2018年03月28日

ファルコムのある街で、昔ながらのゲームセンターをカムバックさせよう

東京都立川市、東京都のほぼ中央にある街で、都心への通勤通学のためのベッドタウンの側面もあります。ベッドタウンとして以外にも、多くの企業が誘致されており、ゲーム好きの中では、日本ファルコムの本社があることで、この街をご存じの方も多いことでしょう。

そんな街にゲームセンター、中でも昔ながらの対面式の筐体を置く店を復活させようという動きが起こっています。かつて、立川市にあったオスロゲーム立川第5店で働いていた方(以下出資希望者)が、クラウドファンディングで募集を掛けているのです。


なぜ昔ながらのゲームセンターなのか?今でも立川市にはゲームセンターはあるだろうに・・・と思う方もいるのかもしれません。
確かにゲームセンターはあります。しかし今あるゲームセンターは、ほとんど複合型店舗やメーカー直営店ばかりになっているそうです。オスロゲーム立川もその中でも残っている(現存しているのは、第2店とバッティングセンターのみ)のですが、改装工事後には、かつての筐体が置かれるのかどうかは不透明という話も入っており、出資希望者の少し古いゲームは扱ってくれないというのも、まんざらウソな話でもなさそうです。


出資希望者が求めているゲームセンターは、お互いが顔を合わせて遊べるところなのだそうです。具体的には少し古いゲーム、ブラウン管を利用した筐体のある店で、オンライン化が進んだ中でも、お金の扱いに手間が掛かる中(ただ近年は電子マネーで遊べるところが増えているので、そうでもないそうだが)でも、人と人とのコミュニケーションが持てる場所として重要で、魅力ある場所だと説いています。ゲームセンターが開業で来た暁には、かつて働いていたオスロゲーム立川第5店のような、定期的にイベントを行う店にしていきたいとのことだそうです。


そのクラウドファンディング、目標額は600万に定め、3000円からの出資が可能になっています。成功した際には、出資額に応じたリピート(3000円は5回のクレジット券、10,000円は2時間のフリープレイ権)がもらえるそうです。また何口でも応じてくれるそうです。なお、未達の場合は集めた資金を返却し、達成額以上になった場合は、液晶筐体や体感ゲーム機の購入を検討するそうです(ただし、店の規模が大きくないので、たくさんは入れられないとのこと)。
昔のゲーム機が遊べる場所としても重要ですし、古きよきゲーセンを残すという意味でも重要ではあります。採算が取れるかどうかが不透明なものの、残すことに意義があるというのも事実。思い入れのある方は、参加してみてはいかがでしょうか。


ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~
ノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~
Blu-ray BOXDVD BOX



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2017年07月08日

キヅール爆誕!

サッカーJ3のグルージャ盛岡が募集していた新マスコット案。4つのマスコット案から1つを選ぶというものでしたけど、その中で異彩を放っていたのが「キヅール」と呼ばれる折り鶴型のマスコット『折れない心の持ち主』と題されたこのマスコット、折り鶴に生えた足という、子供が見たら即泣きそうな奇抜なお姿です(笑)。
当初はネタキャラだろうと思われたものの、登場するや否や、他のマスコットを手掛けた人でさえ投票するという破壊力を持ち、ネット上でもスタジアム上でもぶっちぎりの1位になってしまったというのですから、さあ大変。運営サイドも無視できない存在となって、先日遂にマスコット(立体)化が発表されました。

ただ、そんなカネは盛岡にない(汗)。そこでクラウドファンディングを募って立体化実現を目指すことになったのだそうです。その寄付金でもらえる品が結構すごい。何せキヅールですもの、折り紙からクリアファイル、チャーム付ペン、果ては扇子に手ぬぐい(キヅールが笑福亭鶴瓶さんや笑福亭仁鶴さん好きということで)など様々。中でも1000枚以上入った千羽鶴ならぬ千羽キヅールは圧巻(笑)。


立体化は10月のFC琉球戦でお披露目とのことなので、目標金額に達してほしいですし、マスコット化されても、キヅール用の折り紙とかは売ってほしいなぁ・・・。


一時の勢いではなく、末永く盛岡のマスコットとして愛されるようになってほしいです。


SHV32_1108ちなみに、こちらがキヅールのお姿(笑)。<ちがーう!!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2015年06月26日

夏コミまでには間に合わなさそうです

・・・今のところ、自分自身の頒布物でやりたくないわね(爆)。今回は、落としてしまったお詫びじゃなくて、新しい商品の話です。


コミケなど同人誌即売会のスペースというのは、長机の半分程度しかないのが一般的です。そうなると、新刊など頒布物が多いと、平面では足りず、立体的に物を置けるようにしないと・・・となっていくわけです。そうなると、100円ショップで台所で使うような商品やオフィス用品を買って工夫したりして作るということをしないといけません。コミケの場合、製作のノウハウを伝授してくれることもありますが、基本的に試行錯誤することになります。

できれば、商品として売ってはくれないか・・・という時に登場したのが、今回紹介する「ダンダン段ボール」です。
この商品は、同人誌の印刷などを手掛ける会社しまや出版がクラウドファンディングを利用して販売を展開したものですけれども、見事に予定金額を達成したので、一般売りも決まりました
この商品は、名前の通りダンボールでできた商品棚で、限られたスペースで簡単に組み立てられるものをという声から生まれたものです。
大きさは、高さ295mm・幅370mm・奥行き335mm(完成時)で、A5・B5サイズなら2冊・文庫本サイズなら3冊置ける幅になり、それが2段設けられています。その2段の本置き場には落ちないためのストッパーも設置されていますが、その幅にはスペーサーを挟めるようにもなっていて、雑貨や小物類を展示する時にも重宝するようになっています
さらに「ダンダン段ボール」の裏側はスペースが設けられており、そこには小銭入れや飲みかけのペットボトル飲料を隠しておくためのスペースとして活用できます。
ダンボール製でありながら、繰り返し使用できるように想定されており、専用のケース付(高さ310mm・幅450mm・奥行60mm)


敢えて問題点を挙げるとすれば、耐久性と防水性の点だけだと思いますが、基本書籍を載せることが多いと思うので、たくさん載せたり重い金属性のものを載せることはないだろうと思いますし、水に触れることはそうないと思うので、飲料水などをこぼさなければ大丈夫だと思います。


しかし、こんな素晴らしいものをいち早く手に入れたい・・・と思っても、残念ながら夏コミの終了後になる8/30から一般販売開始(2980円(税別))とのこと。クラウドファンディングに出資した方は8月中旬からということですが、それでもコミケには間に合わないんだろうなぁ・・・。まぁ、買った方は冬コミや他のイベント対策に是非。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)