2017年02月27日

困ったんダゾーン

今年からJリーグの試合を配信しているDAZN(ダ・ゾーン)。かねてから配信がトラブっているケースが散見しているということで懸念されていましたけれども、遂にその懸念が出てきてしまったのです。


昨日開催された唯一のJ1の試合だったガンバ大阪×ヴァンフォーレ甲府の一戦。その一戦が試合開始前から配信できないというトラブルが発生しました。それに対する対応もグダグダで、DAZN公式サイトやツイッターでは試合中は謝罪だけだったのに対し、Jリーグの公式ツイッターではバレーボール(Vリーグ)のチャンネルで代替配信が行われていることをアナウンスしていました。
配信トラブルの原因は、一気に観客が来たことで詰まったと思われていたのですが、実際は映像加工のトラブルや配信プログラムミスではないかと言われています(詳細がまだわかっていないので、今後明らかになってくるだろうと思われ)。Jリーグ側もDAZNが原因としているので、DAZN側の問題と言っても過言ではないでしょう。

先述の通り、かねてから言われていたのですから、Jリーグ開幕で大勢の人達がサイトに駆け付けることはわかっていたはず。そして、その人達はライブ配信が見られるからやって来たこともわかっていたはずです。そうなればサーバー負荷はもちろんのこと、今後の配信にも影響を与えかねないのです。それなのに、他のスポーツで起こっていた問題をスルーしたばかりか、(推測ながらも)お粗末な原因で見られなかったのは、今後の加入者を増やすうえで大きな問題になるでしょう。
あまつさえ、見られなかったら見逃し配信で見てね的な精神も、ライブで見たい人に対して失礼ですよ。その見逃し配信もアウトだったそうですから、もう目も当てられない。
発表もツイッター上でしか行われなかった、しかもJリーグからしかないのもおかしいのでは。即座に公式サイトにアップするくらいできないのかと、これに関しては双方、配信している側にも配信を決定した側にも言いたいです。


最後に、こればかりは言いたいくないですけど、外国企業はリスクマネジメントがおろそかかつ日本を舐めてるなと。前から言ってますが、X様での対応のまずさ(起動時するとディスクに傷が付いても仕様と言って言い逃れていた。後にあまりの対応のまずさから来るクレームに、ディスク交換に対応を切り替える)を教訓にしなさいよと、本当に何度でも言いますわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月09日

間違いだらけの信長読本

今年は織田信長が岐阜城に入城して450年の記念の年。岐阜市では大々的に織田信長が岐阜命名をしたことをイベントなどを通じて伝えていくとのことだそうです。その関係で、今年はFC岐阜の左袖スポンサーになって下さったりと、その思いは額面関係無く懸命であると思います。
そんな岐阜市の教育委員会が製作(編集協力)に携わった本が大問題を引き起こしています


その本は、KADOKAWAが出版した「岐阜信長 歴史読本」というもので、岐阜市の歴史と信長との関係、そして信長ゆかりの地を案内する観光ガイドも掲載され、ゆかりの人物のインタビューや歴史研究家の寄稿文なども掲載された歴史読本です。岐阜以外にも全国各地のバージョンが発売しています。
で、この「岐阜信長 歴史読本」が大問題になったのは、本の内容。何と誤植が少なくとも30ヶ所も見つかっているのです。

例えば、岐阜市内で『岐阜』と書くべき表示を『三重』と書いていたり、笠松町を『愛知』と表示していたり、岐阜市内にある『川原町』が『河原町』になっていたり、元号を間違えていたり、説明文に出てくる人物が入れ替わっていたり、岐阜市内のホテル紹介で『ハイグレード』と書くべきところを『廃グレード』としていたり、『岐阜バス』が『岐阜バスバス』と、どう考えたらこんな間違いをするんだというケアレスミスが続出。もしや編集者は日本人じゃないだろうと食って掛かりたくなるぐらいに疑ってしまいましたよ。
しかも、当初はこれだけ誤植を起こしているにもかかわらず、正誤表で事を済まそうとしているのだから性質が悪い。それがKADOKAWAの誠意かと思ってしまいましたよ。
すると、この事象が公表されると、手のひらを返したかのように、謝罪と1万冊全回収に乗り出すことを発表しました。もちろん、学校や図書館に置こうとしていた岐阜市購入分も対象です。

なお、今回の製作協力の際に、広告料として460万支払っており、その結果がKONOZAMAですよ。どん判金ドブ状態ですよ。まぁ、さすがに今回は岐阜市を責められないですけどね。ただ、言われかねませんよ。心中お察しします。


