2018年04月23日

アカン、怒られるパターンや!

そういえば、先日のファジアーノ岡山×FC岐阜の試合で、ファジフーズではなくスタジアム内の売店で、キムラヤのパンという岡山では有名なパン屋さんが出店していたので、どれどれと見ていたら、こんなのを見付けて面食らう(汗)。個別記事にしたのも、それが理由。


SHV39_3073た、たくあんサラダロール!?
というわけで、「たくあんサラダロール」というキムラヤのパンから販売されている総菜パンを今回紹介
恐らくご存じの方は多いかと思いますが、滋賀県につるやパンという会社から「サラダパン」というのが出ており、そちらは1957年から約60年販売されているロングセラーでもあるパンなのに、真っ向からケンカしてるわ(ギャハ)。



味は、マヨネーズで合えた刻みたくあんを挟んだということなんですが、マヨネーズもたくあんも少し薄いかな。でも、不思議とハマる味何か悪いものでも仕込んでるんじゃないかと疑いたくなるくらい(苦笑)。何だろうね、美味しいのよ。
「サラダパン」も不思議な味なんだけど、やっぱり美味かった。うーむ。


しかし、この堂々としたともいえるパクリに、つるやパンは大人の対応をしているのだろうか、それとも知らないのだろうか、すごく疑問。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

FC岐阜観戦記2018 アウェイ編 その6 おまけ ファジフーズ、リベンジマッチ

SHV39_3072先日行われたファジアーノ岡山×FC岐阜の試合。試合も楽しみでしたが、やはり岡山といえばファジフーズ多彩な料理が並ぶJリーグ屈指の屋台村(フードコート)になっています。
そのファジフーズ、今年は一部テントで電子マネーに対応するようになりました。すげぇ進化してる(汗)。
しかも、スポンサーになっているnanacoをはじめ、同じくスポンサーのICOCA(JR西日本の電子マネー)WAON・楽天Edyではポイントも貯まる(nanacoのみ100円で1ポイント、ICOCA・WAON・楽天Edyは200円で1ポイント)から、この日のために・・・じゃなかった偶然貯まってたnanacoポイントを換金し、かついくらかチャージして挑むことにしました。やっぱりポイントが貯まるのは大きいわ。
ただ、この日ポイント精算機の調子が悪かったらしく、一部テントでは待たされる事態に。とりあえず交通系カード以外ならイケるということで事なきを得ましたが、やはりちゃんと整備しようね。



SHV39_3062というわけで、ファジフーズに、いざ参らん!
去年の教訓を生かし、カレーは食わん(爆)。食べるとしても最後にしよう(ニヤニヤ)。


最初は軽いものからと思い、テント1(山田村)の「岐阜各務原 キムチのせナゲット」
いつもはわさびマヨソースを掛けて食べるものを、岐阜・各務原のキムチを添えて頂く形式になっております。



あっさり味のチキンナゲットに、ほのかな辛味と酸味のあるキムチを乗せると、これがまたいい具合にマッチします。辛過ぎず酸っぱ過ぎないので、ナゲットにソースを掛けたのと変わらずに頂けます。そして、このキムチには、きちんとにんじんが入っていたのも評価したい(ニヤニヤ)。


SHV39_3063お次は、テント9(じゃがいもの木)の「真備LOVE たけのこの青椒肉絲(チンジャオロースー)丼」
真備町のたけのこをふんだんに使ったものですが、普通なら一緒に乗ってる肉やピーマンのように細切りにするのがセオリーなのに、そうなっていないんですね。



これは美味かった。
味そのものは中華料理なのに薄味。でも、たけのこのシャキシャキ感が大きく切ったおかげで十分に味わえる。そして、薄味・あっさり味なので、胃に優しい(笑)。前回の失敗を上手く生かせたと思ってたけど、この味にも救われた(爆)。


SHV39_30653番目は、テント8(新見食肉)の「千屋牛牛丼」
新見市にあるお店(精肉店)が手掛けたもので、岡山県のブランド牛である千屋牛を使ったものです。



これも美味しかった。
牛肉がとろけるように柔らかく、筋っぽくない。サシの入ったいい肉を使っている証拠でしょう。一緒に入っていた玉ねぎも甘くてだしをよく吸ってるし、ネギもシャキシャキでいいねぇ。
これで700円なら安いと思う。普通なら1000円オーバーでもおかしくないわ。


SHV39_3066こちらは、上がテント7(岩手川)の「メチャ旨和牛の牛スジコロッケ!!」(左上)と「たこ唐」(右上)。下がテント11(あるてふぁっと)の「親鳥のコリコリ焼き」
「メチャ旨和牛の牛スジコロッケ!!」はファジフーズコロッケバトル2013で優勝したものだそうで。



その「メチャ旨和牛の牛スジコロッケ!!」は結構肉の味わいがじゃがいもに染み込んでいて、美味い。濃い味で脂も多いんだけど、胃にもたれない。不思議。

「たこ唐」は、少々しょっぱいけど、酒のアテなら十分だろうね。たこは疲労回復にいいので、この日の暑さには丁度よかったのかな。

「親鳥のコリコリ焼き」は、親鳥ということもあってか少し硬い。でもその中から出てくる旨味とにんにくメインの醤油味はなかなか。もう少し柔らかくなってればなぁ・・・。


SHV39_3067そして、テント11(あるてふぁっと)からは、例のスムージーが登場!今回は白桃をチョイス。
そうです、今年もBlendtecのミキサーを使っておりました。やはりここ以外で『本来の使い方』以外の使い方を見たことがない(ギャハ)。



・・・甘いねぇ。この甘さと冷たさが暑さを和らげてくれますわ。


今年も美味いところが多かった。軽いところから徐々にウエイトを置いていったので、お腹いっぱいになってしまうことなく、腹八分目あたりで留められましたね。カレーも行こうかと思ったけど、もうスムージーになるあたりで残金が切れた(ギャハ)。仕方なく現金で払ったのが悔しかった・・・。今度はチャージができるようになるといいなぁ。チャージできる機械かコーナーを置いて下さい(ニヤニヤ)。


そして、これを見て思ったこと。
混んできた時に、電子マネーで支払えると、捌くのが早くなるぞ。今はまだ店の人が驚くレベルだけど、きちんと普及させれば、これほど便利なものは無いと思われるはず。
そして岐阜のフロント、見てるなら、WAONからでもいいので、専用の精算機を導入しよう。せっかく応援WAONまで売り出しているのだから、これを生かすために導入を検討してもいいんじゃないの?そのカードで支払ったらポイントを倍にするとか、技術的な面で可能なら、やってみてはいかがでしょうか?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2018年04月22日

ひよこちゃん、グレる

SHV39_3005今回紹介するのは、ローソンの「からあげクン」の一つ、「からあげクン 旨辛キムチ味」です。
ローソンとのコラボ商品になった「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」に絡んだコラボ商品で、こちら側はローソンサイドのコラボになったわけですね。


実は、この商品の発売でひと悶着あったらしく・・・。
ひよこちゃんの出演するチキンラーメンのサイトがからあげクンに乗っ取られまして(苦笑)。エイプリルフールだと思っていたひよこちゃんの怒りが心頭し、ローソンに殴り込みを掛けてからあげクンを〆る始末(笑)。
それでも我慢ならなかったか、悪魔に魂を売ってしまい、グレる有様日清の公式サイトも被害を受け、ひよこちゃんの怒りはピークに。
収まったかなと思った4/15には、再びからあげクンを襲撃。この日、誕生日だったからあげクンを誘い出して、崖から突き落とし爆破という、よい子だった頃のひよこちゃんの姿はもう消えてしまったかのようです(ニヤニヤ)。
ちなみに、悪魔化した際、「茶番は終わりだ」・「ひよこにチキンラーメンの宣伝をさせるなんてどうかしてる」・「鳥に卵炒めさせるって、なに考えてるの?」とつぶやいていたので、さもありなんですわね。おいたわしや、ひよこちゃん。



そんな怒りの味がこもっているようで、辛いぞ、結構(ニヤニヤ)。
鶏のジューシーな味にキムチの辛さも加わって、あっという間に無くなってしまった。一緒に出た「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」に放り込んでもいいですな。
あ、「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」はいずれご紹介できれば(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年04月20日

酸辣焼きそばみたいなものか

SHV39_3040今回紹介するのは、ペヤングの「ペヤングやきそば すっぱからMAX」コンビニ先売(恐らくセブンイレブンのみ?)になっていました。なお、一般販売はゴールデンウィーク明けの予定です。

酸っぱい味わいと辛い味わいが両方楽しめるという商品だそうですけど、何だ、酸辣湯(スーラータン)麺ならぬ酸辣焼きそばか(ニヤニヤ)。



とまぁ、タカをくくって味わっていたら、結構酸っぱいのと辛いのが共存して襲い掛かってきた(汗)。
これがまたキツイ。辛いかなーと思っていたら、徐々に酸味が立ってくるし、逆に酸っぱいと思ってたら今度は辛いと互い違いにやって来るのよね。普通酸っぱいのと辛いのって両方来ることはあまり無いんですけど、今回はちゃんとコントラストをはっきりさせてきた。これは美味い。


具材が貧弱なのは残念だけど、酸味も辛味も好きな人にはオススメです。少し酸っぱみの方が強いかなと個人的には思いますけど、皆様いかがでしょうか?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:27Comments(0)

2018年04月19日

こ、これはもしや!

