2020年06月29日

洗脳ソングの世界にようこそ!


先日放送を無事終えた「イエスタデイをうたって」。この作品の最終話前の数話のエンディングが、この曲、タイトルにもなった♪イエスタデイをうたってです。
忌野清志郎さんが作ったRCサクセションの曲(ただし、作中で歌っているのは別の人)なのですが、こちらよく見るとB面(カップリング)だったんですね。そう思うと、この曲名を知っててこの作品名にしましょうと言った当時の担当はすごいセンスの持ち主なんだなと痛感タイトルとして秀逸過ぎるからですよ。


本題に徐々に逸れて行ってるのですが(苦笑)、それでも一応紹介のために。
この曲、シンプルに女性友達(彼女ないしは想い人の可能性もある)にビートルズの♪イエスタデイを歌ってほしいとせがまれるだけの内容なんですけど、妙に中毒性のあるメロディと内容で徐々に洗脳されてしまうのです。計5回『イエスタデイをうたって』という言葉を繰り返す部分があるのですけど、1・2・3回目のは恐らく女性が「イエスタデイを歌って(ほしい)」という懇願部分、4回目が「イエスタデイを歌って(いながら思った)」、5回目が「イエスタデイを歌って(あげた)」という意味合いなのではないのかと。『イエスタデイを歌って』だけでこれだけのミーニングを持たせる、少なくともダブルミーニングを持たせているというシンプルな中にこれだけ重荷を乗せている末恐ろしい曲なのです。
ちなみに、ビートルズの♪イエスタデイは、立派な失恋ソングです。超要約すると、あの日に戻ってやり直したいけど、あの日には戻れない的な意味合いだと思っています。後悔の念を歌い上げたものなのです(たぶん)。


今回何が言いたいのかというと、シンプルな曲調なものは、富に洗脳性が高く、個人的には『洗脳ソング』と位置付けているのです。
『洗脳ソング』の位置付けは広義を付ければきりがないので、狭義的な面で見ると・・・。


  1. 繰り返しのメロディ

  2. 歌詞がほぼ同じ(ないしは同じように聞こえる)

  3. 歌い方が独特



以上の点から当てはめると、この曲を含めて3曲が代表的だと思います。



こちら、1988年にイギリスのロックバンドであるThe La's(ラーズ)が歌った♪There She Goesという曲日本人が聞くと、ほぼ同じ音のようにしか聞こえない(苦笑)。しかし、実際は違う単語を使っているのです。
4つのセンテンスのみで構成されていて、単語も重複無しなら30くらいしか使われていないのではとも。
曲の詳細は、こちらを参照してほしいのですが、シャブ中の曲じゃないかという疑惑を持たれていたそうな(苦笑)。



そのシャブ中疑惑ある曲を角を取って丸みを帯びたアレンジを加えたのが、Sixpence None The Richer(シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー)彼女の醸し出すメロディーは、シャブ中のような味わいを消して丸みを帯びているはずなのに、クセになるものに仕上がっており、脅威です(爆)。ちなみに、洗脳ソングの定義からは外れるのでしょうけど、♪Kiss Meも結構中毒性の高い曲です(笑)。



最後は邦楽から。ねごとの♪ループです。
過去に評しているので、こちらに譲りますが、メロディーに関しては、彼女達の甘美ながらもロックな力強さもあって、かなり耳に残ります。個人的に放課後ティータイムみたいだと称していますけど、それ以上にキャッチーな部分も感じられます(他の曲を聞くとわかる)。去年解散したのが誠に残念です。


他にもまだあると思うので、是非とも探してみて下さい。沼にハマりますよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2020年04月23日

春の新アニメ2020 ベスト

春の新アニメ2020、今回はベスト作品の紹介です。


その前に、今期は新型コロナウイルスの影響で放送開始前に延期になった作品もいくつか出ました。私の知っている限り(つまり私が視聴する予定だった作品の限り)になりますが、以下の作品となります。

  • 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」

  • 「ノー・ガンズ・ライフ」(第2期)

  • 「Re:ゼロから始める異世界生活」(第2期)

  • 「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」


そして無事放送が始まっても、新型コロナウイルスの影響で一旦放送休止(過去作品の再放送などで対応)となった作品もあります。こちらも私の知っている限り(つまり私が視聴する予定だった作品の限り)になりますが、以下の作品となります。

  • 「放課後ていぼう日誌」

  • 「天晴爛漫!」

  • 「食戟のソーマ 豪ノ皿」


で、今期に関しては、その影響もあって、作品のラインナップが小さくなってしまったかなと。期待していた新シリーズが軒並み延期になってしまったのが痛いですね・・・。ただ、キラリと光るいい作品を見付けられるチャンスになったかなと思っています。また作り手が視聴者の動向をわかっているというふうに感じられる作品にも出会えた気がします。


