2018年04月07日

春の新アニメ2018 その2 こみっくがーるず

春の新アニメ2018、2回目は芳文社の4コママンガ雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載中の作品が原作の「こみっくがーるず」です。
見た感じギャグ系の作品で、主人公は気の弱そうな・・・と思っておりますが、どうなんでしょうかねぇ。今度「アニゲー☆イレブン」で主人公役の人が出るようですけど、あんな感じなんだろうね(苦笑)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


高校生ながら、念願の連載を持った主人公。しかしアンケートの結果、最下位になってしまい、このままでは打ち切りの危機に遭う
全ての面、特にメンタル面で劣っていたため、将来を心配した編集担当は、彼女をマンガ連載を持つ女子達が集う寮に行くよう勧めるのだった。



というふう。


とにかく主人公のメンタルがネガティブ過ぎて、ある意味怖い(笑)。でも一生懸命やるいい子ではあるのだな。他のキャラも個性豊かで、甘いものに目は無いけどテクニックはある子、総合的に能力のある子、そして敏腕連載漫画家な子といるんですね。まだ深くわかる部分は少ないものの、1話である程度分かったかな。
これから女性版トキワ荘ばりな寮の4人がどう成長していくのかが楽しみではあります。アクは強いけど、見ていてほのぼのとできると思いますよ。あばばばばばばばばば(爆)。
放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2016年10月07日

秋の新アニメ2016 その4 ステラのまほう

秋の新アニメ2016、4回目は芳文社の4コママンガ雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載している「ステラのまほう」です。
奇しくも、前の番組が同じ「まんがタイム」系の雑誌からの作品「NEW GAME!」で、ゲーム開発を題材にしたアニメ作品でもありました。ただ、前回はプロのゲーム開発に対し、今回はアマチュア、つまり同人ゲーム開発を題材にした作品です。作者も当然違うので、どういったアプローチの変化があるのでしょうか。楽しみですね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


高校生になった主人公は、夢中になれることを探すために、新入部員勧誘を行っている部活動を回っていた。その際、ある部活の活動に目が留まる。それは同人ゲーム製作を目的としている部活「SNS(死んだ魚の目日照不足シャトルラン)部」だった。


色々と悩んだ末、SNS部の門を叩いた主人公は、夏コミに向けて新しいゲーム作りを始めていくのだが・・・。



というふう。


初回は主人公のほんわかぶりと幼馴染み(どちらかというとサブキャラ寄りなのだが、ほぼ毎回登場する模様)の腐女子ぶり(笑)がよーくわかった回でした。もちろん、これからお世話になるSNS部の先輩達の素行もよくわかり、うまく初回を回したなと。まったりしている中でも主人公の着地点がきちんと描けていたし、イントロダクションの役目もきちんと果たしていた。久しぶりに100点をあげたくなるデキでした。

しかし、この後が問題。このテンションを維持できるか。各キャラが我を張りすぎないかなど少しバランスが崩れると途端に面白みが薄くなるので、前の作品が同じゲーム関連の話だったとか考えずに、作品のよいところを引き出してほしいですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:35Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月18日

秋の新アニメ2015 その18 ご注文はうさぎですか??

秋の新アニメ2015、18回目となる最後は芳文社から刊行されている4コママンガ雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載中の「ご注文はうさぎですか?」の続編「ご注文はうさぎですか??」です。
前期はオープニングの人気もあって結構盛り上がっていましたね。でも、前期は木曜放送ながらも放送時間はバラバラだったおかげで東名阪での放送になりましたが、今期に関しては土曜かつ放送時間が一緒というふうになった関係で、地上波東阪の独立局での放送になり、名古屋は放送から外れました。まーた名古屋飛ばしかよ・・・。仕方ないので、BSやCSでの放送を見るか、配信で見るしかないのね・・・。


あらすじは続きものなのでなし。今日もラピッドハウスの皆は元気に立ち振る舞って営業しております。


2期目1話は、おさらい放送になるためか、過去に出演していたキャラが勢揃いの回になりましたね。あああの子ってこんな感じだったね・・・とかいうふうに思い出しながら見ていた人もいたことでしょう。今回から初見だった人には、十分各キャラの性格を堪能できたことでしょう。
ただ、前期から見ている人には少しインパクトが少ないというのか大人しい感じに受け取られるのではと思いましたね。見ていて悪くはないんだけれども、展開がワンパターンなのかともすれば眠たくなりそうな感じが否めなかったです。もう少し抑揚を付けておくれよ・・・と思いながら見ておりました。


今後、新しい視聴者にももっと魅力的にできるかがポイントになるでしょう。既に実力は発揮しているだけに、期待度は高いと思いますが、頑張ってほしいものです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月17日

