2017年04月22日

春の新アニメ2017 その18 sin 七つの大罪

春の新アニメ2017、最後となる18回目は、ホビージャパンが企画をしているマルチ展開のプロジェクト「七つの大罪」が原作の「sin 七つの大罪」です。
事前特番などで、この番組はエロい系統に走ると思っているわけですが、スタッフを見てもそれを推察できるくらいですから(ニヤニヤ)。まぁ、仮にそうなったとしても、地上波やBSでは謎の光とかで遮断ですけど、何か。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


天使ルシファーは、神に背いた傲慢の罪により、天国から追放され、地獄に落ちる。その途中、地上で少女に出会い、彼女に神の加護を与え、再び地獄に落ちる

落ちた地獄では、七つの大罪を持つ魔王(悪魔)により、天使としての能力を奪われ、窮地に陥ったものの、逆に彼女は堕天使として、傲慢の魔王として復活を遂げ、能力を奪った魔王達に復讐をしようと誓ったのだった。



というふう。


いやぁ、初っ端から謎の魔法陣と謎の光のオンパレード。しかも乳首ちゅぱちゅぱやってたよ(ギャハ)!
・・・それで、作品はというと、前述の乳首ちゅぱちゅぱやエロ装束以外は至って普通なのよね(苦笑)。まぁ、面白い・つまらないで言えば、面白いとは思いますけど、どこまでエロに頼れるのか気になるところではあります。とりあえず、エロは見えても血は見ないようですし(爆)。

しかし、エンディングの曲、デーモン閣下が作詞・作曲かい!とんでもないお方が関わってるのかよ・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 21:44Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月20日

春の新アニメ2017 その15 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

春の新アニメ2017、15回目はKADOKAWAグループの一つ角川書店の角川スニーカー文庫から刊行されているライトノベルが原作の「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」です。
・・・これまた長い名前のタイトルだこと(苦笑)。ただ、このタイトルを見ていると、何かしら引っ掛かるものを感じますね。これは何かあると思わせるだけの何かがあるんですよ(ニヤニヤ)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


正体不明の怪物「獣」によって地上世界が蹂躙され、人類を含むあらゆる生物が地上から滅亡した世界。生き残った種族は、浮遊大陸に逃れ、そこで生活をしていた。

主人公は、地上での戦いの最中、500年の眠りに就かされた人類最後の生き残り。生きる目的を失い、さまよっているうちに、ひょんなことから依頼を受けることになった兵器管理の仕事で、思わぬ出会いをすることになる



というふう。


序盤は主人公と謎の少女の出会いからスタートするわけですが、浮遊大陸では(滅んでしまった)人類のようなヒューマノイド型は差別対象なのね・・・とか世界の理が少しだけ強調されていたのかなと。ただ、総じて地味であまりヒロインの秘密が空かされないまま進んでいったので、消化不良と言えば消化不良主人公の勤めることになる兵器管理庫の秘密は次回以降に持ち越しになってしまいましたね。まぁ、節々でおかしいなと思える部分はあるのですが・・・。

それにしても、1話でオープニング代わりに流れた♪スカボロフェアは反則だな(笑)。曲中のイメージとは少し違うと言えばそれまでですけど、旅情的で郷愁を誘う、時として寂しさを思わせるメロディーは作中のイメージには合うと思います。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月10日

冬の新アニメ2017 その6 AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-

冬の新アニメ2017、6回目はアクワイアから発売されているゲームAKIBA'S TRIPシリーズが原作の「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」です。
シリーズとしては6年も続いており、最新作(「AKIBA'S TRIP2」にアニメ版のキャラ衣装など追加要素を加えたもの)もPS4で2月発売予定です。ちなみに、今作は原作はゲームではあるものの、ゲーム作品をトレースする形ではなくオリジナルで進行させるとのことだそうです。シリーズに触れたことのない人も、シリーズで遊んだ人もどちらも新鮮な感覚で楽しめるのはいいですね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


どんな人を受け入れる街アキバこと秋葉原。そこには破繰者(バグリモノ)と呼ばれる正体不明の物体が出没するという都市伝説が起こっていた。

主人公は、その破繰者との争いに巻き込まれ、死線をさまよう傷を負ってしまう。しかし、その時出会った少女によって命を救われるばかりか、破繰者と戦う力を手に入れるのであった。



というふう。


作品を見て頂いた方、ゲームを知っている方はわかると思いますが、この作品は相手から服をはぎ取ることで倒す(正確には追い出す)というふうになっています。中々人によっては、ぽかーんとなりかねないでしょうけど、そうなんですから仕方ないのよ(ギャハ)。

作品に関しては、第1話にして「俺達の戦いは始まったばかりだ!」とかいきなり打ち切りマンガかよとツッコみたくなる展開ですけど(苦笑)、きちんと見られる作品になっていたわ。最初見てて大丈夫かこれと不安になったのね(特に作画)。ちゃんと作品の内容はわかるように描いていたけど、登場人物がバカすぎて困ったわい(爆)。

ちょっとしたギャグアニメテイストになっているものの、今回のようなクオリティが保てればOKかなと。ただ、ホントに作画はちゃんとしてくれ
なお、アキバの再現度は素晴らしいのかなと。アキバにはしょっちゅう行ける人間ではないけれども、見ていてアキバだとわかる再現度は中々ないよ。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


AKIBA'S TRIP2+A (封入特典(アニメイラスト使用PS4専用オリジナルテーマ / PS4専用アバター(5種類)ダウンロードコード 同梱) & 特典(『AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-』第一話収録DVD) 付 - PS4
AKIBA'S TRIP2+A



