2016年09月24日

創刊当時のファミ通が再刊

ゲーム雑誌として最大手の週刊ファミ通。実はゲーム雑誌としては後発になるのです。当時はファミリーコンピュータMagazine(通称ファミマガ)とBeep!が先行している形になり、ファミ通(創刊当時はファミコン通信)の発行はチャレンジブルな試みだったのです。それゆえに、ファミ通はゲーム雑誌の側面よりバラエティ企画が強い破天荒な雑誌としてのイメージが強かったのではと思います。今でこそゲーム業界の機関紙的な役割を果たしていますけれどね。
このファミ通の愛好者(読者)は多く、中でもニッポン放送の吉田尚記アナウンサーは創刊2号から購読している人として知られています。


そんな吉田アナウンサーも手に入れられなかった創刊号が再刊されることになりました。
こちらは復刻版として発刊されるもので、ファミ通創刊30周年を記念して行われるものです。当時の印刷技術ではなく、現在の印刷技術であるプリントオンデマンドで刷られるそうです。そのため、完全受注生産扱いになり、一般書店ではなく通販(アマゾン)のみの販売(999円(税込))になるそうです。
内容は、当時の記事をそのまま掲載され、広告部分のみロゴ等に差し替えになる以外は同じになるようですね。
当時を知っている人は、その時の思い出に浸るもよし、今のファミ通しか知らない人には、当時のファミ通の雰囲気と今のファミ通の雰囲気がどう違うのか比較しながら読むと面白いでしょうし、新たな発見ができるかもしれませんね。
私も読んでみたいので、頼もうと思います。とりあえず↓からポチっとな(笑)。


ファミコン通信創刊号
ファミコン通信創刊号(プリントオンデマンド復刻版)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月14日

ファミ通が無い

最近1ヶ月ほど、家電量販店の雑誌コーナーからファミ通だけがあっという間になくなっているということが頻発しているような気がする。となると、コンビニや書店で探すのだけれでも、やはりないことが多く、コンビニに1冊置いてあれば、ラッキーと言えるほど


最近ファミ通を扱うKADOKAWAの業績が悪いというふうには聞かないし、ファミ通そのものも暗い話題は聞いていないので、単純に部数を減らしている・・・と思うけど、そうじゃないんだろうなぁ。
それとも、付いてくる特典がいいのかしら?この頃スマホなどのダウンロードコンテンツを付けているので、それ目当てで買っている人が増えているのかもしれないですね。


いずれにしても、部数を増やせとは言いにくいですわね。最近は出版不況でもありますし。ファミ通のアプリを利用して電子版を購読するという手もあるけど、できることなら誌面で確認したいからなぁ・・・。どこかの本屋で定期購読しようかしら、という勇気もないしなぁ(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月17日

冬の新アニメ2016 その13 シュヴァルツェスマーケン

冬の新アニメ2016、13回目はPCゲーム「マブラヴ オルタネイティヴ」のスピンオフ作品で、KADOKAWAのブランドであるエンターブレインのファミ通文庫から刊行されているライトノベルが原作の「シュヴァルツェスマーケン」です。
この作品は、「マブラヴ トータルイクリプス」と同じスピンオフ作品で、同作品や「マブラヴ」より少し前を描いた物になっています。この「シュヴァルツェスマーケン」は昨年の年末にゲーム化されているので、その作品の宣伝も兼ねたものになっているものと思われます。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


1983年、異星生命体BETAが東から襲来。ドイツ民主共和国(東ドイツ)は祖国防衛とこれ以上の西侵阻止のため、絶望的とも言える防衛戦を強いられていた。
その中で、別名「黒の宣言(シュヴァルツェスマーケン)」と呼ばれる第666戦術機中隊は、BETA撃退数は最多を誇りながらも、味方の支援要請を顧みない、動けない味方は即刻殺すことから、「死神中隊」・「選別中隊」とも揶揄される立ち位置だった。また東ドイツ国内では、軍以外に国家保安省(シュタージ)が率いる秘密警察が横行し、事実上国内を統制していることから、軍内でも疑心暗鬼に陥るほどであった。

