2015年12月27日

ご注文はラーメンですか??

SHL23_2111前回も行われていたそうですけど、「ご注文はうさぎですか??」のコラボキャンペーンが宅麺.com加入店舗で行われているそうです。
その中で、うちの近所にある麺家 喜多楽(きたら)がこの加入店舗だったので、行ってみることにしました。

普段から、無化調(化学調味料を使わない)ラーメンをウリにしているところで、結構美味しい。そのため、テレビでもよく紹介されている店でもあります。この時期は無化調じゃないですけど、冬季限定の味噌ラーメンが美味いですよ。


今回コラボを行うということで、きちんとポスターが掲載(笑)。今期名古屋ではやってないのに、この気合の入れよう、ご主人が好きなんだな(ニヤニヤ)。だって「アルスラーン戦記」のコラボも絡んでるみたいだし(汗)。
なお左にあるように、宅麺.comを通じて通販も行っております。よろしければどうぞ。



SHL23 _2112こちらが「メグからマヤへ(鶏白湯ver)」
鶏白湯スープでメグを表し、チキンのトマトソース煮を加えることでマヤの性格を示しているのだそうな。



実際頂いてみると、最初鶏白湯スープだけだと、コクはあるけどあっさりとしていまして。正直ちょっと物足りないかなと思うのですが、ここにチキンのトマトソース煮を加えると、あら不思議。程よい風味のトマトラーメンになるんですわ。トマトのコクが白湯スープにマッチして、味を相互で引き立ててくれます。トマトソース煮だけだと、少し濃い目の味付けなんですが、恐らくこの鶏白湯スープに合わせるためなんでしょうね。


SHL23_2114ちなみに、このコラボラーメンを頂くと、特製のポストカードが頂けます売り切れの場合でも、950円(今回のコラボラーメンの価格)分の注文をした際にももらえるそうなので、もし売り切れの際には店員の方にご相談あれ。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月18日

秋の新アニメ2015 その18 ご注文はうさぎですか??

秋の新アニメ2015、18回目となる最後は芳文社から刊行されている4コママンガ雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載中の「ご注文はうさぎですか?」の続編「ご注文はうさぎですか??」です。
前期はオープニングの人気もあって結構盛り上がっていましたね。でも、前期は木曜放送ながらも放送時間はバラバラだったおかげで東名阪での放送になりましたが、今期に関しては土曜かつ放送時間が一緒というふうになった関係で、地上波東阪の独立局での放送になり、名古屋は放送から外れました。まーた名古屋飛ばしかよ・・・。仕方ないので、BSやCSでの放送を見るか、配信で見るしかないのね・・・。


あらすじは続きものなのでなし。今日もラピッドハウスの皆は元気に立ち振る舞って営業しております。


2期目1話は、おさらい放送になるためか、過去に出演していたキャラが勢揃いの回になりましたね。あああの子ってこんな感じだったね・・・とかいうふうに思い出しながら見ていた人もいたことでしょう。今回から初見だった人には、十分各キャラの性格を堪能できたことでしょう。
ただ、前期から見ている人には少しインパクトが少ないというのか大人しい感じに受け取られるのではと思いましたね。見ていて悪くはないんだけれども、展開がワンパターンなのかともすれば眠たくなりそうな感じが否めなかったです。もう少し抑揚を付けておくれよ・・・と思いながら見ておりました。


今後、新しい視聴者にももっと魅力的にできるかがポイントになるでしょう。既に実力は発揮しているだけに、期待度は高いと思いますが、頑張ってほしいものです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月14日

春の新アニメ2014 その11 ご注文はうさぎですか?

春の新アニメ2014、11回目は芳文社の雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載されている4コママンガが原作の「ご注文はうさぎですか?」です。
この作品、前評判は結構高く、ネット上では見たい作品として挙がっていることが多かったですね。芳文社のCMでもアニメ化前からしばしば挙がっていたので、期待度の高さが伺い知れます。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


高校入学を期にオシャレな西洋風の街に引っ越してきたココアこと保登心愛(ここあ)。彼女は下宿先を探し道に迷っていたところに、ラビットハウスという名の喫茶店を見付ける。うさぎがいっぱいいる店に違いないと思い込んでいたココアは、そこでチノこと香風智乃という店員とティッピーといううさぎに出会う

彼女に下宿先の道を訪ねると、偶然にもラビットハウスこそがココアの下宿先だったのだ。入学する高校の方針でお世話になる下宿先で何かしらの奉仕をするということから、半ば強引な形で、自称『チノの姉』を名乗って、同じアルバイト仲間であるリゼこと天々座(てでざ)理世と一緒に働くことになったのだ。
・・・チノの頭の上に乗っかっているウサギがしゃべることも知らずに。



というふう。


全般的に緩いほんわかした感じの作品になってますね。メインの3人が3人共個性があるのですけど、共通してどこか抜けている面が目立っているかと。
でも、それ以外に見出せるところがないというのも事実で、この手の作品にはもう辟易しているという人には、「またか」と言われかねないわけで。元々まんがタイム系の作品は、雑誌の内容にもよりますが、緩やかな雰囲気の作品が多い(例として「けいおん!」・「ひだまりスケッチ」・「きんいろモザイク」など)ので、そう思えてくるわけですよ、余計に。


1日の終わりにほっこりとした気持ちに浸りたいという人や、緩やかな雰囲気な作品が好きな人にオススメです。
放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)TrackBack(0)