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月06日

夏の新アニメ2015 その6 下ネタという概念が存在しない退屈な世界

夏の新アニメ2015、6回目は小学館のライトノベルであるガガガ文庫から刊行されている「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」です。
この作品は全くのノーマーク。面白いかどうかさえもわからない人が多かろうと思います。かくいう私もその一人(笑)。タイトルからどんな作品なのか気になっていたので、楽しみではあります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


今から16年前、公序良俗健全育成法成立に伴い、日本から下ネタ、いわゆる性的な言葉がしゃべれなくなり、卑猥な書籍も葬り去れ、いざ卑猥な言葉をしゃべったり卑猥な書籍を閲覧しようものなら、善導課によりしょっ引かれ、強制労働に従事させられるそんな時代。奥間狸吉は、お世辞にも風紀に関しては評判のよくない中学校から、全国有数の風紀優良校であり、憧れの女子であるアンナ・錦ノ宮の在籍する時岡学園への入学を果たす。

しかし入学初日、狸吉は同じ学園の生徒を助けたまではよかったものの、痴漢の濡れ衣を着せられ窮地に陥っていた。そこに現れたのは、下ネタテロ組織「SOX」の『雪原の青』と名乗る変態とも言える女性。彼女に助けられた狸吉は、無事時岡学園へ向かうことができた。
その後、狸吉は生徒会に呼び出され、時岡学園の風紀を守るために働いてほしいとアンナ直々に言われ、奮起するのだが、ほぼ同時に副会長である華城綾女が下ネタテロ組織「SOX」の『雪原の青』だったことを知り、驚愕する。ただ、綾女は下ネタに対して清廉潔白すぎる時岡学園の現状を変えるために奮起していることを知り、徐々に彼女の活動に協力することになる



というふう。


まずは一言。綾女の下ネタ発言が非常に潔い(ギャハ)。いや、潔いのではなく、あまりにもズバズバ言うので、あっけらかんとしているというのか呆れてしまうというのか(苦笑)。もう何しゃべってんだかわかりませんわ(褒め言葉)。
話そのものは非常にテンポが良くて・・・いや、良過ぎてジェットコースター的な展開になっているものの、それがわかりにくくするとかおかしくなるとかそういったことにならず、ちゃんと話の筋を付けているのですから、思った以上に優秀ではないかと。


もしかすると、「健全ロボ ダイミダラー」のようなダークホース的な存在になるかもしれませんが、あまりにしつこすぎると飽きられるのも早いので、適度な調整を行ってほしいものです(苦笑)。


放送局・放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2011年04月16日

この声優バラエティはなかった(苦笑)

春の新アニメラッシュの最中、ひっそりと(いやテレビ愛知では大々的にスポット宣伝が行われてたから性格ではないが)始まった声優バラエティ「SAY!YOU!SAY!ME!」
基本はスタジオ(とはいっても、スタジオの隅だったり、スタジオの美術倉庫だったりするという「IJP イジュウインパーク」よりひどい扱い(苦笑))から進行し、その中にミニアニメと(男性)声優がメインのミニコーナーが挿入されるというオムニバスバラエティになっています。


・・・実際見てみましたが、この破壊力抜群な番組がローカル(見られてもCSのAT-X)のみなのは非常に残念です(笑)。
スタジオトークは正直SKE48の無駄遣い(爆)・・・というか彼女達がいな(以下略)
・・・げふんげふん、まぁ様々な理由であまり正直いいものとは思えず、さしずめテレビ東京の黒歴史になる「声優倶楽部」の二の舞になりかねないとか少々心配しているんですけど、その危機を補っているのが先程言ったミニアニメと声優メインのミニコーナー


まずミニアニメ。「47都道府犬」という名前なのだそうな。
ご当地の産物(でもなぜ愛知はエビフライ(苦笑)?地元の局が地元を小バカにして(以下略))を擬人ならぬ擬犬化して届けられるものですけれども、テラシュール(ギャハ)。
ぶどうが名産の山梨の身体をみんなでむさぼり食うとか、お茶(中身)をこぼして衣をふやけさせて中身(エビ)をさらけ出させるとか、絶対子供には見せられません(爆)!<じゃあア●パ●マ●はどうなる?
ちなみに、この作品は声優がご当地の言葉でしゃべって進行するというかなりレアな作品でもあります。特に戸松遥さん・阿澄佳奈さん・水樹奈々さんが地元の言葉喋るのはかなりレアだ(と思う)ぞ!

あと注目したいのは、「なんでも強引にアフレコしよう!」のコーナー。
このコーナーは普段しゃべらないキャラに声を充てるというものなんですが・・・。
何でメリ夫なんだよ(爆)!
メリ夫はテレビ愛知のキャラじゃねーし(ちなみに、テレビ愛知の公式キャラは「といろちゃん」。こいつはかなりシュール(笑))、声もあるし(岩井美樹さんというタレント)、CSでも放送しているのに「メリおっと!たいそう」の宣伝になってる(注:コーナーの途中にCSでは見えない旨のブルーバックテロップが出ております。)し、子供にも見せたい番組だったんですか!
もうメリ夫のイメージ(声)があのアテレココーナーのイメージ(声)で様変わりもうメリ夫を注視できません(泣)!


ある意味、声優バラエティの中ではかなり革新的だと個人的に思っています
そう思っている人達が多いのか、AT-Xのアクセスランキング3位入賞で「30歳の保健体育」(4位)より上だし(ギャハ)!


※放送局の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)TrackBack(0)