SHV39_3006山賊焼!信州の山賊焼ではないか!


・・・というわけで、今回紹介するのは、ファミリーマートの「山賊焼」
通称信州山賊焼と呼ばれる、長野県中部にある松本市や塩尻市で食されているものです。
見た目だけで、カリッとしていそうなのがわかる。そして、匂いでにんにくとかガンガン使ってるなというのもわかる(笑)。



味は正しく信州山賊焼。去年松本で食べたあのにんにくと醤油の風味がガツンと利く、あの濃い味を楽しむことができます。表面の衣は見た目通りサクサクで、中はそれでいてジューシーファミチキをにんにくと醤油で濃く味付けしたと言えば、わかりやすいのでしょうか。


SHV39_3038なお、ファミリーマートよりも前に展開していたのが、ミニストップ
ミニストップでは「山賊焼チキン串」として発売されています。見た感じは、山口の山賊焼のような串に刺した鶏肉なのですが、果たして。



こちらは山口の山賊焼のようにタレが掛かっているのではなく、串に焼いているか揚げている調理法のため、恐らく信州山賊焼と言えるものになるでしょう。そのため、外側の皮の部分がパリパリで、中の肉はジューシーになっています。カリカリ・サクサクという部分はほぼ同じアプローチなんですけど、こちらは黒コショウの味わいと少し違うのね。


どちらも美味いので、一度食べ比べてみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(0)

2018年04月17日

カップヌードル スキヤキ

SHV39_3007こちら、日清食品の「カップヌードル BIG スキヤキ すき焼き風甘コク醤油味」
大豆ビーフを使って肉を表し、ネギなども入ったすき焼きに見せる工夫を結構施した商品です。
ちなみに、温泉卵をトッピングするといいとのことだそうですが、卵はあまり好きではない私にとって、割下にも卵を入れない主義なので、今回入れていません



いやぁ、確かに甘い濃い味付けなんですけど、甘さもその中に入るのかな。ただ、しつこい甘さは私は感じなかったですね。ただ、その味は甘さベースの割下にあたるスープの部分くらいで、具は大豆ビーフ・ねぎ・玉子くらいですから、すき焼きというには貧弱ですね。こんにゃく(しらたき)とか春菊とか入っていてもいいんでしょうけど、フリーズドライには向かないでしょうね・・・。


総じて、甘い割下にあたるスープが、まま美味いというのがメインで、大豆ビーフで何とか下支えしているかなといった感じすき焼きと名乗るには少し苦しい。普通に甘い味わいのするカップ麺とすれば、もう少しよかったのかなぁ・・・。個人的には好きな味だし。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年04月16日

あの日の決戦に備えてボンカレー

SHV39_3008先日、スーパーで買ってきたのは大塚食品のボンカレーシリーズ
左は現在のスタンダートといえる「ボンカレーゴールド」、真ん中が今回メインにするつもりで買ってきた「ボンカレー50」、右は比較用で買ってきた「ボンカレーNEO」。
現在のボンカレーシリーズは、国産の野菜(玉ねぎ・にんじん・じゃがいも)を使っているとのこと。スパイスも3種類(欧風・オリジナル・インド風)あるとのこと。比較なので、味は全て中辛で揃えてます。

ちなみに、沖縄県では創業当時の味のボンカレーが売られているそうですが、今回の「ボンカレー50」も創業当時の味に近いものになっているそうです。



というわけで、頂いてみましょう。


まず「ボンカレーゴールド」
掛けた時のルゥの粘りはそれなり。少しさらっとした感じなのかな。色はやや黄色み掛かった感じで、今日のような濃い色合いのカレーを思い浮かべる人にとって、この黄色み掛かった色は、薄そうに思うかも。
実際、味はやや薄い一昔前のカレー粉で溶かしたカレーを思い浮かべる人が多いのかな、世代によっては。私はギリギリカレー粉で作ったカレーのテイストを知っている世代なので、さもありなんな味と思っておりました。

お次は「ボンカレー50」
掛けた時に驚いたのが、ルゥに粘りが少しあるいわゆるカレーのとろーっとした感じのものが無く、ぼてっぼてっと落ちる感じですわ。小麦粉の比率が少し少ないのかなとか思ったりしましたけど、実際のところどうなんざんしょ?
その点もあってか、味は「ボンカレーゴールド」よりも薄い元々大塚食品が大塚製薬の関連会社なので、すわ病院食かと思ってしまったほど。
思い出は思い出で取っておきましょう(苦笑)。まぁ、美味しくないわけじゃ無いから、食べたくなることもあるわね。

最後は「ボンカレーNEO」
ルゥはいつも食べるレトルトカレーのさらっとした感じのそれなりの粘り。他の2つのカレーと大きく違うのは、色が濃いめの茶色という普段私達が食べ慣れているであろうカレーの色になっています。
そして味ですが、スパイシーでコク深い、これもまた今私達が食べ慣れているであろう味わいですね。正直、このカレーが一番美味い(爆)。


やっぱり「ボンカレーNEO」が一番美味かった今や「ボンカレー」や「ボンカレーゴールド」は思い出補正の味になりつつあるのね。でも、同じ中辛でも万人が食べやすい味という点では、この2つは捨てがたいです。


ところで、何でそこまでボンカレーにこだわったのか?
そう、このカレーを食べたのは、先週の土曜から日曜に掛けて。つまり、日曜に開催された徳島ヴォルティス戦に勝つために、相手チームの食材を食らうというゲン担ぎでやったわけですよ。まぁ、結果は引き分けだったので、効果はイマイチだったんだろうけどね(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2018年04月15日

FC岐阜観戦記2018 第4節 連続長良川劇場 半分、青い

「NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)じゃねーか!」
・・・そういう人もいらっしゃるかもしれない。でも、長良川競技場で行われる試合の中には、時折スぺクタブルな展開を見せることがあり、長良川劇場とも言われることもあるのよ。
で、「半分、青い」というわけだ。確かに今回の朝ドラは岐阜県の東濃地方を舞台にした「半分、青い」という作品で、今日ホームタウンデーで来ていたのも多治見市という東濃地方の中心地。そして、今日の相手である徳島ヴォルティスも偶然ながら青。半分じゃないけど、スタジアムのほぼ半分が青いわけですよ。
その徳島は、昇格候補と期待されながらも、ここ最近は東京ヴェルディにフルボッコにされ、栃木SCには引き分ける内容で、思った以上にいばらの道を歩んでいたわけです。
しかも、東京V戦で元FC岐阜の選手だったシシーニョ選手が2枚イエローカードをもらって退場処分となり、翌試合の栃木戦は出場停止という有様。ちぐはぐな印象が否めないですね。

対して岐阜は、愛媛FC戦に勝った後、勝ち星には恵まれず、ヴァンフォーレ甲府戦では接戦の末敗退(フルボッコになってしまいかねなかった)。その後の東京V戦では守備に重点に置いたのが功を奏し、調子の良い東京Vをスコアレスドローで抑え込むことに成功しています。
勝ち星には恵まれていないけど、攻撃一辺倒なチームに少しずつ守備の意識が植え付けられ始めているのかなという印象が。ただ、守備がいいと攻撃が忘れられる、つまり精度が悪くなるいうふうになってしまうのが、昔も今も岐阜の『伝統』であるわけでして・・・。そこの部分の改善を今日の試合できればいいのかなと思って見ておりました。


SHV39_3013今日は昨日まで降った雨が少し残り、あまつさえ風が強かった。
岐阜に着いた頃には雨は止んだものの、写真のように風は収まらず。ところが、この後すごく晴れてきて、風もほぼ収まるんだよね。強い時もあったものの、試合前の強さは何だったんだろうという感じにまで収まってしまうのだから、長良川劇場は時に恐ろしい・・・。



SHV39_3024今日の対戦相手徳島は、何と徳島県からバス移動。デイマッチだからできたのかなと思う。ナイトマッチならそのまま一泊かもね。
名古屋からバスで徳島に行った(去年のアウェイ戦参照)時、5時間ほど掛かった気がするので、まぁまぁ大変な移動だったと思うぞ。
・・・でも、最近バス移動ってトレンドなのかしら(ニヤニヤ)?