じゃあ、どうしてこうなったのかというと、編集者が少なかったのが理由ではないかとのこと。1冊あたりの販売部数が減っている中で、編集とかは相変わらずどころか売り上げを増やすのもあり薄利多売になっているため増えている状態。そのために1人が受け持つ本の編集も多くなり、校正も行き届きにくくなる。そのため誤植も気付かずにスルーしてしまうことになるわけです。じゃあそれでKADOKAWAを同情すべきかというと、それは違う話校正を1人のせいにせず、他の部署の人達も少しずつ確認し合い補い合いながら進めていくべきじゃなかったのと問いたいです。


これからも出るよ、こういった問題。何とかしようや・・・。


岐阜信長歴史読本 (別冊歴史読本 9)
岐阜信長 歴史読本(別冊歴史読本9)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月31日

冬の新アニメ2017 ワースト

秋の新アニメ、ここからはワースト作品の紹介です。
いい作品が決めやすかったのと同様に、今回は悪い作品もすぐに決まるほど、悪い作品が際立っていますね。はっきり言って今回紹介するのは、1回目で面白くないことがわかって、次から見ようか悩むほどの作品でしたわ。


今期のワーストは、「ハンドシェイカー」
見た目はきれいだけど、中身がわかりにくい。徐々に展開が出てきても、少し無理がある展開になっているわ、薄っぺらいわで、見ていて疲れるんですわ。ヤマの無い作品とも言えるし、物語の説明がいまだ全てなされていないのが気になって仕方ない。アニメイトは本当にもったいない。

2番目は、「BanG Dream!」
はっきり言って期待外れ。2話までしかやっていないですけど、見ていても展開が全く読めない。いい意味で読めないのならいいのですが、説明される可能性を持っていない点で読めないので、どうしようもない。この作品も結構強引なところがあって、それがイラつくポイントになってますわ。

3番目は、「Rewrite 2ndシーズン Moon編・Terra編」
こちらは、前期を見ている人でもわかりにくい展開。それでいて前期を見ている人見ていないにかかわらず、説明が全く無い。1クールしかないとはいうものの、少しは説明が欲しいし、分割クールになったからこそ、少しは説明が欲しいところ。序盤にあったとはいえ、あれでは説明不足は否めないですね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月06日

おでんツンツン男の次はチェーンソーぐいんぐいん男かよ・・・

まーた東海地方からかよ。


昨年末、愛知県半田市でコンビニのおでんをツンツン突いているところを動画配信して、店の商品を台無しにしたということで逮捕(後に釈放)された男が話題になりましたけど、今度は三重県かよ・・・。

ヤマト運輸が届けた代引きの商品を勝手に持ち返ったと称し憤り、抗議に行く模様を含め動画で配信したばかりか、チェーンソーを持って店内に押しかけ従業員を脅した男が、1/5に逮捕されました。
動画を見た方ならわかりますけど、罵詈雑言を並べ立てて従業員を脅しているんだよね。しかもお父さんと一緒に行っている(お父さんは金が無いという理由で宅配してくれた従業員を返している)あたりがもうわからん。動画を配信した男は、従業員が来た時には不在だったそうですけど、勝手に持って帰ったんじゃなくて、誰も代引きのお金が払えなくて仕方なく帰ったんでしょうに。その日に来ることがわかっていれば、お父さんなり家族にお金を預けておきなさい。お父さんも払えなかったから帰らせたって言ったんでしょう?何で抗議する息子と一緒に付いていくのさ?わけがわからないよ。

で、炎上したら、逮捕されたくないのか、謝罪動画上げてるし。すまんで済んだら警察はいらないって幾何度も言われているのに、バカとしか言いようがない。YouTubeで謝る時間があったら、警察署に自首すれば、裁判になった時に情状酌量で執行猶予になっていたかもしれないのに。肝っ玉の小さい男だわ。


まぁ、コイツの場合は、おでんツンツン男のように釈放はしないほうがいいわね。ヤマト運輸は全力で当たった方がいいわ。


ちなみに、2chからの情報によれば、この男はホモ関係(1ケタ時代の閲覧者にホモ関係者がいて、彼が口コミで広めたらしい)から人気に火が付いて、トラック運転手という珍しさもあり、同業者も結構見ていたのだそうな。しかし、人気に火が付いてしばらくしてから、態度が尊大になったため、口コミをした人も含めた一部のホモ関係が見なくなったらしいもしかすると、私が広めなければこんな事件は起こらなかっただろうと、口コミで広めた人は述べていますが、気にするな。遅かれ早かれ、こういう人は事を起こす。


とにかく、刑務所に行って反省しなさい。


悪魔のいけにえ 公開40周年記念版 [Blu-ray]
悪魔のいけにえ 公開40周年記念版



リョービ(RYOBI) チェンソー CS-3005 616400A
リョービ(RYOBI) チェンソー CS-3005 616400A



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月29日

秋の新アニメ2016 ワースト

秋の新アニメ、ここからはワースト作品の紹介です。
今期も酷い作品数あれど、決定的に酷かったのは1つ、悩みどころがいくつかというふうでしたね。でも総じてクオリティが低めで悩ましいのよね・・・。何とかならんのかいね。