主人公は、シュタージに親や妹を殺され、彼らにおびえながら任務を遂行する日々を送っていた。


そんなある日、孤立する戦術機を発見する。その中にはドイツ連邦共和国(西ドイツ)の女性軍人が乗車していた。しかし彼女は、東ドイツへの亡命を申請し、シュヴァルツマーケンに入隊すると申し出たのだ。時に幻想的に東西の融和を訴える彼女に主人公は翻弄されながらも、厳しくなる戦況と国内の統制に立ち向かっていくことになる。


というふう。


前作にあたる「マブラヴ トータルイクリプス」もそうですが、今作もスプラッタ&スプラッタな作品になっております。まぁ、前とは違って直接的な描写(もちろんはっきりとは見せなかった)は少なくなりましたけど、明らかに殺すとわかるシーンは多かったように感じます。そして、今作では敵は味方の中にもいると思わせる描写もあり、事態がかなり深刻なこともわかります。


人物は多かったものの、とにかくBETAとシュタージは厄介な存在になりかねないということははっきりとわかり、初めての人でも飲み込みやすい展開になっていると思いました。あとは、とっちらけにならないように、話を飛ばさないことだけを心がければいいのではと思います。


放送局と放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月16日

春の新アニメ2014 その14 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

春の新アニメ2014、14回目はエンターブレインから刊行のライトノベルであるファミ通文庫が原作の「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」です。


この作品は、フジテレビ系のアニメ「ノイタミナ」で放送されています。私自身フジテレビ系列の放送をほとんど見ない人になってしまったので、この「ノイタミナ」に関して言えば、2012年秋に放送されていた「ROBOTICS;NOTES」以来1年半ぶりですね。

そして、この作品はファミ通コミッククリアでマンガ化もされているのですが、序盤に関してはファミ通でも掲載されていたんですね。ああ、あの作品がアニメ化になったのかと放送を見て気付きましたよ(汗)。いやはや何とも。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


八島重護はとある理由で学生特区である七重島にやって来た高校2年生。彼は嫌でもこの島で過ごすことになったため安い下宿を探すことになり、そこで偶然にも前払い45,000円という格安のアパートを契約できる運びになった

しかし、そのアパートは既に『下宿人』がいた。それはプリンしか食べることのできない自縛霊で、かつてはこの七重島の中心人物だったものの不遇の死を遂げた龍ヶ嬢七々々という女の子だった。


重護は七々々の無念を酌みとり、彼女を成仏させるために、彼女の遺した「龍ヶ嬢コレクション」を追い掛けながら犯人を探すのだった・・・。



というふう。


序盤はファミ通コミッククリアで見ている部分がほぼそのままに掲載されていたかなと思っています。龍ヶ嬢七々々という人物が自縛霊ながらも結構力の強い人物で、主人公の力を持ってしても圧倒される描写が鋭く描かれていましたね。やはり絵に動きがあると違うなぁと思わせる作品になりました。
出てくるキャラにクセがあるというのは見ていて嫌でもわかるふう(苦笑)なので、今後は主人公と七々々の関係の変化が気になるところです。主人公はどちらかというと熱血タイプの人間というふうなので余計ですわ。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月10日

春の新アニメ2014 その5 健全ロボ ダイミダラー

春の新アニメ2014、5回目はエンターブレインの隔月刊誌(現在は不定期刊行の雑誌に体系変更)で刊行されている「健全ロボ ダイミダラー」です。


原作は全くもって読んだこともない作品(しかも、一旦原作は連載を終了しており、最近アニメ化に合わせてか再連載されている)。しかしながら、BS11のANIME+の中でやっている(ないしはその直前の)CMを見ていると、よーくこの番組の宣伝が流れてるんですね。それを見て、一発でバカアニメだと判断したわけですが、はてさて。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


