ちょっとヤバいなぁ・・・と思いつつ、チェックアウト。幸いだったのが、鹿児島空港に向かうためのバスが停まるバスターミナルは、歩いて5分圏内だったこと。早いうちに宿を抑えておいてよかった。一泊5000円もしなかったんだよなぁ・・・。
あ、チェックアウトしてから忘れ物をしたのを思い出し、また戻って取りに行ったのは内緒(ギャハ)。


SHV39_5352そんなこんなで、午前8時のバスには間に合ったこれに乗っていけば、フライト1時間前には着けるだろう。既に行きの時に搭乗券をメールから発行しているので、手荷物検査さえ終われば搭乗OKにはしてあったんだよね。ジェットスターすげぇわ。

車中では、朝ご飯を食べ損ないようにと思って、おにぎり1個だけ買ってきた。それがローソンで買った「めんツナおにぎり」
前回紹介した「めんツナべんとう」のおにぎり版です。



なお、「めんツナおにぎり」の中身は、ふくやの「めんツナかんかん」オンリーです。



これはこれで美味いね。「めんツナかんかん」自身そんなに濃い味ではないので、ご飯に自然に溶け込んだ味わいになっています。ただ、じわじわと辛味が来るので、その点では上手く作られてるなぁとも。


SHV39_5353鹿児島空港に着いたら、飲んでおかないと思っていたのが、デーリィ(南日本酪農協同)の「ヨーグルッペ Light(ライト) ソーダ」。缶入りなので、確か持ち込めないんだよね。なお、封を開けたら吹きこぼれてきた(泣)。
乳酸菌飲料の「ヨーグルッペ」にカルシウムとオリゴ糖を入れた「ヨーグルッペ Light」が展開されているのですけど、さらにそこに炭酸ガスを入れて清涼感を加えたもの。もう原形は留めていないんじゃないかと焦る(笑)。
この商品自体が、いかにも九州だからね。特に宮崎県や鹿児島県の南九州ではポピュラーな製品ですから、取り上げねばと。



酸味はほどほどになりながらも、甘みと清涼感は、しっかりとしております。何か「ピルクル」とか「カルピスソーダ」の味に似てなくはないけど、あれに比べるとあっさり目なのよね。飲みやすいんですよ。


SHV39_5354そして、フライトが遅れるという事実を知る。
機内食を朝食代わりに・・・と思っていたので、1時間近く待たされるのは厳しい。

というわけで、おにぎりを再び買ってくる。
鹿児島空港内のファミリーマートで、「高菜」(上)と「黒豚みそ」(下)を買ってくることに。
「高菜」は鹿児島県産の高菜で握ったもので、西日本ではお馴染みの味付け海苔で包んでいます
「黒豚みそ」は西郷どん味噌を黒豚みその中の36%使用しています。



「高菜」は他の会社のコンビニでもそうだけど、何で味付け海苔で巻くかなぁ。普通の味の無い海苔でも十分美味いのにね。私が東日本の人間だからなんでしょうか。
・・・そこ、東海地方は東日本と西日本を都合よく使ってるとか言わない(ニヤニヤ)。

「黒豚みそ」はコク深いだけじゃなくて豚肉の甘みが伝わるものになっていました。このおにぎりの海苔は味の無い普通のもの。これはこっちの方がいいわ。
実は、天文館でとしの家の出店があったんだけど、生モノを1泊で持ち帰るのはヤバいかなと思って諦めたのよね。そこで「黒豚みそ」を売ってたから、買っていきたかったのよ。今度罪滅ぼしで物産展に出店してたら買いに行こう。


SHV39_5356最後は、フライト中にお土産代わりに買った「ジェットスターオリジナルなごみどら焼」
同航空のマスコットキャラであるジェッ太の焼き印の入ったどら焼きです。このどら焼きは、成田山表参道にある和菓子屋のなごみの米屋が製造したものです。



これ、中のあんも皮も甘ったるくなくて、上品な味です。350円はまぁまぁする方ですけども、これに熱いお茶と一緒に飲めば、フライト中もほっと一息付けるんじゃないかなと。機内は少し窮屈な感じがあるからねぇ。