今期のワーストは、「ブブキ・ブランキ 星の巨人」
第1期も酷い作品だったのに、時間があるから見てみようかと怖いもの見たさで見てたら、案の定酷かったという(苦笑)。テンプレ展開(双子の妹との争い)とか、先読みのできる作品はアカンわ。その妹もムカつくを通り越して顔も見たくないとは中々ない。今後テンプレ展開で、兄妹の仲が修復されてラスボス討伐・・・なんでしょうな(ニヤニヤ)。

2番目は、「ブレイブウィッチーズ」
こちらは悩みどころ作品の一つ。悪くはないけれどもよくもない。ここに挙げたのは、テンプレ展開気味なところかなと。お姉ちゃん重傷→507小隊に入れて下さい!→メンバーの一人が「だが認めん!」→少し氷解。・・・どっかで見た展開のような気も(汗)。もう少し気の入った展開になってほしいけど、中盤くらいなのかな。あと、納期遅れはもうするなよ

3番目は、「装神少女まとい」
のろい・もどかしい・イライラする展開ですわね。かといって緩くもないしシリアスとまで言うほどシリアスでもない。ともすれば空気なんですわ。もっとキャラが弾けてもいいんじゃないかなと思いますが、このまま行きそうな気も・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

ラモスも辞めた、次は小倉の番だ

先日、電撃的に解任されたサッカーJ2・FC岐阜元監督のラモス瑠偉さん。たいていの場合、成績面での問題で・・・というのが多いわけです。そんな中、同じ成績面の問題で、いつ切られてもおかしくない監督の一人が、J1でいます名古屋グランパスの小倉隆史監督です。


小倉監督は、GMとの兼任で鳴り物入りで就任。彼はグランパスのOBという点と輝かしい成績で興業面でも望めると判断して、クラブサイドは就任を要請したのでしょう。それゆえに、実務面(監督としての実績)での問題は常に付きまとうというふうでもありました。
その懸念はシーズン当初から現実に。
戦術面で何をやりたいのかがわからない上に、選手のまとまりにも欠けている有様で、1stシーズンは何とか残留圏内の順位(4勝8敗5分けの14位)に留まったものの、2ndステージ開幕はいまだ勝ちなし(1敗4分け)でぶっちぎりの最下位に転落し、年間順位でも17位と年間最下位のアビスパ福岡の足音が聞こえるほど迫っています

ちなみに、今日はヴァンフォーレ甲府とパロマ瑞穂スタジアムで対戦しているのですが、1-3でほぼワンサイドだった模様今日の深夜に中京テレビで珍しく試合が放送される(25:59~27:59)ので、深夜アニメとかもあるのですが、そっちは録画に回して見てみようと思います。


ここまで悪化したら監督は解任でもおかしくないのに、久米一正社長は辞めさせることはないようで。
そうですか、このまま監督と一緒にJ2降格に向けて心中するんですね。サポーターはそれで納得してくれるのかしら。オリジナル10の誇りはいずこへ行ってしまったのだろうかなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

夏の新アニメ2016 ワースト

夏の新アニメ2016、ここからはワースト作品の紹介です。
まぁ、今期はよろしくない作品が多かったものの、決定打と言える部分があったのは2作品、ちょっと酷いかなと思ったのが1作品。これらが浮いてきたので、決めるのはそこまで困ることは無かったのかなと。ただ、先程も書いたように、よろしくない作品が多かったのも事実。今後を危惧せざるを得ません。


今期のワーストは、「魔装学園H×H」
まぁ、あからさまですわね(苦笑)。方向性を持っているので悪くはないのでしょうけど、あまりに際立ち過ぎていて、見ている人に嫌味や不快感を持たせるのはよくないですね。
俗に言うハーレムアニメ的な要素もあるのでしょうけど、少し何かしらの不快さを出さないオリジナリティを盛ってほしいですね。

2番目は、「アンジュ・ヴィエルジュ」
こちらは、テンプレアニメ的な要素がてんこ盛りでしたねぇ。もうがっかりを通り越して呆れて笑えて来るほど。それ以上何も言うことはありません。これほど見ていてつまらない作品は珍しいです。

3番目は、「ラブライブ!サンシャイン!!」
こちらもテンプレが目立つ作品ですね。前作がよかっただけに、粗が目立つというかわいそうな側面もあるわけですが。続きもののやりにくい部分でもあります。
キャラの色付けはきちんできているので、今後盛り返す可能性はあるのですけど、前作の幻影が濃い限り、それも難しいのかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月16日