ある時突然、地球に現れたペンギン帝国と名乗る謎の生命体とその撲滅を至上命題としている秘密組織美容室プリンスとの戦いが切って下された。ペンギン帝国はペンギンロボという巨大ロボで優位に立っていた。この状況を打破できるのは、ダイミダラーという巨大ロボットのみだが、このロボを操作できるのは、「Hi-ERo粒子」を持つ者のみだった。

その保有者(ファクター)を探すため、美容室プリンスの構成員である楚南恭子はあちこち回っていた最中に、一人の熱血高校生である真玉橋(まだんばし)孝一と出会う。彼こそ人類を救うキーファクターだと確信した恭子は、孝一に対し人類を救う力を持っていることを告げる。そう、彼こそ「Hi-ERo粒子」を持つ者なのだが、その力を発揮するためには、彼にエッチなことをさせなければならなかったのだ

あわれ、恭子は孝一のなすがままにされるのであった(苦笑)。



とういふう。


で、中身はどうだったのかというと、どうしようもないバカアニメでした(ギャハ)。
おっぱい揉んでエロいことすればロボットが動くとか、敵のペンギン帝国はどう見ても人間にかぶりものをさせただけだろうとか、『前しっぽ』ってどう見ても(以下自主規制)。
・・・とまぁ、ツッコミどころ満載なんですけど、『こまけえことはいいんだよ!』と返されそうな勢いの作品です(笑)。
しかし、あまりにもバカすぎて、頭の中空っぽで見てますわ。っていうか、そうして見ろという意味ですね、わかります。


もうこの作品の批評はあってないようなものです。バカを貫けていければそれでよしと。地上波やBSで見ている人は時間帯も遅いことですし、寝る前に見る作品としては丁度いいんじゃないのでしょうか。

ちなみに、AT-Xでは視聴制限が掛かってます・・・ってことはエロアニメだったのか!?


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月12日

春の新アニメ2013 その13 フォトカノ

春の新アニメ13回目は、エンターブレインから発売されているPSP・PS Vitaのゲームが原作の「フォトカノ」です。
この作品、PSP版はこの作品と同じスタッフで製作された「キミキス」の影響でスマッシュヒットとなり、追加要素の含まれたPS Vita版は今月(つまりはアニメ版が放送中に)発売されます。なお、この作品がスマッシュヒットしたことで、マンガや小説といったマルチメディア展開も行われています


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


前田一也は光河学園に通う2年生。夏休みも特に何もすることなく、ダラダラ過ごしていたそんな折、父親からデジタル一眼レフカメラを譲り受けることになる

そのカメラをもらったことをきっかけに、彼はカメラの魅力に取りつかれるようになり、無我夢中でシャッターを切ることが多くなる。そして、彼は写真部部長の九堂博道にスカウトされ、写真部に入ることになる。フォト部とのいさかいがある中、彼はどう変わっていくのだろうか・・・。



というふう。


まだ最初ということもあって、大きく動き出す要素はまだまだ垣間見えません。ただ、写真部のメンツが濃すぎる(笑)。ただ、こいつらは写真の何たるかを履き違えてないかと眉をひそめたくなってしまいますね。
とはいえ、実は第1話ではあまり内容が伝わってこないのが事実。もっと詰め込んでもよかったのかもしれないですね。少々ヤマがなかったのが残念です。


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月05日

冬の新アニメ2013 その2 まおゆう魔王勇者

冬の新アニメ、2回目はエンターブレインから発売されたライトノベルが原作の「まおゆう魔王勇者」です。
何かと異色のライトノベルとしてもてはやされていたり、自社も含め複数の出版社でコミック化されていたり、エンターブレイン系の雑誌(特にファミ通)でステマされてたり(笑)とここ数年騒がれていると思われる作品がいよいよアニメ化ということで、期待している人も多いのではないのでしょうか。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


人間と魔族が長いこと争っている世界。一時期人間は魔族の領土に進攻し、あと一歩で魔王の居城にまで進んだものの、その隙に魔族が人間の領土に進攻してしまい、戦局は一進一退の事態に陥る。

そんなこう着状態の中で、勇者をはじめとした4人のパーティーがこの事態を打破すべく、破竹の勢いで進攻していたものの、事態を一期に進行させたい勇者は、たった一人で魔王のいる居城に乗り込む