残念ながら試合は中止になり、代替日は未定(ただし払い戻しのお知らせは来た)になっています。今年行くのは難しいかもしれないけど、来年また行けたら行きたいなぁ。そうなると鹿児島ユナイテッドFCのJ2残留が絶対条件ですけど(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:25Comments(0)

2019年07月25日

鹿児島を見て死ね!④

SHV39_5339ここからは、城山から鹿児島中央駅に戻ってきた時の話。
バスで鹿児島中央駅の停留所まで来て、すぐにローソンがあったので、飛び込んでしまう(笑)。丁度小腹も空いてきたので、「めんツナべんとう」を買ってみた
ふくやの「めんツナかんかん」を使った一品です。



あ、これは正しく「めんツナかんかん」だわ。明太子の辛さとツナの脂の乗った旨さの絶妙な味わいになっており、玉子と青菜の美味さもまたいい箸休めになります。
実は、おにぎりも買っているのですが、それは後日。


その後は、前にも話した通り。雨に降られて、身体中ずぶ濡れになり、ふて寝するつもりだったので、鹿児島中央駅にあるファミリーマートで色々買ってきた
実は、鹿児島県と宮崎県、そして沖縄県のファミリーマートは、他のファミリーマートと違い、オリジナル商品を販売している比率が高いのです。どうしてもファミリーマートは画一的なラインナップで地域色というのは薄めなのですが、ここだけは違うんですよ(ニヤニヤ)。沖縄に行く時も、そのあたりを注意して見てこようかなと思っています。


SHV39_5349最初は、「奄美鶏飯」奄美大島出身の中孝介さん監修のものだそうです。
「鶏飯」というのは、奄美大島の名物料理で、鶏肉から採っただしをご飯に掛けて頂くものです。「ひつまぶし」の第2段階のように、様々な薬味を掛けて食べるのですが、「鶏飯」は具材も一緒に乗せて頂きます。主なところで、鶏肉・錦糸卵・椎茸・パパイヤ漬け・タンカン(柑橘類の一種)の皮などです。実は、鹿児島ユナイテッドFCの試合でも食べられる予定だったのですが、中止になったので食べられなかったんですよ・・・(泣)。
なお、鹿児島県内ならローソンでも買えますセブンイレブンでも近日新商品で販売予定とのこと。



思った以上に鶏だしが濃いなぁ。もっと薄味で具材の味を楽しむものだと思っていたのですが、その認識は甘かった(苦笑)。
鶏だしが濃いので、ご飯だけでもスルスル入っていきますわ。もちろん、具材も美味しく、一つ一つが濃いめの味付けなので、この一杯だけでも十分腹が膨れるわ(苦笑)。


SHV39_5350というわけで、竹下製菓の「竹下のブラックモンブラン」をデザート代わりに頂きます
ご存じ九州で大人気のアイスチョコクランチの中にはバニラアイスが入っております。



これはシンプルだけど美味いわ。チョコは甘過ぎないけど、アーモンドのクランチがいいアクセントになって、食べ応えもまたよろし。売れるわけだ。


SHV39_5351で、残ったコイツは、思い出したかのように、夜食として頂いた。
それが、「辛くて旨い!とろとろたまごの冷し辛麺」宮崎県の名物「辛麺」を冷やし麺にアレンジしたものです。



うーむ、辛い。そして、しょっぱい
総じて濃い味なんですよ。この濃い味なら、絶対酒のつまみとか〆になるわ(笑)。是非宮崎に行った時は、本物を食べてみたいものです。


そして鹿児島の夜は更けていく。何だかんだやってたら、もう次の日だわ(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2019年07月24日

鹿児島を見て死ね!③

SHV39_5321最後は、鹿児島で食べたメシの紹介
いやぁ鹿児島もそうだけど、九州はメシが美味い(ニヤニヤ)。


今回は天文館から。最初はご存じ天文館むじゃき



SHV39_5322もちろん、今回来た理由は、ただ一つ。写真にある「白熊」を食べるためです。
先程の写真にもありましたが、今年で「白熊」販売開始70周年1949(昭和24)年から始まったのですが、考案されたのは、さらに2年前の1947(昭和22)年。いずれにしても、長いこと愛された商品なんですね。