ナリさん激怒

あれだけ温厚そうな高木義成選手が、あそこまでお怒りになるとは思わなかった・・・。


あるサポーターの練習してるのかの一言で、なら一度練習見に来いよとキレちゃったんですね。
ちゃんと練習はしてると思うし、少なくとも高木義成選手は悪くないとは思うんだよね。だって、今彼がスタメンにいなければ、岐阜はもっと悪くなってたかもしれん

だからこそ、試合の前半で足が止まったり、動きをセーブしている消極的な行動をする選手が一番の問題なんだと思う。誰とは言わないけど、少なくとも私の中では1人いたよ。


詳細は後日書くと思いますが、いやぁ酷い。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:23Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月18日

スリムになっても、お値段(ほぼ)そのまま

・・・といいふうならいいのですが、今回はそうではないのですよ。これが(泣)。


SHV32_2498つい最近、セブンイレブンに行ったところ、普段お昼に買うことの多い「たっぷりコーンマヨネーズ」(下)が入れ替わりになったのか、新商品の「つぶつぶコーンスティック」(上)に切り替わっていました偶然両方の商品が置いてあったので、一緒に買って参りました。

今回の新商品、コーンを加えたマヨネーズの上にさらにコーンを乗せて・・・って、従来のものと変わってないような気がするわ(汗)。そのくせ、大きさは従来の品(「たっぷりコーンマヨネーズ」)の半分くらいしかない。あまつさえ、値段は少し値上がりになっている(「たっぷりコーンマヨネーズ」が130円、「つぶつぶコーンスティック」が138円。共に税込)というふう。



じゃあ、味はというと、そんなに大きく変わっているのかなという感じでしたね。パンのもっちり感が変わりましたとか粒コーンの食べ応えや甘味が増しました・・・とかだったら、そんなセンシティブな違いなんて、私のような普通の人間じゃわかんないっつーの(ギャハ)!


恐らく、ほぼ全国で今回の『改悪』が行われているのではないかと思うと、セブン&iホールディングス社長の代替わりが招いた悲劇なのではないのかと、終わりの始まりのきっかけになるのではないかと心配でなりません。セブンイレブンは飲食系には力を入れていると思っていたので。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月11日

春の新アニメ2016 ワースト

春の新アニメ2016、ここからはワースト作品の紹介です。今回もワースト3位まで紹介します。


今回は素早く決まりました(苦笑)。ここまで早く決まってしまうのも珍しいです。それだけ、今回紹介する作品が酷すぎてお話にならない・・・という意味も込められていることを製作陣はわかって頂きたいものですね。


今回のワーストは、「学戦都市アスタリスク」。今期から始まった2NDシーズンですね。
前にも言いましたけど、唐突に始まった感があり、前期のおさらいはまるでなしというふうになったため、新規視聴者ばかりか、これまで見ていた人も置いてけぼりになってしまいかねないと。話も一本調子の感があるし、いいところがまるでないのに何で2クール構成にしてしまったのだろう・・・。

2番目は、「ハイスクール・フリート」
こちらも視聴者を欺いた点で「学戦都市アスタリスク」に並ぶ駄作になってしまいました。二番煎じと茶番劇で萌えアニメ層やミリタリー層を狙いたかったのかもしれないですが、そんなに甘いもんじゃないぞと。もうこの手の作品は正攻法で挑んだ方が付いてきやすかったのになぁ・・・。

3番目は、「ハンドレッド」
話の筋がわかりにくいばかりか、面白みに欠けるわテンプレート的な展開も目立つわで、今期の中では純粋に面白くないと言ってまず思い浮かんだのが、この作品だったんですね。事実上の関東ローカルになった理由もわからんでもないと。せっかくGA文庫の作品はいいのが揃っているなと認知され始めたところで、これだもんなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:43Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月04日

春の新アニメ2016 その2 学戦都市アスタリスク 2nd SEASON

春の新アニメ2016、2回目は「学戦都市アスタリスク」の2nd SEASONです。
分割2クールとして発表され、今回はその後編にあたる部分になっています。そのため、あらすじは続きものなので、割愛。「星武祭」を順調に勝ち進んだ天霧綾斗とユリスのペアはいよいよ5回戦という段階にまで来ております。


とはいうものの、この作品見たことのない人には唐突に始まってしまった印象がぬぐえない3ヶ月空いているのにもかかわらず、それまでの間のストーリーも語られることが無い。早い話が、前の話を知りたけりゃ映像メディアを買え的な言葉が透けて見えてきてますね。
ただでさえ、前期の時はよく似ている作品があったと揶揄されていたのに、今期は見ている人以外は置いてけぼりとは・・・。これはひどい。もう私も追いかけはすれども、きちんと見ないだろうなぁ・・・。

個人的な感想として、遅い時間帯にやっている地域の人は、わざわざ起きてまで見なくていいよ、と。録画で十分ですわ。もしくは土曜のBS放送(関東圏の地上波はBSと同時)かCS放送が一番見やすいので、そこで見ておきましょう。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:37Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月05日