春の新アニメ2015 その11 ハロー!!きんいろモザイク

春の新アニメ2015、11回目は芳文社の月刊誌「まんがタイムきららMAX」で連載中の4コママンガ「きんいろモザイク」が原作の「ハロー!!きんいろモザイク」です。


こちらも2期に突入した人気作品。前評判は高めで早くやってほしいという要望さえあったほどです。まぁ、忍とアリスのホンワカなやり取りがウケたんでしょうねぇ。


あらすじは続きモノなので割愛。2年生になった面々がクラス分けによってバラバラになることに。忍とカレンには厳しい教師が当たってしまうわ、アリスは忍ロストに陥るわで大変になるというふう。


この作品のキモであるゆるフワな部分はきちんと継承されているので、初見の人でもたぶん安心して見られるのではないかと思います。一応見てもわかるように作られていますし。
この作品に関しては特に言うことはないですね。丁寧に作られていますし、各キャラもどういう位置付けになっているのかもきちんとわかってきます。このような作品はトータルで見た方が評価しやすいのかもしれません。でも、癒し系の作品を求めている方には有無を言わさずオススメです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


きんいろモザイク 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
きんいろモザイク 全6巻セット



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月14日

春の新アニメ2014 その11 ご注文はうさぎですか?

春の新アニメ2014、11回目は芳文社の雑誌「まんがタイムきららMAX」で連載されている4コママンガが原作の「ご注文はうさぎですか?」です。
この作品、前評判は結構高く、ネット上では見たい作品として挙がっていることが多かったですね。芳文社のCMでもアニメ化前からしばしば挙がっていたので、期待度の高さが伺い知れます。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


高校入学を期にオシャレな西洋風の街に引っ越してきたココアこと保登心愛(ここあ)。彼女は下宿先を探し道に迷っていたところに、ラビットハウスという名の喫茶店を見付ける。うさぎがいっぱいいる店に違いないと思い込んでいたココアは、そこでチノこと香風智乃という店員とティッピーといううさぎに出会う

彼女に下宿先の道を訪ねると、偶然にもラビットハウスこそがココアの下宿先だったのだ。入学する高校の方針でお世話になる下宿先で何かしらの奉仕をするということから、半ば強引な形で、自称『チノの姉』を名乗って、同じアルバイト仲間であるリゼこと天々座(てでざ)理世と一緒に働くことになったのだ。
・・・チノの頭の上に乗っかっているウサギがしゃべることも知らずに。



というふう。


全般的に緩いほんわかした感じの作品になってますね。メインの3人が3人共個性があるのですけど、共通してどこか抜けている面が目立っているかと。
でも、それ以外に見出せるところがないというのも事実で、この手の作品にはもう辟易しているという人には、「またか」と言われかねないわけで。元々まんがタイム系の作品は、雑誌の内容にもよりますが、緩やかな雰囲気の作品が多い(例として「けいおん!」・「ひだまりスケッチ」・「きんいろモザイク」など)ので、そう思えてくるわけですよ、余計に。


1日の終わりにほっこりとした気持ちに浸りたいという人や、緩やかな雰囲気な作品が好きな人にオススメです。
放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月10日

夏の新アニメ2013 その8 きんいろモザイク

夏の新アニメ、8回目は「まんがタイムきららMAX」で連載中の4コママンガが原作の「きんいろモザイク」です。
過去「まんがタイム」系の作品は、意外にも当たり外れが激しい(ただTBS系の作品に関しては当たりが多く、独立局系の作品に関してはハズレが多い)んですね。それでも、後から尻上がり的に面白くなるケースもあるので侮れないですけどね。にしても、ここから輩出されるアニメが多いのは、この雑誌のレベルが相当高いのかもしれませんね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公の大宮忍は、中学生の頃に半ば思いつきでイギリスにホームステイに向かうことになる。そこでアリス・カータレットという忍と同い年の少女とお互い言葉が通じないながらも友達になるいつか日本に行きたい・・・アリスの心に、短い期間でそんな気持ちを宿らせたのだった。

時は過ぎ、高校生になった忍。そんな彼女の下にエアメールが届く。相変わらずからっきし英語が苦手な忍はクラスメイトの小路綾に訳してもらおうと思ったものの、彼女も断片的にしか理解できない
そのエアメールの知らせた内容は、アリスが日本にやって来る、しかも忍の通う高校に留学するというものだった。


忍とその友達、そしてアリスとのキラキラと輝く青春の日々が始まる。



というふう。


1話目は忍とアリスが友人となっていく、そしてアリスが日本行きを決意する一連の行動がつぶさに描かれていました。これだけ丁寧に描いてくれると、非常にわかりやすいですね。そして作品の話運びも丁寧かつホンワカした展開もいいですね。わかりやすいながらもコメディとしての側面を忘れていない・・・よくできた作品です。


この作品も癒し系の作品に分類されるのでしょう。しかも話運びが丁寧でわかりやすい4コマのエッセンスが凝縮された作品だと思います。これはオススメです。


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)