SHV39_3010そして今日は多治見市・揖斐川町のホームタウンデーだけでなく、FC岐阜ガールズフェスタ、ナガラジェンヌデーなのよね。
ゆえに、いつも飛騨牛コロッケを出している店が、色気を出してハート形の飛騨牛コロッケを揚げていた
ちなみに、女性限定の物だったのだが、すぐ揚げますと言っていた中、いいよ今あるのでと言ったら、これだった(汗)。限定の物もらうのは悪いから、つまり事情を知らなかったので、揚がるの待つよと言ったものの、いいよいいよということでもらったのだ(代金は支払っているぞ(ギャハ))。
・・・すいません、無理言ってしまいまして悪気は無かったのよ。そして、無理強いしたわけじゃ無いからね!<疑われるぞ。



SHV39_3015今日の試合、岐阜にとっては特別な試合になったのは、言うまでもありません
元岐阜の選手、シシーニョ選手と大本祐槻選手がスタメンで登場することになりました。双方共岐阜の中核を担っていた選手だったので、移籍の話が出た時、とても驚いたものです。特に大本選手の移籍が決まった時には、まだルーキーだろうという選手でさえ、徳島は歯牙に掛けるのかとさえ思うと、怒りさえ感じる。それに結果的に付いていく格好になった大本選手への怒りは一定数あったようで、メンバー紹介で唯一ブーイングが起こったんですね。同じ移籍したはずのシシーニョ選手には拍手、FC岐阜の所属経験の無い岐阜(多治見市)出身の杉本太郎選手にも万雷の拍手だったのに。

なお、大本選手は今日が初スタメン。しかも岐阜時代にはあまり就くことのなかったポジション(大本選手がミッドフィルダー、シシーニョ選手がフォワード)だなんてリカルド・ロドリゲス監督は一体何を考えているのだ・・・。



そんな異様な雰囲気が漂い始めた試合、ええ嫌な予感が的中しました。
試合中、大本選手にボールが回っただけで、かなりのブーイング。ホントにボールが回ってくるだけでブーイングが起こるなんて、過去のFC岐阜出身の選手の中ではあり得なかったことですよ。私の知っている限り。
それでも大本選手は気持ちを切らさずにプレーしていました。その気持ちに応えていたのか、岐阜対策をバッチリ組んでいたのか、はたまたフィジカル面で上回っていたからなのか、前半は徳島ペースで事が運んでいきます
とはいえ、前節スコアレスドローに持ち込んだ岐阜の守備力は落ちていなかった阿部正紀選手をはじめとする守備陣の奮闘もさることながら、田中パウロ淳一選手など攻撃陣も守備の役割をこなしていたあたり、大木武監督が述べていた守備の意識は確かに高まっているようです(じゃあ何で練習試合で東海リーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに負けたんだと(以下略))
そうなると攻撃が疎かにならんかね・・・と思ったら、やっぱり攻撃力が落ちてしまってるのかなと思わずにはいられない精度が落ちているんですね。決めてほしいシーンはあったけど、今回徳島はかなり堅い守備を敷いていたので、今回の精度の悪さは目をつぶってもいいかもしれないですわ。ただ、精度を上げていく練習は怠るなよと言っておきましょう。


SHV39_3018後半もこう着状態に陥っていた中、徐々に岐阜が息を吹き返し、徳島が焦りの色を見せ始めた64(後半19)分、突然スプリンクラーが大暴走。まさに試合に水差す格好になりました。それでも愚直に右(メインスタンド側)を攻めてる岐阜イレブンは、アカンたれやないかい(汗)。滑るっちゅーねん。



SHV39_3020焦りの色を見せていた徳島は、この一件以降、徐々に落ち着きを取り戻し、岐阜のゴールマウスを狙うものの、ビクトル選手の神掛かっているセーブを決め死守し、精度の悪いシュートにも助けられ0点に。岐阜も少ないチャンスを生かそうとするものの、相手守備陣の奮闘と精度の悪いシュートで0点のまま。前節と同じくスコアレスドローになりました。



SHV39_3023試合後、シシーニョ選手と大本選手がやって来てくれました
本当に大本選手にはブーイングが酷すぎて申し訳ないと思いました。それでもなお、大人の対応をしてくれた大本選手には感謝したい連れてきてくれたシシーニョ選手には、まだ若い大本選手を支えてあげてほしい。


この場を借りて言いたい。
悔しい・裏切り者と感じるのはわかる。だからといって、あそこまでブーイングするべきなのか。だったら同じ移籍組のシシーニョ選手には何もなかったのはなぜだ?彼は出ていくことは至極当然だったから、あきらめていたからしなかったのか?そうだとしたら、それは弱い者いじめの論理と同じなんじゃないかと。
大本選手の移籍は、止めなかったないしは止められなかった岐阜のフロント、強奪なのか否かは置いておいて、彼を意地でも獲ろうとした徳島のフロント双方が悪いわけで、大本選手は恐らく罪は無い。ステップアップしたくて移籍を決めたのなら、それを尊重すればいい。嫌な環境だったなら、サポーターも含め、どう改善すべきか考えるきっかけにすればいい。彼がわがままを言わない限り、繰り返しますが、彼に罪は無いのです。

私も2人の移籍には怒りを覚えています。そして埋められない穴に苦しんでいるとも感じています。
しかし、ここ最近は一筋の光明が射しているではありませんか。大きな損失があっても、岐阜は10年以上J2に生き残っているではありませんか。運に助けられている部分はあれど、選手が一丸に頑張っているから今があるんですよ。それを大本選手に執拗なブーイングを行っていた人達は忘れていないか?5年しか応援していない(つまりは最も苦しい時代を記録の中でしか知らない)私でもそれを思ったのに・・・。
だからこそ、怒りを覚えても、過ぎたこととしてもう受け止めるしかない、そう考えるしかないでしょう。今は彼らが徳島で活躍することを願うのが本当のサポーターなんだろうと。もちろん、何らかの形で岐阜に戻ってきてくれたら大歓迎ですよ。
まだ、岐阜のサポーターは『半分、青い』。そう感じました。



SHV39_3021ちなみに、次のホームの試合は白山ダービー、そうツエーゲン金沢との一戦になります。
佐藤洸一選手が取り返すとか煽るもんだから、岐阜サポからブーイングが起こるのは、ある意味お約束(笑)。こんなブーイングは、悪いことじゃないのよ。ブーイングの意味を履き違えるなということですわ・・・。



その前にファジアーノ岡山とのアウェイ戦が待っています。
ファジフーズも楽しみ・・・ですけど(笑)、首位を維持している岡山にどう挑むのかが楽しみですよ。何とか岡山の暴走を止めて他のチームを阿鼻叫喚に陥れてやりたいですな(ニヤニヤ)。それだけのことはできるんだよ。やれる、絶対やれるから!この2試合で得た自信と反省(対策)両方生かせるようにしよう。


SHV39_3012おまけ
CCNのステージ観客席にまだ誰もいないから、ギッフィー客席に座る(笑)。サボるんじゃねー(爆)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

九州物産展というよりくまモン物産展だった(笑)

現在JR名古屋高島屋で「大九州・沖縄展」が開催されています。同時に熊本県の広報大使も務めているくまモンを紹介する「大くまモン展」も同時開催されていました。ゆえに、『くまモン物産展』になってしまった(笑)。


SHV39_3027ここで「大くまモン展」の展示物を紹介。写真撮影は可能なので、思いっきり撮れた(爆)。


最初は、ホンダのバイク「モンキー」のくまモンバージョン
実際にくまモンも乗ったらしい。黒を基調にしたバイクで、くまモンみたいというのは言い過ぎか(苦笑)。



SHV39_3029こちらは、「大くまモン展」の特別衣装



SHV39_3030そして、別所にあった加藤清正の衣装を着たくまモン



SHV39_3031くまモン関係のものもいくつか出ておりました。


最初は、芦北郡芦北町にあるもなりおの「くまモンの人形焼き」の袋。結構オシャレですね。



SHV39_3032そして中身。思ったよりクオリティが高い。
なお、今回の中身はあんこです。



味はいわゆる大判焼きと一緒だと思います。あんこは少し甘い感じがしますけど、あっさりしていると思います。


SHV39_3034もう一つは、両口屋是清の「千なり ~くまモン 加藤清正パッケージ~」
熊本県産の抹茶を使用した抹茶粒あんを挟んだJR名古屋高島屋限定版です。加藤清正は、名古屋(清洲)時代から縁のある人ですからね。



SHV39_3035中を見ると、にっこりほほ笑むくまモンの姿が焼き印で描かれています



千なりそのものが美味いから、抹茶あんになっても美味い。もっちりと甘い皮も渋甘なあんに合うのもまた素晴らしい。


SHV39_3026最後は、熊本市西区にある熊本ラーメン 黒亭の「肥後あそび豚の黒亭担々麺」
白ゴマのたっぷり入ったラー油の入った豚骨スープカシューナッツ、肥後あそび豚のそぼろ、自家製の焦がしにんにく油、ほうれんそうが入っています。



スープそのものは重い感じになっていて、ゴマのコクが利いているわけですけど、麺ともう少し絡んでもいいかな。そして、あまり辛いわけではないのに汗がよく出る(苦笑)。何でだろう。しびれる味わいがあったように思えたので、山椒が入っていたのだろうかなぁ・・・。


この催しは明日(4/16)までです。最終日なので17時閉場になるのでお気を付け下さい。今回は偶然熊本関係になってしまいましたが、他の地域の特産品もたくさんありますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:10Comments(0)

2018年04月13日

どう違うねん!?