パクリってレベルじゃねーぞ

現在も大人気のブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」。やはりというのか、様々なパクリゲームが登場しています。しかし、今回紹介する作品は、その中でもさらに上手なパクリゲームになってしまっているようです。
それが「Kantai Girls」名前からして「艦これ」を意識したネーミング(苦笑)。



まずは公式動画。
ええ、見た方なら一発でわかるかと思いますが、アニメ版「艦これ」の映像をそのまま利用しております(汗)。ゲーム画面も、「艦これ」とほぼ遜色ありませんわ。



こちら、ゲーム紹介動画。
ゲームをやったことがないので何とも言えないですけど、しゃべっているセリフは、どうやら原作のセリフを丸パクリにして展開されているらしい。さらに、「艦これ」公式素材を使用しているようで、まさしく教えて著作権状態(苦笑)。また、主人公は4隻の中から1隻を選ぶというふうになっているのですが、これもどこかからパクってきたかのよう。


その他、公式サイトでも「最もアツい「艦隊これくしょん」のモバイルゲーム」と「艦これ」の公式移植と受け取られかねない文言が堂々と書かれていたり、イラストが「艦これ」公式サイト・アニメ版イラスト・pixivのファンアートが混在する無法地帯になっていたりともう散々


で、どこのゲームなのかと調べてみたら、当初タイのゲーム(文中にタイ語が登場していたため)だと思われたのですが、どうも中国のゲームの模様(タイトルの一つとされている「Navy Girls」の画面中に中国語の文言が確認が取れるため)「Kantai Girls」は恐らく「Navy Girls」を体でローカライズした際のタイトルなのではないかと思われ。にしたって酷いなぁ。


・・・まぁ、タイなら海賊版が酷い中で遂にパクリに手を染めたかと悲観的になるものですが、中国だと知ると、ああやっぱりとしか見られなくなるのが、少し悲しい。とはいえ、何とかならんものかいなと。だってアップルの審査を通っちゃってるもの、パクリなのに(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月29日

冬の新アニメ2016 ワースト

冬の新アニメ2016、ここからはワースト作品の紹介です。
前にも書きましたが、今期はベストとワーストとの間が極端で、中間とワーストの間は紙一重というふうでした。なので、今回紹介する作品は、その紙一重にも引っ掛からなかった物と捉えてもいいのかもしれません。もちろん、意見には個人差がありますから(ニヤニヤ)。私がどうこう言ってもいいものはいいという人もおりましょうに。ちなみに、皆さんが最も気になる(?)「霊剣山 星屑たちの宴」ですが、個人的には今回のワーストには入りません。ええ、ツッコミどころ満載の中華アニメという見方をすれば、思った以上に楽しめるというのと、ちゃんと作品として見られる部分は評価できると思ってますわ。中途半端な終わり方を毎回するのがストレスではあるものの。


では、ワースト作品の紹介です。


今期のワーストは、「ブブキ・ブランキ」
まず話の筋がほとんど見られない。わかりにくいどころの騒ぎじゃない。毎回見ていて何が起こっているのかがわからない作品も珍しい。キャラに関してはそうそうわかりにくくはないものの、一部のキャラの関係がわかりにくいですわね。あとは敵の存在もちょっと説明不足。毎回ストレスを感じながら見てます。そろそろ切ってもいいとさえ思えるほど(汗)。

2番目は、「少女たちは荒野を目指す」
簡単に言えば、期待の裏返しです。あまりに淡々と物語が進んでいるかと思ったら、急激に説明もなしに動き出すのもどうかと。何で美少女ゲームのシナリオがBLに見えるんだよ。このあたりの説明が全く不足していて視聴者ぽかーんだったと思いますわ。少しずつ良くなってほしいとは思うものの、この先どうなることやら。

3番目は、「ラクエンロジック」
この作品に関しては、中二病的キャラがうっとうしいのが最大の理由。戦闘に出てないくせに色々小言を申しておりますけど、この人の実力はどうなのかいなと。話に関しては、2話である程度話してくれたものの、もう少し説明の欲しい部分があるようにも。まぁ、これ以上は難しい部分もあるでしょうから・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月12日

冬の新アニメ2016 その6 ブブキ・ブランキ

冬の新アニメ2016、6回目はオリジナル作品の「ブブキ・ブランキ」です。
この作品は制作会社のサンジゲン10周年記念作品ということで、全編CGで構成されているとのこと。それ以外の要素を開始前の特番から見出そうと思ったのですが、何ともつまらない(爆)。先の思いやられる中、見ていくことにしましょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。
主人公は、父・母・妹と共に「宝島」と呼ばれるところに住んでいた。しかし、ブランキと呼ばれる謎の物体の暴走により、母親を除いて地上に降りざるを得なくなった。


