2020年01月09日

コーヒーだけじゃないボス 前編

SHV39_6062この前イオンで買ってきたサントリーの「クラフトボス ミルクティー」。昨年の夏から販売しているのですけど、ボスというと缶コーヒーを思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、今回のような商品も出ております。



一杯飲んでみると、紅茶の香りがかなり際立っているのですけど、高濃度アロマ抽出製法で抽出されているからでしょうね。
紅茶だけど渋みのない味わいなので飲みやすいと思うけれども、一番気掛かりなのは、ミントの香りのような味わいあの香りが好き嫌いを分けないかなと思うのです。同じ紅茶である「午後の紅茶 ミルクティー」(キリン)だと、その系統の味わいが無いんですよ。だからこそ気になる。他の紅茶、ミルクティーにはあまり見られないからなおのこと。


いずれにせよ、緑茶飲料に比べるとバリエーションの少ない紅茶飲料なので、キリンの独走を阻んでほしいと思う次第。半年頑張ったんだから、もう半年・・・と思うばかりです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年06月18日

【甘くない?】クラフトボスを飲み比べてみた【渋くない?】

SHV39_33826/19にサントリーから「クラフトボス ブラウン」(写真左)が発売するということですけど、ほとんどの店でフライング販売していたので、調子に乗ってフライングゲット(ゲラゲラゲラ)!誰ぞの歌も口ずさみそうになったけど、必死になって堪えたよ(ニヤニヤ)。

今回発売した「クラフトボス ブラウン」は、『かろやかな甘さ』をコンセプトにしているそうです。でも色合いからして、「クラフトボス ブラック」よりも薄い色ではあるものの、少し渋そうでもあるわな・・・。


というわけで、既に発売している「クラフトボス ラテ」(写真右)と飲み比べてみることにしました。あれ、「クラフトボス ブラック」は無いのという方、鋭い(ニヤニヤ)。いやぁ、ブラックコーヒーは苦手なのよね・・・(汗)。



さて、飲んでみた結果ですが、やはり大きく味は違います。


「クラフトボス ブラウン」は、色合い通りというのか、渋いです。でも、甘さもきちんと備えており、『かろやかな甘さ』というコンセプトは間違っていないかな。渋甘とも甘渋とも取れる絶妙な味わいです。これは美味しいわ。コーヒーの渋さが苦手な人でも十分に飲める美味しさです。
そうなると、「クラフトボス ラテ」は結構甘い味わい・・・というわけではない。そりゃ、「クラフトボス ブラウン」を飲んだ後なら甘いなぁと思うかもしれませんが、普通に飲んだ分には、そんなに甘ったるくはないですよ。「クラフトボス ブラウン」よりも甘いものの、ミルク分の多い甘さなので、キリっとはしています。

ということは、ブラック→ブラウン→ラテの順で甘さが強まっていくと考えていいでしょう。甘さの苦手な人はブラック、渋いのが得意じゃないけど甘いのもどうかなと思う人はブラウン、できれば甘い方がいいという人はラテというカテゴライズができるかなぁ。
・・・と考えていたら、種類のところに「無糖・ブラック【コーヒー】」・「コーヒー」・「コーヒー飲料」って書いてあったわ(苦笑)。この種類って、砂糖の入っている比率によって変わるんだよね。普段飲んでいるコーヒー系飲料の種類を見て、該当しそうなものがあれば、それを選んで下さい(笑)。


【多売特典生写真無し】フライングゲット(Type-A)(生写真1種ランダム封入)(通常盤)
♪フライングゲット



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)