SHV39_2938先日、プライムツリー赤池に行った時のこと。中にイトーヨーカドーがあるのは前にお話しした通り。そこの総菜コーナーで売っていた2種類の中華系惣菜。
上が「プリプリ海老パオズ」、下は「エビ餃子(桜海老入り)」。どちらも5個入り値段も税込の金額で見れば、15円の違いです。後は見分けが付けられるように、「プリプリ海老パオズ」が四角、「エビ餃子(桜海老入り)」が三角で包まれています



じゃあ食べ比べてみましょう。
「プリプリ海老パオズ」は、包子と書くとわかりやすいのか、中華まんの一種なので、中の餡は素材の味が楽しめるふうになっています。さらに中にはクワイが入っているせいか、シャキシャキとした食感もあり、これはこれで面白い味でした。
一方で「エビ餃子(桜海老入り)」は、文字通り餃子中の餡も、いわゆる餃子餡というふうで、えびの味がしながらも餃子のようなにんにくやニラの風味がする味になっています。ただ、桜海老は(入っているのか否かという意味で)イマイチの感じ。


そう考えると、えびの味わいが楽しみやすいのは、意外にも「プリプリ海老パオズ」、餃子の味わいが楽しめるのは、「エビ餃子(桜海老入り)」ですか。


こう考えると、イオンとはまた違ったラインナップが楽しめるのは、いいことですね。うちの近所はイオン系のスーパーしかないので、すごく新鮮です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2018年04月11日

ランチパック大放出!

SHV39_2974先日東京ヴェルディ×FC岐阜戦を観に行った帰り、新幹線になってしまったので時間もあるということで、アキバのランチパックSHOPに行ってきたんですが、その時にお昼ご飯用も兼ねて色々とチョイスしていったわけです。
左上から時計回りに、「すき焼き風味」・「オムレツ風とジューシーメンチカツソース&3種のチーズソース」・「ピリ辛肉味噌」・「味噌豚風味」
「すき焼き風味」はすき焼き風フィリングをサンドしたもの、「オムレツ風とジューシーメンチカツソース&3種のチーズソース」はハグルマというメーカーのケチャップを使用したコラボ商品、「ピリ辛肉味噌」はマルコメのピリ辛味噌を使用したコラボ商品、「味噌豚風味」は秩父地域おもてなし観光公社が監修した商品になっています。



この中で一番美味しかったのは、味噌関係でしたね。


「ピリ辛味噌」は、その名の通り辛い味噌で味付けされたひき肉が入っており、味噌のコク深さと辛さが濃厚です。

同じ濃厚さなら「味噌豚風味」。こちらはやや甘めのテイストになっており、コクの面が強調されている感じです。
「オムレツ風とジューシーメンチカツソース&3種のチーズソース」は、オムレツの中に掛かっているケチャップの味わいはやや酸味のある甘めの味付け。フカフカのオムレツが食えるのはランチパックの中では珍しい。あとはメンチカツはチーズの味が濃い。玉子を食べた後だと少ししょっぱくも感じられる味付けになっていますね。

「すき焼き風」は肉が少し酸味を持たせてあるふうで、すき焼きの甘さある味付けを思い浮かべると肩透かしを食らいそう。もう少し肉の味を欲しかったかな。


いずれも関東圏でのみの販売になりますので、関東圏ならコンビニやスーパーでも手に入るでしょう。それ以外なら今回のようなランチパックSHOPで手に入ります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年04月08日

ミスドのパスタ

SHV39_3001いつの間にかミスタードーナツは「ミスドゴハン」と銘打って、これまでの甘いドーナツ以外に色々なバリエーションを用意してきました。既に飲茶などを出してはいたものの、本腰を入れたんだねぇ。

そのメインとなるのが、パスタ。4種類ある中で、今回は定番中の定番、ナポリタン(「濃厚なナポリタン」)をチョイス。
トマトソースとデミグラスソースで仕上げた一品です。なお、パスタソースはピエトロの監修を受けているのだそうな。



美味そうではあるけど、どうかなぁ・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・うーむ、薄い感じがするなぁ。いやはっきり言って薄味だなぁ。
何だろう、見た目は美味しそうなんだけど、味が薄いピエトロ側がそうしたのか、ミスド側のリクエストなのか、トマトソースが薄く感じる。もっとトマトのエッジが利いててもいいんじゃないのかな。
一緒に食べたドーナツ(「エビのビスク」)がアカンかったんかなぁ・・・。それだと、その味に負けない濃さのある仕上がりにすればいいのに。飲茶はいい味付けしているので、残念です。結構いい値段取ってるからなおのこと。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)

コバルトブルーの戦士達、名古屋に初凱旋

今日は、サッカーJFL(日本フットボールリーグ)の第5節、FCマルヤス岡崎×コバルトーレ女川の一戦を観に行ってきました。


コバルトーレ女川は、宮城県牡鹿郡女川町にあるチームで、2017年に地域リーグの全国大会「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ」で優勝し、JFL昇格を果たしました。
地域リーグ時代には、東日本大震災を経験し、1年間活動休止に追い込まれることもありました。2012年の活動再開以降は、上昇気流に乗り、2016年・2017年には東北リーグを連覇しています。

一方のFCマルヤス岡崎は、自動車部品メーカーのマルヤス工業を母体にする企業チームで、いかにもJFLらしいチームの一つ、今では数少ないJFLで活動する企業チームの一つ(他の企業チームは、ホンダが母体になっているHonda FCとホンダロックSC、ソニーを母体にするソニー仙台FC)です。
今日じゃなければ、同じ時間に長良川メドウで行われていたFC岐阜の練習試合を見ていたかもしれないなぁ(相手は東海リーグに所属する鈴鹿アンリミテッドFC)。それだけ女川のチームを見てみたかったのです。短期間で実力を付け、遂に全国リーグでアマチュアリーグの最高峰にまで上り詰めたのですから。


SHV39_2975会場になるのは、名古屋港サッカー場何で岡崎がホームのチームなのに名古屋なのかという話は後程。


さて、その名古屋港サッカー場に向かうため、野跡(のせき)という場所に向かうのですが、公式のアナウンスだと・・・。

  • ・名古屋臨海高速鉄道あおなみ線 野跡駅より徒歩8分
    ・JR東海道新幹線、東海道本線、中央本線 名古屋駅よりバスで「野跡駅」下車、徒歩5分
    ・名古屋市営地下鉄名港線 名古屋港駅よりバスで「野跡駅」下車、徒歩5分


とありますが、あおなみ線はともかく、バスのアクセスで名駅のバスターミナルから行くくらいなら、あおなみ線の方が早いわい。ましてや名古屋港駅からのバスなんて誰が乗る想定なの?JFL事務局さんよ・・・。


というわけで、あおなみ線以外、特にバスでのアクセスの紹介をここで。
名古屋港サッカー場のある野跡に向かうには、JR・名鉄・地下鉄名城線と名港線の駅である金山駅からバスで向かうのがベストです。特に名古屋市内でも栄より南の地域から来る方(地下鉄東山線一本で名駅に行ける人、名港線を使う人以外)マルヤスのある岡崎方面から来る人は、今回紹介するルートがベストのはずです。
この金山バスターミナルで、⑧の野跡駅行き(金山25系統)のバスに乗って下さい。なお、パロマ瑞穂陸上競技場もこの乗り場から向かうことができます(瑞穂運動場東行き)



SHV39_2977ここから終点の野跡駅行きに乗っていくのですけど、唯一の欠点として、バスの運行本数が少ないので注意。
キックオフの時間はたいてい昼間(13:00頃が多いと思う)なので、その際は30分に1本しかないんですよ。乗り継ぎに失敗すると、かなり待ちぼうけを食らうことになるので気を付けましょう。あとは渋滞に巻き込まれやすい路線なので、5分以上の遅れになるケースもありますので、余裕を持って行きましょう。



で、名古屋港駅から乗るバスですが、こちらは名古屋港駅の前の駅である築地口駅で下車すれば、野跡駅行きのバスが乗れます。先述の金山バスターミナルからのバスもここを通ります。


