2017年08月14日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その11 おまけ② 横浜といったら・・・後編

SHV32_1137やはり横浜といえば、中華街。そこに向かうために終点の桜木町駅に。
降車専用ホームには、ピカチュウが沸いている駅標示が・・・。



SHV32_1139その桜木町駅前にある中華街の門
ちなみに、JRや地下鉄の公式の最寄り駅は、一つ前の関内駅やもう一つ前の石川町駅(JRのみ)らしい。みなとみらい線の最寄り駅は、ご存じ元町・中華街駅と日本大通り駅。



SHV32_1140こちら、中華街の西口にあたる延平門こちらの最寄り駅は関内駅になります。散々歩いたわけだ(苦笑)。



SHV32_1142ここに来た理由はただ一つ。
テレビ東京系で放送されている「ありえへん∞世界」のAD石井ちゃんと水谷さんが訪れた中華料理の店である老北京に行ってみたかったからです。
店の前には、様々な方々のサインがあったのですけど、散々と輝くところに両名のサインが。ADなのに、いっちょ前にサインもあったのか(苦笑)。



SHV32_1143収録後と思しき時にサインを書いている姿と彼らが食べた全品の写真。ただし、あの2人は甲殻類アレルギーがあるため、店の前を歩いていた一般の人に、その料理は食べてもらっての完食です。



実は、食べ放題に行こうかと思ったのですが、この店も含め、ほとんどの店が複数人じゃないと食べ放題に挑めなかったんですよ(泣)。後々家に帰ってから調べてみると、1人でも食べ放題に挑める店もいくつかあるらしい(ただし、公式にうたっているのは1店舗のみという厳しさ)
・・・もっとボッチに優しい店になっておくれよ。採算が合わんのはわかるが・・・。


SHV32_1144仕方ないので、横浜中華街の名所の一つである関帝廟をパチリ
関羽を祀る廟(お墓のようなもの)で、日本各地にあります。ここは横浜DeNAベイスターズにフリーエージェント移籍した元北海道日本ハムファイターズ・埼玉西武ライオンズ所属の森本稀哲(ひちょり)さんがお披露目会見をしたところなのよね。



SHV32_1146そんなことを思いつつ、やって来たのは、横浜スタジアム
この日はオールスターをやっていたこともあり、スタジアムは静かでした。



SHV32_1147ここは丁度外野(バックスクリーン)の入場口ということで、ホーム応援席の入口が据えられております
某サイトの管理人が、毎度ここをくぐっていたのかは不明(笑)。



SHV32_1150色々回って最後に行ったのは、横浜情報文化センター。過去2回()もここを訪ねております。3度目の今回も日本新聞博物館(ニュースパーク)に訪れております。放送ライブラリーも行きたかったけど、博物館でお腹いっぱい&時間が無かった最近リニューアルされたのよね。

・・・ちなみに、以前の記事を見てみると、同じようなことをやらかしとるわ(爆)。しかも前回(①で)はきちんと中華堪能しとるやんけ。前より劣化している俺(ギャハ)。歳のせいにしたくない!< あ き ら め ろ !



(その時は)なーんも食えずに悔しい思いをしたものの、このままでは終われないと、ファミリーマートに飛び込んで食い物を買っているのは、今度紹介します。食べ放題がアレだったんなら、崎陽軒のジャンボシュウマイ弁当買ってたよ(大泣)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)

2014年09月16日

皆が知らないタイトーの本当の意味

テレビ東京系で放送されている「ありえへん∞世界」で特集されている「99%行かない秘境の国」。今回は、テレビ東京および一部のTXNネット局と独立局では既に放送されたイスラエル・タタールスタン共和国(ロシア連邦にある共和国の一つ)の回が遅れネットで放送されていました(ちなみに、今週の放送はアンゴラだったらしい。そっちも見たいけど、何ヶ月後になることやら(苦笑))。

その中で、イスラエルの建国に携わった一人として樋口李一郎という人物が紹介された際に、ミハイル・コーガンという人物が出てきました。どこかで聞いたことがあるなと思って見ていると、何と彼こそが「スペースインベーダー」など日本のゲーム史を語る上で欠かすことのできないタイトーの創業者だったのです。


そのタイトー、元の名前は太東貿易、さらにさかのぼれば太東洋行という会社にまで行き着くのですが、この『太東』がどういう意味なのか、知ってる人は意外に少ないと思います。かくいう私もへぇーと思ってしまったほど。
実のところ、『太東』というのは、『極東の猶太人会社』から来ているものなのです。ここに出てくる『猶太』というのは、当て字で『ユダ』。つまりユダヤ人のことを指すのです。そうです、創業者のミハイル・コーガンはユダヤ人(ウクライナ生まれ)で、自身の出自と出身を名に示したというわけです。実際、ミハイル・コーガン(の両親)は彼が生まれる直前に発生したロシア革命と祖国になるウクライナがソ連に編入される過程での混乱を避けるため、満州(中国東北部)に移住しています。1939年~1944年まで日本に在住し、再び中国に渡った後、1950年から再び日本に渡り、太東洋行を設立するのです。


ミハイル・コーガン自身はナチスドイツの迫害を受けたわけではありませんでした。しかし、樋口李一郎の功績を知っているため、尽力したのだと思われます。意外なところで意外な繋がりが垣間見えることになりました。
樋口李一郎の功績がなければ、もしかしたらミハイル・コーガンも戦後社会に関わらなかったのかもしれないですし、その後に設立されるタイトーも、名作と言われた「スペースインベーダー」も生まれなかったのかもしれません


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)TrackBack(0)