SHV39_5324今回は1階にある白熊菓琲(しろくまカフェ)で頂くことにしました。メシはもう少し後でいいかなと思ったんですわ。
で、こちらが「白熊」(普通サイズ)上から見ると、白熊の格好をしているから、この名前になったそうな。
なお、「ジャンボ白熊」なるたるものもあるのですが、1人で食ったらお腹壊しかねんぞ(汗)。



この日、丁度蒸し暑かったということもあって美味い!
蜜入りのミルクの甘さと色とりどりのフルーツ、そしてかき氷のサクッとしながらもふわりとしてて口溶け滑らかな食感と全てのバランスがとても練られて練られ尽くされている一品になっています。物産展とかでも食べたと思うけど、やっぱり美味いわ。これからの季節にベストマッチですよ。
ただ、普通サイズの「白熊」や「ベビー白熊」(ミニサイズ)のみの注文の場合は1人1個ずつ頼まないといけないので、「白熊」だけの注文を考えている人は注意が必要です。


SHV39_5325実は、この時もう一品頼んでいた。
こちら、「両棒餅」。こう書いて「ぢゃんぼもち」と読む。
いわゆるみたらし団子の一種で、2本の棒で1つの餅(もち米・求肥(ぎゅうひ)・小麦粉などで練ったもの)を刺して皿に盛っております。よーくたれに絡めて食べましょう。



こちら、餅のもっちり感とたれの甘過ぎないけどまろやかな味わいが、一緒に来るお茶に合います。丁度、「白熊」で身体が少し冷えたかなと思ったところなので、熱いお茶がまたいいのよ。


SHV39_5320最後は、セブンイレブンの「青高菜」九州地区限定の商品です。
短時間で炒めた青高菜を粒立ちがよく程よい粘りと旨味がある厳選米で握ったものだそうです。



炒めているからなのか、高菜の塩気がよく利いた味わいになっております。ご飯もそれなりに塩気が利いているので、少ししょっぱいかなと思ってたけど、そうでもない。ただ、もう少し青高菜にインパクトが欲しい。そうなると、高菜にはあるごまとごま油は影響力があるんだねぇ・・・。


次回は城山から帰った後に頂いたものを紹介します。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2019年07月23日

鹿児島を見て死ね!②

さて、城山に向かうため、天文館から北に向かって歩くと、照国神社があった。その前の交差点を右に曲がる。
しばらく歩くと、観光案内所があったので、城山までの道を聞くことに。実は、近くに道があるとのことですけど、工事で封鎖中とのことなので、仕方なく遠回りで向かうことに。地図も頂きました。


SHV39_5331その後、磯街道を歩いていると、左手に見えてくるのが、薩摩の英雄の一人、西郷隆盛の像
像そのものは結構高い位置にあり、今回はアップで撮ったものになります。あまりに引いたところにあるので、道路の向こうに撮影場所があるんですよ。



SHV39_5332さらにそこから歩くこと数百m、黎明館の中にあるのが、天璋院こと篤姫の像があります。こちらも幕末の変革に動いた人物として知られていますね。
館内にあるので、営業時間が過ぎると見られないので注意。



SHV39_5333そこから少し先にあるのが、薩摩義士碑
江戸時代に木曽三川の改修を行った薩摩藩の関係者およそ80人を弔う場所です。この碑ができたのは大正時代になってから。それまで、特に江戸時代には薩摩義士を崇め奉るのはタブー視されていたそうです。



SHV39_5335薩摩義士碑のそばには、薄墨桜が植えられています。本体から分家されたものですね。岐阜と鹿児島の繋がりがよくわかる場所でもあります。
この木曽三川の改修は、岐阜県だけでなく東海3県にとっても重要なことなので、私も含め東海3県の関係者は、一度訪れてその偉業に敬意を表すべきかと。