SHV39_2984金山バスターミナルから約40分、終点の野跡駅のバス停からおよそ5分。目的地の名古屋港サッカー場に到着。
こちら、今回のマルヤスのホーム会場なのですけど、マルヤスは岡崎市内にJFLの開催に適したスタジアムを見つけられないため、愛知県内の会場を転々としているジプシー球団なのです。このジプシー球団は他のJFLチームでも見受けられ、きちんとホーム会場を整えている方が少ないようです。
マルヤスの他の会場は、豊田市運動公園(陸上競技場と球技場)・豊橋市民球技場、そして先述のパロマ瑞穂陸上競技場です。

なお名古屋港サッカー場は、1993年に開催されたわかしゃち国体のサッカー会場のために建設されたのですが、ラグビーなどの球技にも使われています。またサッカーならば天皇杯の会場になったこともあり、2016年開催時は、名古屋グランパスエイトがAC長野パルセイロに負ける波乱な試合を演じたこともあります



SHV39_2981スタジアムピッチはこんな感じ。
・・・名古屋市の予算が回ってないのか、ピッチ悪すぎだな。河村たかし市長が中日ドラゴンズ(野球)しか見ていない弊害だと個人的には思ってますわ。誰か議会で審議して。
なお、鳴り物応援・拡声器使用不可の会場(見てもらうとわかるが、市営住宅など住宅街に隣接しているのと、野鳥などが過ごす場所がそばにあるためと思われ)ですので、注意しましょう。



SHV39_2982スタメシも一応展開されていたものの、グッドキッチンフォレストというケータリングカー1台のみ。ゆえになのか、ハーフタイムに入ってすぐに売り切れる始末飲料は自販機のみで、小雨が途中降る曇り気味の寒い中なのもあり、ホット飲料が全滅(泣)。きっついわー。


で、今回紹介するのは、試合開始前に買ったもの。


最初は、「高菜焼きそば」
福岡県産の辛子高菜に新潟県産の三元豚を加えた中に長崎太麺を放り込んで炒めたもの。醤油味の和風焼きそばです。



うーむ、高菜の味を生かしたいなら、醤油より塩なんじゃないかと思ったり。高菜の風味と辛さが醤油と相殺されてイマイチなのよね・・・。発想は悪くないけど、ちょっと違うベクトルに進んじゃったのかな。


SHV39_2983もう一つは、「トンから」
新潟産の三元豚を使った豚の唐揚げです。今回は名古屋・・・いや岡崎なのか、味噌味にしてみました。



思った以上にサクサクですわ。味噌の甘い味わいが豚の唐揚げの味にベストマッチングしております。冷めても美味しいと思うよ、これ。他に塩・レモンなど味のバリエーションは豊かな模様。


SHV39_3002スタメシ以外では、このJFLガイドブックを購入。
JFL全チームの紹介(選手含む)や記録などが全て詰まったオトクな一冊です。スコアを付けることも可能ですよ。



SHV39_3003こちらは、マッチデープログラム。
スタジアム芸人(というふうに名乗っているDJ)のイケザエモンさんが製作したもの。



SHV39_2986さて、試合。


先程も書いたように、小雨が時折降る、曇り気味の寒い中、風も冷たく強い中で行われたこともあり、選手も苦労しただろうなぁ・・・。
そのこともあってか、マルヤスの守備がいい女川の得意としていたショートパスを封じており、女川は縦ポンパスを連発しないといけないほどでした。基本的に一進一退の様相を呈していましたが、守備を硬くしたマルヤスが押す展開になり、セットプレー(コーナーキックやフリーキック)を連発していたものの、ゴールに嫌われる有様。女川の選手(特にゴールキーパーの近嵐大地選手が奮闘)が粘ったのもあるけど、マルヤスの選手の精度の悪さにも助けられたのかな。
それでも38分にマルヤスが女川の守備をこじ開け、先制点。勝ちの無いチームに初勝利を与えようと奮闘します。

しかし、女川は54(後半9)分にヘディングシュートが決まり、最終的には引き分けとなりました。
女川は得意の攻撃を封じられたのも気になるけど、コーナーキックが全くないのも気になるねぇ・・・。異常なフリーキックの量でカバーする形なんだろうけど、サイドチェンジが上手くいっていないふうに見られないといいけど。



SHV39_2990負けなかったことでほっとしたのか、選手達には笑みがこぼれていました。



アマチュアリーグらしいエール交換も見られ、日本のサッカーの原点、Jリーグが忘れたものを天皇杯に次いで見た気がします。
また女川に関しては見てみたいなぁ。今年は苦しい1年になるだろうけど、何とか乗り越えてほしいなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2018年04月07日

FC岐阜観戦記2018 アウェイ編 その5 死闘の末のスコアレス

FC岐阜、今日は東京ヴェルディとの一戦を味の素スタジアム(以下味スタ)で迎えました
最寄駅から約7時間半、家からなら8時間程と、1日の労働時間を捧げている感じで味スタまで来ちゃったじゃん(ギャハ)!後からわかったのですが、家に帰る時は在来線の乗り継ぎでは間に合わない事実を知りむせび泣く(苦笑)。なので、帰りは自由席の新幹線で帰って参りました。そんなん知ってたら、ACアダプタ持ってとったで・・・。


SHV39_2961味スタに向かう途中の一コマ。
最寄り駅の飛田給駅から味スタまではきれいな花が咲いておりました。ただ、私は花に疎いので、何の花だったのかねぇ・・・。桃じゃないしなぁ、枝垂桜でもなさそうだしなぁ・・・。<こう言ってる時点でお察し(爆)。

で、その道には結成20周年を祝うFC東京の垂れ幕が・・・。ヴェルディのそれは駅構内くらいしかない。毎度思うが、やはりヴェルディは『お客さん』なんだね。
ちなみに帰る途中、ヴェルディのサポーターの子供の話が漏れ伝わってきたんですけど、FC東京のそれを見て、「下手くそで、つまんない采配しているくせに」と酷評していたのが印象的(汗)。
・・・おたくら何年J2にいるんだよ。J1で踏ん張ってるFC東京のほうがマシな気がするのよね。サポーターも『お客さん』意識を抜こうよ・・・。



SHV39_2965そんな尊大なことを言ってるのに、観客動員はすさまじく酷いのは周知のとおり。何が原因なのかいろいろ言われていますけど。23区を巻き込めていない(ちなみに、今日の試合は世田谷区関係者は無料招待)とかFC東京に客を取られたとか殿様商売が仇になったとか・・・。
そんな中で、必死の集客作戦を展開していました。アウェイ戦チケット(首都圏バトル5の試合)をプレイガイドで買うと収益が全てアウェイ(つまりヴェルディ)の収益になるとか愛媛FCの試合はヴェルディチケットで買うと半額(ヴェルディ側のみ)とか、ウチよりもすごい攻め方してるなぁ。
それでも今日の観客動員数は3,162人だもんなぁ。ウチが呼べないチームというのもあるけど。



SHV39_2966涙ぐましい点では、こんなところにも。
ウチは特別なスポンサー(スペシャルプレイヤーという制度)があるけど、ヴェルディでは特別なスポンサーになるとのぼりまで立ててくれるようだわ。個人名やニックネームでのぼりが立つのは、うれしいだろうねぇ・・・。私は恥ずかしくてできんけど(汗)。
さすがに個人名などののぼりは紹介できそうにないわ。だから犬がスポンサーになっているのがあったので、そちらを紹介



今日対戦となったヴェルディは、実はこれまで負け無し(3勝4分の5位)で、前節は徳島ヴォルティス相手に0-4と完勝しているノリノリな状況でした。そんなふうなら普通お客さん来るよね?なのに(以下略)。


SHV39_2964入場開始前には毎度おなじみヴェルディ君が登場。
・・・結果にコミットした(苦笑)?<緑違い。



SHV39_2967それでは、味スタのスタメシ紹介。
ケータリングのやつをと思ってたら、一旦入ると出られないのをすっかり忘れていた(爆)。それでも味スタのスタメシは少しよくなってるのかな・・・?