それから10年後、日本に帰ってきた主人公は警察に追われ、遂には捕らわれの身になってしまう。それを救ったのは、ブブキ使いという意思を持つ武器の使い手であった。そして、彼らと共に向かったのはブランキの墓場とも言われる新宿のとあるビルだった・・・。



というふう。


初回ということで、説明回という位置付けなのでしょうが、その説明回が説明をほとんどしていない早い話が抽象的に進められていて、「見ていればわかるでしょ?」的なノリで進められてしまっているんですね。そのため説明不足で、キャラたちの位置付けがおぼろげにしかわかってこない
今後補足的に説明がなされ埋められていくのでしょうけど、現状のままでは、特番の時に感じたように、非常につまらない番組になってしまいそうです。技術のひけらかしのためなら、もっと他の媒体の方がよかったんじゃないのと。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月06日

また勝負を左右する誤審だべ

去年はプロ野球の阪神×広島で、ホームランが三塁打と判断されるという誤審のせいで、広島がクライマックスシリーズ進出を逃したということがありました。今回それがアメリカンフットボールでも起こったようです。


事は、1/3に東京ドームで行われたライスカップ、立命館大学パンサーズ×パナソニックインパルスでの一コマで起こりました。
第4クオーター残り7分の段階で、立命館大学はフィールドゴールのチャンスを得て蹴ったものの、ゴールポストの間に通せず失敗。そのまま試合は19-22となり、パナソニックが4回目の優勝を果たしました。
ところが、その後ファンからの指摘によって、パナソニックサイドに反則があったにもかかわらず、それを審判団が見逃していたということがわかったのです。それが例のフィールドゴールだったのです。

実は、パナソニックはフィールドゴールの際に、1人多い12人でプレイしていたのです。つまり規定人数以上でプレイするという反則行為になり、立命館大学サイドは5ヤード前進したところからもう1回フィールドキックができるというチャンスを得られたはずだったのです。ここで決まっていたら3点入るとのことなので、勝負は22-22のタイになり、勝負がわからなくなっていたことでしょう。


こういう互いの沽券(こけん)が掛かっている試合を誤審で台無しにしてしまうのは、互いの選手にも悪い影響を与えかねないし、負けた相手は特に悔しいと思いますよ。広島ファンは、去年のこの件で恨み節を持っている人が少なくないだけに、重要な試合での判定は慎重に行うべきだと思います。それに数を間違えるのはさすがにわかるだろうと。野球のボールがどこに行ったとかのケースなら嫌でも諦めが付きますけど、何人も審判がいて見抜けないのを納得させるのに時間が掛かると思います。


ちなみに、この誤審があっても結果は変わらないことは、野球の時と同じ事態になりました。謝罪したとはいえ、きちんとやってほしいよね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月26日

これはもう何も言えんわ

お笑い芸人キングオブコメディの高橋健一さん(以下高橋容疑者)が、女子高生の私服などを盗んだ疑いで警察に逮捕されるという、年の瀬も迫った中でこれほど驚く話題も早々ないことが起こりました。


キングオブコメディは、今回捕まった高橋容疑者と今野浩喜さんとの2人コンビで、2000年に「おもしろコンビ」の名でデビュー(現在の名はデビュー半年後)。その後順調に腕を磨き、2010年の「キングオブコント」で優勝したほどの実力派でもありました。


その高橋容疑者となった彼の人、実は2007年に東京メトロ千代田線車内で痴漢をしたのではないかという疑いを掛けられたこともありました(結果は不起訴)今回の事件が明るみなったことで、本当は有罪ではなかったのではと思われてもおかしくないですね。

で、今回の事件もすごい事態になっていて、今年4月世田谷区の高校にある女子更衣室から制服などを盗んだその姿が防犯カメラに映っていたからなのですけれども、その盗み方が昨年12月で行われていたものと同じだったことで、高橋容疑者が浮上したとのこと。それは白昼堂々と自宅から軽トラックで乗り付け、リュックサックを背負って大胆に潜入していたというのですから、もうおかしいとも。大丈夫だと思っていたんでしょうね。
調べに対しては、20年前からやっていた(家から600着見つかったという報道も)というのですから、確信犯というのか、もはや薬物中毒と同じ感覚に陥っていたんでしょうね。しかもそれを性的衝動を発散させるために使っていたというのですから、気持ち悪いを通り越して、もう人間としておかしい女子高生の制服を買うとかするとかファンの子から欲しいと言ってもらうとか、それらも大っぴらにいいとは言えないですけど、それなりに『合法的』にもらう方法もあったろうに・・・。