では、見ていきましょう。今回も上位3作品の紹介です。


今期のトップは、「波よ聞いてくれ」
この作品は、今期の中で頭一個抜けてしまいましたね。もっとクビ差とかになるとか思ってたけど(苦笑)。
まぁ、この作品に関しては主人公のポテンシャル勝ちです(ニヤニヤ)。彼女のヘビーメタルな生き方で全て決まっちゃったようなものです。周りの人間は(個性という名のクセはあっても)あっさり気味(正確に表現するなら、偽陰性ならぬ『偽あっさり感』だが(苦笑))なので、余計に目立つ(ニヤニヤ)。
そして何よりラジオ好きならうんうんうなづいてしまう話もあるので、ラジオ好きな人に見てほしい作品でもあります。あとは彼女はいい男を見付けられるのかね(爆)。

2番目は、「イエスタデイをうたって」
ドラマを見ているような感覚と言ったのは、以前書いた通り。これも繰り返しになるでしょうけど、少しいびつな三角関係に至るんだろうと思いますし、ヒロインの主人公への見方がどう変わっていくか見ものではあります。
とにかく登場人物の描写が丁寧で、わかりやすい。それなのに掴みどころのない、何か影を持っているのもわかるという駆け引きというのかオンオフのスイッチというのか、それが上手く切り替わっているとも。いい意味で大人の見るアニメだと思います。

3番目は、「アルテ」
これは他の時期なら埋もれてたかもしれない。それくらい地味なんだけど、主人公の健気なところと男尊女卑の社会の中でもあきらめずに目標に向かって進んでいく姿がすごく印象的です。
あ、親方を見て胸のドキドキが止まらないそうですけど、そんな時には、ハイ「救心」(ギャハ)。<絶対違いますから!

次点は、「ハクション大魔王2020」と「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」
他の2期の作品(「邪神ちゃんドロップキック'」・「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」)でもと思ったんですけど、やはりこの作品を推したいですね。
どちらも過去の作品が極めて有名で、親子揃って見るかもしれない作品でもあります。ただ、前者は少しアレンジを加えながらもオリジナルのいい部分を生かしていく手法、後者は全く当時と同じ作りで見せる方法に仕上げております。
前者は夕方の時間(ただし、配信もあり)というのもあるので、親子で一緒に見る機会が多いと思います。なので、親も懐かしく思えて子供には新しい作品として見てもらうために工夫を凝らす感じでした。魔法の世界ではイケメンとか美少女なのは、その一つだろうし、現代の発展した世界で自分たちの存在意義を模索するというのも工夫なんでしょうね。それでいて過去の作品と同じくドタバタコメディに仕上げている。大変ですけど、よくやっているという点で推したいと思います。
後者は当時子供だった視聴者に媚びた作品。子供が見た時にどう思うのかは賛否両論なんでしょうけど、YouTubeという視聴時間が自由(ちなみに、配信開始が夜の放送)なので、これはこれでいいのではと。もう当時のまんまなんですよ。オープニングで泣いたとかいうコメントもあったので、当時の世代には胸を撃ち抜かれたのではと。内容も当時の雰囲気を醸し出していましたね。今の世の中、理不尽かつ世知辛いふうなのもありますし、昨今の情勢もあって余計に染みるんでしょうね。ここだけが子供の時代に戻れる、楽しいあの頃に戻れるというふうなのかもしれませんね。ゆえに推しています。


次回はワースト作品の紹介です。


【第2類医薬品】救心錠剤 30錠
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2020年04月16日

春の新アニメ2020 その14 イエスタデイをうたって

春の新アニメ2020、14回目は集英社の各月刊誌である「ビジネスジャンプ」と「グランドジャンプ」で連載されていたマンガが原作の「イエスタデイをうたって」です。
この作品は不定期で連載されていたようで、足掛け18年という長期にわたっていました。
また、今回放送されるテレビ朝日は、深夜アニメに関わるのは随分久しぶりになり、今回の深夜アニメ放送開始にあたって、「NUMAnimation(ヌマアニメーション)」という枠を設置しました。なお、BS朝日も「アニメA」という枠が設置され、こちらは前後半30分の計1時間となっています(この作品は後半に設定)。こちらも深夜アニメを置くのはずいぶん久しぶりなはず。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、就職活動をせずに大学を卒業し、コンビニでバイトをするフリーターになっていた。
将来への展望を描けず焦燥感を抱いていたある日、コンビニの残飯をカラスにあげていると、肩にカラスを乗せた一人の少女がやって来る。彼女の破天荒な振る舞いに、彼は慌てふためく。
そして、別の日。同窓会の知らせが来たことで出会ったかつての同期から、かつての同期で主人公が秘かに想っていた女性が金沢から帰ってきたことを知る。

主人公を想う謎の少女、主人公が想うかつての同期の女性との間で、物語は大きく交錯していく。



というふう。


この作品を見て思ったのは、自然で地味な作品ながらも、力強さは感じられるというふうですね。その中で主人公が好きな謎の少女、かつての同期の女性が好きな主人公との少しいびつで奇妙な三角関係が出来上がってしまったわい。あと感じたのは、1990年代のドラマを見ているような雰囲気です。ただ、それがアニメとしては落ち着いていて、見ていて飽きが来ずに引き込まれるんだなと思っています。

この先も複雑でいくつかの秘密が暴かれることになるでしょう。個人的には、このノリが好きなので、楽しみではあります。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)