その中に待ち構えたのは、何と魔王と名乗る妙齢の女性。しかも我がものになるよう勇者に持ちかけるもちろん勇者はこれを断るのだが、冷静沈着な説得で魔王は、我がペースを貫きながら人魔間の現状とそれを打破するための対策を語り出す



というふう。


その、魔王が勇者に説いた話が実に経済的な話なんですよね。この展開どっかで見たなぁ・・・と思ってたら、思い出したよ。「狼と香辛料」だ。このシリーズの展開に非常に似ている。さしずめ、魔王がホロで勇者がロレンスだ。とはいえ、あの魔王は厳しくないわ(笑)。どっちかというと掴みどころのない性格で天然なところはホロでは絶対味わえない・・・って同じかよ、中の人(ギャハ)!今年一番最初のビックリ事項だわ!


というわけで、同じような主旨の作品があったので、異色というふうに例えられるのには無理があるんじゃないかとか思ったんですが、中の人の演じ分けが上手いこといけば、面白い作品になるんじゃないかなと思うわけです。実際1回目の作品を見ていると、テンポもよく、そのテンポのよさで作品の内容の難しさを上手いことオブラートに包んでくれてますよ。


放送時間などの詳細は「続きを読む」にて。


狼と香辛料 Blu-rayBOX COMPLETE EDITION (完全初回限定生産)
狼と香辛料 Blu-rayBOX COMPLETE EDITION(完全初回限定生産)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月17日

東京ゲームショウ2011 1日目のハイライト

今日のゲームショウのハイライトをば。


ゲームショウ1日目、朝焼けが出ていたので不安だったのがウソのような青空・・・とか思ったら予感的中開場30分くらい前から雨が降り出し、一旦止んだかと思ったらいきなり土砂降りに。ほとんどの人がベトベトさん状態に・・・。傘を差しても酷い雨だった。


開場後、まず回ったのはスクエニブース。「スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団」を試遊してきた。開場すぐだからか、思った以上に空いていた。
感想としては、DS時代と変わらない操作性で遊びやすいなと。安定の遊びやすさです。立体表示も思った以上に気にならないものの、切っておいた方が無難なのかも。(スライムやしっぽ団達が)盛り上がったってあんまり意味ないもんね(苦笑)。

「Child of Eden」も触れてみたかったものの、50分待ちとのことなので、明日に持ち越しの予定。


c0b56af6.jpgスクエニブースを離れて、次に向かったのがエンターブレインブース。
毎度おなじみ「しなハウス」でございます。
写真は、作者であるみずしなさんの理想の巻き方にしようとするかいがいしいゴチさん。しかし、その後みずしなさんの頭はゴチさんにガブガブ噛まれ哀れ真っ赤に(ニヤニヤ)。<ウソをつけ。

この時は、開会の挨拶とスクエニの「ファイナルファンタジー零式」のプロモーションだったのですが、例によって例のごとくグダグダでエンターブレインスタッフとスクエニ広報苦笑い(汗)。
最初タイトルをめくった時に、閉会の挨拶が出てきた時には軽く吹いた(笑)。



その後、早いご飯にした後、セガブースへ。
「ファンタシースターオンライン2」のプロモーションイベントを見てきました。
ジャンプアクションや多人数プレイ、そして飽きのこないクエストだけでなく、こだわりのキャラメイクが可能になっているところまで、10年ひと昔と言いたくなるくらい、前作とは比べ物にならないくらい変わっています。でも、ベースになっている世界観はあまり変わっていない模様
これは期待したいですし、面白そう。あとはPCのスペック次第だよなぁ・・・。
ちなみに、ラッピーかわいかったなぁ今回は敵キャラじゃないようなニュアンスでしゃべってましたけど、そんなわけないよね(笑)。


b522b7ab.jpgで、こちらはQVCマリンフィールドに向かう途中に突然出てきたシャルロッテちゃん(笑)。
く、喰われる(ギャハ)!