今回の一件で、お笑い芸人(芸能界)としての復帰は、過去の芸人の不祥事を考えると難しいのかもしれません。あとは、本人がきちんと反省の弁を述べ、二度とこの過ちを起こさないと全ての人の前で述べるしかないでしょう。ただ、余罪の数がかなり多い点と性的衝動の部分が引っ掛かって、繰り返しになりますけど、復帰は難しいと思います。バカだよ、実にバカだよ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月01日

秋の新アニメ2015 ワースト

秋の新アニメ、ここからはワースト3作品の発表です。前にも述べましたが、今期は不作と言って相応しいもので、見るに堪えない作品もちらほらと・・・。ただ、これから紹介する3作品を越えるものはそうないなと思っております。ただ、ここで紹介しなかった作品も、他の時期なら十分にワーストに入っていると思ってほしいくらいですわ。


今期のワーストは、「学戦都市アスタリスク」
これで第1シーズンというのですから、先が思いやられると言っておきましょう。よく似た作品があるからというのもさることながら、テンプレ要素たっぷりで新鮮味もないんですよね・・・。まーたこのテンプレかとテンプレ要素をウォーリーを探すかのように見つけて楽しみましょう・・・ってか。これは第2シーズンやらずに打ち切った方がいいんじゃないのかと正直思い始めています。時間の無駄遣いですわ。これ。

2番目は、「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」
この作品は、時間軸がわかりずらい展開も少し早めになっているため、ザッピングというふうに見るには苦労させられる点が見辛くさせているのではないかと思っています。また超人の要素がわかりにくいのに怪獣も出てきて、どう違うのかという差異も見極めにくくなり、ごっちゃになってしまっていますわ。まだキャラの詳細がわかりにくい中で、これはないわ。

3番目は、「VALKYRIE DRIVE -MERMAID-」
はい、おっぱいアニメですね(笑)。その要素以外は正直見られたもんじゃない。中身スカスカですわね。あとは、深夜アニメだからといって変なセクシャル要素を出せば、昨今結構厳しく見られている中、正直イメージダウンにしかならんと製作陣は思わんのか・・・。OVAか配信だけでやれと。TPPやひなげしのやり玉に挙げられかねないというのに・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月29日

全く散々な1日だった

休みだというのに、何とも散々だったわい・・・。


うちのおかんが都合で在所でもある岐阜に帰ったのと親父はマージャンで1日いない・・・というわけで、テレビ(世界陸上北京大会)でも見てしばらくのんびりしようと思っておりました。

そんな静寂は、もろくも崩れ去る。
午前中、突然のチャイム。来たのは同じマンションに住む住人。いわく回覧板は回したかとのこと。普段家にいないので知る由もないため、おかんに電話(親父に電話しないのは、電話しても知らないと踏んでいたため)。しかし繋がらない。後々知ったのですが、法事で出られなかったらしい
とりあえず、わかりかねるということでお引き取り願うことに。

お昼2時半頃。今度はインターホン(オートロックに付いているインターホン)がけたたましく鳴る。慣らしたのは、マンションの大規模改修を行っていた会社の人だった。いわく「網戸の改修を依頼されていたと思うのですが、お支払いがまだされていないんですけど」とのこと。
寝耳に水とはこのことを言う(汗)。しめて25,000円なり。手持ちなんて無い。週明けに下ろそうと思っていたのだから。
仕方ないので、今知っている人間がいないのと支払いたくても手持ちがないことを打ち明け、週明けに支払ってほしいと伝えてほしいと言い残し、帰って行った。すいません、ホントに。

まだ終わらない。今度は買い物に行った後のこと。時間は夜7時過ぎか。玄関のチャイムが鳴るので行って見ると、午前中に来た回覧板の件で、ホントに回したのかと疑いの目で見るかのようにやって来たのだ。一応、あれから親に聞いてはっきりと回したことを言っておりましたとその方に述べたものの、じゃあ上に回したのかとまくし立てるように言うので、恐らくそうだろうと訴え、再度お引き取り願った。

悪いことはまだ続くもので。その数十分後、また玄関のチャイムが鳴る。また回覧板かと思って焦燥感に駆られながら玄関に向かうと、新聞の集金だった(苦笑)。新聞の集金を支払うくらいのカネはある。しかし、普段おかんは用件のある場合はきちんと伝えているのだが、また寝耳に水の出来事


さすがにこうも立て続けだと身も気も休まらない。いい加減にしなさいとおかんに怒りの電話をぶつけたら、雨が酷いから現地で泊るとのこと。まぁいいけどさぁ、こちとらアンタの積み残しで振りまわされているんだぞと。


明日も振り回されるかもしれないと思うと嫌なので、明日は家にいないように・・・と思っていたら、明日は大雨とのことらしい。
・・・家の外にも行かさないのか!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月20日

OUYA+PS4+XBOX ONE=???