最初は、STADIUM DECOの「鮪たるたる」「たれ勝つ屋」の一種なようです。



どこに『たるたる』が・・・と思っていたら、中に『たるたる』、タルタルソースが入っているらしい。でもソース漬けのおかげであまり味がわからんわい。鮪そのものは美味しいのにねぇ。一度ソース漬けでない状態で食べたかった。


SHV39_2968もう一つは、カセッタ・ルーデンスの「味スタライス」細かく切ったスパゲティをそばめしのようにしたもののようです。
見た感じはタコライスなのかな。



味は確かにタコライス。もっとひねれよと言ってしまうのは、何と私がひねくれているかがお察し(爆)。


SHV39_2969さて試合。結論から言うとスコアレスドローになりました。
岐阜は今シーズン初の零封ながらも自身も1点も取れなかったわけですから、残念ではあります。

基本的に一進一退の攻防。どちらもいいところ悪いところをお付き合いしている感じでしたね。特にシュートの決まらなさまでお付き合いすることになるなんて(苦笑)。
惜しかったのが、田中パウロ淳一選手と途中出場の中島賢生選手のシュート。特に中島選手はドフリーだったのに決められないのは重傷だなぁ・・・。一度死んだ身だから、もっとがむしゃらにやってもいいのにね。

今回気になったのは、大木武監督の采配
前半でエネルギーを使いすぎて、後半にバテ始めたパウロ選手をなぜ代えなかったのか、まだ走れたライアン・デ・フリース選手・宮本航太選手を交代した理由がよくわからない。そして、1枚目のカードが難波弘明選手だった点の以上3点が気になりましたね。
個人的には、パウロ選手を2枚目・3枚目に出てきた中島選手や風間宏矢選手、ないしは前節のヴァンフォーレ甲府戦でいい動きをしていた山岸祐也選手でもよかったような気がするのよね。
1枚目は点を取りたいという明確な意思という点では難波選手でもよかったのかもしれないけど、あの後明らかに浮足立っていた攻撃ばかりに前のめりになって守備のバランスが悪くなったのよね。ライアン選手はいい時と悪い時の差がはっきりしているのが難点のようで、今回はどちらかというとよかった方。どうも調整型の選手なんだろうね。フォワードよりミッドフィルダー向きなのかもしれない。だから、彼がうまく立ち回ると、いいアシストが生まれると思うのよ。今回はそんなシーンもいくつかあったので、早々に代えたのが気に入らなかったですね。前節なら納得なんだけど。
この試合が、大木監督の選手を見る目が曇っているのかなと思い始めるきっかけにならなければいいんですけど・・・。今は監督を信じるしかないのだけど。



とにかくスコアレスでも監督の采配に疑問を持ちながらも負けなかったことはよかった。明日以降の他の試合によるのでしょうが、降格圏に落ちることはないでしょう。ただ次の試合の徳島戦を上手く切り抜けられなければ、いつまでもボトムズ圏内をさ迷い歩くことになりかねません徳島もヴェルディと同じく攻撃力のあるチーム、しかもシシーニョ・大本祐槻両選手が移籍した先でもあります。意地でも勝たねば、意地でも勝ち点を持っていかねば・・・。


5位のヴェルディに引き分けたことに自信を持って戦え、FC岐阜!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)

2018年04月06日

初めて行く愛媛の旅 後編

初めて行った愛媛の旅、松山市駅からバスに乗ってからの話をば。
SHV39_2893松山市駅からバスで約30分。上下1車線しかない道を進んできた先は、愛媛県総合運動公園。その中にある愛媛県立とべ動物園(以下とべ動物園)に行って来ました。

とべ動物園は、松山市の隣にある砥部町の端っこにあります。そして、サッカーの会場になったニンジニアスタジアム(愛媛県総合運動公園陸上競技場)は愛媛県松山市。そう、双方街の端っこにあるんですね。そんなとべ動物園からニンジニアスタジアムまでは徒歩5分程の距離にあるため、今回ニンジニアスタジアムに行く前にとべ動物園に向かうことにしたわけです。



SHV39_2892そんなとべ動物園には、このバスでやって来ました・・・というのはウソ(笑)。
このバスは、とべ動物園から公園の東駐車場まで運ぶシャトルバス。宝くじの助成金で寄贈されたバスで、他にもあるようです。



SHV39_2896とべ動物園というと、特に有名なのが、ホッキョクグマのピース
1999年に生まれたメスのクマで、日本初の人工哺育(ほいく)で育てられました。現在も日本記録を更新中です。
誕生からしばらくの間は、NHKでドキュメント番組が制作され話題になりましたね。今でも文化放送系でオンエアしているラジオ「水樹奈々 スマイル・ギャング」でも愛媛県絡みで登場することがあります。



SHV39_2897そんなピースも18歳今年の12月で19歳になります。ずいぶん大きくなったんだろうなぁ。



SHV39_2894というわけで、初めてピースとご対面。
・・・ボールを抱えてぐったりしていたわ(苦笑)。正確にはかったるいのか横になっていた状態。
休みの日のおっさんみたいやな(ニヤニヤ)。



SHV39_2895柵越しから見ても、ぐったりグデグデ。



SHV39_2928仕方がないので、お土産だけは元気そうなピースを・・・ということで、クリアファイルを買ってきました



SHV39_2925そして帰り。飛行機に乗って名古屋(中部国際空港)での一コマ。機内で軽く飯を食らうことに。


まずはファミリーマートで買ってきた「しそわかめ」山口県にある萩・井上の「しそわかめ」を使っております。



実は、去年のレノファ山口戦の時にお土産で買っているのですが、濃い酸味のあるしその風味とわかめのしょっぱさ、そしてごまがいいアクセントになって美味いねぇ。値段もリーズナブルでオススメです。


SHV39_2926もう一つは、おがた蒲鉾の「伊予のちくわ」南予地方にある西予市に本社のある蒲鉾・ちくわ・じゃこ天などの練り物メーカーです。
宇和海で水揚げされる魚のえそとたらを入れて練られて焼いたちくわです。



こちらは、魚の風味が生きた味わいになっております。そのまま食べてきましたけど、わさびかしょうが醤油で頂いても美味しいのかな。


初めての愛媛でしたが、まだ回れてないね。できれば松山市内なら道後温泉、それ以外の場所なら今治市とか行ってみたいね。今治市は今治FCで行く可能性はあるだろうけど、その時はJ3の可能性だってある(汗)。あとは試合時間をもう少しいい時間帯に据えて下さいまし・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年04月04日

初めて行く愛媛の旅 前編

先日、愛媛FC×FC岐阜の試合を観に行くために、愛媛県に初めて行きました。とはいっても、日帰りの強行軍だったんですけどね(苦笑)。
色々と大変でした。特に行きは夜行バスで向かったのですけど、初めての乗り継ぎ(乗り換え)での乗車になるので、きちんと乗り換えられるのかという不安があったのです。


SHV39_2874その途中、土山サービスエリアで買ってきた源兵衛の「近江牛寿司」
朝ご飯代わりに買っていったもの。名前の通り、近江牛の使われた押し寿司です。



寿司飯は美味いけど、肉の味はもう少し濃い目でお願い致します(ニヤニヤ)。もう少し肉の味が欲しいね。
美味いのにもったいなかった。


その後、コトバスステーション鳴門インターに着いたものの、目が覚めた時は休憩時間が終わる直前最初どこにいるのかわからず、まぁ、しばらく待てばいいよねという感じでいた。ところが、そこがコトバスステーション鳴門インターだと知って驚愕実は降りなければいけなかったんじゃないかと焦ってしまったのです。
実際は、時間(乗り換え用のバス)が来るまで待っていればよかったものの、そんな案内は無かった(時間になったらアナウンスしますという案内だけ)不安にさいなまれながら待つというのは、生きた心地がしないものです。

琴平バスは、休憩終了時刻になっても出発しない(先述の土山サービスエリアも集合時刻30分後に出発するという有様で、その理由も一切無し)ので、何かあったのかと不安になるわけですよ。逆にそんなふうだったら、休憩時間を長く取ってくれと思ったり。時間の使い方が悪いね。前乗った時はそんなことはあまり感じなかったけど。


その後、乗り換えようバスが来た案内と共に明かりが点灯し、乗り換えることに。不安にさいなまれたままだったので、乗り換え後のバスでうつらうつらしながら四国を横断するのだった。


今回のようなトランジットでの不安を感じないために、ないしは不安だと思う方、JR東海バスや伊予鉄道から直行のバスが出ているので、そちらを利用するといいでしょう。


SHV39_2875さて、そんなうつらうつらした中でも見た朝焼け。まだ愛媛に入っていない時なので、香川か徳島の辺りだろうと推測。



SHV39_2879コトバスステーション鳴門インターから途中休憩を挟んで大体3時間、名古屋からなら約11時間、今回の目的地である愛媛県松山市に着きました。
写真はJR松山駅。松山市の市街地からは少し外れたところにあります。
というのも、当初市街地には既に私鉄である伊予鉄道が走っていたため。その周りに住宅地なども形成されていたため、用地が郊外になるこの場所しかなかったんだそうで。
なお将来的には、この駅舎も取り壊され、高架化されるそうです。その際には、写真を撮った松山市内線のJR松山駅前駅もJR松山駅内に移転されるそうです。とはいっても、完成は2024年とのことなので、随分長い先の話で・・・。高架化計画が頓挫するということはなさそうですけど、伊予鉄道の計画(松山空港への延伸など)は履行できるのか心配



SHV39_2876その松山駅で有名なところといえば、そう「じゃこ天」の販売宇和島市にある安岡蒲鉾が運営しています。ちなみに、隣はかけはしといううどん・そばの店で、ここでも「じゃこ天」が頂けます。