人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月29日

今更ながら世界線を越える切手を買ってきた

PA0_0224今更ながら、今年3月に発売された「秋葉原公式切手」を買ってきた
これは秋葉原駅前商店街振興会がメインになって、秋葉原に関連する企業が共同で参画したもの(企画制作は株式会社ネルフ・株式会社コラボ総研・株式会社キッズプロモーション)
本来はアニメコンテンツエキスポで先行販売の予定だったんですが、東日本大震災の影響で中止になったため、アニメイト(およびアニメイトオンライン)で売られていた・・・そうですけど、今回買ったのはなぜかソフマップ(笑)。
ちなみに限定1000部のみの販売。まだ2・3部残っていたような・・・。



PA0_0238中は、こんなふう。
秋葉原の歴史を交えた理事長の挨拶文と秋葉原の名所(先日解体されたラジオ会館もある)の写真、そして参画企業の50円切手×10枚。



PA0_0239切手以外では、参画企業のポストカードとイラストが付いています
このポストカードは、仮にハガキとして使っても、その下からイラストが出てくる仕組みになっています。

最初は、「ソニコミ」(ニトロプラス)と「ブラック★ロックシューター」(グッドスマイルカンパニー)
「ソニコミ」は「すーぱーそに子」を主人公にしたPCゲームで、9/30発売予定。ちなみに、「スーパーそに子」はニトロプラスのマスコットキャラ。また「ソニコミ」とは「COMMUNICATION WITH SONICO(コミュニケーション・ウィズ・そに子)」の略



PA0_02363連写真は、「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)」(サイエンス・アドベンチャー・チーム。5pbとニトロプラスとの合同企画)・「まおゆう魔王勇者」(エンターブレイン)・「SMILE SHOOTER」(YAMASA)
「Steins;Gate」は秋葉原を舞台にしたアドベンチャーゲーム。今年の春からアニメ化もされており、現在8bit版(PC)が製作中。
「まおゆう魔王勇者」は橙乃(とうの)ほまれさん著作のライトノベル
そして、「SMILE SHOOTER」はYAMASA制作の萌えユニットキャラこれまで硬派なパチスロが多かった同社では初の試みらしい(ただ他社のキャラを使ったパチスロはあった)。



これだけのコンテンツを揃えてくるのは相当すごいことだし、秋葉原だからこそできたのだと思います。
東日本大震災の影響で、第2弾以降はお蔵入りになるかもしれませんけど、立て直し前のラジオ会館が掲載されている点では貴重なので、買っておいてもいいと思います。


・・・しかし、「Steins;Gate」のキャラ、傍から見たらちょっと怖ぇなぁ(苦笑)。


ソニコミ 限定版(Amazon.co.jp専用オリジナル衣装収録デジタルコンテンツディスク&クリアファイル付き)ソニコミ 限定版(Amazon.co.jp専用オリジナル衣装収録デジタルコンテンツディスク&クリアファイル付き)通常版はこちら



『ブラック★ロックシューター THE GAME ホワイトプレミアムBOX』(限定版:オリジナルフィギュアfigma「WRS」、ブラック★ロックシューターアートワークス、リミテッドサウンドトラック同梱)『ブラック★ロックシューター THE GAME ホワイトプレミアムBOX』(限定版:オリジナルフィギュアfigma「WRS」、ブラック★ロックシューターアートワークス、リミテッドサウンドトラック同梱)



『ブラック★ロックシューターTHE GAME  WRSチャームBOX』初回限定版『ブラック★ロックシューターTHE GAME WRSチャームBOX』初回限定版通常版はこちら



STEINS;GATESTEINS;GATE(Windows)



Steins;Gate (シュタインズ・ゲート) (通常版)Steins;Gate (シュタインズ・ゲート)(XBOX360 通常版)



Steins;Gate(通常版)Steins;Gate(PSP 通常版)



まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」(ライトノベル)



まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (1) (角川コミックスエース)まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (1) (角川コミックスエース)