SHV39_5338その薩摩義士碑から遊歩道を歩いて数十分。1kmほどの山道、まだ再整備もままならぬ場所を通ってやって来たのが、城山の山頂近くにある城山公園展望台。ここから見えるのは、ご存じ桜島。そして鹿児島市内です。

ここで、タイトルの意味がわかります。
鹿児島市はイタリアのナポリと姉妹友好都市を結んでいます。
ナポリと言えば、ベスピオ山とナポリの街並み。それが桜島と鹿児島の街並みによく似ていますよね。その風景の類似から姉妹友好都市関係を結んだわけです。
そのナポリを評することわざとして「ナポリを見て(から)死ね」というものがあります。ナポリの景色があまりに絶景なことを表すこのことわざを踏まえて、どうせなら城山から見える鹿児島の景色を見てほしいという意味合いで、このタイトルとなったわけですよ(ニヤニヤ)。



この頃は、あまり雨が降っておらず、まぁ持ちそうだなと思っておりました
しかし、鹿児島中央駅まで戻ってきて、近くにあるホテルでチェックインして荷物を置いてから、バスに乗って鴨池陸上競技場(白波スタジアム)に向かおうかと思ってバス待ちをしている頃から雨が降り出し、それが酷くなって、遂に中止にまで至ったというわけです。
仕方ないので、ホテルに帰ってふて寝するしかもうできんかったわい(泣)。

翌日は、遅くなりながらもチェックアウトして、鹿児島空港に向かってみたら、飛行機が鹿児島空港の一時閉鎖で遅れているというオチ。台風5号は大きな被害をもたらしたのは長崎県だけだったんだけど、その後の台風によって刺激されて降った大雨が九州各地で悪さしたとも言えるねぇ・・・(汗)。


次回は鹿児島で食った飯とかの紹介です。九州はホントに飯が美味い(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2019年07月22日

鹿児島を見て死ね!①

やったら物騒なタイトルだな・・・と思うかもしれませんが、このタイトルの意味は、もう少し先に紹介していこうかなと。それまでしばらくは、今回の模様でお茶を濁していこうかなと(爆)。


SHV39_5315先日鹿児島に初めて行って来ました。
鹿児島までは新幹線でも行けますけど、べらぼうに掛かるので、あらかじめ予約をしておいた飛行機での移動に。だって、1月の半ばに決まったんだもの早く予約しておけば、格安で乗れるもんね。

というわけで、国内線搭乗口に向かう途中、国際線搭乗口の前には名古屋グランパスの「鯱の大祭典」の告知が。
・・・天井に忍者がいるのは、ギャグだよね(ニヤニヤ)?



SHV39_5316今回は、朝早く出たということもあったので、かねてからジェットスターの機内食をオプションで採ってみた
中身は、ハンバーグカレーのようです。ホットミール(温かい食事)とは書いてあったのですが、実際にはホットミール(熱い食事)だった(爆)。舌が焼ける熱さまではいかないけど、結構熱い部類。
なお、帰りの便も同じ内容だった(ギャハ)。



その味は、温かいからなのか、結構美味しかったカレーはスパイシーではないけどカレーの風味がきちんと出ているし、ハンバーグも小ぶりだけど食べ応え満点スプーンですくいにくい部分は、ナイフやフォークを使ってすくってやりましょう(ニヤニヤ)。


SHV39_5317中部国際空港から飛行機で約1時間半。さらにバスで約50分で、鹿児島市にある歓楽街の天文館に。



SHV39_5323ここに向かったのは、あるお店なのですが、それは後日紹介。

で、何で天文館という地名なのか調べるために向かっていたら、天文館公園に着いた
天文館の跡の碑がそこにあるのかと思いきや、最初に向かったところあった(苦笑)。実は、セブンイレブンに向かうためにそっちの方向には進んでいたのだ(泣)。



SHV39_5326で、セブンイレブンの角にあるのが、島津重豪(しげひで)と水間良実(よしざね)が星の観測を行っているワンシーン。後でわかったのですが、相当ノイズが酷いので申し訳ない
当時は、きちんと星を眺めていたんでしょうけど・・・。