何でここを紹介するのかというと、その昔CBCテレビなどで放送していた「ノブナガ」の「地名しりとり」で、ペナルティーのワッキーが、何度も行くハメになったのが、この松山市だったのです。その際にこの店の店員だった人(じゃこ天おばさん)のお世話になっているのです。後に小泉エリさんの「ごはんリレー」でも、この店を訪れており、『「ノブナガ」=じゃこ天(おばさん)』はワンセットのような感じになっていましたね。
今は番組も終わり、じゃこ天おばさんも引退して何年も経っているので、往時の勢いは感じられないものの、あの店に来たんだと感激したものです。駅も建て替えになるので、今行けてよかったとも。



SHV39_2877そこで売っていた「じゃこ天」(左)と「じゃこカツ」(右)を買ってきました。
「じゃこカツ」という響きがなかなか(笑)。



「じゃこ天」は青魚特有の風味が好きか嫌いかで味の美味しさが変わるのではないでしょうか。あの風味が苦手な人は美味しいと思えないでしょうけど、このクセがたまらないとも。家で食べる時には、しょうが醤油があるといいでしょうね。そのままでももちろん美味しいですが。
「じゃこカツ」は、その「じゃこ天」にあるクセがあまり感じられず、食べやすいと思います。個人的には、こちらの方が薦めやすいですね。


さて、JR松山駅で観光案内などを収集し、どうするかと考えていたわけですが、サッカーの試合の関係もあるので、松山の中心地で長居はできん道後温泉もいいけど、実は別のところにも行きたいというのもあって、行ってしまうとヤバそうだから断念。というわけで、まずは、その目的地に向かうための拠点になり、松山市の中心地でもある松山市駅まで松山市内線で向かうことにしました。
次回は松山市駅周辺の話をば。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2018年04月03日

ヘルシー?

SHV39_2856今まで「ファミチキ」(左)といえば、ジューシーな骨なしの鶏肉を揚げたものという想像がすぐに思い浮かぶことでしょう。
しかし、先日発売された「ファミチキヘルシー(胸肉)」(右)は、名前の中にあるように、鶏ムネ肉を使用しているので、ヘルシーなのだとアピールしています。
果たしてそうなのでしょうか。せっかくなので、一緒に買って食べ比べてみることにしました。



まずは「ファミチキ」。かじっただけで肉汁がジュワーっと出てくる肉々しい味。ホント美味いなぁと感じさせる一品ですわ。

対して、「ファミチキヘルシー(胸肉)」。食べてみると、肉汁が出ない(汗)。悪く言えばパサパサとも言えるのですが、そこまで酷いわけではなく、食べた時に程よい美味さを感じられるのです。悪くないんだよ。でも、「ファミチキ」があまりにできすぎているため、いいところが思い浮かばない(苦笑)。
強いていいところを挙げれば、重い感じがあるためか食べ応えがあり、満腹感を得やすいのかな。繰り返しますけど、悪くはない。いいんだけど、「ファミチキ」の完成度で目立たない。惜しいなぁ。
・・・包丁で切って、サラダの具にするか(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年04月02日

敗戦後に行った店、精神的に来ている中で

SHV39_2955ヴァンフォーレ甲府戦の後、私は名鉄岐阜駅のバスターミナルで降りて、しばらく歩いたところにあるある店に向かったのでした。


その店は岐州餃子専門店という珍しい店である。
最近テレビで紹介され、先日行ってきた「うMAX」(これは後日紹介します(汗))でも主催番組である「花咲かタイムズ」とのコラボ店で、行列ができるくらいに有名かつ美味い店でもあります。場所どこだろうと思って調べたら、岐阜駅ないしは名鉄岐阜駅のそばなのね・・・ということで行って来ました。


写真は入り口だけを撮っていますが、着いた時には40人近い列になっていた。この40人の列を舐めてはいけない。この数十人がなかなか動かないのだ。

なぜか。
最初は席数が少ない恐らく20人座れればいいくらいのキャパ。開店で一気に半分くらいは減るものの、ここから回転がよろしくない。いかんせんお酒の出る店と家族連れが飲食する店というふうだから、とにかく回転が遅いのだ。
さらに悪くさせるのは、店の人間の運営の限界従業員が少ない(恐らく3人)で回すふうなので、料理を一生懸命作っていてもなかなかに時間が掛かる。それゆえ、片付いた席ができても、そこにすぐに座らせない仮に座れても、料理がすぐに供給できないこともあるからか、座らせないのでしょう。
前者は来る客の問題なので何とも言えないけど、後者は並んでくれている人間は結構待たされているので、座って水を飲むくらいいいんじゃないのかねぇ・・・

かくいう私も午後5時少し前に着いて、約2時間待たされる(汗)。入れたのは午後7時過ぎだったなぁ。
ただ、あまりに待たされるので、しびれを切らせて帰る人が続出しているのも事実。そうなると、ウリの焼餃子がすぐ売り切れになっても、復活するチャンスが巡ってくるのですよ。私が並んだ時、その焼餃子が売り切れを知り、帰る人が続出する(ゆえに私の後は誰も並ばない時間が1時間ほど続く(泣))のですけど、我慢して並べば、もしかすると焼餃子にありつけるかもしれない。もっとも、ここは焼餃子だけじゃないんだよね。



SHV39_2956そんな待たされた中、一番最初に出たのが、「大根ときゅうりのピリ辛漬け」。お通し的に頼んだ一品。酒飲みには必須アイテムだろう(ニヤニヤ)。
ええ、私は酒を頼んだわけではないよ。身体にチャージを掛けたいからだよ(ニヤニヤ)。



浅漬け風の作りなので、そこまで深く漬かっているわけではないものの、シャキっとした野菜の食感と辛さと酸味が丁度いい塩梅。特にきゅうりの水気がいいんですよね。まだ春なのに少々暑かったからね。


SHV39_2957次いで来たのが、メインの「焼餃子」5個入りで1人前です。



ここの焼餃子は噛むと肉汁が飛び出てくるので、非常に危険!まるで小籠包のような感じですわ。ゆえに、少し皮の部分をかみ切ってチューっと肉汁を吸った後、一気に食べると美味しく召し上がれます。なお、最初は何も付けないで食べてほしいと言われます。
確かに最初何も付けずに食べると、餃子の美味さがよくわかる肉汁の旨味・餡の甘味が際立ち、皮のモチモチさと焼けた部分のカリカリした感じが混然一体となって素晴らしい。これは並んででも頂きたいわけだ。
酢醤油を付けても、肉や肉汁の味が上手く混ざってこれもいい。特に肉汁は酢醤油と混ざると、酢醤油がマイルドになって醤油の味わいも引き立つのよねぇ。
ただ、ここの焼餃子は何も付けないで5個食べきってしまうことをオススメします。それが一番ベストだと思う。


SHV39_2958最後は、えび炒飯(大盛り)。実は、この店は炒飯も絶品なのだ。もう一つあるチャーシュー炒飯も美味いのですが、また次来た時に頂こう(ニヤニヤ)。



米がパラパラで食べていて次が欲しくなる。えびも多いので食べ応え満点。ゆえに大盛りは多すぎたかも(苦笑)。普通サイズでも十分かな、足りないと思うかもしれないけど。
なお、辛口にも変更可能なので、えび炒飯の辛口は、チャーシュー炒飯を食べた後でチャレンジしてみよう(爆)。


結論として、美味いことは美味いが、かなりの忍耐力が必須。特に焼餃子を食べたい場合は、早い時間から並ぶべきなんだろうね。それでも運がよければ食べられるかもしれないので、あきらめないで(by真矢みき(爆))。仮に焼餃子が売り切れでも炒飯だけでも頂いてほしい。
正直餃子だけをウリにしているので、損してるんじゃないかなと心配。炒飯の美味さはホントにオススメしたいレベル。ラーメンが無いから、炒飯もウリにしてもいいのにね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2018年04月01日

FC岐阜観戦記2018 第3節 くっ!ガッツがたりない!