スマイル☆シューター ~ふぁーすと☆ちけっと~スマイル☆シューター ~ふぁーすと☆ちけっと~



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2011年03月24日

先週とはうって変わった今週のファミ通

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)が起こった直後だった先週は何もなかったかのような通常編成で進められたファミ通。しかし今週は、まだ広告の差し替え(例えば発売が延期になったのにもかかわらず、既に発売中の広告になっているなど)が進んでいないところはあるものの、一転して追悼ムードの漂う誌面構成になっていました。

トップページから数ページめくると、ファミ通編集部の追悼メッセージが掲載され、エクスプレスのコーナーもクリエイター達のメッセージやゲーム業界の震災発生後の動きを掲載していました。
誌面も大きく変更を余儀なくされ、伝言版のコーナーやファミキングの一部、そしてコラムの一部が休載に追い込まれていました。
また、来週号以降も大きな誌面変更が施される可能性があることをほのめかしていました


しばらくは計画停電もある(注:エンターブレインのある東京都千代田区は現在は管轄外)ので、思った通りの誌面が作れないことは予測していましたが、これほどまでに変わってしまうとは・・・。
早いこと通常の誌面構成に戻ることを心から願っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

2011年03月22日

フェス商品、チャリティーへ

先日、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の影響で中止に追い込まれたエンターブレイン10周年記念イベント「eb! フェス2011~10周年感謝祭~」
しかし、その時発売される予定だった商品が、エンターブレインの商品取り扱いサイト「ebten(エビテン)」の特設コーナーで販売されることが決まり、その売り上げは全て日本赤十字を通じて寄付されるとのことです。
開催期間は3/22~4/30テレフォンカードや記念グッズ、サイン本・オリジナル帯付コミックなどが販売され、対象商品を購入すると、当日配布予定だった5種類のトートバッグのうちの1種類が購入した商品と一緒に同梱されるとのことだそうです(ただし、ランダム)


当日行く予定だっただけでなく都合で行けなかった人にも購入できるのもあってうれしい配慮だと思いいます。


ちなみに、まだイベントなどの代替などのお知らせは出てきていません。ただ、10周年記念のサイトは、中止のお知らせと今回のサイトへジャンプできるバナーが用意されています


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)TrackBack(0)

2011年03月08日

サイン会のお知らせキター!!!

先日、エンターブレイン(ファミ通の出版会社)に、「ebフェス2011 10周年感謝祭 サイン会」の申し込みがあったので、ケータイからポチっとなと押して申し込んでいた
そのお知らせの結果が今日の夜に来るということだったのにもかかわらず、そんなことはとうに忘れ(爆)、何の気なしにテレビを見ていたら、それはやって来た


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


当選キター!



やべー!当選通知来たよ。
うんビックリした。どうせ当たんないなと思っていたからだ(笑)。
実は、3/12は元々東京に行く予定があり、しかも夜(19時)に開演するお芝居(場所は新日本橋)を見に行く予定だったわけですよ。そのついで・・・というと怒られますけど(苦笑)、せっかくアキバ(ソフマップの道向かいにあるビルの地下)でやるんだったら、行っておこうと思ったわけです。
・・・ホントはスカイツリーを見に行く予定だったのだが(核爆)。


で、誰のサイン会が当たったの?と聞かれるので、言っておく。


大島永遠さんのサイン会が当たったんですよ、オクサン(ニヤニヤ)。



いや、ホント前の1巻発売のサイン会の時はかなりの数が来ていたという話はかねがね聞いていたので、もしやヤバいかなとか思ったんですけど、予想以上に集まら・・・あわわ、厳選なる抽選で当たっちゃったんですね!わかりますわかります(笑)。


うん、これで今年の運の半分を使い果たした(ギャハ)。
あ、この日に売られる「四姉妹(しとらす)エンカウント」2巻は2日早売りですよ!<オマエ買えなくなるぞ!


四姉妹エンカウント(2) (ファミ通クリアコミックス)四姉妹エンカウント(2) (ファミ通クリアコミックス)
著者:大島 永遠
販売元:エンターブレイン(2011-03-14)
販売元:Amazon.co.jp



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)