何だかよくわからないと思いますが(苦笑)、私も全くよくわかりません(ギャハ)。


中国の深圳(シンセン)にあるゲーム会社Tank Game Boxというところで作成された新ゲーム機「OUYE(ウーイェ)」。こちら、Androidを搭載した据え置き型のゲーム機なのだそうですが、詳細はまだ未定の模様。ただ、イメージ映像を見る限りでは、多彩なゲームが遊べるようになっているようです。
このゲーム機が中国にあるクラウドファンディングサイトである「JD Finance」で紹介されたところ、大炎上することになりました
一体何がアカンかったんや・・・と、Tank Game Boxの方々はつぶやいたかもしれないですが、これはどう見てもアカンわい(苦笑)。まず、本体がどう見てもPS4コントローラーは何とXBOX ONEの形にそっくり。あまつさえ、本体のネーミングを見てもらってわかるかと思いますけれど、アメリカで販売している奇しくもAndroidをベースにして動いているゲーム機「OUYA(ウーヤー)」に似たネーミングになっていて、これはよく言われる中華クオリティですなぁ(ギャハ)。
このため、中国版ツイッターである微博(ウェイボー)では、「詐欺じゃないのか」・「酷過ぎる」・「恥ずかしくないのか」と袋叩きの状態。中国人にまでそう思われるゲーム機、これはひどい(爆)。


ちなみに、中国のパクリっぷりがすさまじいのは、ご存知の方もいらっしゃることでしょう。
かつて任天堂のWiiに似すぎていて問題になったVii(威力棒)PSOneの本体の形をしながらファミコンのソフトを差し込んで楽しむポリーステーションなるものも存在しました。私自身が見たのは、ゲームボーイしか遊べないDSもどき・PSPもどきのゲーム機とかがありますね。ええ、某サイトの管理人が興味本位で持ち帰ったヤバい品ですよ(ギャハ)。


ともあれ、この本体が今後どうなるのか。クラウドファンディングの結果次第ではあるけれど、発売したら中国人の根性はすごいと(別の意味で)絶賛だよねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月15日

「U-1グランプリin東京 ~夕涼みの宴~」に行ってきたのですが・・・

SHL23_1788今日、東京・代々木公園で行われている「U-1グランプリin東京 ~夕涼みの宴~」に行ってきました大阪で9/18~9/23に行われる「うどん日本一決定戦 U-1グランプリ」のプレイベントとして行われていました。
場所は代々木公園でも野外ステージのあるイベント広場というところ。JR原宿駅・東京メトロ代々木公園駅ないしは明治神宮前(原宿)駅で下車して歩いて3~5分くらいですね。
ちなみに、奥に写っているのは、NHK放送センター(全国の放送だけでなく、東京および首都圏の放送を担うところでもある)



SHL23_1789で、まず頂いたのが伊勢うどん。伊勢うどん大好きなんですよね。



・・・と思って頂いたものの、何ぞこれ。
コシのないのが特徴なのに、コシがまだ残っているんですね。だしも濃厚というよりもしょうゆだしをそのままかけたようなふう。これは似て非なるものだわ。
ちなみに、このうどん、切れ込みが入っておったわ。これは伊勢うどんでもやってないから、普通のうどんを使っている模様。これはひどい。


SHL23_1790続いては、「小倉発祥 焼うどん」。いわゆる小倉焼うどんですね。
こちらもなぜか好きなだけ盛り付け可能というふうに。作り過ぎたのか?売れてなかったのか?
・・・というわけで、ご厚意に甘えてこれだけ盛った(笑)。



今回紹介する中では一番まとも(と言うのも失礼か)。濃厚なソースが麺にマッチして美味い。前にも食べているのですが、この焼きうどんは美味いね。


SHL23_17913番目は「筑後 もつ焼きうどん」福岡はこの他にも「ごぼ天うどん」とかも出ていたので、本当にうどん文化が浸透しているんだなぁと。
もつ入りのうどんという見てもオーソドックスすぎて何とも言えない(笑)。



味は薄めで、もつの味わいが勝負とも言えるものですね。そう思うと、どちらかがちょっと濃くてもいいかなと。もつの味が濃いめなら、うどんの風味も引き立つと思うし、その逆ならもつの味わいがアクセントになるし・・・。


SHL23_1792最後は、「和風だしの餡かけカレーうどん」
このカレーうどんは冷やしにしてあるそうです。



これが酷くまずいあんかけでもなければカレーの風味が全くない。あまつさえ、ものすごく酸っぱい。何でこんなに酸っぱいの、痛んでないかとか心配になるほどです。もう何とも言えないまずさでした。絶対行くなと言いたい気分。


これ以降、もう少し食べたいという気分さえ失せてしまいましたとさ。


この催しは明日(8/16)までですが、正直このイベント大丈夫なのか、大阪のイベント失敗に終わらないか心配になりました。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:37Comments(0)TrackBack(0)