FC岐阜、今日はヴァンフォーレ甲府の一戦となりました。


前節は愛媛FCに勝利し、意気揚々とホームに帰ってきたはず。いまだホームでは勝っていない(去年の9月3日の愛媛戦までさかのぼる)状況なので、何とかしてでも勝利を得たいものです。


SHV39_2945今日はまずこの1枚から。
帰りのシャトルバスや行きのバスの一部で見受けられる方もいらっしゃるかと思いますが、長良川競技場に向かう途中にある畳屋に掲げられている横断幕。自作ないしは作ってもらったんだろうなぁ。昔からシーズン中は掲げられているので、何とか紹介したいと思ったものの、正面で撮れるチャンスが無く、今回初めて掲載。
こちら、行きのバスの場合、三田洞線・城田寺団地線に乗車の際に見られます(岐阜メモリアルセンターに向かう中では結構レアな路線になる。なお下車の際は、岐阜メモリアルセンター正門前よりも岐阜メモリアルセンター前の方が長良川競技場に若干近い)。



SHV39_2946岐阜も桜が満開になりました。奥の淡墨桜の壁画モニュメントのように、ホームで花開いてほしいものです。



SHV39_2953こちら、ヴァンフォーレ甲府のサポーターの皆さん。遠いところから来ているはずなのに、結構大勢来ている(汗)。チームも山梨交通のバスを使っていることから、甲府からバス移動だったのね。お疲れ様です。
そんな甲府サポのチャントの歌声が激しい(泣)。松本山雅FCのような怖さが・・・。


ヴァンフォーレ甲府は、元々山梨サッカークラブというチームからプロ化していき、1995年に現在の名前になっています。
1999年にJ2に参戦したJ2オリジナル10の1つですが、この頃から経営危機が深刻化し、チーム消滅の危機を迎えました。しかし、その時のサポーターの頑張りや営業面における小口スポンサーを多数獲得することで地域に根差した運営を図っていくことで、業績を回復2006年のJ1昇格元年の際に債務超過は解消されます。
その後も地道な努力により、今や山梨中銀スタジアムには所狭しとスポンサーボードが並ぶという状態にまで回復しています。2007年・2011年・2017年にJ2に落ちても、そのスポンサーの縁が切れることはほとんど無く、地域密着の成功例として紹介されるにまで至っています。
今指揮を執る大木武監督にとっても監督としてのキャリアのスタート、原点としてこのチームを挙げることができるでしょう。2003年と2005~2007年に監督として甲府を率いており、2005年にはJ1昇格を果たしています。

なお左側に見えるのは、甲府の象徴でもある♂(オス)マーク(ローマ神話に出てくる戦いの神マルスの記号から来ている)。記号が象徴的に扱われるのは、他のチームではなかなかありませんわ。



SHV39_2949おお、新選手ギッフィーの弾幕が張られているではないか!今日も決めろ、ネオギッフィーショット!
・・・って、今日はエイプリルフールか。そういえば、去年の初勝利は4/1だったな、ウソみたいなホントの話(笑)。



SHV39_2947今日はCCNという岐阜市内のケーブルテレビの主催試合なので、こんなクリアファイルをくれました。青いマスコットはCCNのマスコットナガラー。実は、この後実物が登場し、キックインセレモニーで壮大にやらかす(爆)。

このクリアファイルをもらう際、合言葉があると言われ、何なのかなと思ったら、「中日新聞を見ました」と言ってとのこと。
・・・ウチ、中日新聞だけど名古屋版(12版という最新版)なんだわ(ギャハ)。<コイツ一番もらっちゃいかんヤツ!



SHV39_2948そんなCCNの無料ガラガラ回したら、黄色のボールが出てきた黄色はロバのパンの引き換えらしい。
というわけで、レーズンパンを引き換えて参りました



パンがモチっとしてて甘みのある生地だわね。レーズンも程よい酸味と美味さがある。でも少し硬いかな(苦笑)。少し硬い時は、家でふかす(またはレンチンする)といいんだって。


祭り1QVGAそういえば、今日は祭nine.のFC岐阜アンバサダー就任式があったんだった。

祭nine.はBOYS AND MENの弟分で、同グループの研究生からなっています。7人のメンバー中3人が岐阜出身者という縁もあって抜擢されたんでしょう。
そんなこともあり、女子が大勢来ておりました(さながら、このアスキーアートかしら(笑))私はバスに乗っている時に、彼らが乗っていると思しき車(ワゴン)を見ましたけどね。



SHV39_2954そんな試合は、前半岐阜のペースとも甲府のペースとも言えないこう着状態。基本センターラインで一進一退、時折お互いのチームが相手のゴール前を脅かすというふうでしたが、徐々に岐阜のペースになっていって、前半35分に田中パウロ淳一選手が鮮やかなループシュートを決めて先制。一気に逃げ切りを図りたいと思いながら後半を迎えることになりました。

しかし、甲府は後半に入ってから目が覚めたのか、相手をお釈迦様の手の上に乗る孫悟空に見立てて泳がせていたのか、一気に反転攻勢を計ります
46(後半1)・51(後半6)分に速攻とカウンターが決まり一気に逆転。手を緩めない甲府は元J1の意地とばかりに更なる猛攻を仕掛け、66(後半21)分にはダメ押しの3点目を加えます。

ここで岐阜は、やっとチャージを掛け始めます。
取られた直後の68(後半23)分、福村貴幸選手からのパスを受け取った小野悠斗選手が、2人抜きをしてシュートを放ち、1点差に詰め寄ります

ただ、そこから甲府は強かった・・・。70(後半25)分にまた2点差に突き放され、勝負あったとも思っていました。

そんな中でもアディショナルタイムに風間宏矢選手が粘りを見せてくれました。ただそれも時既に遅し3-4で負けとなりました。スコア的に見れば惜敗ですけど、内容的には前半45分で終わっていればというくらい酷いものでした。


本当の意味で勝負ありとなったのは、2点一気に決められた時でしょう。この時、岐阜の選手の中にはスタミナの切れている選手がいたようにも(単純に「キャプテン翼」関係のスポンサーが付いたから、あんな表題になったんじゃないぞ(ニヤニヤ))。そう、ライアン、お前だよライアン南半球の環境の違いはあれど、この時期でスタミナ切れを露呈すると、夏のクソ暑い岐阜で対応できんぞ・・・。あと大木監督は1点取られた時点でライアン選手を山岸祐也選手に代えるべきだったんでしょうね(実際は69(後半24)分に交代)この試合は采配の一つ一つが遅かったのも敗因だったんじゃなかったのかなと。選手を信じるのもいいけど、時に非情にならないと勝つ試合も取りこぼしてしまうことに気付いてほしいなぁ・・・。

そんな中でもいい面もありました。
最初はパウロ選手が、この試合でキャリアハイタイの5点目。さらに上積みしていくことでしょうから、次節以降キャリアハイは確実になりました。まずは自分の背番号と同じ7点、そして2ケタ得点を目指していってほしいですね。
2番目は、風間選手が調子の悪いシーズンという中でも着実に得点を重ねている点今ジョーカー的に出場している難波宏明選手と共に切り札として使えるのなら大きいですし、もちろんスタメンに戻しても十分動けるのではないのかなと。ライアン選手がもどかしい調子なので、センターかレフトフォワードに戻してもいいんじゃないのかな。
3番目は小野選手が初得点キャプテンとして重責を担う中、マークの厳しさもあって思うような動きができない中での得点ゲット。自信に繋がればいいなぁ・・・。
最後は山岸選手の復帰。恐らくケガだったんでしょう。復帰早々いい動き(後ろ向きな動きが無かった)をしていたので、風間選手と共にセンターないしはレフトフォワードで使える見込みが立ちましたね。



希望と不安の入り混じる中、東京ヴェルディとアウェイで戦います。2016年の最終節以降、勝ちを得ていないこのチーム。去年はアラン・ピニェイロ選手やドウグラス・ヴィエイラ選手にやられているからなぁ・・・。動きの早いこの選手を止めなければ、勝てないと思うので、守備陣は一層引き締めていってほしい。4点は半分守備陣の怠慢さもあるからね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2018年03月31日

春になれば、鶴舞公園桜まつりとZIP SPRING SQUARE

すがこは溶けねのか?<そこのどじょっこふなっこは黙ってろ。


ということで、鶴舞公園では「鶴舞公園桜まつり」とZIP-FMが主催のイベント「ZIP SPRING SQUARE 2018」が開催中です。今年は土日を跨いで4/3までの開催のようですね。平日にしか行けない人には、少しゆっくりできるイベントになったのかな。
まぁ、私にとっては花見にだんご(笑)。今回は2種類の商品を紹介。前者は「ZIP SPRING SQUARE 2018」そばの屋台から、後者は「鶴舞公園桜まつり」の屋台から。


SHV39_2932最初は、鉄板工房マルマサの「ネギマヨ」大阪のたこ焼きということで販売しておりました。こちらの他に、「大たこ焼き」も販売していましたが、こちらはソースにかつおぶしの掛かったオーソドックスなものになっていました。
なお、価格はどちらも600円(税込)なので、好みなんでしょうけど、個人的には「ネギマヨ」の方がコスパよさげなんじゃなかろうか。



大阪のたこ焼きということで、酸味のあるソースにマヨネーズのこってり感が合わさることで、角が取れてまろやかになりますね。そこにねぎのシャキシャキ感が加わって食感抜群ですな。そしてかつお節もちゃんと掛かっているので、かつお節の風味もバッチリ。ここに私がコスパよさげという理由ですわ。


SHV39_2936もう一つは、知多牛の「知多牛ステーキ串」
知多牛の響というブランドを使用したものです。



肉は少々硬いかなと思うものの、肉の旨味はきちんと感じられた。塩味なので素材の味が出やすいのは、いいのか悪いのか・・・。タレでもよかったかも。別のところは、タレの味だったけど肉がもっと美味しく感じたもんだよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)