SHV39_5328今は、恐らくこの催しの吊るし看板を指差していたかもしれない(笑)。
かごしま県民交流センターにて、「西元祐貴 龍のキセキ」、9/1まで開催中です(爆)。



SHV39_5330ところで、天文館の跡はどこにあるんだとウロウロしていて、やっと見つけたよ(汗)。なんと、ドラッグストアの隣に埋もれるように跡の碑が立っていた(泣)。ホントにわかりにくいので気を付けて下さい。


天文館という地名は、その名の通り天文観測をする館があったことから由来していますけれども、その館の名前は本当は明時館と呼ばれていました天文館は別名だったのです。しかし別名で有名になり、今に至るというパターン重豪さんもビックリ案件ですが、よくあるよね(ニヤニヤ)。
で、この明時館(天文館)は何が行われていたのかというと、天体観測から暦を作っていたのです。薩摩暦と呼ばれたこの暦は、非常に正確だったとも言われ、藩内で重宝されたそうです。



さて、ここからどこに行こうと思案して、迷った挙句、城山に行ってみようとなったわけですよ。せっかく鹿児島に来たのだから、桜島だけでも見ておかないと。曇ってたけどな(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)

2019年07月10日

博多祇園山笠で盛り上がっていた福岡にて 2日目 後編

ヤフオク!ドームを後にして、向かう先は地下鉄空港線の唐人町という駅。そのルートにしたのは、グーグルマップでとある場所を見つけたからです。


SHV39_5255その場所は、墓地の中とも言えるところ
なぜかヤクルトの自販機がぽつんと置かれています。他の自販機もあるのですが、そことも距離を置いて置かれているのです。



SHV39_5256何でこんなところにヤクルトの自販機がぽつんとあるんだ・・・と思ってよ~く見ると、塀の隅っこに黒いヤクルトの置き物が。事実上の創業者である代田稔さんのモットー「健腸長寿」の文言が彫られています。



SHV39_5257実は、ここがヤクルト事業創業地とされている場所。それを記念した碑なのです。
代田さんは、福岡市で研究所を立ち上げ、ここでヤクルトの製造を始めたそうなのです。



SHV39_5258この碑は、2009年に福岡にあるヤクルトの販売所が販売所創立50周年を記念して建てたものです。周りは住宅地と墓地しか無いところなのに、よくわかったもんだと思ったり。



この碑なんですが、行きならヤフオク!ドームに向かう途中、帰りなら唐人町駅に向かう途中、ホークスとうじん通り(川のほとりの通り)にある墓地にあります。ただ、黒いのと小さいのとですこぶるわかりにくいグーグルマップで位置を確認してやっとわかるかなというレベルなので、知らないで歩いていたら、通り過ぎてしまいますよ(ニヤニヤ)。


SHV39_5259ホークスとうじん通りには、こんな広告も。
・・・なかなか上手いねぇ(ニヤリ)。



SHV39_5261空港線唐人駅からおよそ10分。ヤフオク!ドームからの歩きも入れれば約25分。博多駅に戻ってきました。
新幹線のホームには、特別仕様のつばめが。
一見普通の新幹線なんですが・・・。



SHV39_5262サイドには、今年90周年を迎えるミッキーマウスが描かれていました。
黄色地の中に描かれたミッキーは結構派手に見える。



SHV39_5260車内にはおよそ4時間いることになるので、お昼ご飯を買っておいた。
以前紹介した八ちゃん堂の「とろ~り大粒たこ焼き(ねぎ)」を買い、さらにセブンイレブンの「鶏そぼろ」(左上)と「辛子高菜」(右下)を買う。



たぶんこの中では「鶏そぼろ」が初めての紹介なんじゃないかなと。
鶏肉の旨味に加えて、甘辛の味付けがなされていて、ご飯との相性はバッチリ。このおにぎりは、味付け海苔になっていましたけど、海苔が味付けじゃなくても十分に美味しいと思います。


九州にあるJ2チームは4つ(沖縄にあるFC琉球を含む)。長崎は日曜夜なので行けないから、九州に行くのは鹿児島と沖縄だけになってしまったか。どちらも行ったことのない場所なので、楽しみではありますね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)